教育

俺達は好きで「ゆとり」になったわけじゃない


まずは動画をご覧下さい。


読売新聞が行った世論調査によると、公立学校での土曜日の授業について聞くと、「毎週行う」の41%と、「月に1、2回程度行う」の38%との合計は79%に達し、文部科学省が復活を検討している「学校週6日制」を望む人が多数という結果になりました。
「行わなくてよい」は17%。
土曜授業を望む理由(複数回答)は「学力向上につながる」が63%でトップでした。

ゆとり教育の見直し・・・・
まぁ結構なことなんですけど、じゃあさ

ゆとりで育った俺はどうしたらいいんだ!

ゆとり教育の制度を作った大人たちに馬鹿にされ、
多分ゆとり教育じゃない下の世代にも何かあるたびにゆとりって言われるんだろうな。

俺達の世代はなんなんだ?
実験のモルモットかよ。

「最近の若い子はかわいそう」
そう言われることがあります。
しかしその環境を作ったのは誰でしょう?

でも正直こんなことに怒っててもしょうがないんですよね。
だってもう大人になっちゃったんだから。

これから勉強してゆとりでも出来る!
ということを証明していきたいと思います。

こういう負のエネルギーってうまく転換すればいい活力になりますからね。
行き場のない怒りにもやもやするよりも、これを活力にしたほうがきっと楽しいし、社会に貢献できると思います。

さぁ、勉強しよう!

関連記事

  1. 教育

    戦前にあった修身という授業

    道徳は大事。 (さらに…)…

  2. 教育

    琉球大学の実態に驚愕

    これは・・・ (さらに…)…

  3. 教育

    今こそ見直したい脱亞論

    すごい。 (さらに…)…

  4. 教育

    実はすごかった戦前の少年犯罪

    驚愕。 (さらに…)…

  1. 日本

    差別ではなく区別
  2. 教育

    教育に関するアンケートの結果
  3. ニュース

    中国船、ベトナム船に威嚇・放水・体当たり
  4. 日本

    日本を変えるなら長期計画で
  5. 動画ブログ

    韓国のいいところを募集した結果
PAGE TOP