いじめの調査なのに「いじめと書くな」という理不尽教師

公開日: : 教育 ,

これではいけませんねぇ・・・

アンケに「いじめと書くな」と指導した女性教諭/YOMIURI ONLINE
栃木県栃木市の市立小学校で、いじめに関するアンケートを実施した際、3年生を担当する30歳代の女性教諭が、いじめの申告件数が多くならないように児童を指導したうえで、回答させていたことが分かった。
アンケートは、市がいじめの実態を把握するために市内の全小中学生を対象に無記名で行った。同小では今月4日に実施された。
同小によると、女性教諭は、アンケート記入に先だって、担当のクラス全員に「いじめは一方的なもの。みんながしているからかいなどはケンカ。いじめと書くと多くなるので書かないように」と指導したという。
また、女子児童の一人が、今年4月に同級生に鉛筆で腕を刺されたとして、「いじめあり」の欄に丸印をつけていたが、女性教諭はアンケート回収後に女子児童を呼び出し、いじめにあたらないなどと説明。ペンで「いじめではない」に丸印をつけ、本人が納得済みである旨も加筆したという。

そんなこと言ったらこの調査事態意味がないんじゃ・・・
実態把握するための調査ですから、小さな意見も収集しなきゃダメでしょう。それなのにこういうこと言うというのは、職務放棄といってもいいかもしれません。

いじめというのは完全になくすというのは不可能でしょう。
いじめは学校の問題だけではなく、大人の職場にもあります。

まずは大人が子供の模範にならなければいけません。
教育とは教師や親だけではなく、社会の大人全体で行うものという認識が必要ではないでしょうか。
自分も気をつけよう。

photo by: joiseyshowaa

PR

関連記事

南京大虐殺を否定する教師、肯定する教師

すごいデータだ。 教育は教科書より人 昨日から募集している教育に関するアンケート

記事を読む

選挙に行かないのがカッコいいとか思ってませんか?

選挙にGO 選挙は国民の義務 都知事選:20代「思い届くのか」 公約「高齢者

記事を読む

教育に関するアンケートの結果

教育問題の根は深い。 自虐自虐自虐 以前募集した教育に関するアンケートですが、今

記事を読む

教育勅語

教育勅語を見てみよう

今こそ教育勅語。 まずは原文 朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇

記事を読む

日本人が政治に関心を持つにはどうしたらいいのか?

おもしろきこともなき世をおもしろく 選挙に関心持てる紙面に/MSN産経ニュース

記事を読む

素読教室で学ぶ子供達凄すぎぃ!

日本の未来は明るい。 広島で講演をやらせていただき、なんと300人もの方に来ていただきまし

記事を読む

文化の日より明治節

取り戻そう。 戦後変わった祝日 昨日11月3日は文化の日でした。 「自由と平和を愛し、文化

記事を読む

北教組とかいう教育の名を借りたガイキチ集団

北海道新聞を取り上げたから思い出し怒りが・・・ 昨日の動画でも言いましたが、北海道

記事を読む

GHQの洗脳工作はいまだに生き続けている

もうそろそろ起きる時間です。 戦前の日本は悪の帝国だったと言われています。実際

記事を読む

皆さんどんな教育を受けてきましたか?

一度実体験を集めてみたい。 日本の偏向教育 日本の教育は偏っていると言われている

記事を読む

PR

Comment

  1. 千葉県民 より:

    今、モンスターペアレントが問題になってるが文句言いたくなるダメ教師も非常に多いんだよな~

  2. ホタテもん より:

    私も過去にイジメによって自殺寸前まで追い込まれました
    しかも教師によってです、イジメの原因は体が大きくて目障りなってたわいもない理由ですが
    教師に相談したら皆の和を乱したってことで自分だけが教師に罰を受けました

    今現在の教師の採用試験は学力重視で人格は一切関係してきません
    人格を優先すべきなのでしょうが日教組とかには無理な話でしょうかね・・・

  3. リープル より:

    この教師はやりすぎですが、言いたいことは分からないでもありません。
    いじめをなくそうと努力しても一歩間違えれば行きすぎた教育として叩かれる、そもそも学校教育において一人の教師が子供に関われる範囲には限界がありますし。
    学校で子供になにかあれば教師のせい!と一概にくくられてしまえば教師は怖くてなにもできません。この教師を叩く前にこういう状況を作った教育現場、ひいてはそれをほおっておいた社会全体を反省すべきでしょう。
    「ゆとり教育」もそうですが教育現場の問題は、問題になるまで何もしなかった社会の責任だと思います。
    現状、学校教育に出来ることには限りがあるのも事実なので、大人たちが「自分は関係ない」「教師たちが悪い」と責任をなすりつけずに変えていく努力が必要でしょう。
    いじめが起こった場合本当に攻めれらるべきは、学校ではなく加害者家族であると思いますし。

  4. カラス より:

    20年くらい前だが学校でいじめを受けていたが、学校の教師で対応してくれるのはごく一部。昔からそれはいじめではないじゃれ合っているんだと言われ続けてました。話を聞いてくれる人は保健室の人だけでした。聞く感じでは昔も今も大して変わらないだけで、表面化、問題化する様になっただけですね。自殺した友人(いじめられ仲間)はニュースにもなりませんでした。

  5. 栗鼠 より:

    これは難しい問題ですね。
    私見ですが、現代の教育体制に問題があると思います。
    それは、子供に ”痛み” を教えていないツケではないでしょうか。
    例えば、公園の遊具で遊ぶにしても「この遊具で子供が怪我(擦り傷程度)をした!すぐに撤去しろ!」と主張する親。そして、世間の目を気にしてそれに従う市町村の役員。
    最近の親は子供に ”痛み” を遠ざけさせる節があります。
    人間は当然ながら経験しないことには真に理解することはできません。子供も痛みを知って、初めて「こういった事をするとこういった怪我をする。するとこの程度痛みがある」と理解する事ができます。それが子供なら尚の事です。子供は良くも悪くも素直な生き物なのです。
    イジメに関しても、これと同じです。耐性がないからやり過ぎり、耐性がないから最悪自殺まで行き着きてしまう。
    もちろん、イジメを見て見ぬふりをする教師を許す事は出来ません。本来ならば、邪道を正し皆を正道へと導く存在であるのだから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑