ニュース

産経新聞「中国と韓国の美点を探した結果・・・」

他の新聞には書けない。

日本には色々な新聞社があり、各紙それぞれ特色があるわけですが、何故か反日的というか日本のためじゃなく中国や韓国に利するような内容が多いように思います。朝日新聞は筆頭ですし、毎日新聞や、地方だと沖縄タイムス、琉球新報、北海道新聞などむ、しろまともな新聞を捜すほうが難しいくらいです。

例えば今日の北海道新聞の社説を見てみましょう。

2013参院選 アジア外交 日中韓連携の具体策を(7月13日)
北東アジアで日本が孤立してしまうのではないか。
領土や安倍晋三首相の歴史認識をめぐる発言で日本と中韓両国の対立が長引く中、多くの国民がそんな危惧を強めている。
中国とは首脳はもとより外相レベルなどでも対話できない状態だ。韓国とは9カ月ぶりに外相会談が行われたが首脳会談のめどは立たない。
経済では相互依存が進み、重要な貿易パートナーである中韓両国との関係がこじれたままでは、経済面だけでなく安全保障面などでも大きなマイナスだ。
関係をどう改善、再構築するか。各党は具体的方策を示すべきだ。
安倍首相は尖閣諸島問題で緊張関係が続く中国に対し「日本のドアは常に開いている」とし、戦略的互恵関係の原点に戻るよう訴えている。
だが歴史認識をめぐる発言で対話のドアを閉ざしたのは首相だ。「村山談話」継承を積極的に表明するなどの行動がなければ説得力を欠く。
自民党公約は「日米同盟を強化しつつ中国、韓国との関係発展に努める」とした。要は米国の力を借りて問題を解決しようということだ。これでは主体的な外交とはいえまい。
民主党は「東シナ海を『平和、友好、協力の海』とするため日中間の意思疎通を図る」とした。
そもそも日中関係がこれだけこじれたのは、民主党政権が昨年9月、尖閣諸島を国有化したのがきっかけだ。責任感を持って解決策を示すべきだ。頬かむりは許されない。
他党も表現はそれぞれ異なるが中韓との関係改善やアジア諸国との友好・協力などを掲げている。しかし、どう実現するかの議論は低調だ。
東シナ海では、中国が日中中間線付近で新たなガス田採掘関連施設の建設に着手した。日中対立はさらに先鋭化する恐れがある。
かつては中国や韓国の要人に太いパイプを持つ議員が自民党を中心に多数おり、政府間で問題が起きれば解決に動いた。衰退した議員外交の再構築や民間レベルでの交流活性化など具体的行動を急ぐ必要がある。
参院選後、すぐに直面する問題もある。終戦記念日や靖国神社の秋季例大祭での首相や閣僚の靖国参拝だ。強行すれば中韓との関係は一層、悪化するのは間違いない。
首相は集団的自衛権の行使容認に意欲を示しているが、これに踏み切れば中韓のみならずアジア諸国の強い反発を招くだろう。
アジア全体の安定と繁栄には、日中韓3国が緊密な協力関係を保つことが不可欠だ。そのためにはどんなアジア外交を展開すべきなのか。各党に問われるのはその点だ。

本当にもう・・・呆れちゃうんですが。
本当に「孤立」っていう言葉が好きですよね。まぁこういったインパクトのある言葉を使いたくなるのは、新聞を売るという目的のためなのかもしれませんが、これはいけません。
尖閣を国有化したから中国が怒ったみたいなこと書いてますけど、そもそも日本の領土たる尖閣諸島を国有化することの何が問題なんですか?これは中国がおかしいでしょう。そこをもっと追求すべきなのです。ところがそういった中国に都合の悪いことは一切書かない。韓国にしてもそうです。
靖国にしても参拝したら関係がこじれるからやめろとでも言いたげですが、全く日本目線ではありませんね。

日本の新聞で保守系なものといったら真っ先に出てくるのが産経新聞ではないでしょうか。まぁ盲目的に鵜呑みにするのもよくないですが、今日の産経抄というコラムは秀逸ですね。

産経抄/2013年7月13日
神でも仏でもない身にとって、他人の悪口を言わないで日々を過ごすのはなかなか難しい。小欄にも時折、「中国や韓国のことをなんでもあしざまに書くのはやめてください。もっと彼らの美点に注目して記事にすべきです」といった投書が届く

▼ご指摘の通りであれば、深く深く反省して読者と両国民に謝罪せねばならない。それでは、と最近の中国や韓国に関する情報をできるだけ集めてみたが、集め方が悪いのか、さっぱり「美点」とやらが見当たらない

▼2日前も韓国の民主党(日本の、ではありません)幹部が、「『鬼胎』の子孫である朴槿恵大統領と安倍晋三首相が韓国と日本の最高指導者となった」と発言した。鬼胎とは、幽霊から生まれた子供を意味するそうで、2人とも「生まれてくるべきではなかった」というわけである。

▼首相の祖父・岸信介元首相と大統領の父・朴正煕元大統領が親しかったのが気に入らないらしい。かの国では「親日」はなんでもかんでも罪だそうだが、いま流行の「ヘイトスピーチ(憎悪発言)」そのものである。

▼米調査機関が今春行った世論調査によると、他のアジア諸国では、日本に好印象を持つ人は8割程度にのぼっているのに対し、中国、韓国では「日本嫌い」が圧倒的に多い。日本に対し「過去の軍事行動への謝罪が不十分」と感じている人は韓国98%、中国で78%に達した

▼日本の歴代首相は、さきの戦争について「謝罪と反省」を繰り返してきた。その心が通じない最大の原因は、両国が異常な「反日教育」を続けてきたことにある。靖国神社に対する難癖は典型で、安倍首相には、粛々と参拝してもらいたい。いつまでも「謝罪せよ」と繰り返す彼らには、もう、うんざりだ。

先ほどの道新の社説と比べると論調の違いが分かるかと思います。
美点が見当たらないなんて朝日や道新は口が裂けてもいえないでしょう。

朝日や道新は言えないのか、言わないのかわかりませんが、日本目線での報道をお願いします。

関連記事

  1. ニュース

    産経のスクープで信憑性が根底から覆った河野談話

    心のよりどころ消滅。 (さらに…)…

  2. ニュース

    ヘイトスピーチの定義って何?

    意味がわからない。 (さらに…)…

  3. ニュース

    意味不明な三店方式とパチンコ議員

    日本人にもよくわからん。 (さらに…)…

  4. マスコミ

    日本はいつまで加害者なのか?

    朝日の罪は重い (さらに…)…

  5. 竹島、尖閣諸島に関する動画
  1. マスコミ

    世論煽ってるのはマスコミだろ!と突っ込みたくなる朝日の社説
  2. ニュース

    天安門事件から25年
  3. 台湾

    台湾人「日本を恨む理由なんてない」
  4. 動画ブログ

    僕はこれからも北海道から動画を配信し続けます
  5. ニュース

    グレンデール慰安婦像撤廃の署名活動が産経新聞でも取り上げられる
PAGE TOP