本紹介

面白いけど笑えない中国の話 竹田恒泰著

ぶっ飛んでるなぁ・・・

中国って恐ろしいな

最近読んだ本の紹介。
竹田恒泰著、面白いけど笑えない中国の話という本です。

面白いけど笑えない中国の話
面白いけど笑えない中国の話

竹田先生は毎日日刊紙12誌読んでいるそうです(驚愕)。
そしてその新聞記事の気になったものをニコニコ動画の竹田恒泰チャンネルで解説を交えながら紹介したものを書籍化したという本です。これをみて思いましたが、やはり中国っていうのはぶっ飛んでますね。

せっかくの好意なのに・・・

「大根3000トン無料配布」に1万人殺到、作物略奪
中国の農民、好意が仇に

これはこのほんの中で紹介されている朝日新聞の記事ですが、記事のタイトルからしてぶっ飛んでますね。
善良な農民の韓さんは生産過剰になって売っても利益にならない大根を好意で住民に配布しようと考えるんです。すると1万人が殺到しあっという間に大根はなくなってしまいます。
それでも次から次へと押し寄せ「だまされた」「ガソリン代を損した」などと言うわけです。そしてサツマイモやほうれん草などの作物が略奪される事態に・・・せっかくの好意を・・・中国というのは真人間にはつらいんですね。

このような話がたくさん載っています。
今後の中国との付き合い方として、目が合ったら挨拶する程度ということが語られていますが、まさにその路線でいいと思います。中国とつきあってもろくなことにはなりません。適度な距離を保っていくのがベストです。

面白いけど笑えない中国の話
面白いけど笑えない中国の話

関連記事

  1. 日本

    南京大虐殺なんてなかった

    昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 (さらに……

  2. 本紹介

    政治の質は国民の質

    天は自ら助くる者を助く (さらに…)…

  3. 日本一わかりやすい保守の本
  4. チャンネルグランドストラテジー(CGS)
  5. 本紹介

    目覚めよ!日本経済と国防の教科書 三橋貴明著

    デフレで尖閣が危機の今こそ国防。 (さらに…)…

  1. 日本

    国会では野次が名物ですがこれはどうなんだろう…
  2. ニュース

    驚愕!77歳の老女が色仕掛けで4億円稼ぐ
  3. ニュース

    今年もやっぱりサイテーモーニング
  4. ニュース

    柏での通り魔事件と在日認定
  5. 日本

    差別ではなく区別
PAGE TOP