産経のスクープで信憑性が根底から覆った河野談話

公開日: : 最終更新日:2013/10/21 ニュース , ,

心のよりどころ消滅。

あまりに杜撰な河野談話

元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる
2013.10.16 08:36

産経新聞は15日、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した。証言の事実関係はあいまいで別の機会での発言との食い違いも目立つほか、氏名や生年すら不正確な例もあり、歴史資料としては通用しない内容だった。軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっておらず、決め手の元慰安婦への聞き取り調査もずさんだったと判明したことで、河野談話の正当性は根底から崩れたといえる。産経新聞は河野氏に取材を申し入れたが、応じなかった。

5年7月26日から30日までの5日間、ソウルで実施した聞き取り調査に関しては9年、当時の東良信内閣外政審議室審議官が自民党の勉強会で「(強制性認定の)明確な根拠として使えるものではなかった」と証言している。ところが政府は、この調査内容を「個人情報保護」などを理由に開示してこなかった。

産経新聞が今回入手した報告書はA4判13枚で、調査対象の16人が慰安婦となった理由や経緯、慰安所での体験などが記されている。だまされたり、無理やり連れて行かされたりして客を取らされるなどの悲惨な境遇が描写されている。

しかし、資料としての信頼性は薄い。当時、朝鮮半島では戸籍制度が整備されていたにもかかわらず、報告書で元慰安婦の生年月日が記載されているのは半数の8人で空欄が6人いた。やはり朝鮮半島で重視される出身地についても、大半の13人が不明・不詳となっている。

肝心の氏名に関しても、「呂」と名字だけのものや「白粉」と不完全なもの、「カン」などと漢字不明のものもある。また、同一人物が複数の名前を使い分けているか、調査官が名前を記載ミスしたとみられる箇所も存在する。

大阪、熊本、台湾など戦地ではなく、一般の娼館はあっても慰安所はなかった地域で働いたとの証言もある。元慰安婦が台湾中西部の地名「彰化」と話した部分を日本側が「娼家」と勘違いして報告書に記述している部分もあった。

また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る。調査には、日本での慰安婦賠償訴訟を起こした原告5人が含まれていたが、訴状と聞き取り調査での証言は必ずしも一致せず二転三転している。

日本側の聞き取り調査に先立ち、韓国の安(アン)秉(ビョン)直(ジク)ソウル大教授(当時)が中心となって4年に行った元慰安婦への聞き取り調査では、連絡可能な40人余に5~6回面会した結果、「証言者が意図的に事実を歪(わい)曲(きょく)していると思われるケース」(安氏)があったため、採用したのは19人だった。

政府の聞き取り調査は、韓国側の調査で不採用となった元慰安婦も複数対象としている可能性が高いが、政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない

談話作成に関わった事務方トップの石原信雄元官房副長官は産経新聞の取材に対し「私は報告書は見ておらず、担当官の報告を聞いて判断したが、談話の大前提である証言内容がずさんで真実性、信(しん)憑(ぴょう)性(せい)を疑わせるとなると大変な問題だ。人選したのは韓国側であり、信頼関係が揺らいでくる」と語った。

■河野談話 平成5年8月、宮沢喜一内閣の河野洋平官房長官が元慰安婦に心からのおわびと反省の気持ちを表明した談話。慰安婦の募集に関し、強制連行の存在を示す政府資料が国内外で一切見つかっていないにもかかわらず、「官憲等が直接これに加担したこともあった」「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」などと強制性を認定した。閣議決定はされていない。

慰安婦問題というのは、「強制連行されて性奴隷にされた!」といいながら証拠が全くありません。
そのため彼らが根拠としていたのがこの河野談話ですが、今回のスクープで内容の杜撰さが見事に露呈しました。

こんなものでこれまで日本は貶められ続けてきたのです。
以前北海道新聞に「強制連行」をうかがわせる記述があったので、電話で問い合わせたところ、記事の根拠にしていたのがやはり河野談話でした。
河野洋平の罪が重いことは言うに及びません。
記事にあるように取材は拒否したということですが、何らかの弁明が必要でしょう。
そうしない限り、良くない意味で永遠に河野洋平の名は語り継がれるでしょう。

そして同様に罪が重いのはご存知朝日新聞です。
朝日が捏造で慰安婦問題を作り上げ、燃やし続けた結果が現状です。
この産経の記事も朝日は無論スルーです。

河野談話の見直しが求められます。

PR

関連記事

河野談話は韓国の意向をかなり汲んでいる

やっぱり見直しが必要だ。 元日の産経はこれが一面 河野談話 日韓で「

記事を読む

生活費稼がせるために娘に売春させていた親が逮捕される

ただただ悲しい・・・ 16歳娘と同級生に売春させる 小遣い1日千円、容疑の母親逮捕

記事を読む

小野田寛郎さんのご冥福をお祈りします

壮絶人生 約30年間戦い続けた日本兵 小野田寛郎さんが死去 終戦信じ

記事を読む

小保方晴子さん会見とマスコミのつるし上げ

擁護出来ない 結局よくわからない 会見が昨日行わ

記事を読む

外国人はその国の文化を尊重して、どうぞ

そらそうよ。 よその家に行ったらその家のルールに従う グローバルグローバルと叫ば

記事を読む

移民大量受け入れってどうなの?

どうでしょう? 日本はどうあるべきか? 毎年20万人の移民受け入れ 政府が本

記事を読む

迷彩服に違和感?中学生の職場体験学習にシーラカンス平和主義者が抗議

いまだにこんな人がいるとは・・・ 違和感はあなた達だけです 自衛隊での中学生

記事を読む

はじける東京新聞と笑う産経新聞

新聞も色々だな。 産経抄 2013年5月17日 どの新聞を読んでも同じ、と

記事を読む

反基地のためにはゴミを巻散らかすことも正当化されるのか・・・

暑さで頭が沸騰したのかな? 抗議リボン撤去は乱暴な行為   朝日新聞読者投稿欄「

記事を読む

【やっぱりな】橋下氏と元慰安婦の面談、中止へ 女性「会いたくない」

ウソがばれてしまうからね。 橋下氏と元慰安婦の面談、中止へ 女性「会いたくない」/朝日新聞デジ

記事を読む

PR

Comment

  1. 朴ひで より:

    安倍さんは河野洋平に対する証人喚問しないのー?

    やっぱり元総裁だから遠慮してるのー?

    村山富市位は呼べるでしょー?安倍総理!

  2. 朴ひで より:

    アカヒ「この3K新聞の記事は捏造です!なぜなら我々は知っています!アジア人の軍靴の叫び声の南京の柳条湖爆発の慰安婦の炭鉱の痰壺のインドネシアのスカルノの嫁のデヴィの9条の辛さがわかっているからです!!!!!」

    何を言ってるかわかんないって?そりゃ朝日新聞の記者の中には帰化人だっているんだもんwwwwwwwwww

    そうゆう人たちを東京湾のヘドロに埋めるのが日本人の勤めですwwwwwwwwww

  3. 町工場の親方 より:

    《厚顔、無責任コンビ》ーーー「朝日新聞をみんなで叩き潰す掲示板」
    平成14年10月6日・・・町工場の親方

    和田俊が死にましたか。 今年の春友人が、「正月カンボジアに行った時,女性のガイドが 「私の両親は学校の先生でしたので、ポルポトに殺されました」と語った、と言っていたことを思い出しました。

    世界史上でも稀な、酷い大虐殺者ポルポトをヨイショしたような人間が,その後も順調に社内出世コースを歩いたようですが,私は彼がポルポトを褒め称えたことについて,その後何らかの釈明や,自己の言論の責任について,語ったというのを寡聞にして知りません。(どなたか知っておられるて゜しょうか)
    稲垣武氏がいっているように、「あそこは内部同志の顔色,評価しか考えない組織」なので、外からの正当な批判に対しては、「右翼の嫌がらせ」で
    頬かむりしてしまったのでしょうか。

    今年初め、ほぼ同じ年齢の元論説委員の北畠清泰も死にました。
    二人とも大学教授でしたが、「朝日新聞論説委員」という肩書きで、こんなのを迎える大学が
    あると思うと嫌になります。

    今,北畠が,平成四年一月二十三日の夕刊コラム
    「窓・論説委員室から」 《従軍慰安婦》の見出しのもとに書いた文を読むと,本当に酷い代物だ、とあらためて痛感します。
    ご承知のように、吉田清治の本をもとに述べたものです。

    「吉田清治さんは昭和十七年,朝鮮人を徴発するために設けられた「山口県労務報国会下関支部」の動員部長になった。以後三年間,強制連行した朝鮮人の数は男女六千人にのぼるという。−−−吉田さんと部下、十人か十五人が朝鮮半島に出張する。総督府の五十人、あるいは百人の警官と一緒になって村を包囲し、女性を道路に追い出す。木剣を振るって女性を殴り、けり、トラックに詰め込む。一つの村から三人、十人と連行して警察の留置場に入れておき、予定の百人、二百人になれば下関に運ぶ。

    女性達は陸軍の営庭で軍属の手に渡り、前線に送られていった。−−−国家権力が警察を使い、植民地の女性を絶対に逃げられない状態で誘拐し、戦場に運び、一年、二年と監禁し、集団強姦し、そして日本軍が退却する時に戦場に放置した。−−−」 この後吉田清治を腹のすわった人と褒め称える文が続きます。

    当時朝鮮は日本であり、昔、白人が南米やアフリカでなら、このようなことをやったかも知れませんが、日本が日本国内でこんなことをやるわけがありません。またやる必要も全く無い、社会の状態でした。

    私が北畠に対して、どうしてもわからなかったことは、戦後に生まれて育ち、飢餓と貧困の時代の日本を殆ど知らず、戦前は全くの暗黒時代であり、全国民で構成された日本軍も、悪魔のような軍隊、と徹底した左翼教育により洗脳された人間が、異常な考え方をするのならまだしも、どのような家庭環境で育ち、教育を受けたか知りませんが、年齢からいって、昭和二十年代には中学生、高校生になていた人間なら、あの時代の貧しかった日本の社会、ひどい就職難、職業として認められていた、娼家、娼婦の存在、その時代の世相、戦前戦後を現実に生きていた日本人(どの時代にもいる、ひどい人間もいる反面)=貧しくとも今よりはモラルの観念のしっかりした、大勢の大人が生きていた時代を、多少なりとも経験した人間が、裏も取らず、検証しようともせず、あのようなとんでもない、イカサマ本と、その著者に対して、何の疑いも差し挟まず、持ち上げるということでした。

    このことは私の理解に苦しむところでしたが、先日、ふと発想を変えてみて、「北畠は吉田清治と同類、同質の人間かもしれない」、と考えるに及んで、やっと納得するようになりました。

    参考図書
    宮尾登美子   「夜汽車」  「岩伍覚書」

    吉田清治については、中川八洋・筑波大名誉教授の著書、「歴史を偽装する韓国」、の中で詳しく書かれています。
    これを読むと、吉田清治を何回も紙上で取り上げ、過去の日本軍の悪業の証拠とした、i「朝日新聞」、なるものが、いかに酷いとんでもない代物かがよくわかり唖然とします。
    興味のある方は、
    狼魔人日記、町工場の親方 、中川八洋、吉田清治、でググッてお読みください。

  4. 照國大明神 より:

    日本は国内に敵(売国奴、国家転覆工作員)が多すぎます。
    【マスコミ等】
    朝日新聞
    毎日新聞
    北海道新聞等ブロック紙
    地方紙(特に県紙。全国ニュース系の社説は共同通信の添削が入る)
    琉球新報・沖縄タイムス
    【政治家・活動家等】
    河野洋平
    村山富市
    鳩ポッポ・菅チョクト・野ブタ・有田芳生(要するに民主党全員。松原仁議員除く)
    ミズポ(要するに社民党全員)
    田嶋陽子
    共産党
    【マスコミ・言論・教育関係者】
    日教組・高教組・北教組・沖教組
    本多勝一
    吉田清治
    吉見義明
    金慶珠
    筑紫哲也(故人)
    久米宏
    古舘伊知郎
    みのもんた
    関口宏
    崔洋一
    古市憲寿
    小林よしのり
    津田大介
    岸井成格
    寺島実郎

    以下略

    • 朴ひで より:

      コヴァ信者「なぜよしのりサマが含まれているんだ!さては貴様はシナのスパイだな!よしのりサマは愛国の烈士なのに!お前はよしのりサマの本全部読んだことないだろ!」

  5. 知らなかった女 より:

    櫻井良子さんは独自に調べられ、かなり前からなんの証拠もなかったとおっしゃっています。

    韓国側が売春婦だったおばあさんたちはこのままでは韓国社会で生きていけないから
    謝罪さえしてくれれば2度とこの問題は出さないと懇願、それに河野洋平が応じた談話です。
    二度と問題にしないということを書面化したか櫻井さんが尋ねたところ、
    とてもそんなことが言える雰囲気ではなかったという。子どもの使い以下。

    今日の国会、ハム明党党首山口何某は、再び歴史問題、慰安婦問題
    高校無償化所得制限、非嫡子問題等持ち出してきました。

    この政党がなぜ与党?

  6. N,A より:

    河野洋平氏は本来ならばカメラを通した全国民に対し自らの売国行為を白状し土下座し、談話の取り下げをせねばならない
    現状、河野談話さえ崩してしまえば慰安婦問題とやらの奴らの唯一の言い分である”日本国が認めたんじゃないか”という主張は消え去ります
    これをもって朝鮮半島における日本軍の強制連行による売春その他の行為は無かったことが証明されます
    もし安部政権がマシな外交力を持っているならば、これを機に今までの慰安婦問題(笑)を発端とした日本への数多くの侮辱や各国への不当なイメージダウンを行ったことを糾弾し謝罪させると共に、竹島から身を引くよう要求していただきたい

    汚名返上、国土返還、韓国への強烈な牽制と一石三鳥です
    ああ、あとこれを機に大韓民国様には自国の歴史認識を見つめ直していただくといいんじゃないでしょうかね

  7. ボケ防止 より:

    2001年に、アメリカハーバード大学アジアンセンターにて、韓国主導のもと「いかに日本が不当に韓国を併合したか」アメリカ、イギリス、日本、韓国の学者で3回目の話し合が行われている。

    韓国側は、日本が不法に朝鮮を併合したということを主張したが国際法の専門家でケンブリッジ大学のJ.クロフォード教授は合法の主張。「強制されたから不法という議論は第一次大戦(1914~18年)以降のもので、当時としては問題になるものではない」と、一喝。

    その後その会議に出席した日本の原田教授が新たに史料を研究、第二次日韓協約(1905年)は韓国の高宗皇帝の意図に沿って行なわれたものだったということを実証。
    だいたい、日韓国交正常化の際も激しく対立したが、合法・不法の 結論は出さず「今や無効」との表現で国交正常化(一九六五年)にこぎつけた経緯がある。
    にもかかわらず、相変わらずの歴史認識をなぜ日本の政党ハム明党が国会で出す?
    歴史を韓国のようにねつ造する国に成り下がれというのか?厳重抗議。

    なお、当時これは産経しか報道しなかった。ほとんどの日本人には知らされていないということだ。↓
    http://sakura4987.exblog.jp/3264568

  8. ボケ防止 より:

    追記
    いいわけできないほど悪いことをしたと思われている満州事変も
    GHQメンバーヘレン・ミアーズはこれ以上合法な行為はないと断言している。
    歴史問題というのは国家間の戦争である。
    だからこそ、中国韓国、欧米も自己を正当化するため平気で嘘をつく。
    そういうとんでもない国が相手なのである。
    日本は嘘をつく必要はないが、10倍言い返す必要があることを肝に銘じてなければならない。

  9. ヴェル より:

    安定の産経ですね。
    ところが河野談話を当時産経が絶賛していた事実は・・・ご存知ないでしょうね。
    >1993年9月2日の産経新聞朝刊正論欄にて、軍慰安婦に関する談話を「近年、稀にみる名文といってよい。」と絶賛した。

    ブーメランをついでにもう一つ差し上げましょう。
    http://www.asahi.com/politics/update/1018/TKY201310180085.html
    安倍晋三首相は18日の参院本会議で、従軍慰安婦問題について「筆舌に尽くしがたい、
    つらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む。私の思いは歴代首相と変わりない」と述べた。

    さあ、思う存分叩け!

    • 知らなかった女 より:

      知ってた。

      で、従軍慰安婦じゃなくて、慰安婦です。
      募集による民間の売春婦を軍が利用したのは認めています。
      ドイツ、フランスは売春婦利用。アメリカは自由恋愛という名の売春。
      ソ連、朝鮮は強姦。

      安倍首相は21世紀は女性の人権侵害のない世紀にするとも言ってましたが
      売春が国のGDPの5%を占める韓国の女性の人権問題は
      韓国が解決する問題だと私は考えています。

      • ヴェル より:

        なるほど、韓国の売春産業の規模は最大8.71兆ウォン(約6300億円)とGDPの5%を占めますね。
        ところが日本の性産業の規模はご存知ですか?
        5兆6,884億円と算出されています。実に韓国の10倍弱にも及ぶがGDPは韓国の6倍程度しかありません。
        これに加えて東南アジアへの売春ツアーは周知の事実でしょう。
        他所の女性人権問題なんて心配してる場合じゃなくて?

        この問題で韓国の主張が全て真実とは全く思っていないが、他所もやってるなんてアピールは下策中の下策。
        他所は叩かれてないんだから、うまく事後処理をしてるわけですよ。
        それにそんなことを今さら掘り起こしても日本の立場を良くするどころか八方に敵を作るだけ。
        例え偽善だろうが、今日の基準から考えれば違法なわけですから、認めるべきところは認めて、韓国とはちゃんと対話で決着すべきです。
        まあ韓国は無視と言いながら、それで飯を食ってる人がいるから、そういう人は困るでしょうね。

        • 知らなかった女 より:

          おっしゃる通り。

          他国の問題は他国にまかせるべき。
          併合問題でも書きましたが、決着のつかない問題の決着を付ける必要はありません。

    • . より:

      >…河野談話を当時産経が絶賛…
      ..上坂 冬子さんの寄稿..

  10. ボケ防止 より:

    しかしながら、ささくれ立った心はささくれたままで
    和解にも達していなかったということに、気付いたということだ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑