さて問題です!これはどこの日本でしょうか?[民間防衛]

公開日: : 本紹介

やべぇよ・・・やべぇよ

定期的に紹介したい民間防衛

スイス政府が作り、国民すべてに配布している民間防衛という本があります。
これは以前にも紹介しましたが、定期的に紹介したい本で、日本の全国民に読んでもらいたい本なのです。何故かと言えば、この民間防衛に書いてある内容が、あまりにも今の日本に当てはまるからです。
今まさに日本がやられていることじゃないかと思ってしまいます。

戦争は武力によるものもありますが、現代においては間接的に侵略すると言う方法があります。これは直接的に見えないものですから侵入しやすく、美辞麗句を用いて近づいてくるため見分けがつきにくく、効果も非常に高いものです。

敵は同調者を求めている/民間防衛 P228

ヨーロッパ征服を夢見る、ある国家の元首が、小さなスイスを武器で従わせるのは無駄だと判断することは、誰にも納得できる話である。単なる宣伝の力だけでスイスをいわゆる「新秩序」の下に置くことができると思われるときに、少しばかりの成果をあげるために軍隊を動かしてみたところで、何の役に立つだろうか。

国を内部から崩壊させるための活動は、スパイと新秩序のイデオロギーを信奉する者の地下組織をつくることから始まる。この地下組織は、最も活動的で、かつ、危険なメンバーを、国の政治上層部に潜り込ませようとするのである。彼らの餌食となって利用される「革新者」や「進歩主義者」なるものは、新しい者を待つかまえだけはあるが社会生活の具体的問題の解決には不慣れな知識階級の中から、目をつけられて引き入れられることが、よくあるものだということを忘れてはならない。

数多くの組織が、巧みに偽装して、社会的進歩とか、正義、すべての人人の福祉の追求、平和というような口実のもとに、いわゆる「新秩序」の思想を少しずつ宣伝していく。この「新秩序」は、すべての社会的不平等に終止符を打つとか、世界を地上の楽園に変えるとか、文化的な仕事を重んじるとか、知識階級の耳に入りやすい美辞麗句を用いて・・・・・。

不満な者、欺かれた者、弱い者、理解されない者、落伍した者、こういう人たちは、すべて、このような美しいことばが気に入るに違いない。ジャーナリスト、作家、教授たちを引き入れることは、秘密組織にとって重要なことである。彼らの言動は、せっかちに黄金時代を夢見る青年たちに対して、特に効果的であり、影響力が強いから。

また、これらのインテリたちは、本当に非合法な激しい活動はすべて避けるから、ますます多くの同調者を引きつけるに違いない。彼らの活動は、”表現の自由”の名のもとに行われるのだ。

日本はやられ放題

言われてみると、まさに今の日本がこのような形で攻撃を受けていることに気がつきます。

「何故大学の教授がこのようなおかしなことを言うのだろう?」
「何故マスコミは事実関係を無視して他国に肩入れした報道をするのだろう?」
こういった疑問の解決の糸口になるでしょう。

マスコミが秘密組織の構成員とは限りません。
しかし内部に他国のスパイがいてもなんら不思議ではありません。
事実、報道を見ていると、どう考えても日本の利益にかなうような報道をしているとは思えないのです。

日本人はこういった間接侵略があるということを認知する必要があります。
そのためにも民間防衛を読むべきです。

民間防衛―あらゆる危険から身をまもる
民間防衛―あらゆる危険から身をまもる

PR

関連記事

地球市民という幻想

道のりは遠い 一部の日本人はやたらと「地球市民」という言葉を使います。 確かに私

記事を読む

西郷隆盛

代表的日本人 西郷隆盛の危惧していたことが現実になっている

西郷さんは今の日本をみてどう思うだろうか。 戦後の日本と言うのは、「日本」とい

記事を読む

面白いけど笑えない中国の話 竹田恒泰著

ぶっ飛んでるなぁ・・・ 中国って恐ろしいな 最近読んだ本の紹介。 竹田恒泰

記事を読む

新著出ます!『ここがヘンだよ「反日」韓国 彼らがウソをつくほど日本が得をする法則』

3冊目ですね。 タイトル通り、新著が出ます。 ここがヘンだよ「反日」韓国 彼らが

記事を読む

こんなに強い!日本の国防力

こんなに強い!日本の国防力 東アジア軍事問題調査会

今こそ知っておきたい。 こんなに強い! 日本の国防力 尖閣諸島がピン

記事を読む

失敗の本質 日本軍の組織論的研究

本質は変わったでしょうか? 明日は8月15日。敗戦が決まった日ですね。 ちょ

記事を読む

南京大虐殺なんてなかった

昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 僕は南京大虐殺というものを学校で教え

記事を読む

上念司先生にTwitterで紹介していただきました

やったね! 朝ツイッターを見ているとこんなリプが。 何!MAJI

記事を読む

日本一わかりやすい保守の本

いよいよ明日発売!「日本一わかりやすい保守の本」

買って、どうぞ。 いよいよ明日です ついに明日18日、本が出版されます。 僕の

記事を読む

竹林はるか遠く

日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く

・・・壮絶 話題の本が先日発売されました。 「日本人少女ヨーコの戦争体験記 

記事を読む

PR

Comment

  1. 松崎 より:

    そういや麻生さんのスパイ防止法を鳩山と朝日がダメだしして否決された事があったな…

    安倍首相には強引にでもそういった輩を排除してもらいたい

  2. より:

    日本では外国人参政権はありませんので大丈夫ですが、
    アメリカでは中国韓国系の市長や議員が続々出ているそうです。
    日本ではいまのところメディアだけが浸食されていますが、
    外国人参政権が認められていたらと思うとぞっとしますね。

    アメリカにはもっとしっかりしていただきたいものです。

  3. 特亜は不要 より:

    こんばんは
    俺は260~270P辺りでヤバいと思いました
    300Pぐらいのこの本の前半は避難訓練の延長みたいな内容ですが
    150ページぐらいでページがオレンジ色になり
    政府やメディアが浸食されていく仮想文は
    まさに今の日本です

    持っている人は
    スイス=日本
    新秩序=反政府、左翼、革命
    等へ脳内変換するとイメージしやすいかと

    日本政府は簡略版でもいいからコレを日本国民全員に配布して欲しいです

  4. トシ僧 より:

    ついこの間その辺が気になってコメしたけど……
    この本に答えがあるってことなのかな……

  5. 栗鼠 より:

    (´・ω・)ノ はい!先生!!
    (´・ω・)ノ 答えは、日本です!!

    ( ゚д゚) 何言ってんだこいつ・・・

  6. 東京m より:

    はだしのゲンの隣に民間防衛

    今回は読むだけかな~と思っていたら、東京は今日(正確に言うともう昨日ですが)関東大震災がありありました。なんと鮮人達が関東大震災ではなく関東大虐殺の日にする、各地で鮮人虐殺の追悼をやるというではありませんか。やれやれ。(そんなに虐殺されたのに、なぜ帰国しなかったんだろう?こんなことを考える方々はこれからすぐ素晴らしい祖国に帰っていただきましょう。)

    震災の混乱に乗じて鮮人たちが放火、強姦を行ったため、パニックになったのです。
    自警団がくまれ、行き過ぎた行動があったのは事実、そのため報道規制もしかれましたが、混乱の元は鮮人。これも、これからねつ造発展させようというのでしょう。

    防災の日の教訓として、民間防衛を取り入れたカルタを作り、家族で学校で楽しく防災、防衛、こういう悲劇が起こらないように教育していきましょう。

    大震災、気を付けよう(韓国人の)ウソとデマ

  7. poto より:

    買ってきました
    今読んでますけどこれを読んでるだけでも国防に対する意識は変わりますね
    日本でも配布してもらいたいものです

  8. 北海道人 より:

    中国からの不法入国は相変わらず巧みに実行されています。近所でも連行されたところを見ました。

    沖縄はもとより五島列島、鹿児島と徐々に中国の浸食が始まっていて、北海道でも観光地でないところに中国語の標識がポツポツと設置されています。おそらくですが行政にも友好の名の下に浸透しているのではないでしょうか。つい疑ってしまいます。

    民間防衛 必読!

  9. kuroshio より:

    少し気になることがありましたのでコメントさせていただきます。

    YouTubeの動画中に紹介されている書籍の『民間防衛』についてなのですが、その本は現在スイス国内では配布されておりません。
    情報が古いのですが、福井県が平成16年にスイスに視察に行った時の報告がのっているウェブページがあり、
    (http://info.pref.fukui.jp/kikitaisaku/kokumin/kaigai1.html)
    そこにおいて、

    >>Q スイス政府編「民間防衛」(スイス政府編纂の災害時の対処本)について
    >>日本では,「民間防衛(スイス政府編)」という本が最近復刊されたが,この本は現在でもスイス国内で使用されているのか。また,改訂の予定は。
    >>→A 1980年代までの冷戦に基づいた本であり,現在では使われることは全くない。スイスにとっては過去のものであり改訂する予定はないが,もし日本で役に立つのであれば良いことだと思う。

    とあります。ページ内にもすでに記載されていますが、スイスは戦争よりも災害対処に主眼が移っているようです。

    また、裏付けが全く取れていないのですが、どうも政治目的でこの本が出されたようです。
    (http://www39.atwiki.jp/civil_defense/pages/82.html)
    上記のウェブサイトによれば、在住外国人の制限についての国民投票の際に、政府側が宣伝戦の一環で出したそうです。

    まあ、非常にどうでもいい指摘ですが…。

  10. まんま より:

    応援してます!
    人権擁護法案についてもとりあげてください!
    安倍さんが総理のうちは大丈夫だと思いますが、日本に「朝鮮警察」を作らせるような真似だけは阻止しないと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑