日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く

公開日: : 本紹介 , ,

・・・壮絶

話題の本が先日発売されました。
日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く」です。

竹林はるか遠く

僕はfacebookでこの本の存在を知り買いました。内容は帯にあるように「戦争直後の朝鮮半島と日本で、日本人引揚者が味わった壮絶な体験を赤裸々に綴る、息もつかせぬ愛と涙のサバイバルストーリー」というものです。

この本はアメリガで1986年に刊行されたもので、アメリカの中学校で副教材として使用されていました。しかし2006年、この本にいちゃもんをつけた方々がいたんです。日本語版刊行に寄せてという部分にこんな記述があります。

この本がアメリカで出版されて20年経った2006年の秋、ボストン近辺に住む在米韓国2世たちが突如怒りを爆発させました。

本書はアメリカで中学校の教材として採用されていたのですが、その内容について、「日本人を被害者にし、長年の日帝侵略が朝鮮人民に対して被害、犠牲、苦痛を与えた歴史を正確に書いていない」「強姦についても写実的に書いており、中学生が読むのにふさわしい本ではない」といった理由をつけて、本を教材からはずす運動をあらゆる手段を使ってやり始めたのです。

この抗議した在米韓国人ってこの本読んでないんじゃないですかね?
読めば分かりますけど、一方的に朝鮮を貶めるような内容ではありません。逆に金一家というとても親切な朝鮮人の姿も描かれています。この金一家のくだりはとても感動的です。
終戦後に朝鮮人による日本人に対する暴行や強姦はこの本に限らず言われています。それはそれでしっかりと知る必要があるでしょう。

作者はヨーコ・カワシマ・ワトキンズという方で、アメリカ人と結婚し現在はアメリカ在住です。本書について作者は次のように述べています。

本書は、私が十一歳のとき、母、姉と朝鮮北部の羅南を脱出したときの体験を書いた自伝的小説に過ぎません。私の意図は、個人や民族を傷つけるためのものではなく、この物語を通じて戦争の真っ只中に巻き込まれたときの生活、悲しみ、苦しさを世の中に伝え、平和を願うものです。

平和を希求するなら目を背けることではなく、しっかりと直視する必要があるのです。
そのためにも価値のある本ではないかと考えます。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

PR

関連記事

ジャパニズム15に僕の記事載ってます

買って、どうぞ。 今日発売です いつの間にか毎号載るようになったジャパニズムですが、

記事を読む

地球市民という幻想

道のりは遠い 一部の日本人はやたらと「地球市民」という言葉を使います。 確かに私

記事を読む

目覚めよ!日本経済と国防の教科書 三橋貴明著

デフレで尖閣が危機の今こそ国防。 目覚めよ! 日本経済と国防の教科書 p

記事を読む

面白いけど笑えない中国の話 竹田恒泰著

ぶっ飛んでるなぁ・・・ 中国って恐ろしいな 最近読んだ本の紹介。 竹田恒泰

記事を読む

実はすごかった戦前の少年犯罪

驚愕。 戦前の教育は優れていたと言う漠然としたイメージ かつては教育勅語があり、修身の授業が

記事を読む

南京大虐殺なんてなかった

昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 僕は南京大虐殺というものを学校で教え

記事を読む

上念司先生にTwitterで紹介していただきました

やったね! 朝ツイッターを見ているとこんなリプが。 何!MAJI

記事を読む

日本一わかりやすい保守の本

いよいよ明日発売!「日本一わかりやすい保守の本」

買って、どうぞ。 いよいよ明日です ついに明日18日、本が出版されます。 僕の

記事を読む

政治の質は国民の質

天は自ら助くる者を助く 期待するなら己にしよう 人へ過度な期待をすると、ふとしたときに絶望す

記事を読む

チャンネルグランドストラテジー(CGS)

CGS見てますか? 総図解よくわかる日本の近現代史 倉山満編

是非ご覧下さい。 2ヶ月ほど前からニコニコ動画やYOUTUBEにチャンネルグラ

記事を読む

PR

Comment

  1. 竹林を忘れない。 より:

    カズヤさんの動画でなでしこアクションの活動を知り、さらに慰安婦像が全米20か所に設置計画があるのに、日本政府は干渉しない方針だということも知りました。
    小林千登勢さん(数年前に亡くなられた女優さん)の朝鮮引き上げ時の話をご存知ですか?ぜひ、ブログでも取り上げていただきたいのですが、口にするのもおぞましい体験をされています。(千登勢さん、8歳、朝鮮人から一晩中暴行を受ける)。確かに慰安婦というのは、貧しい時代が生んだ女性の悲劇ではありますが、当時の朝鮮では親孝行とい名目のもとに「職業」として成り立っていたのです。(驚くことに2005年まで成り立っていました。)千登勢さんや、引き上げ時暴行を受けた日本女性の悲劇は、「戦争犯罪」で敗戦国の国民だからと、暴行されてもしかたないというものではありません。糾弾されるべき戦争犯罪です。戦争の悲劇を忘れないための慰安婦像というなら、ぜひ、その隣に引き上げ時に朝鮮人によって暴行を受けた日本人婦女子の像も建てられるべきです。

    • 古東正舟 より:

      小林千登勢さんの童話を改竄したものがネットで拡散されました。
      もう既に改竄した者の最初の画像などは閉鎖されています。

      私も改竄に騙されて拡散していましたが、人から事実を指摘されてから消去しました。

  2. より:

    前から気になっていた本なので、さっそく注文しました。アメリカのコリアンがいなければこの本の存在を知らずにいたと思う。何か変な感じだ。

  3. koji846kid より:

    僕の、祖母や母たちは満洲からの引揚者です。
    祖父と祖母は満洲で写真館を営んでいました。
    名前は「アルス写真館」
    敵国語の名前だと、憲兵にいちゃもん付けられてたらしいです(笑)
    姉、母、弟、弟、妹、の五人兄弟で、一人に一人づつメイドさんが付くくらい羽振りが良かったらしいです。
    でも、そんな幸せな生活も敗戦を境に変わってしまいました。
    ソ連兵の略奪です。
    レイプや暴行もあったでしょう。(祖母は小さかった僕には話しませんでしたが)
    紙幣を体に巻き付け屋根の看板の後ろに隠れ難を逃れたようです。
    その後、奇跡的に復員した祖父と命からがら引揚船で帰国しました。
    引揚船の中で、母と母の姉は「男が戦争したから負けたんだ今度は女が戦争する。」と言っていたそうです。
    満洲での暮らしや敗戦から引揚の話は祖母から何回も何回も聞かされました。
    母や母の兄弟たちは、「そんな話聞きたくない、と言って聞いてくれない」と祖母が言っていました。
    だから、孫の僕のほうが詳しいんですよ(笑)
    でも、僕の記憶も段々曖昧になってきてます、こんな話話す相手もいないですし。

    竹林ははるか遠く、以前から知っていました。
    日本での出版、喜ばしいことですね。

    長々と稚拙な文章、お目汚しご容赦ください。

    • Maki Nakayama より:

      私の友人のお母様も、満州から引き揚げる時、ソ連の人たちにえらい目にあわされたと話していた、と聞いた事があります。レイプが凄かったとか、物は全て盗られたとか。私の祖母は、私に東京大空襲の時の事を何度も何度も話していました。そして私は、中学生の娘に、何度も何度もこれらの話を話しています。南京大虐殺や従軍慰安婦の話より、本当にあった事を伝えていくべきだと思って。あなたのお話も、娘に読ませようとおもいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑