文化の日より明治節

公開日: : 教育 , ,

取り戻そう。

戦後変わった祝日

昨日11月3日は文化の日でした。
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ということで制定されていますが、この日は日本国憲法が公布された日でもあります。

何気なく使っている文化の日ですが、1948年までは違う名称の祝日でした。
当時は”明治節”といいました。

名前から察しがつくと思いますが、明治天皇のお誕生日です。
明治という激動の時代を忘れないためにも、この日が明治節として祝日になっていました。
大正期に議論がありましたが、制定されたのは昭和になってからです。

現在の祝日の名称とかつての祝日の名称は違うものがあります。
例えば明治節もそうですし、2月11日の建国記念日はかつて紀元節と呼ばれていました。これは初代天皇である神武天皇が即位された日として祝日になっています。そして12月23日は天皇誕生日ですが、かつては天長節と呼ばれていました。

では何故祝日の名称が変わってしまったのかと言えば、敗戦の影響があります。
GHQの影響で日本文化を否定する過程で、祝日の名前すら変えてしまったのです。

個人的には天長節、紀元節、明治節などかつての名称に戻すべきだと考えています。
これは論理的でも何でもありませんが、その方が日本らしくてカッコいいからです。

日本を取り戻すというのであれば、こういったところから見直すべきではないでしょうか。

PR

関連記事

GHQの洗脳工作はいまだに生き続けている

もうそろそろ起きる時間です。 戦前の日本は悪の帝国だったと言われています。実際

記事を読む

はだしのゲンは閉架措置で問題なし

あんなもの小学生に読ませるなよ。 閉架処置に賛否両論 松江市教委の「はだしのゲン

記事を読む

戦前にあった修身という授業

道徳は大事。 今こそ思い出すべき日本人の徳目 先日教育勅語を紹介しましたが、よく

記事を読む

琉球大学の実態に驚愕

これは・・・ 先日沖縄に行ったときに、ある琉球大学生から資料を頂きました。 それは琉大ラ

記事を読む

刷り込みか、偶然か?

どうなんでしょう? 常時見える韓国 東京書籍の地理の教科書について情報を頂きました。

記事を読む

何故韓国だけに偏向した教育がされるのか?

なんでや! 教育に関するアンケートを募集した結果 以前募集した教育に関するアンケ

記事を読む

琉球大学の琉大ライフが国会デビューを果たす

やったぜ。 琉球大学生から情報提供を受け、以前の動画で紹介した流大ライフを覚えているでしょ

記事を読む

教育に関するアンケートの結果

教育問題の根は深い。 自虐自虐自虐 以前募集した教育に関するアンケートですが、今

記事を読む

南京大虐殺を否定する教師、肯定する教師

すごいデータだ。 教育は教科書より人 昨日から募集している教育に関するアンケート

記事を読む

皆さんどんな教育を受けてきましたか?

一度実体験を集めてみたい。 日本の偏向教育 日本の教育は偏っていると言われている

記事を読む

PR

Comment

  1. 島崎洋平 より:

    ブログ更新お疲れ様です。
    孔子の正名論「名は体をあらわす」という点で、天長節、紀元節、明治節などに名称を戻すべきでしょう。
    人は「言葉」によって世界を認識しています。
    虹が何色あるのかも、各国によって違う。
    これは「言葉」によって、区別の仕方が違うから。
    逆に「チョン」「わだち」「看護婦」が、差別的であるとか、実態に則していない理由から、名称を変更や廃止されている。

    言葉は良くも悪くも非常に影響力がある。
    ですから、国民の休日は戦前の名称に戻していくことが大切だと考えます。

    私は kazuya さんの意見が非論理的であるとは思いません。
    むしろ、論理的です。

  2. 匿名希望男子??歳 より:

    KAZUYAさん久々の更新乙です。
    恥ずかしながら天長節、紀元節、明治節という名称を初めて知りました。
    こういう時、自分って日本の事を何も知らないんだなって自覚します。
    海外経験がある友人が教えてくれたのですが海外には日本好きな方が沢山いるそうです。
    ある日、日本の事を聞かれたそうですがうまく答えられず激しく呆れられて
    「こんな素晴らしい国に何故君は興味を持たないのか、この国の国民なのに恥ずかしく思わないのか」と言われたそうです。
    私もいつか海外に行ってみたいと思ってるので友人の二の足を踏まないようにシッカリ勉強しときます。

  3. ユッカ より:

    いつも楽しく拝見してます。今回のテーマ、ごもっともです。
    やはり「天長節」がかっこいい。
    「みどりの日」より「昭和の日」!
    しかし残念に思う部分がひとつ。
    日本らしくてかっこいい!を取り上げるなら
    西暦ではなく元号で示して欲しいですね。
    「わたくし昭和41年(1966)生まれです」って具合に。
    元号ではなく西暦をすらすら使用するあたりも
    日教組教育の「たまもの」(笑)ではないでしょうか。

  4. 2わんこ より:

    占領軍に変えられた名称を何十年も後生大事に使い続けてるとか異常ですよね・・・
    こういった今の日本社会のところどころに残っている占領の名残を変えて行く必要がありますね。

    私はニコ動でこの動画を見たのですが、気になる変なコメントがいくつかありました。
    それでそのコメントのIDを確認したところ面白いことが分かりました。
    以下そのIDg0wwB3TKgx8T2NesVj9EYmio7Soさんのコメントです。

    ~引用ここから~
    俺は呼び方の変更は反対だな
    言い方の問題だろwwwww
    起源節?さすがに無いわwww
    今の呼び方が日本らしくね?
    俺はアメリカのように独立記念日のほうがクールでいいと思う
    文化の日のほうが日本らしくていいと思うけどな
    今の名称のほうがよっぽど日本っぽいが
    建国記念の日のほうがよっぽど日本っぽいわ!
    ネトウヨ思考w逆に韓国っぽいわ!!!
    ~引用終わり~

    このようにカズヤさんに対して「ネトウヨ」と言うレッテルを使い、カズヤさんを中傷している人間が「日本人らしい」だとか「日本っぽい」とか言ってるわけです。
    言動から見て欧米コンプのブサヨさん(あるいはいわゆる特定アジア人かも)の工作員ですね。
    こういった偽装保守、上念さんの言葉を借りれば「偽装転向コミンテルン」「シナゲロ」といった連中が工作してるようです。

  5. 知らなかった女 より:

    文化を否定する過程で、名前を変える。これが、世界のやり方。
    その経験をたくさん受けてきたかの国の方は
    「創氏改名を強制された」と言う。しかしながら「通称名」は捨てない。
    日本人になりすますために、彼らが「創氏改名」を望んだということなのでしょう。

    11月15日は七五三
    日本人にとってはもはや当たり前のお祝いですが
    海外の方には、とても珍しく新鮮に映るようです。
    調べてみたら似たような風習がない。
    なんか、やっぱり日本てすごいですね。

  6. 朴ひで より:

    天長節とか明治節は中国語っぽい(小学生並みの感想)

  7. 朴ひで より:

    台湾の大物政治家ねぇ・・・獄に繋がれている陳水扁さん?それかイタコに頼んで蒋介石、蒋経国を降霊して話すんか?

    うーんわかんねぇなぁ~・・・・・旧名岩里政男さんかなぁ・・・?

  8. 初めまして より:

    笑顔動画からきました。祝日の名称ですね。
    休みならなんでもいいと思うサラリーマンです。

    ただ5月3日をゴミの日というのは、正直不快でした。
    なにかしらの思い出がある人もいるでしょう。
    意図がないにしろ余りいい表現ではなかったと思います。

    5月3日生まれより。

  9. Rina より:

    えー。
    知らなかったです(TOT)
    天長節!紀元節!
    明治節!良いですね。
    天長節もーすぐなので
    皆に教えたいと思います!!!

    友達にKAZUYACHANNEL
    教えてもらってから
    いつもYoutude楽しみに
    見ています♪
    気になって自分で調べ
    たりするようになって
    前より日本の事に関心を
    持つようになりました!
    いつも勉強になります☆

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑