本紹介

面白いけど笑えない中国の話 竹田恒泰著

ぶっ飛んでるなぁ・・・

中国って恐ろしいな

最近読んだ本の紹介。
竹田恒泰著、面白いけど笑えない中国の話という本です。

面白いけど笑えない中国の話
面白いけど笑えない中国の話

竹田先生は毎日日刊紙12誌読んでいるそうです(驚愕)。
そしてその新聞記事の気になったものをニコニコ動画の竹田恒泰チャンネルで解説を交えながら紹介したものを書籍化したという本です。これをみて思いましたが、やはり中国っていうのはぶっ飛んでますね。

せっかくの好意なのに・・・

「大根3000トン無料配布」に1万人殺到、作物略奪
中国の農民、好意が仇に

これはこのほんの中で紹介されている朝日新聞の記事ですが、記事のタイトルからしてぶっ飛んでますね。
善良な農民の韓さんは生産過剰になって売っても利益にならない大根を好意で住民に配布しようと考えるんです。すると1万人が殺到しあっという間に大根はなくなってしまいます。
それでも次から次へと押し寄せ「だまされた」「ガソリン代を損した」などと言うわけです。そしてサツマイモやほうれん草などの作物が略奪される事態に・・・せっかくの好意を・・・中国というのは真人間にはつらいんですね。

このような話がたくさん載っています。
今後の中国との付き合い方として、目が合ったら挨拶する程度ということが語られていますが、まさにその路線でいいと思います。中国とつきあってもろくなことにはなりません。適度な距離を保っていくのがベストです。

面白いけど笑えない中国の話
面白いけど笑えない中国の話

関連記事

  1. 日本一わかりやすい保守の本
  2. 教育

    地球市民という幻想

    道のりは遠い (さらに…)…

  3. 日本

    南京大虐殺なんてなかった

    昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 (さらに……

  4. 本紹介

    失敗の本質 日本軍の組織論的研究

    本質は変わったでしょうか? (さらに…)…

  5. チャンネルグランドストラテジー(CGS)
  6. 本紹介

    さて問題です!これはどこの日本でしょうか?[民間防衛]

    やべぇよ・・・やべぇよ (さらに…)…

  1. ニュース

    尖閣諸島の領海侵犯~ファンタジーで安全保障は成り立たない
  2. 日本

    徳永エリ議員の「拉致被害者家族が落胆している」に対し、家族会が緊急声明を発表
  3. ニュース

    許せない生活保護不正受給
  4. 本紹介

    政治の質は国民の質
  5. ニュース

    生野区通り魔事件の犯人が不起訴に なぜ強制送還しないのか?
PAGE TOP