政教分離なら伊勢神宮もアウトじゃないの?

公開日: : マスコミ ,

靖国には適応、伊勢には不適応。

朝日新聞は裏切らない

靖国参拝―政教分離を忘れるな/朝日新聞2013年8月13日社説
政治は宗教と切り離されなければならない。それは現代民主主義の鉄則の一つである。
日本の場合、その教訓は、先の大戦と破滅に至る道のりにあった。軍国主義と神道が密着した苦い経験をふまえ、平和国家の原則としてきた。
その歴史に思いをはせるべき終戦記念日に、稲田行革相ら閣僚や自民党幹部が、靖国神社に参拝する意向を示している。
安倍首相は閣僚の参拝を制限しない方針という。今春に麻生副総理ら4閣僚が参拝したときも「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前」と述べた。

政治家による15日の参拝が中国や韓国から批判を呼ぶかどうかという問題以前に、私たち自身の戦後の原則を忘れてはならない。
首相や閣僚らの靖国参拝は、憲法の政教分離原則に照らして許されない疑いが強い。
小泉元首相の靖国参拝を違憲と訴えた訴訟で最高裁は06年、原告の請求を退けた。これは訴えの利益を認めず、憲法判断を避けたにすぎない。地裁、高裁では違憲の指摘があった。
憲法は、信教の自由を保障する一方、宗教団体が国から特権を受けることや、国やその機関による宗教的活動、宗教組織への公金支出を禁じている。
それが明記されたのは、戦前・戦中、神道が軍国主義の精神的支柱となり、国のための死を正当化してきたからだ。
とりわけ靖国神社は国家神道の中心的施設だった。戦後は一宗教法人になったが、国のために命を落とした人を神としてまつる宗教施設であることに変わりはない。

国家の要職にある人々が参拝すれば、靖国神社を特別扱いしている印象は免れない。まして大々的に集団で赴くような行為は、政治パフォーマンスといわれても仕方あるまい。
自民党は憲法改正草案で、政教分離に例外をつくろうとしている。「社会的儀礼または習俗的行為の範囲を超えないものについては、この限りでない」とし、原則を緩めたい意向だ。
宗教を儀礼や習俗といったあいまいな定義にすり替えて、どんな道をめざすというのか。
もちろん、戦争で亡くなった多くの犠牲者を追悼したいという感情そのものは、遺族や大方の人々の自然な気持ちだろう。
だからこそ、特定の宗教色がなく、誰でもわだかまりなく穏やかに追悼できる場を新設することが論議されてきた。
長く積み残されてきたこの課題に取り組むことこそ、いまの政治家の責務ではないか。

とにかく靖国神社を否定するためなら、朝日はどんなものでも使います。
この政教分離もよく言われることですね。しかし政教分離も厳格に分離というのは不可能でしょう。この社説の最後の方で宗教色のない追悼施設のことが言われていますが、そもそも追悼という行為自体が宗教的行為ではないでしょうか?

新しい施設を作ってそちらで追悼をといって皆そっちに行くんでしょうか?
何より「靖国で会おう!」といって死んだにも関わらず、それをないがしろにしてこっちの都合で新たな追悼施設を作ることに何の意味があるのでしょうか?無宗教の追悼施設など御都合主義の無用の産物です。

首相の靖国神社参拝が問題だというなら、伊勢神宮も問題ではないでしょうか?
毎年新年のはじめに参拝しますよね。あのときに「公人ですか?私人ですか?」というアホみたいな質問してましたか?してないでしょう。

政教分離というのは、信仰の自由を保証するために国やその機関が特定の宗教へ肩入れしたり、宗教的活動をしてはいけないというものです。靖国神社参拝が宗教的活動にあたるか?と言えばあたりません。別に「皆さん靖国神社に参拝しましょう!」と煽っているわけではありません。宗教的なことはいたるところにあふれています。そのすべてを否定することはできません。

宗教的行為をすべて排除するなら、そもそも追悼ということ自体不要です。
しかし国のために戦って亡くなった方々に対して、追悼すらしない国に愛着などわくでしょうか?絶対にわきませんね。

この時期の朝日は必死すぎて逆に面白い。

photo by: nosha

PR

関連記事

安藤美姫出産と過度な報道

マスコミによる安藤美姫選手への異常取材

そっとしておいてあげましょう。 最近安藤美姫選手が異常に取り上げられています。

記事を読む

靖国神社参拝から一夜明け、新聞社説は発狂の嵐

やっぱりな。 やっぱり発狂新聞 安倍総理の靖国参拝から一夜明け、各紙社説で今回の

記事を読む

犯罪も許されるメディアの取材ってどうなの?

傲慢すぎ。 取材なら何でもありなの? 無断アクセスの記者を起訴猶予/NHKニ

記事を読む

japanデビュー アジアの一等国

<NHK1万人訴訟>NHKが差別表現で歴史的敗訴

歴史的勝利。 1審の判決を覆す勝利 NHK番組で名誉毀損=100万円賠償命じる-東京高裁

記事を読む

スパイ発狂の特定秘密保護法案

実にわかりやすい構図 今後の布石 特定秘密保護法案が25日閣議決定され、国会に提

記事を読む

NHKの体質は変わるのか

実は問題だらけ これが公共放送か? NHK経営委員長、百田尚樹氏らの

記事を読む

テレビ

NHK受信料収入、13億円減の6387億円、黒字200億円!?

強制徴収というシステムすごいな。 NHK受信料収入、13億円減の6387億円/読売新聞 NH

記事を読む

半沢直樹がヒットしたことで業界は「テレビ離れ」で片付けられなくなった

半沢直樹は普通に面白かった。 TBSのドラマ半沢直樹が大ヒットでした。

記事を読む

8月15日、北海道新聞貫禄の社説をご覧ください

フハハ!これが北海道新聞だ! 個人的には朝日よりひどいと思ってる きょう終戦の日 歴史と向き

記事を読む

TBS「情報7daysニュースキャスター」がグレンデール慰安婦像について報じるも・・・

やっぱりTBS 取り上げたのは評価するけどもう少し突っ込んでくれたら・・・ 12

記事を読む

PR

Comment

  1. 河瀬 より:

    世界中で政教分離してるところ自体少ないと思いますけどね・・・

    政教分離というのなら公明党は存在してはいけないということを言ってるんだと思います(笑)

  2. maji2003 より:

    神社参拝と言えば菅直人。
    首相時代に少なくとも2回、大国魂神社に参拝しているんですが朝日新聞の毎日新聞もTBSもスルーでしたね・・・・・・

    以下引用
    首相、地元の神社で新年迎える
    2011.1.1 00:30

     菅直人首相は31日深夜、東京都府中市の大国魂(おおくにたま)神社を訪れた。
    首相は午後10時20分に公邸を出発。
    同神社に到着するとスーツから、かみしも姿に着替えて、本殿に昇ると参拝した。

     その後、元日午前0時になると、本殿前で太鼓を3回叩く「初太鼓打初式」に参加して、
    真剣な表情で太鼓を3回叩いた。

     府中市は首相の選挙区(衆院東京18区)で、
    これまでも、国政選挙の前や例大祭などの行事に合わせて同神社を参拝している。
    首相就任後は平成22年8月に訪れた。
    http://desktop2ch.tv/newsplus/1293816284/

  3. より:

    「そもそも追悼という行為自体が宗教的行為じゃないでしょうか」との指摘は、まさにその通りだと考えました。

    しかしながら、誤った政教分離原則の解釈からは、靖国神社への参拝のみならず、伊勢神宮への参拝への参拝も問題視する声があります。伊勢神宮への参拝が問題ないというなら、靖国神社への参拝も問題ないと、あぐらをかいてはいられないと考えます。

    「靖国で会おう!」と死んでいった方々に対して、新たな追悼施設を作ろうとの意見や、誤った政教分離原則の解釈により、日本の文化・慣習のすべてを否定しようとの意図に対しては、憤りを感じます。

  4. 千葉県民 より:

    この社説を東大・慶応・早稲田の法学部とかを出た朝日の論説委員が書いてるんだから呆れるわ。
    参拝程度なら憲法解釈、判例見ても完全に合憲
    学生時代、何を学んできたんだか。(棒でも振り回してたんか?)

  5. 千葉県民 より:

    朝日の論理だと議員・公務員が両親、配偶者、親戚、親友の墓参り(例えば教会やお寺等)も現職中はやっちゃダメ!なのか?

  6. 東京m より:

    びっくりな詭弁ですね。

    政教分離
    国の宗教的活動及び宗教への援助を禁じ、宗教の特権や政治上の権力行使を認めない。

    参拝のどこに特権や政治上の権力行使があるというのでしょう。
    政治パフォーマンスだというなら、取材に来なければいいだけのこと。
    別の追悼の場が必要というなら、まず朝日に国民全員が納得する案を提案してもらいましょう。
    しかし、この詭弁の片棒をかついできたのは、いままでの政権にも責任があります。議員に公も私もありません、24時間365日公人です。少なくともその気概で勤めていただきたい。

    現代民主主義の鉄則って言ったって、ほとんどの民主国家はキリスト教。
    だいたい靖国だって戦後GHQが解体しようとしたのをローマカソリックが止めた経緯があります。
    (宗教としてではなく、土着の信仰だということで)
    特定の宗教をもたないのは中国共産党と日本くらいなもの。

  7. あるひと より:

    この話然り、先日の麻生さんのナチス発言然り、
    言葉や問題の本質をあえて取らず字面だけ使って批判してますね、この手の人間は。
    昔、朝日新聞のCMで「それでも私たちは言葉の力を信じてる」とか言ってたけど、
    確実に言葉の力を濫用してますよね、彼らは。
    そういえば橋本氏の慰安婦関連の発言で「当時」という言葉を外して
    いかにも橋本氏が慰安婦を容認するような発言に仕立て上げたのも朝日でしたか。
    言葉の力を信じてどこに向かおうとしているのやら。

  8. プログラマ より:

    朝日の理屈で行くと、アメリカも現代民主主義国家に当てはまりませんね。
    重要文化財として仏像等を国が保護するのも、政教分離に違反してますね。
    ちょっと考えてみれば、こんな理屈が正しいわけがない事はすぐに分かります。
    イメージ先行で言葉だけ取り繕ってみても、すぐにボロが出てしまうという、よい例かと。

  9. 千葉県民 より:

    しかし、朝日のこの記事を読んで納得してしまう人が世の中に相当いるってことを忘れてはならない。
    それほど一般人は知識薄い。

  10. マスゴミ嫌い より:

    インターネット世代は総じて宗教関係には否定的だと思っていた。創価学会等の新興宗教のみならず、伝統的なキリスト教などの宗教に対しても、宗教を熱心に信仰するのは情弱であるという認識ではなかったのか。なぜ、靖国だけそこまで擁護するのか?
    中国、韓国に批判されれば、反発するのは当然だし、そもそも連中の批判は馬鹿げていて無礼で、聞く人を不快にさせるだけの暴言にすぎない。
    しかし、だからといって、何でもかんでも中国韓国の反対の立場に経てば良いというものではない。確かに歴史認識云々、軍国主義云々の批判は当たらないが、閣僚がこれだけ話題となっている中あえて靖国参拝すれば、やはり神道は他の宗教に比べて特別なものとして扱われているのだと言われてもしかたがない。
    他の宗教に対して神道を特別視するという国家の意思の現れであると、一部の人々が認識しても、それはそれなりにもっともなのだ。そうすると、他の宗教を萎縮させ、あるいは神道を信仰する効果を生じさせてしまう。だから、政教分離原則に反する恐れが有る。現に公金を支出したり、直接に振興しなくても、神道を優遇することが可能なのだ。
    一方、伊勢神宮は、今のところ、首相が参拝しても、誰も神道を優遇しているとは考えない。よって政教分離違反とはならない。
    マスゴミ、中国韓国が勝手に騒いでおいて、騒がれて政治問題となった以上は、靖国参拝は政教分離原則違反になるというのは、理不尽だ。今後もマスゴミ批判はどんどんしていかなければならない。しかし、靖国参拝については残念ながら、今や、現実の問題として、政教分離原則に反する可能性がある。
    私は、日本が大好きだが、その理由の一つに、宗教色が少ないというのがある。初詣に行ったり、寺のお墓参りに行ったり、クリスマスを祝ったりするのが日本の良い所ではないのか。靖国だけに肩入れすることは好ましくない。何度も言うが、騒がれさえしなければよかったのだが、今や靖国は特別な意味を持つ。
    では、中韓が伊勢神宮は軍国主義だからやめろと言ってきたらどうするのか、と問われるかもしれない。その時は、世間で騒ぎが大きくなって、世界から注目される前に、ピシャリと言ってやるのだ。「馬鹿め」と。靖国はそれが出来なかった結果だ。
    形勢不利な所でいつまでも勝負するのは、政治家としては1流のやり方ではないのではないか。
    今現在、現実に軍備を拡張し、アジアの国々を武力で威嚇する中国が、戦後70年近くアジア唯一の先進国でありながら軍事費をGDP1%に抑え平和国家としてアジアの平和に貢献してきた日本に対して、戦前のことを持ちだして軍国主義と批判することの滑稽さ、それから韓国の異常な民族主義など、我々が世界に向けて発信していくべきことは他にある。

  11. まっく より:

    自分たちの発言のみが「正」で他の意見はすべて「誤」または「邪」なのでしょう。まるで中韓のごとき振る舞いです。普段家族や周りの人とはどのような話をしているのでしょうか。自分の家族にも同じようなことを普段から言っていると想像したほうが自然だったりします。恐ろしいですね。変人が書く論説ですか?

  12. はだしのジョー より:

    毎年、都主催の東京大空襲の慰霊祭は
    仏式で行われており、もちろん税金ですが、
    誰一人、憲法違反だ、けしからんという声を
    聞いた試しがありません。
    そもそも死者を追悼する行為にイデオロギーを持ち込んで
    政治利用するやつらはクソ食らえと言いたいです。

  13. 政教分離などと言うことは日本人の幻想です。
    政治はもともとまつりごとなのですから。
    神(民草を含む)に向かって正しい統治をする。仁徳天皇のなされたことがまさに日本の政治の根本なのです。
    明治になって西洋文化が入って日本のことを西洋人的な目で日本人も見るようになりました。
    西洋人は科学的であって日本人の信仰心は原始的であると思い込んだ。
    でも、西洋人が言うところの宗教否定は日本人の信じている宗教のことで自分たちの宗教についてではありません。
    西洋人は今に至るも信心深く米大統領は就任の時の宣誓は聖書に手を置いてするのです。
    聖書の精神に則って国を治めますと。
    政治には確固とした背骨が必要です。道徳的見地をなにに求めるか。日本にはちゃんとした世界に誇る「人としてどのように生きるか」、「自然をどのようにとらえるのか」「自国はどのようにしてなったか」という物語があります。それこそが日本人の行うべき政治の根本原理なのです。
    だからこそ、占領軍はそれを断ち切るために政教分離などと言うばかげたことをしたのです。
    日本の国教がキリスト教であれば、さらにプロテスタントであればそんな条文はあり得なかったのです。

  14. To ia より:

    政教分離とは宗教的地位を政治への利用を禁止するもので、参拝などの信仰を禁止するものではない

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑