マッカーサーが米上院で証言した日本の開戦理由

公開日: : 日本 , ,

安全保障。

あのマッカーサーも安全保障のためだと言った

日本はなぜ対米開戦に向かっていったのか?
色々と議論されるポイントでありますが、戦後日本を占領したGHQの最高司令官ダグラス・マッカーサーは昭和26年(1951)5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で行われた質疑応答で次のように述べています。

対訳 マッカーサー証言
日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということをご理解いただく必要があります。そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。

潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。

このように膨大な労働能力が存在するということは、彼らには、何か働くための対象が必要なことを意味しました。
彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、基本資材を保有していませんでした。

日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。
それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。

したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。

安全保障の必要に迫られてのことだった・・・
「日本の戦争は侵略だった!」と教育されてきた人にとっては、ある意味衝撃的な内容だと思います(しかし、こういった事実を頭が堅い人は意に介しません・・・)。
アメリカは日本に対する石油の輸出を止めました。
石油は血の一滴と呼ばれ、これがないと何も出来ません。

マッカーサーが言うように、安全保障の面で日本は窮地に立たされます。
さらにアメリカはハルノートを日本に突きつけます。日本はこれを最後通牒と見なし対米開戦やむなしとなっていくのです。

僕は日本は何も問題がなかったなどというつもりはありません。
日本にも問題があった。しかしアメリカにもあったのです。同様に他の国にも問題がありました。

戦後それらの問題がすべて敗戦国である日本のせいになりました。
これではいけません。もっと情報の拡散が必要です。

PR

関連記事

no image

外国人参政権なんて必要ない!

まずは動画をご覧下さい 日本ってさ、やっぱり日本人のものなんですよね。 福沢

記事を読む

戦争したくないから逆に戦争のことを考えるという発想

進んで盲目になってはいけない(戒め) 病気になりたくないから病気を研究する 誰しも病

記事を読む

no image

デフレのまま増税したらもっと景気が悪くなる

デフレのまま増税するのは愚作という以外ない。 テレビや新聞の報道を見ていると気が滅入っ

記事を読む

no image

税金を払っているから参政権よこせ?バカ言うな

まずは動画をご覧下さい。 一昨日も外国人参政権を取り上げましたが、やっぱり2分とい

記事を読む

南京大虐殺なんてなかった

昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 僕は南京大虐殺というものを学校で教え

記事を読む

ニコニコネット党首討論会

参院選目前!ニコニコ生放送党首討論会

しっかりしろ野党! 安倍政権発足から約半年、国会も閉幕しいよいよ参院選がやって

記事を読む

民主党公式ポスターアプリが面白い

ネット解禁で活動の幅は広がった。 尖閣盗んだ発言が話題の鳩山さんですが、なにやら意

記事を読む

国会では野次が名物ですがこれはどうなんだろう…

いかんでしょ。 難病にヘイトスピーチ 国会がやっていますが、みんなの党の和田政宗さん

記事を読む

【コリアひどい】慰安婦支援者による橋下市長との面談中止の申し開き

支援団体「橋下が悪い」 ニコニコ版はこちら →慰安婦支援者による支離滅裂なドタキ

記事を読む

有田「よしお」君による無益な予算委員会

なんだこれは・・・ 時間の無駄 【ニコニコ動画】H26/2/5 参院予算委員会・有田芳生

記事を読む

PR

Comment

  1. goro より:

    3年くらい前になりますか。
    大学の大先輩とお酒の席で話ました。
    話題が南京大虐殺、従軍慰安婦問題になった時、私は「どちらも捏造である」と意見を言いましたが、その先輩は「あった」と譲りません。人格否定までされました(酒の席なのでそれほど私は怒りませんでしたが)。

    聞くと新聞はあの朝日をとっているとか。
    この先輩は真面目なので「新聞記事=事実」と思っているようです(ここでは朝日だけを批判する意図はありません。無いと思うなw)

    世の中、まだまだこういう人(真面目すぎる?人)も相当数いるのです。
    それだけに新聞や教育の影響は大きいのですね。なので「言い続けること」は大事だと思います。

  2. 知らなかった女 より:

    私自身自虐史観から目覚めて半年、
    「慰安婦」も「南京虐殺」も新聞テレビのねつ造だというと
    それこそ人でなしのような反応をされました。

    その後、橋下発言、在特会ヘイトスピーチ問題でますます肩身が狭くなりましたが、
    話すきっかけにもなり、とくに在特会問題は「ちょっとヘンかも」と
    思い始める人がでてきたように感じます。(どうみても反対派のほうが怖い)
    アメリカ慰安婦碑って、知らない人は知らないのにはびっくりです。
    ほんと、新聞テレビでは報道しませんよね。

    日本を評価してくれている国はたくさんあります。↓静かに感動です。
    http://kokorodo.net/e2945

    世界の嫌われ者、親中親韓の政治家が与党にもいることが
    アジア諸国に警戒感を持たせているように思います。

  3. 篤史 より:

    自虐史観にどっぷりつかっていた私ですが、これは以前から聞いていました。
    ただこの石油、ハルノートの存在を知っている方も、中国で日本がした事にに非があると考え、軍事費を増やすべき、9条は堅すぎるんじゃないか、といった内容は話題に挙げるすら断固拒否といった風でしたが…

    京都の朝鮮学校と在特会の揉め事は私は歓迎でした、
    祖母に経緯説明しつつ動画見を見せながら説明した所、新聞が変更報道が酷いと言う事が認められ朝日新聞を解約する事になりました。
    朝鮮が暴れていたのを知っているらしく韓国について元々悪い印象あったので、スムーズに行きました。

    逆に両親の方は完全にTVの韓流の洗脳されているらしく、逆に私が変な過激団体の影響でレイシストになったと言われ全然信じて貰えなかったんですけどね…(そして両親の支持政党は民主wwwwwww)

    今回の京都と在特会のやり取り使えばかなり、新聞、TVを全然疑わない人へも異常性(かつ朝鮮学校などの影響力、規模の大きさ)の説明しやすいように思えます。

  4. goro より:

    身近な矛盾から

    連投スマソ
    私が色々考えるきっかけとなったのは
    ①男の子なので零戦や戦艦大和などプラモでよく作った(箱の横などに解説文が書いてあって良い教科書になった)。カッコよかったし憧れた>戦史に興味を持つ

    ②私はいい歳なんだけど、戦争に行ったのはおじいちゃん世代になる。厳しい人(達)ではあったが学校で教わるような「極悪人」ではないわけで。親戚関係の年配者も良い人達。なんで突然変異のように第二次大戦期になると極悪人の日本人が大量発生したのか?(そんな訳がない)と不思議だった。

    先に挙げた先輩だって(多分)おじいちゃん世代が戦争にいってるはず。自分のじいちゃんだけは「極悪人ではない」と言うのだろうか?w

    故人になられらたが、松井やよりさんの動画(まだあると思うが)が傑作。(戦争に行った)「父だけは悪いことをしなかった」という話。なんだろねその感覚。

  5. より:

    太平洋戦争におけるマ元帥のイメージはフィリピンから逃げて、じっとして、ミッドウェイ以降いつの間にか厚木に降りたっていたって感じで、凄さがイマイチ分からない…

  6. goro より:

    韓国でのマッカーサー元帥の扱い(英雄なのかどーか)はよくわかりませんが(銅像はあった気がする)、読みは「メガドー将軍(ジャングン)」だったかと。
    メガドー将軍って誰やねん!と思うわけですw。
    ハングルだって15世紀にセジョンデワン(世宗大王)が作った(作らせた)以来埋れていたものを、日帝時代に日本が学ばせたつーのを忘れてる。
    日本はハングルを奪ってないし。創氏改名だってそう。搾取するなら韓国人名のほうがよっぽど便利(書類上も区別つきやすい)。

    「歴史を忘れた民族に未来はない」は自分達に言っているのか?って話でね。
    (心配してるのよ私は)

  7. ヴェル より:

    こういう持ち上げられ方を見るとやっぱり日本人ってお上という概念が好きなんだなって思いますね。
    だからこそ天皇制がずっと続いたわけですが。
    マッカーサーはそもそも多くの人が持つ立派なイメージの人ではありません。
    バリバリの人種差別者で、太平洋戦争では尻尾を巻いて逃げだし、日本統治は途中で投げ出して大統領選に出馬しようとし、
    朝鮮戦争では戦火拡大を招いた挙句原爆投下をしようとして更迭。
    ようはアメリカから日本に出向されられたのです、都落ちもいいところ。

    ハルノートが原因ということですが、なぜハルノートを突きつけられたのかはなぜ触れないのです?
    それは中国をはじめ、アジアでの利益を日本が独占しようとしたからでしょ。
    それも明らかな侵略戦争によって、台湾、朝鮮、満州と次々に領土を拡大していった。
    結局は自分で巻いた種というわけです。
    アメリカがその点を指摘できないのは自分たちも同じ穴のムジナだからです。

  8.                   より:

    ハル・ノートの前に、仏印進駐が決定的な日米の関係を決裂されたことをしらないとだめですよ。
    天皇がとめようとも進軍したのは事実なのだから、
    また国体がまもられ天皇が死刑にならなかったのも、マッカーサーのアメリカへの電報によるものだったことを忘れてはいけないですよ。

    マッカーサーと天皇をお話をしっていますか?
    「戦争の責任は全て自分にある、自分の命はどうなってもかまわないから、一億の民を飢えさせないで欲しい、東郷や東條をばっせず私ひとりをばっせよ。」とマッカーサーに天皇がお願いをし、食料援助をお願いをしたのですよ。そして風呂敷いっぱいの、すべての天皇の資産の、有価証券を全部もちだし、マッカーサーに私、国民のための食料にしてくれとお願いしたからこそ、
    処刑されるはずだった天皇が処刑されず、これを気にGHQは直接統治から間接統治にかわり、半年後にはマッカーサー自らが天皇を裁判にかけないように進言したからこそ今があるのですよ。

    アメリカが戦争で勝ち政府をつくさなかったのは日本だけなのですよ。
    結果として、「War_Guilt_Information_Program」をしかけられたのですが。

    歴社様々な味方があります倉山先生の歴史観がすべてではないのですよ。

    「日本人にとって靖国神社とは何か?」|竹田恒泰CH特番、竹田恒泰の「昭和天皇と昭和論」をみてみてください。
    または、語られなかった 皇族たちの真実 (小学館)の文庫のほうをよんでみてください。

  9. 東京m より:

    24年東京都高校日本史必須教科書にマッカーサー証言
    ハル・ノートのソ連作成説が追加されました。
    http://kyoukashokaizen.blog114.fc2.com/blog-entry-155.html

    かつて、東京都立高校(偏差値比較的上位校)に日教組教師が生息し
    君が代、国旗掲揚不起立を生徒にたきつけるほど偏向してましたが
    石原都政のおかげでここまで来ることができました。
    生徒は教師の思想の道具ではありません。

    いまだ文科省とは温度差があるということですが
    真実が語られることこそが、戦争を避けることのできる唯一の方法と考えます。

  10. 四捨五入で100歳 より:

    学生の頃、社会(歴史)の科目が苦手でした。
    年号と出来事の名称をただ暗記するだけ、という感じで。
    いい年した大人になっても、日本がどうして戦争したのか、恥ずかしながら、分かっていません。
    ネット上で、断片的な色んな話は目にしますが、偏りがあったり、情報が不十分だったり、
    あいかわらず、モヤモヤしています。
    カズヤさんがいつもおっしゃっているように、この動画をきっかけに、調べてみようと思います。
    世界で唯一原爆を落とされた国の国民が、なぜ戦争をしたか知らないなんて、自分が他国の人なら、
    ドン引きです。

  11. hikitam829 より:

    マ元帥による日本の開戦の理由が「主として安全保障の・・・」も実際には真実とは言えない。日本に開戦の理由は全く無く、「戦争を仕掛けられた」と言うのが正解です。資源を海外に頼り、外国からの輸入が無ければ国家として成り立たないような国が、おいそれと戦争に踏み込む筈が無い。真珠湾攻撃はルーズベルトが練りに練った謀略の結果である。日本の先制攻撃が無ければ、ルーズベルトは欧州戦線で参戦出来なかった、自分の選挙公約に加え、圧倒的に厭戦気運の高かった米国世論を一気に引っくり返すための作戦、それは日本に先制攻撃をやらせることでしか成功はおぼつかなかったのだ。日本機動部隊のハワイ接近を十分に知り、またパール・ハーバーの数千名の犠牲者を予測しながらも、日本の先制攻撃を待ち続けたと言うのが正しい史実だ。ルーズベルトに加担したのがスターリンで、戦争で負けた国に共産主義を植え付けると言う「敗戦革命」を実行したがっていた、日・独・伊が標的とされていた。米国は開戦に関する部分の公文書公開は100年間やらないそうだ、100年が来たら情勢によっては更に延期をするだろう、米の犯した罪が世界から忘れ去るのを待っているのだろう。hikitam829拝。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑