ニュース

ルールすら守れない教師が何を指導しようというのか?

朝日はAO(頭おかしい)。

なんでもかんでも戦争と結びつけるな

君が代義務化―本当に大切なことは
朝日新聞社説2013.9.30

特定の歌を歌えと命じられる。口を動かしているかチェックされ、歌っていないと罰を受ける――まるで時計の針を戻すような動きだ。

卒業式などで教職員が君が代を起立斉唱するよう、全国で初めて条例で義務づけた大阪府の教育委員会が、実際に歌っているかどうか、口元を確認、報告するよう府立の全学校長に通知した。

国の学習指導要領は、式典で国歌斉唱を義務づけており、他の教委でも指導を強める動きがある。だが実際にはチェックの対象は起立で、口元の点検まで指示したのは異例だ。

大阪府での義務づけは、橋下徹・大阪市長の考えにもとづく。公務員はルールを守るべきだとの判断から、指導の徹底をはかってきた。

府教委の中原徹教育長は、条例づくりを主導した橋下市長の友人で、府立高校長だった昨年、卒業式で教員の口元をチェックして議論を呼んだ。今回も、「起立斉唱」を義務づけた条例のもとで当然のことを書いたまでだと説明する。

スポーツの国際試合では、選手を鼓舞したり勝利をたたえたりする観客が君が代を歌う風景が当たり前になった。ただ、かつて君が代は、軍国主義教育のなかで戦意高揚に使われた。その反省の思いから、式典での起立を拒否する先生がいるのも重い事実である。

世間の反応は鈍い。学力低下やいじめなど様々な問題を抱える公教育への不信も、「ルールを守らない」先生への厳しい視線につながっている。今回の動きも、そんな空気を読んでのことかもしれない。

不起立教員そのものも激減している。いずれ、君が代に反対した先生がいたことも知らない子ばかりになるだろう。これはよいことなのだろうか

時の流れとともに、戦争を知る世代が減っていくが、戦後の日本の歩みを方向付けたあの戦争は、決して遠い過去の遺物ではない。

日本が無謀な戦争への道を進んだとき、先生たちはなぜ止められなかったのか。痛恨の体験が、君が代を歌わない先生の思いをかき消していく末に、忘れ去られてよいはずがない。

中原氏は昨年、口元チェックが問題になった後のブログで、この問題では「君が代賛否の人々の意見を、根拠のある史実と合わせて若者に紹介し、人材育成に生かすことが肝要」と述べた。そのとおりだと思う。

教育長として、そのことにこそもっと力を注いでほしい。

本来であればこのようなチェックなど必要ないことだと思います。
しかし日本には狂った教師が多いのでこれも致し方ないのかもしれません。

「世間の反応は鈍い」と書かれていますが、こんなの当たり前のことで、ルールを守るというのは大事なことです。
子供でもわかります。しかしそれを指導すべき教師がこの体たらくでは説得力がありません。

いい加減にしろ朝日、そして狂った教師ども。

関連記事

  1. 朝日新聞7月14日読者投稿

    マスコミ

    核から国民守る権利を憲法へ 朝日新聞2013.7.14「声」

    読者投稿欄はある意味楽しみ (さらに…)…

  2. ニュース

    前川2時間33分、加戸6分…マスコミの異常すぎる偏向報道

    視聴者の会が意見広告8月22日の読売新聞と産経新聞…

  3. ニュース

    アントニオ猪木「拉致解決したら幸せになれるのか」

    プロレスラーとして尊敬していますが・・・ (さらに……

  1. 北海道新聞 2013参院選比例区世論調査

    日本

    参院選の比例区は個人名で投票しましょう
  2. ニュース

    日本なら多分炎上するなっていうスイスの議員の発言
  3. ニュース

    正月のめでたい話とおめでたい話とフジテレビの地獄絵図
  4. ニュース

    外国人はその国の文化を尊重して、どうぞ
  5. マスコミ

    NHKの体質は変わるのか
PAGE TOP