二宮尊徳というぐうの音もでないほどの聖人

公開日: : 最終更新日:2013/10/27 日本 ,

人生の手本にしよう。

偉人の伝記を見ると元気が出てくる

二宮尊徳という人をご存知でしょうか?
二宮金次郎と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

小学校に尊徳の銅像が建てられているところも多いです。
f7jpc631000g84i9kqtuvvvvf731000
ちなみに僕の小学校にはありませんでした。

尊徳はただ薪を担いで本を読んでいたから銅像になったわけではありません。
少年時代の逸話も多いですが、実は大人になってからの実績がすごいのです。

不遇な幼少期

少年時代の尊徳は不遇としか言えません。
14歳で父が亡くなり、16歳で母が亡くなります。

尊徳はおじのところに引き取られ、必死に働きます。
そして「無学のままではいけない」と考え、学問にも力を入れます。

昼は薪をとりにいって、それを売りさばき、夜はわらじを作り縄をなったりと、仕事仕事アンド仕事の生活です。
勉強は夜の仕事を終えてからですから、遅い時間になります。

暗いと勉強が出来ませんから明かりをつけますが、これには燃料の油が必要です。
おじは夜遅くまで勉強をする尊徳を怒ります。

「役に立たぬ勉強など、油がもったいないからやめなさい」

尊徳はこうしてとがめられても、キレたりしません。
おじの言うことはもっともだと考え、一時勉強を中断します。
だからといって勉強を諦めたわけではありません。

尊徳は考えます。
「油を自分で作ったらええやん!それなら文句ないやろ!」

こうして荒れ地を開墾し、そこにアブラナの種を植えて地道に育てた結果、尊徳は数升の油を手にします。
「やったぜ!これで勉強ができる!」

自分の力によって手に入れた油で勉強を再開した尊徳にまたおじさんは言います。
「俺が面倒見てやってるんだから、お前の時間は俺のものだ!」

勉強よりもおじの家の仕事を優先せよというおじの言葉です。
尊徳は是非もなしと思い、家での勉強よりも薪を売りにいく途中などの移動中に本を読み勉強していきました。

非常に不遇な境遇ですが、尊徳は決して境遇に負けませんでした。
このこそ現代に取り戻したい精神です。

その後、尊徳は自らの生家を再び繁栄させるために独立します。
ここからが重要なところですが、続きはCGSの公開収録で話したいと思います。

日時:11月2日(土)15時~17時(開場14時半)
場所:東京都中央区東日本橋3-3-3 わなびば5階
詳細、申し込みはCGSのブログからお願いします!
→CGSブログ

ちなみに先日本を出しました。
サイン会をする予定はありませんが、公開収録に来ていただいた方で必要な方にはしますので、是非お越し下さい。

PR

関連記事

消費増税で産経も飛ばし記事・・・欧米と日本の消費税率のみを比べる愚

新聞は飛ばし屋だね。 産経新聞も飛ばす 朝日、読売など新聞各社が安倍総理の肉声を

記事を読む

靖国神社

A級戦犯を分祀しろとかいう奴・・・

やりたければやればいい 靖国問題でよく出てくるのが、「A級戦犯を分祀したらいいんじ

記事を読む

日本人を支配する場の「空気」

目に見えないけど、かなり支配されてませんか? 空気ってなんだ? 場の空気って意思

記事を読む

完璧にすべて自分と同じ考えの人間はいない

せめて動画を見てから・・・ 僕が動画でやっているのは政治とか歴史とかの話題が多

記事を読む

ネット選挙運動

2分で分かる!インターネット選挙運動でできることできないこと

はやくネットで投票できるようにしてほしい。 ネット選挙解禁!といっても、まだ投票が

記事を読む

そもそも偏った集会を自治体が後援しちゃダメだろ

流れ変わったな 護憲集会の後援拒否広がる 識者は批判 2014年5月3日19時18分

記事を読む

国会では野次が名物ですがこれはどうなんだろう…

いかんでしょ。 難病にヘイトスピーチ 国会がやっていますが、みんなの党の和田政宗さん

記事を読む

民主党は終わり

民主党公開大反省会をやるも反省の色なし

民主党は帰って、どうぞ。 安倍首相発言「国益損なう」=民主・前原氏/時事通信社

記事を読む

経済成長を優先させた仁徳天皇、搾り取ることを優先する現代の政治

まだでしょ。 消費増税はアベノミクスの腰を折る 久しぶりに失笑するニュースで

記事を読む

国会だけが政治じゃない

場外での活動は重要 国会外での活動 政治に対して不信を持っている人は多いと思いま

記事を読む

PR

Comment

  1. より:

    スマホ片手に車道を歩いていたら怒られてしまうけど、隙間時間の有効活用はしたいですね。

  2. 知らなかった女 より:

    子どもの頃、学校には二宮金次郎の像があると思っていたのに
    ついぞ、学校で見たことはなく。
    (すでに廃校となった小学校に、あったことがありました)

    その後、テレビドラマや本で日本を離れた移民が
    異国の地で大きな山を富士山に見立て、朝日を拝み、
    二宮金次郎の像を建て、開拓の辛さに耐えたことを知りました。
    今でも台湾、ロスアンジェルスなどに二宮金次郎の像が立ち、
    愛されていると聞きます。

    そういえば、1964年東京オリンピック招致活動をした
    日系アメリカ人の和田フレッド勇さんも二宮金次郎ばりに
    ご苦労された人だったことを思い出しました。

    コツコツ努力できる、日本人の一番の強みでありたいですね。

  3. kazuya信者 より:

    民主党の時は、小沢さんや鳩山さんの脱税問題がニュースで流れたけど
    自民党は未だ一度も脱税が発覚していませんね。
    今の自民党はクリーンなのでしょうか?
    それとも、財務省の言うことを聞いていれば、ガサ入れにあわないのでしょうか?

  4. hehehe より:

    二宮尊徳は、ため池なんかの指導をしましたね。
    だけど自分が真っ先に思ったのは、げんれい工房さんの二宮金次第。
    げんれい工房さんの二宮金次第とは、これです。
    http://www.genrei-koubou.com/library/fp/f-ninokin.htm

    心が穢れてるなあ、自分は。

  5. RARA より:

    そうだよね~!

    本を読むべきだと思うな。
    特に、ゆとり!

    これね、
    自分は、ゆとりなんだから、
    なんとかしなくちゃ!っていう考えができるっていうことは、
    ものすごく、素晴らしいことなんだよ。

    まず、自分を見つめてないと、わからないんだよ。

    大人でも、自分を見つめないできた人は、できない人、
    いっぱいいるからね。

    自分を卑下するということでは、絶対にないんだよ。
    むしろ、褒めるべきだ。

    私はね、人と本気で、話すると、
    相手は、
    「 本を、いっぱい、読んでるでしょ?」という人が多い。

    ところが、あまり、読んでないんだな。(笑)

    ところが、
    ①自分を見つめる

    ②これは!と思う本や、言葉に出会ったら、
     それを、自分の血とし、肉とし、
     何にも打ち負かされないほどの、
     信念に変える

    これは、やったと思うのね。

    でも、①は、しばらくすると、
    <ここまでは、それでよし。
      じゃ、そこまでできたんだから、次は、もっと、難易度の高いのに挑戦してもらおう>

    という感じで、もう一段、考えさせられる、そして、
    新たな答えを、発見する。

    と、これは、成長意欲のある人、能力の高い人は、
    一生、これが、でてきちゃうんだな。

    だから、本当は、大人も子供もない。
    成長できる人、できない人(しようとしない人)がいるだけ。

    日本人は、月に、3冊以上の本を読む人は、
    確か、統計で、15%程度しか、いないらしい。
    実に、情けない状況だ。

    本当の勉強は、社会に出てから、始まる。
    読む本だって、自分で選ぶんだよ。

    誰も、点数もつけてくれないし、
    ○もくれないし、落第もないかわりに、
    結果は、全部、自分に返るんだよ。

    まず、自分で考えるというクセをつける意味でも、
    非常に、いいと思う。

    私の場合はといえば、
    ネットなんかで、いろんな偉人なんかの言葉や本が、
    どんなのが出版されてるのか、簡単にわかる時代になっているから、
    見ると、私と、同じことを考えてる人が、
    いっぱいいるのね。(しかも、それは、凡人ではなく、偉人や哲学者)

    それで、興味を持つということが多い。

    最近では、アダムスキーさんの本。
    UFOで有名な。

    なぜか?
    去年、ものすごいUFOを見たからです。^^

    それで、アダムスキーさんが、いろいろ、本を出していることを知って、
    見ると、ほんとんど、哲学書みたい。

    ところが、やはり、その内容は、かねてから、
    私も知っていることばかり。

    2年ぐらい前から、
    「こういう考え方に変えなさい、こういう考えで、自分の人生の創造をしなさい」
    この繰り返しだったのね。
    どっち見ても、そういう啓示が来る。

    それで、読んでみると、やっぱり!という内容でした。

    なんでも、高次元の意識を獲得した異星人との接触によって、
    もたらされた内容だとか。

    そして、聖書の登場人物と、
    その高次元の異星人とは、多くの共通点があり、
    (アダムスキーさんは、同一人物だと確信しているでしょうね。)
    なるほどと、思いました。

    これを、低次元波動流れまくりの環境で、
    実行するのは、ものすごい意志が必要だと思うんだけど、
    トライしてるよ。

    kazuya君も、是非、読んでみてください。

  6. 東京m より:

    「 一人の人間が死ぬまでに実際に経験できることは限られている。
    それらの経験を唯一効率的に補うことができるのが読書。」

    インドでは大学教育は英語で行われる。
    英語習熟のためでもあるが、ヒンズー語に高等教育を表す
    語彙がないというのが真の理由。
    中韓も西洋近代思想の語彙がなく、その語彙の7割が
    明治時代日本の先人が作り出したもの。

    ネットの書き込みに使われる言語は日本語と英語が38%で首位争い。
    発信もできる。世界の古典は日本語で全部読める。
    日本は世界最高の翻訳大国。
    英語で世界は分からない、英語の本には英国の悪口は書いてない。
    しかし日本の本には日本の悪口がたくさん書いてある、
    こんな公平な言語は他にない。

    以上、読書、日本語の素晴らしさの一部です。

  7. katumi より:

    先に謝ります、すみません。
    メアドウソです。持ってないんだもん。携帯、NETないから、ネットカフェからなんです。
    で、本題。
    日本一わかりやすい保守の本がありません。
    某ジュンクを三軒回ってますが、ありません。
    売れてるからなら喜ばしいのですが、初回入荷が品切れして、そのままほったらかしなら由々しき事だ。
    とりあえず、次回入荷まで、もう少し待ちます。(笑)

  8. 朴ひで より:

    和気清麻呂もオナシャス!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑