教育

教育勅語を見てみよう

今こそ教育勅語。

まずは原文

朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。我(わ)ガ臣民(しんみん)克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ世世(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此(こ)レ我(わ)ガ國體(こくたい)ノ精華ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)ニ此(ここ)ニ存ス。爾(なんじ)臣民(しんみん)父母(ふぼ)ニ孝ニ、兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ、夫婦相(あい)和シ、朋友(ほうゆう)相(あい)信ジ、恭儉(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ、博愛衆ニ及ボシ、學(がく)ヲ修(おさ)メ、業(ぎょう)ヲ習(なら)ヒ、以(もっ)テ智能ヲ啓發シ、德器(とっき)ヲ成就シ、進(すすん)デ公益ヲ廣(ひろ)メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲(こっけん)ヲ重(おもん)ジ、國法(こくほう)ニ遵(したが)ヒ、一旦(いったん)緩急(かんきゅう)アレバ義勇(ぎゆう)公(こう)ニ奉(ほう)ジ、以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スベシ。是(かく)ノ如(ごと)キハ獨(ひと)リ朕(ちん)ガ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民(しんみん)タルノミナラズ、又(また)以(もっ)テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン。
斯(こ)ノ道ハ實(じつ)ニ我ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)ノ遺訓ニシテ、子孫臣民(しんみん)ノ倶(とも)ニ遵守(じゅんしゅ)スベキ所(ところ)、之(これ)ヲ古今(ここん)ニ通(つう)ジテ謬(あやま)ラズ、之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(もと)ラズ。朕(ちん)爾(なんじ)臣民(しんみん)ト倶(とも)ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ、咸(みな)其(その)德ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。
明治二十三年十月三十日
御名御璽(ぎょめいぎょじ)

おそらく一回見ただけでは全く意味がわからないでしょう。
しかし修身の教科書にこの解説文がついているので、これを見ると理解できるかと思います。

第一段

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス

<解説>
この一段には、まず皇室の御祖先が我が国をお始めになるにあたって、その規模が誠に広大で且ついつまでも動かないようになされたこと、御祖先はまた御身をお修めになり、臣民をおいつくしみになって、万世にわたってお手本をお残しになったことを仰せられ、次に臣民は君に忠義を尽くし、親に孝行を尽くすことを心がけ、皆心を一つにして代々忠孝の美風を全うしてきたことを仰せられてあります。

終に、以上のことが我が国体の生粋な立派なところであり、我が国の教育の基づくところもまたここにあると仰せられています。

第二段

ここに重要な12の徳目が出てきます。これは否定出来る方が凄いと思います。

爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン

<解説>
この一段には、初に天皇が我ら臣民に対して爾臣民と親しくお呼びかけになり、我らが常に守るべき道をお諭しになってあります。

そのご趣旨によると、我ら臣民たるものは父母に孝行を尽くし、兄弟姉妹仲良くし、夫婦互いに分を守って睦まじくしなければなりません。また朋友には信義を以って交わり、誰に対しても礼儀を守り、常に我が身を謹んで気ままにせず、しかも広く世間の人に慈愛を及ぼすことが大切です。また学問を習って、知識才能を進め、善良有為の人となり、進んで智能を活用して、公共の利益を増進し、世間に有用な業務を興すことが大切です。

また常に皇室典範・大日本帝国憲法を重んじ、その他の法令を守り、もし国に事変が起こったら勇気を奮い一身をささげて、君国のために尽くさなければなりません。かようにして天地と共にきわまりない皇位のご盛運をお助け申し上げるのが、我らの務めであります。

終には、以上の道をよく実行するものは、忠良な臣民であるばかりでなく、我らの祖先が残した美風を表すものであることをお諭しになってあります。

第三段

斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

<解説>
この一段には、前の二段にお諭しになった道は、明治天皇が新たにお決めになったものではなく、実に皇祖皇宗がお残しになったご教訓であって、皇祖皇宗の御子孫も一般の臣民も共に守るべきものであること、またこの道は古も今も変わりがなく、どこでも行われるものであることを仰せられてあります。

最後に、天皇は御自ら我ら臣民と共にこの御遺訓をお守りになり、それを御実行になって、皆徳を同じくしようと仰せられてあります。

以上は明治天皇のお下しになった教育に関する勅語の大意であります。この勅語にお示しになっている道は我ら臣民の永遠に守るべきものであります。我らは至誠を以て日夜この勅語の御趣意を奉体せねばなりません。

今でも結構通用する

この教育勅語は現代でも十分通用するものだと思います。
特に12の徳目は否定のしようがありません。

軍国主義に導くとかなんとか言われているのは、一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシという部分でしょう。しかし考えてみると、緩急というのは戦争に限らず災害もでしょう。そういった危機的状況に日本が陥ったとき、公のために尽くしましょうということです。

日本が危機になったとき、誰も公のために尽くしてこなかったのであれば、この日本という国はとっくに滅んでいるはずです。しかし二千六百余年という長い年月続いてきたというのは、先人たちが一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シてきた結果なのです。これは現在も継承すべき理念だと思います。

今こそ教育勅語を見直し、現代教育に活かしたいものです。

関連記事

  1. 日本

    税金払っているから外国人にも生活保護をという論法

    よく出てくるけど関係ない。 (さらに…)…

  2. 教育

    日本人が政治に関心を持つにはどうしたらいいのか?

    おもしろきこともなき世をおもしろく (さらに…)…

  3. 手紙ポスト

    日本

    在日韓国人からの手紙と和也の基本スタンス

    今やっているアンケートに在日韓国人の方からのメッセージがあった。 …

  4. 世代別投票率参議院
  5. ニュース

    はだしのゲンは閉架措置で問題なし

    あんなもの小学生に読ませるなよ。 (さらに…)…

  6. 日本

    増税で謎の論と展開するトンキン大学教授

    またトンキンか・・・ (さらに…)…

  1. マスコミ

    NHKの体質は変わるのか
  2. 未分類

    バレンティンのホームラン記録更新は素直にすごい
  3. 日本

    外国人参政権なんて必要ない!
  4. kazuyaのcgs収録風景

    動画ブログ

    CGSの撮影風景
  5. ニュース

    吉松育美ストーカー被害事件と昭恵夫人
PAGE TOP