日本

マッカーサーが米上院で証言した日本の開戦理由

安全保障。

あのマッカーサーも安全保障のためだと言った

日本はなぜ対米開戦に向かっていったのか?
色々と議論されるポイントでありますが、戦後日本を占領したGHQの最高司令官ダグラス・マッカーサーは昭和26年(1951)5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で行われた質疑応答で次のように述べています。

対訳 マッカーサー証言
日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということをご理解いただく必要があります。そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。

潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。

このように膨大な労働能力が存在するということは、彼らには、何か働くための対象が必要なことを意味しました。
彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、基本資材を保有していませんでした。

日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。
それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。

したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。

安全保障の必要に迫られてのことだった・・・
「日本の戦争は侵略だった!」と教育されてきた人にとっては、ある意味衝撃的な内容だと思います(しかし、こういった事実を頭が堅い人は意に介しません・・・)。
アメリカは日本に対する石油の輸出を止めました。
石油は血の一滴と呼ばれ、これがないと何も出来ません。

マッカーサーが言うように、安全保障の面で日本は窮地に立たされます。
さらにアメリカはハルノートを日本に突きつけます。日本はこれを最後通牒と見なし対米開戦やむなしとなっていくのです。

僕は日本は何も問題がなかったなどというつもりはありません。
日本にも問題があった。しかしアメリカにもあったのです。同様に他の国にも問題がありました。

戦後それらの問題がすべて敗戦国である日本のせいになりました。
これではいけません。もっと情報の拡散が必要です。

関連記事

  1. 北海道 猿払村

    ニュース

    北海道猿払村で韓国が不穏な動き

    北海道を汚さないでください。 (さらに…)…

  2. 動画ブログ

    消費増税を推進する政治家たちへ

    政治家へのメッセージです。生意気なのは仕方ない。 (さらに&h…

  3. 何故歴史や政治が大切なのか

    日本

    何故歴史や政治が大切なのか

    だから大切なんです。 (さらに…)…

  4. ニュース

    移民大量受け入れってどうなの?

    どうでしょう? (さらに…)…

  1. ニュース

    かなり怪しいワンアジア財団
  2. SONY NEX-5R

    動画ブログ

    SONY αNEX-5R買ってしまった・・・これはすばらしい
  3. ニュース

    【やっぱりな】橋下氏と元慰安婦の面談、中止へ 女性「会いたくない」
  4. ニュース

    消費税増税の素朴な疑問
  5. 日本

    差別ではなく区別
PAGE TOP