俺達は好きで「ゆとり」になったわけじゃない

公開日: : 最終更新日:2013/04/24 教育 , ,


まずは動画をご覧下さい。


読売新聞が行った世論調査によると、公立学校での土曜日の授業について聞くと、「毎週行う」の41%と、「月に1、2回程度行う」の38%との合計は79%に達し、文部科学省が復活を検討している「学校週6日制」を望む人が多数という結果になりました。
「行わなくてよい」は17%。
土曜授業を望む理由(複数回答)は「学力向上につながる」が63%でトップでした。

ゆとり教育の見直し・・・・
まぁ結構なことなんですけど、じゃあさ

ゆとりで育った俺はどうしたらいいんだ!

ゆとり教育の制度を作った大人たちに馬鹿にされ、
多分ゆとり教育じゃない下の世代にも何かあるたびにゆとりって言われるんだろうな。

俺達の世代はなんなんだ?
実験のモルモットかよ。

「最近の若い子はかわいそう」
そう言われることがあります。
しかしその環境を作ったのは誰でしょう?

でも正直こんなことに怒っててもしょうがないんですよね。
だってもう大人になっちゃったんだから。

これから勉強してゆとりでも出来る!
ということを証明していきたいと思います。

こういう負のエネルギーってうまく転換すればいい活力になりますからね。
行き場のない怒りにもやもやするよりも、これを活力にしたほうがきっと楽しいし、社会に貢献できると思います。

さぁ、勉強しよう!

PR

関連記事

はだしのゲンは閉架措置で問題なし

あんなもの小学生に読ませるなよ。 閉架処置に賛否両論 松江市教委の「はだしのゲン

記事を読む

生活費稼がせるために娘に売春させていた親が逮捕される

ただただ悲しい・・・ 16歳娘と同級生に売春させる 小遣い1日千円、容疑の母親逮捕

記事を読む

文化の日より明治節

取り戻そう。 戦後変わった祝日 昨日11月3日は文化の日でした。 「自由と平和を愛し、文化

記事を読む

皆さんどんな教育を受けてきましたか?

一度実体験を集めてみたい。 日本の偏向教育 日本の教育は偏っていると言われている

記事を読む

一回戦争に負けたくらいで日本人の誇りまで捨てるな!

教育のアンケートから 誇りを捨てさせる教師、捨ててはいけないと言う教師 人生にお

記事を読む

今こそ見直したい脱亞論

すごい。 100年から変わらない支那・朝鮮 脱亞論は1885年に時事新報に掲載された無署名の

記事を読む

いじめの調査なのに「いじめと書くな」という理不尽教師

これではいけませんねぇ・・・ アンケに「いじめと書くな」と指導した女性教諭/YOMIURI O

記事を読む

南京大虐殺を否定する教師、肯定する教師

すごいデータだ。 教育は教科書より人 昨日から募集している教育に関するアンケート

記事を読む

日本人が政治に関心を持つにはどうしたらいいのか?

おもしろきこともなき世をおもしろく 選挙に関心持てる紙面に/MSN産経ニュース

記事を読む

琉球大学の実態に驚愕

これは・・・ 先日沖縄に行ったときに、ある琉球大学生から資料を頂きました。 それは琉大ラ

記事を読む

PR

Comment

  1. 内藤浩幸 より:

    どうも、完全なゆとりっ子で20歳です。
    最近は、TVの「フルスペックハイビジョン」とかけて「フルスペックゆとり」なんて言うそうです。

    確かに、そうやって言われるぐらい、酷いそうです。

    しかし、和也さんも仰るとおり、好きでゆとり教育を受けたわけではないです。

    僕らをバカしてることより、将来の日本を支えれるようにするのが大事なんじゃないかな~って思います。

    そもそも、しっかり政治に参加していれば、こんなことにならなかったと思いますし、その当時の人々に責任があると思います。

    これからも、宜しくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑