まじめに勉強すればするほど偏る現代教育

頭いいんだろうなー(棒)

現代教育の結果か

古市 プライムニュース

先日BSフジのプライムニュースで「若者たちに聞く戦争観」という回がありました。
ゲストは若手社会学者古市憲寿さんと慶應義塾大学の学生山本みずきさんでした。
しばらくは公式サイトからこの映像を見ることができますので是非ご覧ください。
→プライムニュース動画

ニコニコにもアップされていました。
若者たちに聞く戦争観 1/2
若者たちに聞く戦争観 2/2

山本みずきさんはとてもしっかりとした考えを持っていて素晴らしかったですね。一方古市さんはもうめちゃくちゃです。まず国家観なんてものはなく、戦争になったら逃げるというお方です。
ただ現代教育を受けて育ったのであれば、こうした考えを持つのもある意味当然なのかもしれません。彼は相当勉強しているのでしょう。現在は東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍中です。

またトンキンか・・・と思ってしまいますね。
ここで一つ確認しておきましょう。

東京大学は偏値が高い。
トンキン大学は偏値が高い。

つまりそういうことです。
偏左値が高ければ高いほど国家観は失われていきます。古市さんは現代教育のある意味犠牲者といえるかもしれません。勉強すればするほど左に傾くという日本の教育はおかしいです。

しかし山本さんはそうはならなかった。やっぱり本人の資質でしょうか?
とにかく古市さんはむちゃくちゃでしたね。司会者からもかなり突っ込まれ、公開処刑と化していました。
この番組は彼の黒歴史として永遠に語り継がれるでしょう。

PR

関連記事

japanデビュー アジアの一等国

<NHK1万人訴訟>NHKが差別表現で歴史的敗訴

歴史的勝利。 1審の判決を覆す勝利 NHK番組で名誉毀損=100万円賠償命じる-東京高裁

記事を読む

タイトルは同感だけど内容は反対な朝日の読者投稿

学校で一体何を教えているんだ? ネット情報だけに頼らないで/朝日新聞2013.8.20朝刊「声

記事を読む

朝鮮学校

朝鮮学校とは普通の学校ではない

差別ではない。 「朝鮮学校を無償化しろ」とデモをやったり、国会議員が国会で質疑

記事を読む

朝日新聞7月14日読者投稿

核から国民守る権利を憲法へ 朝日新聞2013.7.14「声」

読者投稿欄はある意味楽しみ あらゆる核から国民を守るなら、外国からの核攻撃も想定し

記事を読む

朝日 読者投稿欄

朝日新聞の投書欄ってすごいな・・・

2013.6.17朝日新聞朝刊より こういうのを読者投稿欄にのせるって

記事を読む

「原爆投下も国際法違反か」シリア化学兵器使用で米国務省に質問飛ぶ

まさにブーメラン。 68年前、日本に投げたブーメラン、アメリカに帰国 「原爆投下も国際法

記事を読む

バカは論破できない

南無阿弥陀仏。 慰安婦問題にしろ、憲法9条守りましょうといっている人にしろ、あ

記事を読む

世論煽ってるのはマスコミだろ!と突っ込みたくなる朝日の社説

朝日は死ななきゃ直らない。 朝日が煽ってるんだろ! 竹島訪問1年―政治が世論をあおる罪/

記事を読む

北海道新聞が言う違和感の正体は・・・

どの口が言うか。 卓上四季/北海道新聞 2013.8.25朝刊 《1》生理的(心理的)に

記事を読む

戦前にあった修身という授業

道徳は大事。 今こそ思い出すべき日本人の徳目 先日教育勅語を紹介しましたが、よく

記事を読む

PR

Comment

  1.           より:

    NHKの「真剣10代しゃべり場」を思い出しました。あれどうやって制作されてるかと岡田斗司夫さんがニコ生公式放送で話していたことがありまして、「真剣10代しゃべり場」みたいなものをやってみたいとかおっしゃっていました。あれは好き勝手に話しているわけでなく10代の子供達数人でひとチームとなりディレクターがチーム事につき、論点をお互いにつくりだして問題点ももたせて、数週間かけてアノ場をつくりあげているみたいです。つまり自分たちの意見をぶつけているのではないと思います
    議論でなくディベートをしているです。(日本の作文ディベートでなく正式なディベートです)
    お互いに与えられた課題側にたちディスカッションをしてるのだと思います。なのであまり叩くとかわいそうです。

  2. 竹千代 より:

    「真剣10代しゃべり場」さま、
    古市さんはギャラをもらってテレビ番組で話しているのだから、無名でいたいけな10代の若者とは
    立場も責任もまったく違います。
    プロのコメンテーターの発言に対する批判に対して、「叩かれて可哀想」との感想、手をつないでトイレに
    行く甘ったるい女子中学生のような腐敗臭を感じました。少し世間の常識を学んで大人になってくださいね。
    反応が幼児的すぎてキモすぎw。

  3. ジェイル より:

    その偏左値がお高いトンキン大学のトップが日本の官僚の大半を占めていると考えると恐ろしいですよ。
    日本は本当に危ういバランスの上に成り立っているんですね。

  4. 名無しの古市 より:

    後半が特にひどいな・・・
    逃げるってwww
    まさに戦争や日本という国家を本心では自分と無関係と思ってる若者といった印象。
    のんきに外国の戦争博物館見物してきて上っ面だけ戦争や日本について考えてるってでかい口叩いてるってはっきりわかんだね。
    あと戦争博物館の小学生並の感想に草不可避だった。

  5. ごんぎつね より:

    古市さんの発言は、人がどう言っているか,周りがどう言ったらいい反応をするのか。そういうことばかりに気をかけて、自分の意思がはっきりしないそんな発言でした。これからは自分の意思をもって発言して欲しい。知識ではなく、自分の考えをはっきり持った智慧のある人間を育てていかなければいけない。

  6. 東京m より:

    なぜ、偏差値の高い人が左翼に走りがちなのか?
    中国に悪いことをした、朝鮮人はかわいそう、実は憐れみという見下し、戦後左翼の特徴と言っていた人がいます。根っこにあるのは選民意識。だからこそ同じ日本人でも反日になることができるのでしょう。

    山本さんの戦争に行った方の実体験の聞き取り、戦った人は真剣に国を思い戦ったが、その思いが現代の人に伝わっていない。そうなのです。戦争加害者論はそういう方の思いもふみにじっています。そう反論すると、その人たちを戦争に行かせた国家が悪いと問題をすり替えますが、一国だけでは戦争はできません。

    靖国神社は東京にあって、戦争を風化させないとてもいい施設ですね。
    戦争があったら逃げる。そうやって日本に逃げてきた半島の人や、子孫の方々が日本にはたくさんいますね。

    フランス版失敗の本質で、ナチス・ドイツに負けた原因の一つに、あらゆる戦争を否定する平和至上主義があったとあります。もしどこかで第二のナチス・ドイツが生まれ、その脅威に日本がさらされても、戦争を否定するのでしょうか?
    また、ナチス・ドイツは麻疹のようなもので、早晩健全な民主主義が根付くと根拠なき希望的観測で、ダイナミックな危機的対応力にかけていたともありました。今の日本がまさにそうですね、希望的観測は捨て、危機的対応力を身に着けていかねばなりません。

  7. 全面支持 より:

    SNS FreeJapanにて私の日記
    http://sns-freejapan.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=484114
    にてまとめてご紹介させていただきました。
    日本の正常化のため、以下のサイトもご覧ください。
    国民の知らない反日の実態
    http://www35.atwiki.jp/kolia/
    選挙前ドットコム
    http://senkyomae.com/
    日本を正常にする方法
    http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/180.html#id_35f29a12
    たくさんの情報を集積してますのでご活用してください^^

    日本人による日本人のための日本を皆で作っていきましょう。

  8. 全面支持 より:

    日本人よいつまでも在日に騙されるな
    http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-category-32.html
    このサイトも見てみるといいです
    そして、君が代問題というのも君が代丸に関連してます。
    在日朝鮮人1世2世は強制連行ではない事実がばれることを恐れて君が代を否定したがるのです。
    調べれば調べるほどにいかに朝鮮人が日本に寄生しているかがわかるはずです。
    今は在日朝鮮人を追い出すためには自民党を支持するしかないのが現状です。
    売国奴対保守の2大政党制ではなくて、はやく保守対保守の2大政党制になってほしいと思っています。。
    そのためにも各政党がだしてる案を本当に気を付けて中身を見る必要があります。
    法律名だけでは問題なさそうに見えて、本当にやばい法律案がたくさん隠れてます。
    その事実を知って、選挙前ドットコムを活用すべきことを周知させてほしいです。
    まずは国民が知らない反日の実態をきちんと見てもらう必要があります。
    私はその管理者ではありませんが、ぜひ取り上げてもらえたらと思っています。

  9. judas より:

    私が下衆いなあと感じたのは、帰属意識の対象が国ではなく別のコミュニティであるだとかいろいろゴチャゴチャと言っていましたけど、根本的なところは「自分じゃない誰か別の人間が守れば良い、自分はそんな役割はゴメンだ」と思っている点ですね。

  10. 千葉県民 より:

    何でテレビ局はこの社会経験ゼロの大学院生を頻繁に出すの?
    コネあるの?

  11. 20代のオトコ より:

    自分より若い女性があんなに考えているというのに自分はなんて無知なんだ・・・・
    このままバカではいられない、しかし今は学校に通う金も時間もない。
    何をとっかかりに学んでいけばいいのか正直分からない・・・・
    ニュースや新聞では表面的なことばかり・・・・(多分)・・・・
    どうしたらいいんだぁあああ!?

    という人(もとい私)の為に動画作ってくれる人いないかなぁ(チラッ
    何か学びの入門というか・・・・

  12. タキートン より:

    私も古市さんの意見はあんまり好きではない。

    国家のために死にたくない人がいるのは事実だ。それを否定しても始まらない。

    僕もその一人って言うだけで責められなきゃなんない理由はあるのだろうか。

    戦争になったら外国に亡命する選択をした人を糾弾する権利があるのだろうか。

    私は国を守りたい派だが、外国にいる友人のつてがあれば逃げる可能性も否定できない。

    批判する権利はもちろんある。いや、国家は守るべきだと。

    この記事の頭の悪いところは、人格否定のような書き方をしているところだ。

    国家観がないとなぜいけないのか。

    戦争になったとき逃げたいという個人の意見を否定する根拠はどこにあるのか。

    それを記事中で示さなければならなかったのに、それができていない。

    AがBだからCみたいな単純な論理で言いますが、言ってもいいのですが、

    世の中そんなわかりやすい正論だけでとおるなら、とっくにみんなケンカすることなく生きてます。

    わかっててあえてやっているのかもしれませんが。

    長文いきなり失礼しました。

    • 通りすがり より:

      義務と権利について考えてみたらいい。
      国を守らないで逃げ出すことを個人の権利だとするなら、義務は何になるのか?
      自分で答えを探すといいよ。

  13. 次回選挙に向けて より:

    真面目に敗戦後の教育を熱心に進め、日教組の先生にとても忠実で疑うことなく、その方向に向かって行くことに疑問も感じないのではないでしょうか。彼は。
    その立場で話すのであれば、何と哀れでしょうか。真実を知った人たちからこれからずっと相手にされなくなってしまう。
    大人も子供も、改めて早く真実を学ばさなければならないと心の底から感じました。

  14. ハン より:

    もしよければ今度ACTAのことについて教えてください

  15. いっせー より:

    古市さんは前半を見た段階ではけっこうまともは事言ってるんですけどね、後半見てびっくりしました。

  16. 頑張れ若き愛国者! より:

    これが一生懸命勉強した若者なのか・・・・・大変衝撃をうけました。。。。。。
    確かに学校の勉強だけしてたらこうなっちゃいますよね;;;きちんと自分の頭で考え、自分で歴史を調べ、特に近代史に関しては、戦争経験者の本もたくさんあるのですから、右でも左でもなくまっすぐな心で学べば、アメリカやソ連の恐ろしい戦争犯罪も、中韓の呆れた嘘と捏造も、日本は侵略国家だなんてとんでもない嘘だと言う事も、すぐにわかりますよね。
    平和な日本で何不自由なく育ち、未来の私たちのため命をかけてくださった偉大な先祖に感謝する事もできず、天皇陛下を中心に家族のように暮らして来た世界に類をみない2600年以上の歴史を持つ美しい日本を愛する事もできず、自分だけで大きくなったと思ってるるんだろう。こんな子供に、育ててはいけないと皆で教訓にしよう!

  17. 酸性血液 より:

     プライムニュース見てきましたわ。
    すげぇ面白かったです(小並感)

     カズヤさんの動画をみてからプライムニュースを見たので、ある程度の先入観はありましたが
    先入観がなくても古市氏には不快感を覚えたかもしれません。

     自分の発言が矛盾していることを司会者のザビエルさんに指摘されてしどろもどろになる所とか、
    話の内容と全く関係ない両手グルグルとか、隣の女神のコメント中に割り込むわりにはしょうもないこと言うとか。

     見ていてこれは酷い(フルチンが)というのとザビエルカッコイイってのとフルチンのジェスチャーがウザイってのが番組の感想でした。

  18. どせいさん より:

    自国の領土が侵略されたとして、戦うべきは本当に市民なんですかね?自衛隊なり、職業軍人なりは戦う義務があるでしょうが、市民にも実戦に参加する義務があるというのはおかしい気がします。もしも自分の住んでいる地域が戦火に襲われたら、資金的な余裕がある人間は安全な土地に疎開してもいいんじゃないですか?日本人であるなら、疎開して生命を保つという手段を捨てて、日本の土地で死ぬべきだということでしょうか?
    確かに愛国心を持った戦闘員は防衛のために必要ですが、戦闘する義務があるのは戦闘員だけですよね?私には、カズヤさんが有事の時には国家総動員法をしくべきだと言ってるように聞こえるのですが。国のために働けるという日本人は多いでしょうが、国のために死ねる日本人は多くないと思います。今回の記事は右に傾き過ぎているように思います。

  19. どせいさん より:

    あと動画に食いつきやすくする演出だとお見受けしますが、コメンテーターへの批判に東京大学などのレッテル張りは不要です。批判は主張に対してのみ行ってください。学歴コンプの悪い虫が湧いて論点がぼやけます。

  20. マーくん より:

    市民にも実戦に参加する義務があるとか国家総動員法をしくべきとは一言もいっていないでしょう。
    有事の際、戦闘するのは軍服を着衣している者が交戦するのが常識。
    不測の事態の時に、国民がどのような行動をとるべきかを考慮するのが重要であって、思考停止状態を嘆いているのだと思います。

    戦争を語るとすぐに右傾化。これも左翼のレッテル貼り。
    左翼のレッテル貼りをデフォルメして皮肉っているいるのが分からないようじゃ、お粗末・・・

    • どせいさん より:

      いやいや、実際自分の住んでいる地域が戦火で焼かれるとして、日本人であれば日本に残るべきだということに違和感を感じるんです。命の危険が迫っていても日本に住まなければいけないというのはおかしいでしょう。有事の際に身の安全を確保するために逃げるという手段に、左翼というレッテル張りをして批判しているというのがおかしいです。逃げた先で日本のために力を尽くすことも可能でしょう?

      あと、皮肉を言って相手をおちょくることと、議論の場で相手を批判することは全く違うことなのだから、皮肉を真に受けて頭が悪いと言われるのは心外です。

      • だいすけ より:

        じゃぁ出国してください。
        私は日本で生まれて、日本で育って、日本で教育(腐れ日教組だけど)受けて、
        日本国で育まれてきました。
        例え戦争になって、私の街が戦火に包まれようとも逃げたりはしません。
        逃げるという考え方は、多分日本人だけだと思いますよ。
        欧米人なら尚さら国への忠誠心が高いから逃げないと思います。
        逃げて、日本国がなくなり難民にはなりたくない。

        • どせいさん より:

          ヨーロッパでも戦時中に安全な地に非難した人はたくさんいますよ。日本人だけが逃げるという選択肢を選ぶわけではありません。憶測で語るのはやめましょう。
          逃げたからと言って日本を捨てたことにはならないし(第二次対戦時のように孤立した日本ではないから、海外でまず身の安全を確保してから日本に貢献する方法もある)、誰も逃げなかったからといって日本国が崩壊しないわけでもありません。
          この記事では自分の安全を確保することと、愛国心がまるで対立する概念のように扱われていますが、全く筋が通っていません。命の危険が迫っている状況で、何も対応せず死を選ぶことが、国を思うことなのですか?国民あっての国家でしょう。
          あなたが国のためを思って自衛隊に入隊し、有事の際領土を守るために戦うというなら、その志は素晴らしいと私は思います。しかしそうでもないのに戦場となった地に好き好んで住み続けることが愛国心だとは思いません。あなたはただ単に日本の土地が好きだという理由での選択であって、日本の将来を案じての選択になっていませんよね?古市さんはこういうことを言おうとしてるのではないでしょうか?
          海外に疎開するという選択肢を主張が日教組の影響だとか、売国奴的な考え方だと繋げるのは筋違いのように思います。海外に移り住もうとも、日本人は日本人ですよ?海外で日本人としてのアイデンティティを保てないというのなら、あなたの愛国心はその程度だったということでしょう。

          • だいすけ より:

            全く話にならないですね、あなたは西洋の何を知ってるというのですか?
            避難した人が沢山いる?根拠はなんですか?
            まず答えられないでしょう、あっ本で読んだとか・・・そんなのなしですよ。
            私の根拠は今現在の統計で自国に対しての忠誠心(調べればいくらでも出てきますから調べてね)で言っているのです。
            あなたのように戦時中にヨーロッパ戦線を見てきたかのような言い方はしません。逃げる=国土を捨てるんじゃないですか。
            私にはそうとしか考えられません。
            他国で支援する?いい考えだがまず無理だ、あなた一人で何ができるんですか。
            その土地の人に支援を伝えると、お前はなぜここにいるのだと言われると思いますよ。
            自分は安全なところにいて何々をする、今の日本憲法に似ていますね(笑)
            日本の将来?占領されて蹂躙されて・・・将来があるのですか。
            甘い考えはやめたほうがいいと思いますよ、これも戦後の教育のせいですね。(腐れ日教組)
            まず戦争になれば相手はシナです。(南朝鮮は自衛隊にビビッていますから仕掛けてきません)
            シナ人は、それはそれはすごいことしますよ、甘い考えはしないほうがいい。
            海外で日本人としてのアイデンティティ?(笑)
            占領されて日本国がなくなれば、アイデンティティも無いでしょう・・・

            >海外に疎開するという選択肢を主張が日教組の影響だとか、売国奴的な考え方だと繋げるのは筋違いのように思います。
            筋違いじゃないですね、その通りです。
            あなたは出国していただいて結構です、誰も止めたりはしないでしょう。
            私は自国が占領されて日本国がなくなるのなら、生まれ育った街で人生を終わりたい。
            ちなみに私の年齢は19歳で若いですが、こういう若者も沢山いますよ。

  21. だいすけ より:

    追記
    言い忘れましたが、若いコメンテーターがTVで若者の代表ですって顔で喋ってるのは気に入りません。
    トンキン大の古市なんとかに結構批判的な人は私の周りに多くいます。

    • どせいさん より:

      だいすけさん、あなたの主張に説明を求めたい。
      市民が避難せずに戦地に残るという選択が、日本が占領されないことにどのように繋がるのでしょうか?
      中国が武力行使で攻め込んだきた場合、それに対抗できる現在の日本の実力は自衛隊でしょう。あなたが自衛隊員ならば、敵国と戦うという選択肢は真っ当です。その選択は誇りに思っていい。しかしこの時市民にできる唯一の国家への貢献は、経済的な支援のみですよね。徴兵など市民全員を戦闘に参加させることは忌避されるべきだと私は感じます。私も日本という国が好きですが、流石にお国のために死ぬ勇気はありません。それだけに実際に戦う義務を背負う自衛隊員が立派だと思います。
      ところでグローバル市場が展開した現代では国外でも経済的支援は可能なわけですよね?戦地での収益よりも、当然平和な土地での収益の方が多くなります。あなたの言うように私一人だけがこのような取り組みをしても効果はありません。政治的外交によって行われるべきです。たとえば日本が占領されると経済的に実害のあるグローバル企業などに日本以外での雇用の確保と経済的援助の協力を仰ぐことが方法として考えられると思います。
      もちろんこれは憲法を見直し日本の実力を個別的自衛権が可能なものに解釈なり条文を改めることが前提となります。(現在で言えば)自衛隊が、中国の戦力に屈してしまうならば、市民が国に居座ろうが逃げようが関係なく日本は占領されてしまいます。だとすれば、より経済的効果が期待できるであろう海外からの援助を市民は選択すべきなのではないですか?
      ここで海外に避難すべきだという主張の根拠は、あなたの言うとおり中国が恐ろしい存在だという点にあります。欧米諸国のように戦争の際にも人道的な倫理を守り田舎に疎開した市民は攻撃しないという前提がある場合、避難は国内で十分でしょう。しかしあなたの言う恐ろしい中国はそのようなモラルを平然と破り捨てる連中なのでしょう?よって安全を確保するためには国外に非難する必要があります。
      ここまで言うと古市さんの主張と噛み合わないものになっているかもしれませんね。まあ、別に思い入れもなく古市さんを弁護する気もないのでいいですが。
      あなたの言う「自国が占領されて日本国がなくなるのなら、生まれ育った街で人生を終わりたい」という気持ちも理解できます。しかしそれは、例えば構造上危険なボロ屋に住む老人が「ワシは生まれ育った我が家で天寿を全うする。だから手を付けるな。」といって、頑固に引っ越しもリフォームも拒絶することと同じで、自らの保身も家の存続も投げ打っています。
      愛国心は感情論ではなくて、国家への実利によって示してください。私には以上のことが筋の通った愛国的かつ現実的なものに思えますが、だいすけさんいかかでしょうか?

  22. だいすけ より:

    あなたは何か勘違いしていませんか?
    私は、私以外の方も日本に残れと言ってませんよ。
    出ていきたい人はどうぞ出国してくださいと言ってるんですが・・・違いますか。
    あなたは、自分の考え方は正しいだから国外へ退避するべきだ、大きなお世話なんですが。

    >市民が避難せずに戦地に残るという選択が、日本が占領されないことにどのように繋がるのでし ょうか?
    あのね、国内でドンパチ始まるっていうことは事実上終わりなのですよ、そういうことも知らないんですか。
    今の戦争は、情報戦及び、領空、領海においての戦争なのです。
    国土が戦地になるということは、負けと同意語なのです。
    だからあなたの言う質問は的外れで、戦地=占領されたなのです。
    ちなみに、私は父、祖父から教育勅語を教え込まれてきました。
    だからといって、父はそれを強要しませんでした。
    今の教育と比べて自分で選択しなさいということですが、私は迷わず今の教育に疑問を持っていたので必然的に答えは出ました。
    だからなんだと言われるでしょうが、日本国は万世一系の天皇がおられる世界でも唯一の国なのです。(言っときますが世間で言う、右翼とか左翼とは関係ないです)
    国内が戦火に包まれたなら、私は陛下と共に行動致します。
    それと、日本が戦火に包まれたなら、アメリカも撤退したことになるのです。
    それがどういう意味かわかりますよね。
    他国は自国の利益を優先させます、それは日本も同じです。
    そうなればシナとアメリカは日本について取引するでしょう、もうお分かりでしょう。
    政府のなくなった人間にどんな支援をするんですか、火の粉が降りかからないようにしたい、
    誰でもそう思うんじゃないですか。
    グローバル市場とか外交とか・・・それは国があっての話しですよね、国がないのに外交も何もないでしょ。
    国家の危機とボロ屋に住む老人の例え話しはちょっと違うんじゃないですか。
    国家があってのボロ屋に住む老人じゃないんですか。
    最後に
    愛国心は感情論で話すことはできないかもしれませんが、万世一系の天皇陛下のおられる
    日本国は、感情論も入り込む余地はああります。(他国にはない)
    先にも言ったように、これは私個人の意見と行動なので誰にも強要したり誘ったりしません。
    あなたのように市民とか言ってるるんじゃないんで(この場合国民だと思います)
    あっそれと、ヨーロッパ戦線みてきたんでしょうか?

  23. ゆーくすた より:

    他国に逃げる、ですか。
    本当にこの人、最高学府で勉強した人ですか?
    他国に逃げて生計を立てるには、その土地の言葉、すくなくとも英語は習得していなくてはなりませんね。戦時下で、自らの財産を全て持って行くなんてことも不可能でしょう。
    逃げた先で日本を経済的に支援できると仰る方もおられるようですが、そうなれば、当然逃げる先は絞られてくると思いますが、逃げた先で就職するには、就労ビザが必要なわけです。就労ビザを取得するには、その時点で就職先が決まっていないと就労ビザはおりません。
    常識ですよ。
    少なくとも、この古市氏が、日本の存続のために他国に逃げる、なんて言ってるようには、みじんも感じられません

  24. うえうえ より:

    それ生で見てました(笑)
    古市さんが出た時点で見る気無くなりましたがね

    日本の頭がいい!っていうのは左へ左へ傾くことなんでしょうかね

    学校って何なんでしょうね

  25. kazewataru より:

    公開処刑、見て参りました。
    この古市氏は本当に頭が良すぎるくらい良くて、おまけにくそがつくほど真面目なのでしょうね。戦後の左翼教育を100%吸収するような、日教組教師が泣いて喜ぶ優等生だったのでしょう。違った教育を受けていれば、これだけ頭が良いわけですから、他の日本人が誇りに思える人材に育っていたことでしょう。御愁傷様です。

    が、実際には左翼教育が効きすぎて、逆に思考停止に陥り、自分の発言の矛盾にも気がつかないし、指摘されればその場しのぎの保身的反応を示したり、相手の発言に上から物を言ったりする(この場合山本さんに対して)。

    そもそもこの人に「国家」を語る資格はありません。なぜなら、「国家」とは何かを分かってないからです。自分の命や大切な人たちより国家が上位にくることはないとか、何おっしゃってんでしょうか。司会者や山本さんがおっしゃるとおり、自分の所属する団体や環境の延長線上に国家があるのであって、むしろ国家は国民の土台です。自分の命や大切な人を守るために土台である国を守る、というのが愛国心の発露です。

    日本に生まれてラッキー、でも国を愛してないよって、あーた、この家に生まれてラッキー、だけど家族を愛してないよと言ってるようなものですよ。有事には逃げるなんて公の場で堂々と言って友達失う心配はないんでしょうか。あ、類は友を呼ぶのか…

  26. 名無し@ニンニン より:

    まぁ、意見は人それぞれですから良いんじゃないですか?民主主義は、自分の意見を主張すると共に相手をいくらかでも信用しなければ成立しない制度です。

    国家というのも時代よって変わるけど思いますけどね。
    例えば、ベトナム戦争でアメリカと戦ったベトナムは、「悪しき資本主義」から祖国を防衛するために戦いましたが、今はかつての敵であったハズの資本主義を受け入れています。

    ではベトナム戦争時、祖国のために戦死したベトナム兵はどうすれば良いのでしょうか?

    そもそも、国は負けても人間は生きなきゃならないし、自分達の記憶を後世に伝えなければなりません。敗戦後の日本が、国家の喪失だったと思うのですが、そこで、疑問なのは、国家を国民より上位に置いてる人は、もし国が負けたならば、どの様な身の施し方を考えているのでしょうか?

  27. marco より:

    他国に逃げる、亡命というより、難民ですね。現代の戦争はミサイルが飛んでくる、爆弾が落ちてくる、というもので、逃げる間も無くしんでしまうことが多いでしょう。街中でドンパチやってる映像が流れるけど、あれは内戦。日本では内戦は多分起こらない。

  28. zeng より:

    古市さんを擁護するわけじゃないけど、民主党政権下で国のために!と思えるような状況だっただろうか?自民党政権だとしても安倍さんじゃなかったらどうなんだろうか?そのためにブレない国家観が必要なんだろうけど、そのための場が学校だけではどこかで偏向してしまう。
    だから、こういう場も含めて色々な視点で語られることが必要だと思う。

  29. くみ より:

    ラッキー古市は偏差値高く無いでしょ?w

    慶応大学もAO入試ではいっただけ
    そのあとの学歴ロンダリングの
    東大院もたぶん面接だけでしょw
    最近は 野球の桑田真澄さんも
    面接だけで東大大学院はいったよね。

  30. より:

    昔の中学高校の教科書は間違いだらけで私などは
    間違ったことを覚えるのが苦痛でしょうがなかったのだけど
    そういった事に気がつかない疑問を持たない人が行くのが東大なのでしょう
    たとえば中国では2000年前は栗などを食べていて
    米は南方の蛮族の食べ物と中国の史書に書かれていて
    日本では2000年前には既に稲作がはじまって3000年経過していた頃で朝鮮半島にも稲作は入ってなかったのですが
    なぜか東大と韓国と国立博物館の研究では朝鮮半島から稲作がもたらされた事に今もなっていますし頭がおかしい人が多いのですよ
    それか袖の下が大好きでお金大好きで国を売ることが大好きなんですよね
    税金で暮らしている方々は

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑