経済成長を優先させた仁徳天皇、搾り取ることを優先する現代の政治

公開日: : 最終更新日:2013/09/03 日本 , , ,

まだでしょ。

消費増税はアベノミクスの腰を折る

久しぶりに失笑するニュースです。それもかなりのレベルで。

「消費増税の決断、今でしょ」 山口那津男公明代表
MSN産経ニュース 2013.9.1 13:20

公明党の山口那津男代表は31日、秋田県大館市で講演し、消費税を平成26年4月に予定通り8%に引き上げるべきだとの考えを重ねて示した。「アベノミクスで日本経済は少しずつ良くなっている。このチャンスを逃すと、消費税増税の決断をいつするのか。今でしょ」と述べた。

これはひどい・・・
増税はチャンスだからやると言うものではないと思います。
長引くデフレ不況に震災もありました。景気は良くなってきたと言っても、まだまだ末端には届いていないのです。

仁徳天皇の素晴らしいエピソードを紹介しましょう。
仁徳天皇はあるとき高い山に登って民の生活を見渡します。

すると炊煙が上がっていないことに気がつき、これは民が貧しいからであろうと考え何と3年のあいだ課と役を免除するのです。(課は朝廷におさめる品物、役は労役)
その3年の間、宮殿は修理もできず雨漏りをするような状況になりますが、それでも民が豊かになることを優先したのです。そして3年後、再び山に登り見渡すと、あちこちから炊煙が上がっていたのです。つまり民の生活は豊かになったと言うことです。ここではじめて課と役を復活させたのでした。
仁と徳の名の通りのエピソードです。

搾り取ることしか考えない現代

現代はどうでしょう?
民主党政権下で未曾有の大震災が起こり、さらにデフレによる長期の不況に日本は苦しんでします。
にもかかわらず、増税でさらに搾り取ることを考えるのが現代です。民主党政権は倒れましたが、消費税増税法案は安倍政権下で詰めの議論に入っています。

仁徳天皇は苦しいときに経済成長を優先させました。
そして経済が豊かになったところで税をとったのです。
現代においても経済を成長させて増収を目指すというのが正道でしょう。つらいときに搾り取るより、今耐えてデフレ脱却と経済成長を優先させるべきです。経済が成長すると税収は増えます。

政治家は古事記を読み直した方がいいのではないでしょうか?

現代語古事記: 神々の物語 (学研M文庫)
現代語古事記: 神々の物語 (学研M文庫)

PR

関連記事

菅直人元総理が安倍総理を提訴 菅さんはもう黙ってた方が・・・

これが逆選挙対策だ! 先日菅元総理が安倍総理を提訴しました。 名誉棄損の訴えを起

記事を読む

国会だけが政治じゃない

場外での活動は重要 国会外での活動 政治に対して不信を持っている人は多いと思いま

記事を読む

no image

外国人参政権なんて必要ない!

まずは動画をご覧下さい 日本ってさ、やっぱり日本人のものなんですよね。 福沢

記事を読む

在日外国人の通名とペンネームの違い

公平に報道してほしい。 先日在日特権を許さない市民の会が行っている新大久保のデモで

記事を読む

たまたまラッキーで皇室が2000年以上も続いてきたのか?

日本は歴史がある国です。 日本は歴史のある国 中国4000年の歴史などと言う人がいま

記事を読む

戦争したくないから逆に戦争のことを考えるという発想

進んで盲目になってはいけない(戒め) 病気になりたくないから病気を研究する 誰しも病

記事を読む

増税で謎の論と展開するトンキン大学教授

またトンキンか・・・ タイミングが大事 何事もタイミングが大事です。 増税の議

記事を読む

二宮尊徳というぐうの音もでないほどの聖人

人生の手本にしよう。 偉人の伝記を見ると元気が出てくる 二宮尊徳という人をご

記事を読む

no image

永世中立国スイスの民間防衛に学ぶ

永世中立国という言葉を聞いたことがあるかと思います。 永世中立国というとスイスが有名ですね

記事を読む

靖国神社

A級戦犯を分祀しろとかいう奴・・・

やりたければやればいい 靖国問題でよく出てくるのが、「A級戦犯を分祀したらいいんじ

記事を読む

PR

Comment

  1. ウチヤマ コウイチ より:

    参考にさせてもらってます。

  2. 松崎 より:

    お隣の国がきな臭くなって来たし、防衛費は今より必要だ
    いつかは絶対に増税して欲しいな

    後は国防軍とスパイ防止法と憲法改正とマスゴミ排除、そして教育勅語の復活をお願いしたい

  3. ニトリスキー より:

    16代目天皇ですね
    それ天の君として立つには百姓(おおみたから)のため
    百姓とかいて「おおみたから」と読む昔の感性を尊敬します

  4. トシ僧 より:

    古事記とは古すぎかもだけど~……でも言ってることはもっとも。
    そういうものを参考にしてほしいかなぁ。

    歴史を勉強する意義は「過去と同じ過ちを繰り返さないため」であると思っています。

    そういう意味で政治家はもっとよく考えてほしいものです。

    それに前にもコメントしましたが、今消費増税なんかされたら中小企業はまともな製品を作れません。
    一部のデカい会社しか見ていないいかにも自民党らしいやり方ですね。昔から変わっていません。
    ウチの会社に選挙運動に来た立候補者がこれからの自民党は中小企業を置き去りにせず大事にするとか言っていたくせに大嘘ッスね。

    そもそも税金というのは「義務」であって、「義務」というお金で「権利」という商品を買っているのが今の社会です。ですので税金を引き上げるなら「権利」をふるまう必要があると思います。

    そう考えると税金の取り方は消費税に限らず他にも手段はあると思うのです。
    具体的には「規制の緩和」です。
    今現在ある法律で、やたら抽象的になっている法律が沢山あると思います。児ポ法とかネット関連の法律とか特にそうですけど。
    それらの法律をより細かく具体的にし、本当に一部の狙いどころのみを厳重に厳しく規制し、それ以外を開放する。例えば…

    娯楽税(パチンコ税)
    パチンコ店に入店する際、身分証を呈示することを義務付ける。(要はニートは入店NG)
    社会的不適合機とされ撤去処分となったパチンコ台を全台数の10%まで設置稼働OK
    ただし、特殊景品を換金する際、10%を税金として徴収…とか。
    特殊映像税
    R-30指定 完全無修正アダルト映像の販売を許可する。
    ただし、購入時身分証明及び登録が必須。ディスク1枚づつにIDが振られ、横流しネット流出させた場合は即御用。金額は通常ディスクの倍。その半分は税金として徴収…とか。

    一部を規制しまくって規制を緩める。その権利を国が売り、税金と言う義務で買う。
    消費税は確かにてっとり早く金を集めることのできる手段です。しかし、自分には4の得と6の損にしか見えません。これが9の得と1の損とかなら誰でもわかることですが、その差が微妙になり、その6の方が即手に入るものだと感覚が鈍ってしまう……安売りの概念と同じですね。

    何とか考え直してほしいところです。
    すっっっごい長文でごめんなさい。><

    他の人の意見も聞きたいな~と思います。

    • 松崎 より:

      素人の考えだが

      みんな反対するかもだが漫画税やコミケの品物に税とか煙草税の更なる引き上げとかかな

      キャバクラやホストとかカジノ
      とにかく価格が高くて金持ちが好きそうな物に片っ端から税をかける事かな

      基本、人気な娯楽には少々高めの税で

    • トシ僧 より:

      そうそうw
      ようは娯楽というのは生活の余裕から生まれるものだから、そこに片っ端から細かく少しづつ……
      こんなものにまで!? と言うような税の取り方をしていくべきだと思います。他の方が言う生活必需品以外、と言うのにちょっと似てますね。
      他にも…
      オンラインマネー税
      国営機関のサイトで異なるマネーへの両替が可能。(マイクロソフトポイント→Webマネーとか)
      ただしその際手数料として数%を税金として徴収。

      エロゲ税
      R-18ゲームにあらゆる表現を許可する。
      ただし、購入時、身分証明と登録が必要。販売店在庫と登録数が一致しなければ営業禁止処分
      リアルロリに手を出したら懲役10年確定。高校生程度には手が届かないくらいの金額で販売。ほとんどが税金。
      ・・・とか。他にも映画税、レンタルビデオ税、マンガ税、菓子税、外食税、オンラインサービス等……

      その気になれば取れるところはいくらでもあると思うのです。

      • 松崎 より:

        連投失礼
        やはり重要なのは今の時代に何が流行っているかを察知する事と貴方の言う所謂、飴と鞭政策ですね

        後、忘れていけないのは貿易
        貿易による関税は日本の経済を守る為でもあります
        故にTPPは断固反対です
        早く陸奥宗光や小村寿太郎、榎本武揚級の外交官が誕生して条約撤廃してもらいたいです

  5. 上木 より:

    増税を前提に。

    生活必需品への増税はやめていただけないですかね。いや、むしろ生活必需品は減税、それ以外を大幅に上げればいい。

    払える余裕のある人が払う、課税の公平から見たらそうすべきと考えてしまいます。

    増税の根拠に欧米の税率上げるやつはここを強く主張してほしいです。

  6. marco より:

    どうやら財務省はどんな形であれ増税をすると評価が上がるそうで、増収は評価されないとのこと。財務官僚の出世のためにこの最悪のタイミングで消費税アップは断固反対。インフレになったら上げてもいいけど。でも生活保護費の不正受給の取り締まりもしないで、出口を塞がず増税って、みんな怒っていいんじゃない?一体改革じゃなかったの?

  7. 池谷 より:

    僕はまだ小学生で経済に疎い人間なのですが、KAZUYAさんの動画などを見て、増税すると経済が縮小するから今は増税しないほうがいいんだなぁと思いました。しかし、この前テレビを見ていたら、消費税を上げて、法人税を下げたほうが企業が活発になり経済がよくなる、そういう税制改革を早くしないと海外に企業が流れるとか、企業の設備投資が増えないとか言っていて、ふぇ~そうなのか~と思いました。

    こんな風に両者のメリット、デメリットを聞いたり、ネットなどの意見を見たりしていると、どの意見が一番正確なのかわからなくなってきます。

    今のところ、消費税を上げて、法人税を下げるなどの税制改革は将来的には必要だけれども、消費税増税が経済に与える影響を考えると、増税するのは今じゃないでしょ、という感じなのかな、と思っています。

    この考えがおおよそ理にかなっているのか、それともどこか誤解をしているのか、誰でもいいので教えて下さい。お願いします。なんでもしますから!

    • トシ僧 より:

      消費税を上げて法人税を下げる、これでヒャッハー!となるのはデカい企業だけです。
      テレビなどで言う経済活性化っていうのは国に影響を及ぼすくらいの大企業がお得になることで、円やドル、国債、株……これらの数字がどう動くか、そう思っていいんじゃないでしょうか?
      実際、景気回復に向かっている。と言っていますが、あなたの御両親に、アベミク効果でた?給料上がった?と聞いてみてください。ほぼ、「いや、ウチは関係ないな」と答えるかと思います。

      ウチは中小企業ですが、仮に法人税が下がったとしても、資材を購入する際の消費税が上がったらどうでしょう?残されるのは従業員が生活する際の消費税アップ、更に製品のコストアップによる利益縮小による給料減。まぁほとんどの一般生活者には苦行以外の何物でもないんじゃないかなぁ?

  8. N,A より:

    昔のお役人さんは言いました、
    大豆と農民は絞れば絞るほどでる、と

    やっぱり役人や政治家ってのは平民から出すべきですよ
    まぁ平民宰相っていう肩書きで利権政治やったヴァカもいますけど、
    どうも公明党代表殿は下々の者共の生活が解ってらっしゃらないようですね
    国と言うのはまず我々名も無き無数の平民から成っているということを忘れているようです
    最近リメイクされた某会社ドラマがありますが、その昔そのドラマで「会社のために社員があるんじゃない。社員のために会社があるんだ」というセリフがありました。
    まさにその通りなんですね

  9. より:

    わざわざ税金をあげなくても景気が回復すれば税収はあがるんですがね。
    税金をあげるってことは政治家自ら景気を回復する能力はありませんって吹聴してるようなものです。

  10. より:

    読んだ政治家は読書感想文を書かせないとね。
    きっと間違った解釈してると思いますよ。
    あと3年から後の税を復活させるまでの下りを100万回音読させたいくらいですね。

  11. donn より:

    消費税はもっとも公平な税金です。
    所得税を減額して、それを消費税に充てるべき。
    税金払わないものが公共のサービスを譲受しているのはおかしい。

  12. ボケ防止 より:

    経済は本読んでも、ネット見ても私にはわかりません。
    もっとも経済学者で経営成功したという人はいないともいいますが。

    先日の朝まで生テレビでは、公明党はやる気まんまん、自民はG20で公約したので実施しないと大変なことになる。
    年配の方に意見を伺うと、「出さなきゃならないものなら、出す。しかし、高校無償化所得制限910万って何?」

    30年前、日本がジャパンアズナンバー1とおだてられていたとき、これから低成長時代が来ると看破した学者がいましたが根拠は少子高齢化でした。これから生活基盤を築こうという若者が結婚して子供を持とうと思える社会にするのが一番だと思うのですが、ここでの意見を拝見していると、増税はそうではないようですね。

  13. airsblue より:

    消費税というものは、いくらあげてもトータル税収は増えません。
    その分消費が減る→、企業の売り上げが減る→法人税収が減る。
    消費税の効果はインフレ抑制・デフレ促進効果だけです。

    また、贅沢品に消費税をかけるという方法も賛同できません。
    贅沢品の消費が落ち込めば、結局贅沢品を作っている企業の利益が減り、その企業から法人税収が減るし、贅沢品を作っている企業がリストラなどをすることになり、失業率も悪化します。

    結論として、デフレ期にはいかなる消費増税も悪であるといえます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑