ニュース

性奴隷?自由すぎる慰安婦の実態

どこが性奴隷なのか?

慰安婦問題はそろそろ無理がある

米側資料の慰安婦は「大金稼ぎ欲しいもの買えた」 韓国主張の性奴隷とは異なる風景
産経新聞 2013.11.5 09:20

根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話が出されて以降、世界で慰安婦イコール性奴隷と流布されているが、現実はどうだったか。過去の米国の資料からは、それとは全く別の慰安婦像が浮かび上がる。

米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)は、米軍がビルマ(現ミャンマー)・ミートキーナ(同ミチナ)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らから尋問した内容をまとめている。それによると慰安所における慰安婦の生活の実態は、次のように記されている。

「食事や生活用品はそれほど切り詰められていたわけではなく、彼女らは金を多く持っていたので、欲しいものを買うことができた。兵士からの贈り物に加えて、衣服、靴、たばこ、化粧品を買うことができた」「ビルマにいる間、彼女らは将兵とともにスポーツを楽しんだりピクニックや娯楽、夕食会に参加した。彼女らは蓄音機を持っており、町に買い物に出ることを許されていた」

報告書はまた、「慰安婦は客を断る特権を与えられていた」「(日本人兵士が)結婚を申し込むケースが多くあり、現実に結婚に至ったケースもあった」と書いている。雇用契約に関しては、慰安所経営者と慰安婦の配分率は50%ずつだが、平均月収は1500円だった(当時の下士官の月収は15円前後)。

うーむ、随分自由な奴隷ですね。
ちなみに陸軍大将クラスでも月収は550円程度の時代です。
陸軍大将の3倍近く稼ぐ奴隷って無理があります。むしろ奴隷なのにお金はしっかりもらってたんかいという話ですね。

韓国の朴大統領はもはや引き返せないくらい反日の主張をヤリすぎたので、内心困ってるのではないでしょうか?
日本の外務省も珍しくこういった韓国の姿勢を批判しています。

慰安婦問題で韓国批判 外務省文書 請求権、態度変えた
産経新聞2013.11.5 07:11

日本外務省は4日までに「最近の韓国による情報発信」と題した文書をまとめ、慰安婦問題について「(昭和40年の)日韓請求権・経済協力協定に基づき『完全かつ最終的に解決済み』であるにもかかわらず、韓国側は請求権協定の対象外としている」と、韓国政府を批判した。

外務省が10月末に作成した文書は「慰安婦問題がクローズアップされはじめた1990年代前半以降、韓国側は、慰安婦問題は日韓請求権協定の対象外であるとの立場を表明」として、韓国がそれまでの態度を変更したことを指摘した。

そのうえで、2011年8月、韓国憲法裁判所が元慰安婦らの個人の請求権問題に関し、日本政府と交渉しないのは「憲法違反」として、韓国政府に交渉を求める判決を下したことを紹介。この判決などは「日韓関係の基礎を崩しかねない」との懸念を表明した。

こういったことって10年前じゃ考えられなかったと思います。
確実に流れ変わってますね。

関連記事

  1. ニュース

    何度も言うけど経済を成長させろ

    いい加減にして。 (さらに…)…

  2. ニュース

    日本なら多分炎上するなっていうスイスの議員の発言

    日本なら炎上待ったなし! (さらに…)…

  3. ニュース

    お遍路道に張られた差別的?張り紙

    差別ってなんだっけ? (さらに…)…

  4. ニュース

    <TPP>アメリカの無茶な要求

    日本に何のメリットが? (さらに…)…

  1. 北海道新聞 論説委員室より

    マスコミ

    北海道新聞「謝罪するのは恥じゃない。むしろ誇らしい」
  2. 教育

    琉球大学の実態に驚愕
  3. ニュース

    高校の日本史必修化検討と朝日新聞
  4. 日本

    動画から日の丸がなくなった理由
  5. ニュース

    河野談話は韓国の意向をかなり汲んでいる
PAGE TOP