実はすごかった戦前の少年犯罪

公開日: : 教育, 本紹介 , , ,

驚愕。

戦前の教育は優れていたと言う漠然としたイメージ

かつては教育勅語があり、修身の授業があり、昔は厳格で立派な人が多かったという漠然としたイメージがあります。
現在教育改革が叫ばれていますが、この教育勅語や修身の理念など今でも通用するものですから、是非取り入れてほしいと思います。

「最近の若者は・・・」
もう聞き飽きたフレーズですが、いつの時代もいわれていることです。
凶悪な少年犯罪が起きると、最近の少年は一体どうしてしまったのだろう?と思うことがあるかと思います。

しかし教育勅語や修身のあった時代にこういった少年犯罪がなかったのかと言えば、そんなことはありません。
むしろ現代より狂っていると思う事件が多々あるのです。

戦前の少年犯罪という本があります。

戦前の少年犯罪
戦前の少年犯罪

この本は戦前の少年犯罪を検証したものですが、本当に驚くような事件が次から次へと出てきます。

昭和四年(一九二九)二月十九日[9歳(満7〜8歳)が6歳を猟銃で射殺]
岡山県御津郡の自宅で、男子(9)が隣家の男の子(6)を射殺。
母親が三時のおやつにモチを出してくれたが、焼き方が悪いとわがままを云って食べなかった。
そこへ遊びに来た六歳が「おまえが食べねば、わしが食べてやろう」と食べだしたので怒って、「毒が入っているのだから死ぬぞ」「撃ち殺すぞ」などと脅したが、「撃ってもよい」と六歳が云い返したので、父親の猟銃で頭を狙い撃ちしたもの。

現代ならば大変なニュースになることでしょう。
当時はこういった事件があっても、地方であれば地方新聞にちょこっと掲載される程度で余問題になっていません。

それにしてもモチが原因で殺してしまうとは・・・
驚くばかりですが、この本ではこういった話がこれでもかと出てきます。

小学生が殺人事件を起こす例が結構あります。
上記以外にも、くじでずるをしていた子供に大人が注意をしたところ、逆上して刺し殺したり・・・
小学生以上であれば17歳の僧侶が幼女をレイプ殺人したり・・・
今であれば連日のようにテレビが取り上げていたことでしょう。

そしてどこか立派なイメージがある旧制高校生が暴れ回っている事件が多数掲載されています。
酒飲んで騒ぐ喧嘩する、そして破壊行為、もうむちゃくちゃです。

僕は戦前にあまり過度な幻想を抱くのはよくないと考えています。
無論これがすべてではないですし、逆に立派な人も沢山います。
教育勅語や修身の理念は素晴らしいと思うし、今に活かすべきだと思いますが、だからといってすべての人が優れていたかといえば、そんなことはないのです。

いいところは取り入れて、悪習は排除する。
そうやってバランスをとっていけばいいと思います。

PR

関連記事

政治の質は国民の質

天は自ら助くる者を助く 期待するなら己にしよう 人へ過度な期待をすると、ふとしたときに絶望す

記事を読む

選挙に行かないのがカッコいいとか思ってませんか?

選挙にGO 選挙は国民の義務 都知事選:20代「思い届くのか」 公約「高齢者

記事を読む

琉球大学の琉大ライフが国会デビューを果たす

やったぜ。 琉球大学生から情報提供を受け、以前の動画で紹介した流大ライフを覚えているでしょ

記事を読む

バカは論破できない

南無阿弥陀仏。 慰安婦問題にしろ、憲法9条守りましょうといっている人にしろ、あ

記事を読む

戦前にあった修身という授業

道徳は大事。 今こそ思い出すべき日本人の徳目 先日教育勅語を紹介しましたが、よく

記事を読む

日本人が政治に関心を持つにはどうしたらいいのか?

おもしろきこともなき世をおもしろく 選挙に関心持てる紙面に/MSN産経ニュース

記事を読む

no image

調布市女教師、日常的に異常な暴言 児童に「どういう脳みそ?」

まずは動画をご覧下さい。 ソース / 小2を女教諭いじめ 給食「少なくして。いつも

記事を読む

南京大虐殺なんてなかった

昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 僕は南京大虐殺というものを学校で教え

記事を読む

目覚めよ!日本経済と国防の教科書 三橋貴明著

デフレで尖閣が危機の今こそ国防。 目覚めよ! 日本経済と国防の教科書 p

記事を読む

面白いけど笑えない中国の話 竹田恒泰著

ぶっ飛んでるなぁ・・・ 中国って恐ろしいな 最近読んだ本の紹介。 竹田恒泰

記事を読む

PR

Comment

  1. 朴ひで より:

    いつの時代も悪いやつはいるんです
    幕末だって国のことを考えていた尊王攘夷派もいれば「てんちゅー!!!」と言いながら人を斬っただけの人もいますし。
    神話の時代だって悪い人はいたんですから。

  2. 考えてね より:

    今回の動画は、ちょっと意図がわかりません。
    まず この怪しげな少年犯罪の本を書いた人間が、何を目的としてこういう本を書いたか?
    しっかり考えてみてはいかがですか?
    「戦前の教育は酷かった」と訴える目的の本でしょうか?
    なぜ作者は、 使い捨てハンドルネームみたいな名前で出したのか?
     「かんがえるろう」こんなバカみたいなペンネームの人間が書いた本を
    真に受けて宣伝してしまうのは、??だと思いますよ。思うつぼかもしれません。

  3. 入舟 より:

    佐世保で女子小学生が学校で同級生を殺害した事件がありましたが、それも戦前では当たり前ですしね。
    人間は忘れる生き物と雖も、調べもしないで盲信する癖は直したいですね。

  4. 知らなかった女 より:

    人間のやることは、西はギリシア神話から東は古事記の時代から
    やることは変わってないと教わったことがあります。
    明治時代、西洋の倫理観との違いから、西洋諸国に追いつこうという意味もあり、
    また、そうあってほしいという理想の一つが修身教育であったと思われます。

    たまたま年配の方と成人式の話をしたのですが、
    成人を20歳と決めたのは戦後で、戦前は女子は13参りが
    だいたい親が女性にする最後のお祝い(それ以降結婚するから)
    男子は江戸時代は(12~16)で大人とされてたってと考えると
    今より、成熟も早かったのでしょう。

    放火で有名な八百屋お七は14歳。15歳未満ということで刑を減じられそうになったけど、
    恋人が16歳と偽証したため処刑される。
    当時少年法はなかったけれど、15歳未満は罪を減じようという概念はあったようです。

  5. 吾輩は猫ではない より:

    小学生こええ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
    ところで、母親のモチの焼き方が気に入らなかったから食べなかったって、
    いっちゃなんだけど戦前って相当女性は卑下されてたのかな・・・?

  6. 栗鼠 より:

    俺、お餅好きなんだけどなー♪

  7. ボケ防止 より:

    女性が卑下されていたというより、男女にかかわらず
    戦前は生き方の選択肢が少なかった。

    戦前女性は女学校に進学できるのは村に一人か二人。
    男も長男以外は婿や養子、軍隊に入るくらいしか立身出世の道がなかった。
    戦後GHQが一部特権階級のための教育制度がよくないと633制に統一。
    エリートをなくすのが目的だったともいわれるが、庶民の生き方の選択肢は広がる。

    戦前、戦後、どちらの教育制度にも良い面もあれば悪い面もあるということだろう。

  8. mo277 より:

    本自体はプロパガンタ色が強いね。
    「悪い奴もいた。だから今も同じ。いや、実は、今より悪いかもよ?だって戦前だもん」
    うっあ!クッセ!
    あんましいい例ではありませんが、
    「田舎も都会も美人の質は同じ。ただ、単位当たりの人数が違う」
    と言うのがあります。
    今の学生を見ても、私どもの頃より遥かにタチが悪い。
    私どもの頃にも、そんな奴らは確かにいた。
    が、こんな人数じゃなかったぞ?
    学生時代、ちょっとヤバい事になり、平日、親とともに繁華街を経て、病院に何度か行った。
    今みたいに、私服、制服のやつらが、何人もうろついてたりはしなかった。(民族学校は別な!!)
    遠足だ、修学旅行だ、っつても、人目や学校のことを考えて(実際には、考えてない。空気のように、それが当たり前に感じていた)、きちんと整列し、行動してた(一部を除いて)。
    今なんて、整列もヘッタクレもないじゃん!!(アカ日とかが、個人の自由を訴え、”規則正しく”などと縛るのはいけない、と言い出したのも原因だろうな)
    それに…長くなりすぎますね。
    昔はよかった、という、論語的懐古主義は大嫌いだが、少なくとも、この本に感化されるのは、間違ってると思う。

  9. 千葉県民 より:

    山本太郎参院議員、天皇に直訴状? =侍従長が文書預かる
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013103100768

    アホがまたまたやっちゃった・・・
    懲罰委員会で議員辞職勧告されるな、これ

  10. 千葉県民 より:

    訂正
    天皇→天皇陛下

  11. RARA より:

    天皇陛下に、手紙を渡した、現代の、憂国の士、山本太郎氏の、
    【 中高生でもわかる、特定秘密保護法案 】についての、
    街頭演説が、見られる動画が、アップされていました。

    http://twitcasting.tv/yamamototaro0/movie/23813160

    必見。

    真実ではなく、自分の狭い勘違いを信じたい人は、
    見られないかな~~??

    【 人は、自分が信じたいものを信じる 】【 つまり、それは、真実とは、限らない 】【 ということは、嘘を真実だと考える 】

    こいうことに、安住したければ、何も知るな。

    けれど、それは、広めるほどの情報か?

    もし、そう思うなら、問題は、政治にあるのではなく、あなたの頭の中にあるのだ。

  12. 千葉県民 より:

    山本太郎議員、「皇室政治利用」で処分も=参院、1日に対応協議
    http://jp.wsj.com/article/JJ12258022758766324760117705535203900918870.html

  13. 朴ひで より:

    山本太郎と田中正造の違いをわかりやすく動画にしてくれよ~。頼むよ~。

  14. RARA より:

    政治利用とかさ、何それ。wwww

    田舎くさいよな~。

    マスゴミみたい。

    汚染水海岸では、4万人、泳ぎに行っちゃうレベルってことかな?

    マスゴミが行けって言えば。wW

    それは、東北の話だけど、
    道民も近いからねえ。。。。w

  15. ボケ防止 より:

    2013年 11月1日 産経
    「通称」悪用して端末不正売買 容疑の韓国人を逮捕 
    複数の通名を使い分け3年間で160台のスマホの不正売買。

    2番目動画、元大使が語るテレビ界に外国人のいる危険性も必見。

    http://www.news-us.jp/article/379178235.html

    • 元アメポチ より:

      通名を犯罪に利用している動かざる証拠ですね。どう言い訳するのか?
      国民を危険にさらす入管特例法を廃止し犯罪者を強制送還しましょう。
      差別差別と騒ぐ皆さん 他の外国人との差別を無くしましょう

      KAZUYAさん更新が無いけど どうされました?

  16. 懐疑主義者 より:

    余り知られていない事ですが、
    『戦前・戦中の日本は”米国同様の銃社会”だった』って史実があります。

    当時の日本は、今より工業生産力が劣っていたので、
    旧軍は全軍に制式拳銃を支給出来なかった。

    また、銃自体の品質も良くは無かったと言います。
    では、拳銃を必要とする軍人達はどうしたのか ?

    答えは『街にある銃砲店で拳銃と弾薬を買って軍務に就いていた』のです。

    この辺りは、
    光人社NF文庫の「小銃・拳銃・機関銃入門」(佐山二郎氏著)に載っている、
    “米軍が日本軍から押収した各種拳銃”画像と、

    同書207ページ[九四式拳銃]の項や、
    ウィキぺディアの[二十六年式拳銃]及び、
    [桑原製軽便拳銃]の項等を参照してください。

    まあ、実は昔の日本は銃社会だった。これを知らないのも無理は有りません。
    現在の日本には、国民が武装していると都合の悪い輩が大勢居て、
    そいつらは法曹界・警察にも食い込んでいる。

    連中の主体であるコミーとか馬鹿リベラルと言うのは綺麗事しか言えないので、
    反感を持った国民から怒りの銃弾を飛ばされる事をとても怖れます。

    奴らは根本的に卑怯者ないし、大津のいじめ鬼畜野郎どもと同質なので、
    この国の良民が戦前・戦中同様、拳銃と弾薬を得て武装する事を嫌い、
    逃げているのです。”治安維持の為に銃規制は必要だー”と叫びながら。

    (まるで、児ポ法改悪みたいな話ですが、
    奴らは既にこうした美名の下に抑圧をやる経験を積んでいるのですな。
    国民の非武装化と「過剰防衛条文」と言う名の国内向け拘束具の装着で。

    防衛に過剰はないです。
    あらゆる手段で不逞の輩を圧倒殲滅して始末するしかないのが真の防衛なのですが。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑