ニュース

あまりに横暴な中国

いい加減にしろ中国。

圧倒的横暴

中国 尖閣上空などに防空識別圏設定

11月23日 18時6分

中国国防省は23日、沖縄県の尖閣諸島の上空を含む東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定したと発表し、尖閣諸島を巡って日本への圧力をさらに強める姿勢をアピールするねらいがあるものとみられます。

中国国防省の声明によりますと、防空識別圏が設定されたのは東シナ海の広い範囲で、この中には沖縄県の尖閣諸島の上空も含まれています。
併せて発表された公告では、防空識別圏を飛行する航空機は中国外務省や航空当局に飛行計画を通報することや、防空識別圏を管理する中国国防省の指示に従うことなどが明記され、従わない場合、武力による緊急措置をとるとしています。
今回、中国が明らかにした防空識別圏は日本の防空識別圏と重なっているほか、最も東側で九州からおよそ130キロの距離に設定されています。
これについて、中国国防省の報道官は「ある国の防空識別圏も中国大陸から最も近いところで130キロの距離だ」と説明し、日本への対抗措置であることを示唆しています。
また、防空識別圏設定の目的について中国国防省の報道官は「国家の主権と領土・領空の安全を守るためだ」と強調し、尖閣諸島を巡って日本との対立が続くなか、領土問題の存在を認めさせるため日本への圧力をさらに強める姿勢をアピールするねらいがあるものとみられます。

防空識別圏とは

防空識別圏は、領空侵犯を防ぐため、各国がそれぞれ独自に領空のさらに外側に定めている空域です。
領空に近づくより早い段階で「国籍不明機」を確認し、無線で呼びかけるなどして国籍を識別したり、飛行の目的を確かめたりするためのものです。
国籍不明のままさらに接近を続ければ、戦闘機によるスクランブル=緊急発進を行い、無線などによる警告を行います。
ただ、航空各社の国際線のように、飛行計画書などで国籍や目的地を明らかにしながら飛行している民間機は、通常スクランブルの対象になりません。
防空識別圏は自衛隊も日本の周囲に設定していて、東シナ海では日中中間線より中国側に張り出しています。
一方で、中国が今回発表した防空識別圏も日中中間線より日本側に張り出していて、双方のエリアが重なり合っています。

あまりに横暴です。そして不穏な空気が漂ってきました。
もちろん憲法9条を信奉する人達はこういった動きに断固反対するんでしょうね(白目)

中国大使館では日本国内にいる中国人に向けて緊急連絡先を登録するように促すページが出来ていました。
これが11月8日のことですから、なんとも不穏です。
大使館2
↑原文
↓Google翻訳
大使館

幹部は海外逃亡の準備万端

不穏な中国ですが、崩壊するんじゃないかという声は後をたちません。
実際経済面でも内政面でも問題が噴出しています。

中国共産党の幹部は海外に資産を持ち、親族が欧米にいたり国籍を取得している例もあります。
国家主席の習近平も海外に3億7千万ドル以上の資産を持ち、姉夫婦はカナダ国籍を取得しているといいます。
その辺りはこれをご覧下さい

「一旦緩急アレバ一旦逃亡シ」と言ったところでしょうか。
中国の横暴から日本を守るためにも、日本の防衛力の強化が求められます。
武力的なものもそうですし、何より精神的な防衛力の強化が必要です。
手始めにはやはり民間防衛を読むことをおすすめします。

民間防衛―あらゆる危険から身をまもる
民間防衛―あらゆる危険から身をまもる

関連記事

  1. テレビ

    ニュース

    NHK受信料収入、13億円減の6387億円、黒字200億円!?

    強制徴収というシステムすごいな。 (さらに…)…

  2. ニュース

    ヘイトスピーチの定義って何?

    意味がわからない。 (さらに…)…

  3. ニュース

    無慈悲な北朝鮮と朝鮮学校無償化

    うーむ・・・無慈悲。 (さらに…)…

  4. ニュース

    麻生副総理はナチスを賛美している?

    ナチスのみに着目する愚 (さらに…)…

  5. ニュース

    河野談話は韓国の意向をかなり汲んでいる

    やっぱり見直しが必要だ。 (さらに…)…

  1. ニュース

    やはり大手芸能プロダクションの力って大きいんだなー
  2. 日本

    安倍総理は靖国神社にいつ参拝すべきか
  3. 日本

    税金払っているから外国人にも生活保護をという論法
  4. ニュース

    財務省が増税で景気後退することを認めてしまう痛恨のミス
  5. 教育

    GHQの洗脳工作はいまだに生き続けている
PAGE TOP