調布市女教師、日常的に異常な暴言 児童に「どういう脳みそ?」

公開日: : 最終更新日:2013/04/24 教育 , ,

まずは動画をご覧下さい。

ソース / 小2を女教諭いじめ 給食「少なくして。いつも残して迷惑だから」
ソース / 調布市女教師、日常的に異常な暴言 児童に「どういう脳みそ?」「ダメな人生…」

この問題教師は50代。
これまでもこういった方法で教育を行っていたのでしょう。
そして恐らくボイスレコーダーがなければまだ発覚してなかったんじゃないかと思います。

個人的にこれはいけないなと思うのはこの発言です。

「(もらう量を)少なくして。いつも残して迷惑だから。みんなもそう思うよね」

皆もそう思うよね?
これ、とても怖いです。
クラスに同意を求めて一人の児童のことを言うのは、教師+クラスの生徒VS一人の児童という構図になります。

これは心にグサっときますよ。
しかも小学2年生ですから、まだ心が成長していません。
教師+クラスの生徒VS自分という構図を頭で理解していなくても、体感的に孤立感を感じるはずです。

動画作ったあとにニュース動画もアップされていました。
本当ね、異常ですよ。

女性教諭、小2児童に繰り返し暴言 児童の前で親らを批判も(13/04/19)

人の立場になって考えるということは大人になってからもとても重要になります。
それはビジネスの場でもそうです。
でもこの女性教師はわかっていないようです。

これからを担う子供達を育てるのは大人と大人が作った環境によるものが非常に大きいです。
しかしこんな教師の下だと健全な心は養えないでしょう。

とても悲しいです。

PR

関連記事

日本人が政治に関心を持つにはどうしたらいいのか?

おもしろきこともなき世をおもしろく 選挙に関心持てる紙面に/MSN産経ニュース

記事を読む

国立大学なのに国旗も国歌もないのか…

Twitterで情報提供頂きました。 琉球大学の卒業式の様子を送って頂きました。 国立な

記事を読む

no image

俺達は好きで「ゆとり」になったわけじゃない

まずは動画をご覧下さい。 読売新聞が行った世論調査によると、公立学校での土曜日の授業に

記事を読む

北教組とかいう教育の名を借りたガイキチ集団

北海道新聞を取り上げたから思い出し怒りが・・・ 昨日の動画でも言いましたが、北海道

記事を読む

教育勅語

教育勅語を見てみよう

今こそ教育勅語。 まずは原文 朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇

記事を読む

バカは論破できない

南無阿弥陀仏。 慰安婦問題にしろ、憲法9条守りましょうといっている人にしろ、あ

記事を読む

戦前にあった修身という授業

道徳は大事。 今こそ思い出すべき日本人の徳目 先日教育勅語を紹介しましたが、よく

記事を読む

南京大虐殺を否定する教師、肯定する教師

すごいデータだ。 教育は教科書より人 昨日から募集している教育に関するアンケート

記事を読む

実はすごかった戦前の少年犯罪

驚愕。 戦前の教育は優れていたと言う漠然としたイメージ かつては教育勅語があり、修身の授業が

記事を読む

地球市民という幻想

道のりは遠い 一部の日本人はやたらと「地球市民」という言葉を使います。 確かに私

記事を読む

PR

Comment

  1. […] 調布市女教師、日常的に異常な暴言 児童に「どういう脳みそ?」KAZUYACHAN… この問題教師は50代。 […]

  2. ヤマトタケシ より:

    良い先生になろうとはしないが、良い先生だと思われるための努力は人一倍する、外面だけはいい奴の典型ですね。こんな外道を懲戒処分に出来ない都教委こそが諸悪の根源かと。

  3. 井上橋治 より:

    非常識極まりないそんな先生に育てられた子供たちこれからどんな大人に育つだろうか?考えただけでこれからの日本人
    修身の科目を増やせ、82才だんせい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑