ニュース

婚外子違憲判断ってどうなの?

やろうやろうと思いつつ結局今になってしまった。

子供は平等、しかし区別は必要では?

婚外子の相続差別は違憲 「確定事案に影響せず」 最高裁初判断
産経新聞 2013.9.4 15:09

結婚していない男女の間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続分を嫡出子の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反するかが争われた2件の家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博(ひろ)允(のぶ)長官)は4日、規定を「違憲」とする初判断を示した。14裁判官全員一致の結論。

また、すでに決着済みの同種事案には「この違憲判断は影響を及ぼさない」と異例の言及を行った。

明治時代から続く同規定をめぐっては大法廷が平成7年に「合憲」と判断、小法廷も踏襲してきた。最高裁が法律の規定について憲法違反と判断したのは戦後9件目で、国会は法改正を迫られることになる。

規定の合憲性が争われたのは、13年7月に死亡した東京都の男性と、同年11月に死亡した和歌山県の男性らの遺産分割をめぐる審判。いずれも家裁、高裁は規定を合憲と判断し、婚外子側が特別抗告していた。

大法廷は決定で、婚外子の出生数や離婚・再婚件数の増加など「婚姻、家族の在り方に対する国民意識の多様化が大きく進んだ」と指摘。諸外国が婚外子の相続格差を撤廃していることに加え、国内でも平成8年に法制審議会(法相の諮問機関)が相続分の同等化を盛り込んだ改正要綱を答申するなど、国内でも以前から同等化に向けた議論が起きていたことに言及した。

そして、法律婚という制度自体が定着しているとしても「子にとって選択の余地がない事柄を理由に不利益を及ぼすことは許されず、子を個人として尊重し、権利を保障すべきだという考えが確立されてきている」とした。

その上で、遅くとも13年7月の時点で「嫡出子と婚外子の法定相続分を区別する合理的な根拠は失われていた」と結論づけ、審理を各高裁に差し戻した。

一方で、決定は7年以降に出された最高裁判断については、「その相続開始時点で規定の合憲性を肯定した判断を変更するものではない」とも言及した。

さらに、今回の違憲判断が他の同種事案に与える影響については「先例として解決済みの事案にも効果が及ぶとすれば、著しく法的安定性を害することになる」とし、審判や分割協議などで決着した事案には、影響を及ぼさないとした。

今回の審理には法務省民事局長などを務めた寺田逸郎氏(裁判官出身)は加わらず、14人で審理された。

非常に難しい問題ですが、僕は従来通り婚姻関係にある正妻の子供が優先されると言うのは当然ではないかと思います。
子供に罪はないというのはその通りで、婚外子の差別はいけないというのもわかりますが、正妻と正妻の子をないがしろにしていいというわけではありません。

ちなみに朝日新聞とか民主党や公明党が賛成している時点で何やら怪しいものを感じます。
この判断が出たとき、こういった運動をしている人達の垂れ幕が出ていました。
左下のあたりを見ると、なくそう戸籍と婚外子差別交流会と書かれています。
戸籍まで無くす気か!とツッコミを入れたくなりますが、そういった方々が支援しているのです。

2258104


こちらも参照。

関連記事

  1. ニュース

    あれ?俺は朝鮮日報を見ているのか?(錯乱)

    これが北海道新聞クオリティ。 (さらに…)…

  2. ニュース

    美味しんぼ鼻血問題 風評被害を助長するのでは?

    イメージが悪くなるだけじゃないか。 (さらに…)…

  3. ニュース

    朴さん、また日本のせいですか

    バカの一つ覚えとはこのことだ。 (さらに…)…

  4. ニュース

    携帯契約の「実質無料」に内閣府が注意を呼びかける

    最初は意味がわからなかった。 (さらに…)…

  1. ニュース

    韓国と無理して首脳会談する必要なんてない
  2. ニュース

    セウォル号沈没で経済に影響&ワールドカップ不視聴?
  3. 未分類

    復活しました
  4. 赤池まさあき

    日本

    比例代表の投票先に悩んだら赤池まさあきさんに投票しましょう
  5. ニュース

    消費税30%にしないと… 「国の借金減らすには」試算
PAGE TOP