マスコミ

けつもんだの朝ズボッ!の件でTBSに電話しました

駄目だこりゃ。

再発防止も何も今回のが再発

みのもんたが女性アナウンサーのお尻を触ったのではないかと話題になっていますね。

みの、セクハラ疑惑に「驚いている」
日刊スポーツ 9月3日(火)6時10分配信

みのもんた(69)が司会を務めるTBS系情報番組「みのもんたの朝ズバッ ! 」(月~金曜午前5時半)の8月30日放送分で、みのが吉田明世アナウンサー(25)にセクハラをした疑惑が持ち上がり、ネットを中心に大騒動になった。2日、同局は「セクハラ行為があった事実はありません」とコメント、CM中に談笑していた様子が本番に出てしまったとした。みのも一般紙も含めた取材攻勢に驚き、セクハラを否定した。

疑惑の場面は午前8時29分、番組終了直前に起こった。CMが終わると、みのが吉田アナの腰部分に手を伸ばし、吉田アナが手で払っているような様子が一瞬、映った。吉田アナは何事もなかったように、ニュースを伝えたが、この映像が動画サイトにアップされるなどし、「セクハラか」とネットを中心に話題になった。

騒動を受けて2日、TBS広報部は「セクハラ行為があったという事実はありません。スタンバイの最中に、みのもんたがアナウンサーたちと談笑していました。その様子が放送にこぼれてしまうことで、誤解を与えてしまいました」と、疑惑を否定した。みのと吉田アナにも状況を聞き、双方、セクハラとの認識はまったくなかったと説明。同局は、みのに注意しない一方で「紛らわしい場面が放送された」として、番組プロデューサーに口頭で注意したという。

関係者によると、疑惑の場面はCM中、みのが吉田アナを驚かせようと、少し押したことが原因という。

みのは日刊スポーツの取材に「アナウンサーがトチった時に軽く突いたりするのは、僕としてはよくあることで、パワハラと言われるならまだしも、セクハラなんてとんでもない。そんな認識はないし、相手も戸惑っていると思う。このように報じられることに驚いている」とコメントした。

談笑であれば何故吉田アナは手で払ったのか。
セクハラ

なぜあの後みのもんたは手をハエのようにすりあわせていたのか。謎です。
セクハラの認識がないというのは、セクハラする人は皆言うでしょう。

吉田アナに聞いたところで、セクハラはないと言うしかありません。言えば間違いなく飛ばされるでしょう。

今TBSには苦情も多いことでしょう。
今日この件について電話してみましたが、3分ほど待たされ、電話に出たのは悟りをひらいたかのように生気のない女性でした。心中お察ししますが、お宅の会社がしょうもないので仕方ないです。

「今回は紛らわしい映像でご迷惑をおかけしています。再発防止につとめます」
とのことでした。
しかし、今回の事件こそ再発ではないでしょうか?

今に始まったことじゃない

みのさんのセクハラは今に始まったことではありません。
以前の映像がニコニコ動画にアップされていましたが、これはひどいと思ってしまうものです。
みのもんたのセクハラは常習?女子アナの証言

特にディープインパクトのくだりは最悪ですね。

みの「年が明けたらディープインパクト、もう男の本懐のような生活に入るらしいですよ。うらやましいですねぇ。竹内君(女子アナ)知ってる?ディープインパクト。来年から何やるか?」

竹内アナ「種牡馬になるんですよね」

みの「そうそうそう、どんなことするの?

・・・これはひどい。

参考までに
TBS:03-3476-6666

関連記事

  1. ニュース

    はじける東京新聞と笑う産経新聞

    新聞も色々だな。 (さらに…)…

  2. マスコミ

    高画質よりも魅力あるコンテンツの充実を

    技術革新は素晴らしいのだが・・・ (さらに…)…

  3. テレビ

    ニュース

    NHK受信料収入、13億円減の6387億円、黒字200億円!?

    強制徴収というシステムすごいな。 (さらに…)…

  4. マスコミ

    世論煽ってるのはマスコミだろ!と突っ込みたくなる朝日の社説

    朝日は死ななきゃ直らない。 (さらに…)…

  5. マスコミ

    朝日新聞は毎日毎日特定秘密保護法案反対

    一体どういうことなの? (さらに…)…

  1. 未分類

    金子千尋が完封勝利!オリックス復刻ユニフォームが懐かしい
  2. Youtubeチャンネル登録者1万人突破

    YouTube

    ついにチャンネル登録者1万人突破!
  3. ニュース

    外国人労働者の前に高齢者を活用したらいいんじゃ・・・
  4. 北海道新聞 論説委員室より

    マスコミ

    北海道新聞「謝罪するのは恥じゃない。むしろ誇らしい」
  5. 海外

    土地を守る農民 ガソリン撒かれ焼死
PAGE TOP