だから中国・韓国は嫌われる

公開日: : 最終更新日:2013/11/14 本紹介 ,

今日発売!

インタビュー記事載ってます

晋遊社から今日11月11日に発売された「だから中国・韓国は嫌われる」に僕のインタビュー記事が掲載されています。
だから中国・韓国は嫌われる

中国韓国の横暴がよくわかる一冊になっています。
僕は韓国が嫌われる7つの理由という項でインタビューを受けていますので、是非書店で手に取っていただければと思います。

お値段なんと880円!
とてもリーズナブルな価格です。

だから中国・韓国は嫌われる (晋遊舎ムック)
だから中国・韓国は嫌われる (晋遊舎ムック)

PR

関連記事

面白いけど笑えない中国の話 竹田恒泰著

ぶっ飛んでるなぁ・・・ 中国って恐ろしいな 最近読んだ本の紹介。 竹田恒泰

記事を読む

ジャパニズム15に僕の記事載ってます

買って、どうぞ。 今日発売です いつの間にか毎号載るようになったジャパニズムですが、

記事を読む

西郷隆盛

代表的日本人 西郷隆盛の危惧していたことが現実になっている

西郷さんは今の日本をみてどう思うだろうか。 戦後の日本と言うのは、「日本」とい

記事を読む

チャンネルグランドストラテジー(CGS)

CGS見てますか? 総図解よくわかる日本の近現代史 倉山満編

是非ご覧下さい。 2ヶ月ほど前からニコニコ動画やYOUTUBEにチャンネルグラ

記事を読む

竹林はるか遠く

日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く

・・・壮絶 話題の本が先日発売されました。 「日本人少女ヨーコの戦争体験記 

記事を読む

南京大虐殺なんてなかった

昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 僕は南京大虐殺というものを学校で教え

記事を読む

失敗の本質 日本軍の組織論的研究

本質は変わったでしょうか? 明日は8月15日。敗戦が決まった日ですね。 ちょ

記事を読む

日本一わかりやすい保守の本

いよいよ明日発売!「日本一わかりやすい保守の本」

買って、どうぞ。 いよいよ明日です ついに明日18日、本が出版されます。 僕の

記事を読む

新著出ます!『ここがヘンだよ「反日」韓国 彼らがウソをつくほど日本が得をする法則』

3冊目ですね。 タイトル通り、新著が出ます。 ここがヘンだよ「反日」韓国 彼らが

記事を読む

政治の質は国民の質

天は自ら助くる者を助く 期待するなら己にしよう 人へ過度な期待をすると、ふとしたときに絶望す

記事を読む

PR

Comment

  1. 町工場の親方 より:

    《侮日の一番の悪、(ワル)、は、「朝日」)》

    「朝日新聞をみんなで叩き潰す掲示板」
    《築地=「朝日」、の怒り、私の怒り》、より。ーーー町工場の親方・・・平成14.10.22.

    私の経験的、実感。

    >アジア各国の国民が次第に恨みを募らせ、今でも日本に脅威を抱いているのはなぜでしょうか。ーーー朝日新聞の記事より。

    井沢・・あと、朝日はアジアで日本が嫌われているというのが大好きだよね。94年11月20日付朝刊の社説で、外務省の調査によると、マレーシアの4割を筆頭に、フィリピン、シンガポール、インドネシアが3割、タイでも2割近くが「戦争中の日本の行為を忘れることができない」と答え、しかもこのうち3ケ国で前回調査より増えた、と書いている。 これは間違っているわけではないんですが、この調査資料を手に入れて見ると、「忘れることができない」、が前回より減っている国もあるんですよ。インドネシアは29%だけどマイナス7%、タイも18%だけどマイナス11%、でもこの数字は載せない。データの意図的な使い方というか、自分達の主張に合う数字だけを選び出して、日本はアジア全部から嫌われているという情報操作をしている。これは朝日がよく使う手口です。

    小林・・数字があると、つい客観的データかと思ってしまうけど、実はあらかじめ用意した結論に合わせて操作してるのね。

    井沢・・これ朝日の常套手段なんです。---

    小林・・情報から結論が導き出されるんじゃなくて、最初にある結論に合わせてるわけだ、順番が逆というか、デタラメだよね、新聞記事の作り方としてはーーー

    サラリーマン時代.七年間、日本政府の国際協力(JICA)の仕事に携わり、ASEAN諸国を主体に十数回海外出張し、また発展途上国、(ASEAN、アジア、オセアニア、中南米、中近東、アフリカ)、から日本へ来た人達と交流を持った私の経験からして、全般的に見て彼等が日本を嫌っていると到底考えられません。「築地」、が言うような、日本に対して底意地の悪い、悪意や、恨みを持った人間にはついぞ合ったことがありません。 人間、腹の底にそういう気持ちがあると、何かの拍子にそれは態度に出てきます。 フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシア、その他の国で接した人たちから、そのようなことを感じたことはありませんでした。
    中国や韓国のように、国ぐるみで反日、憎日の初等教育をしていないからと思われます。それぞれに社会、宗教、風習等、異なっていても、根本的には、人間対人間の、共通する感情の交流、共感があり、つたない英語によるコミュニケーションでも、お互い同士の気持ちを伝え合うできました。

    日本が中国、韓国以外の国々の、一般国民から嫌われ、恨まれているというのは全く正しくなく、日本の若い人達を卑屈にし、毒すること、実に甚だしいものと 、強い怒りを感じます。

    世界を見渡して、反日感情の最も強い反日、憎日の団体は、日本の、「朝日」、と言えます。

  2. 町工場の親方 より:

    >アジア各国の国民が次第に恨みを募らせ、今でも日本に脅威を抱いているのはなぜでしょうか。ーーー朝日新聞の記事より。
    の次に一行入れさせていただきます。

    小林よしのり・井沢元彦、共著ーーー「朝日新聞の正義」・・・小学館、より。

  3. 知らなかった女 より:

    前日のブログ学校教育つながりで、中国修学旅行上海鉄道事故を思い出しました。
    1988年海外への修学旅行が流行りで、人気の修学旅行先の一つが中国。
    その中国で高知学芸高等学校1年生179名のうち27名、先生1名が
    上海鉄道事故に巻き込まれ亡くなる。(29名死亡一人中国人)

    中国人遺族と差をつけられないと初めに提示された補償金が110万、
    当時は途上国への旅行は怖いと思っただけですが、
    調べてみると、学校で行われた慰霊祭にも事故を起こした当事者
    つまり中国政府関係者は出席せず、謝罪もなし。
    さらに、信じられないことに事故を起こした中国から「事故調査報告」も提出されない。
    全て曖昧にして、日中友好という言葉を一種の脅しに使って450万で保障確定。
    途上国だったということを差し引いても、人の命が軽い国ってことでしょう。

    この事故からも中国という国のほんとうの姿が見えます。
    人のミスはねつ造してでも作り出し徹底的に責めるが、
    自分のミスはなかったことにする。
    小中華韓国も似たようなものですが、それに「恨」が加わる。

    こんな国とほんとまともに付き合っては、こちらがおかしくなります。
    関わらないのが一番です。

  4. RARA より:

    人によると思います。^^

    私の場合、日本人だからといって、その他、大勢の日本人と、別に、共通点もない。

    別に、日本語、話せるからといって、同じ考えなわけないしね。

    日本人ってさ、「日本人は」「中国人は」「韓国人が」と、
    そういう、代名詞使うのが好きみたいなんだけど、それ自体、疑問、持ちな。ということですね。

    この根底にあるのは、【 個人差のほうが、デカい 】という【 事実 】を、認めたくないという、
    おかしな集合意識に依存することで、個として追及する姿勢が無く、
    自らもまた、個として、責任を持つ、あるいは、他者から、個としての価値、あるいは、無価値さを、
    追及されたくないという、【 一種の逃げ 】が、あるのではないかと。

    つまりは、代名詞に頼る人間っつーのは、せいぜい、そんだけのタマ(失礼。w)。

    ま、ほかにもあるでしょうね。

    個として、魅力ない奴に限って、小集団の中に、埋もれることで、個を埋没させる生き方をしているとかさ。。。W

    いずれにしても、その手の議論は、ちょっと、飽きてきたかもしれない。
    「何々人は….、」っていうの。

    最近は、トイメンで、まともに、議論できる人間しか、相手にしたくないよね。

    顔見たら、びっくり、ってのが、あっちこっち、いそうだけど。(汗)

  5. しょう より:

    一部のマスコミによる反韓反中報道も
    スポンサーが自分たちの横暴から目を逸らすために計算でやっていることに気づいてほしいな

    それに染まってしまえばあなたたちもただのかかしだと思う

    日本は確かにすばらしい国であるが
    それは日本の一部のかかし以外をさしているということも気づいてください

  6. 小川蘭世 より:

    これだから「韓国」は、「中国」はなどの一括りにまとめた批判は俺は好きではない。

    俺は「中国」は好きだが(韓国はどうでもいい)、批判やヘイトスピーチや弾圧などをする奴等は嫌いです。
    (三国志や中国の食文化などが好きで、メディアに出てきた一部の馬鹿共を見たからって中国そのものを嫌いになることは出来ません。)

  7. ボケ防止 より:

    3.11以降日本人としての「絆」が意識され、その「絆」を一つのテーマに
    参加した昨年のロンドンオリンピック。
    各国選手の活躍と共にネットの中でささやかれる不祥事は
    なぜかすべてと言っていいほど中韓がらみ。

    やがて、日本選手の活躍とともに流れる映像にも
    倒しても倒しても中国帰化選手の卓球や、サッカー竹島プラ男の蛮行。
    韓流仕掛け人と言われる電通、マスコミ、創価の力をもってしても
    もはや目のそらせようのない迷惑ぶり。

    電通成田が亡くなり、創価池田重病説のささやかれる中
    最大の親韓計画(になるはずだった)平昌冬季オリンピックの成り行きを
    生暖かく見守っている現在である。

  8. ヴェル より:

    中国帰化選手の卓球が不祥事??
    言ってることの意味が全くわからん。
    日本の卓球が未だ中国の2軍以下だったことがそんなに悔しいのか。でも団体で銀を取ったから頑張ったほうだよ。
    宇津木麗華や小山ちれなど日本女子スポーツ界の功績者には中国からの帰化選手が名を連ねる。一体何の問題があるというのか。

    ロンドンで酷かったのはボクシングの清水で、相手を6度倒してもダウンすら取って貰えなかった事件があったが、
    相手国のアゼルバイジャンを覚えてる人は何人いるんだろうか。
    かく言う私も忘れていたぐらいですから。
    中韓じゃなくて残念ですね。アゼルバイジャンの知名度では叩きようがない。

    • ボケ防止 より:

      卓球、バトミントンの世界が中国人帰化選手だらけで問題になる。
      年齢詐称でメダルはく奪の過去あり。
      韓国代表選手、食堂での営業妨害、他国選手へのつきまとい行為を繰り返した末、
      韓国代表選手全員一部指定時間を除いて、外出時の監視又は外出禁止の措置が取られる。

      これだけではまだ迷惑かけ足りないかね?
      それとも迷惑をかけるという意味が理解できないか。

      • ヴェル より:

        だから話題を逸らさずに、帰化選手の一体何が問題かを答えて。
        中国は自国の選手に対して海外に移住できないように縛り付けるべきというのか?キューバみたいに。
        日本のサッカー代表には毎度のごとくブラジル人が入ってるが、それも不祥事なんだろうな(笑)
        年齢詐称でメダルはく奪は一体誰のことを言ってるのかわからん。

        外出禁止の話にしてもどこのメディアも報道してないし、2chソースのリンクを辿ってもオリジナルソースが見当たらない。
        「なぜか」でも「すべて」でもなく、中韓にしか目が行ってなくて、汚点探しに躍起になってるだけでしょ。
        度々判定が抗議でひっくり返り、大会中に買収がバレてレフェリー追放まで起きたのに、中国の帰化選手が多いなんて持ち出すあたり、乾いた笑いが出てくるよ。

  9. 東キャナル市民 より:

    既存のメディアが、「手のひら返し」的に嫌韓・反韓報道を行い始めるのはすこし無気味です。――結局売らんかなで書いていると思います。
    ですが、単純に「日本人も朝鮮人もひとそれぞれだ!だからどこの国の人々とでもすぐに仲良く出来るんだ!(そう思わないヤツはウヨクのレイシストの××の・・・・nida!)」というのには疑問を感じています。
    「カエルの子はカエル」と言いましょうか・・・・。
    生まれ育った環境(国や民族集団ごとの)が育んだ独特の「色」があり、それは個人の生き方に無視できない影響をもたらたすものだと思います。
    私はそれを絶対視はしていません。していませんが、外国の人を見るときの一つの指標にはしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑