<特定秘密保護法案>マスコミの華麗な手のひら返し

マスコミ発狂。

特定秘密保護法案が衆議院通過

昨日26日、特定秘密保護法案が衆議院を通過しました。
今日27日の新聞各紙の社説は軒並みこの法案について取り上げられています。
朝日新聞の社説を一部引用してみましょう。

特定秘密保護法案―民意おそれぬ力の採決

朝日新聞 2013.11.27社説

数の力におごった権力の暴走としかいいようがない。
民主主義や基本的人権に対する安倍政権の姿勢に、重大な疑問符がつく事態である。

特定秘密保護法案が、きのうの衆院本会議で可決された。
報道機関に限らず、法律家、憲法や歴史の研究者、多くの市民団体がその危うさを指摘している。法案の内容が広く知られるにつれ反対の世論が強まるなかでのことだ。

ましてや、おとといの福島市での公聴会で意見を述べた7人全員から、反対の訴えを聞いたばかりではないか。
そんな民意をあっさりと踏みにじり、慎重審議を求める野党の声もかえりみない驚くべき採決強行である。

繰り返し指摘してきたように、この法案の問題の本質は、何が秘密に指定されているのかがわからないという「秘密についての秘密」にある。これによって秘密の範囲が知らぬ間に広がっていく。

権力の暴走と最大級の言葉を持って批判しています。

毎日や北海道新聞などもこの法案には反対で、今日の社説で廃案にすべきだとの立場を示しています。
しかし一般人が特定秘密に関わることがあるでしょうか?
一般人の生活にも支障がということも言われていますが、それはないでしょう。

読売新聞や産経新聞はこの法案について基本的に賛成の立場を示しています。

秘密保護法案 指定対象絞り「原則公開」確実に

(11月27日付・読売社説)

◆参院で文書管理の論議を深めよ
日本にも他の先進国と同様の機密保全法制が必要だとの意思が、明確に示されたと言えよう。

安全保障に関する機密情報を漏えいした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案が、衆院本会議に緊急上程され、自民、公明の与党とみんなの党など議席の7割もの賛成多数で可決、参院に送付された。

法案修正で合意していた日本維新の会は採決に反発し、退席した。維新の会が賛成票を投じなかったのは残念だが、与野党の枠を超えた多くの支持によって、衆院を通過したことは評価できる。

(中略)

◆「知る権利」どう担保

法案には、取材・報道の自由への配慮が明記された。報道関係者の取材行為は違法または著しく不当でない限り、罪に問われないとした点は前向きに評価できる。
一部の野党がこの法案を「国民の目と耳、口をふさぐ」「国家の情報を統制し、日米同盟への批判を封じ込める」と声高に非難しているが、これは的外れである。

だが、公務員が萎縮して取材に応じず、報道機関が必要な情報を伝えられなくなる恐れは残る。
安全保障のための機密保全と、「知る権利」のバランスをどうとっていくか。この問題も参院で掘り下げるべきテーマだろう。

朝日と比べると随分中立的です。
そういえば3年前の尖閣ビデオ流出事件は覚えているでしょうか?

知る権利をと言うのであれば、あの時マスコミはさぞかし絶賛したんでしょうねぇ(ゲス顔)
ちなみに以下が当時の朝日新聞の社説です。

尖閣ビデオ流出―冷徹、慎重に対処せよ

朝日新聞 2010年11月6日社説

政府の情報管理は、たががはずれているのではないか。尖閣諸島近海で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した場面を映したビデオ映像がインターネットの動画投稿サイトに流出した。

映像は海保が撮影したものとみられる。現在、映像を保管しているのは石垣海上保安部と那覇地検だという。意図的かどうかは別に、出どころが捜査当局であることは間違いあるまい。

流出したビデオを単なる捜査資料と考えるのは誤りだ。その取り扱いは、日中外交や内政の行方を左右しかねない高度に政治的な案件である。

それが政府の意に反し、誰でも容易に視聴できる形でネットに流れたことには、驚くほかない。

ビデオは先日、短く編集されたものが国会に提出され、一部の与野党議員にのみ公開されたが、未編集の部分を含めて一般公開を求める強い意見が、野党や国民の間にはある。

仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだとしたら、政府や国会の意思に反する行為であり、許されない。

もとより政府が持つ情報は国民共有の財産であり、できる限り公開されるべきものである。政府が隠しておきたい情報もネットを通じて世界中に暴露されることが相次ぐ時代でもある。

ただ、外交や防衛、事件捜査など特定分野では、当面秘匿することがやむをえない情報がある。警視庁などの国際テロ関連の内部文書が流出したばかりだ。政府は漏洩(ろうえい)ルートを徹底解明し、再発防止のため情報管理の態勢を早急に立て直さなければいけない。

流出により、もはやビデオを非公開にしておく意味はないとして、全面公開を求める声が強まる気配もある。

しかし、政府の意思としてビデオを公開することは、意に反する流出とはまったく異なる意味合いを帯びる。短絡的な判断は慎まなければならない。

中国で「巡視船が漁船の進路を妨害した」と報じられていることが中国国民の反感を助長している面はあろう。とはいえ中国政府はそもそも領有権を主張する尖閣周辺で日本政府が警察権を行使すること自体を認めていない。映像を公開し、漁船が故意にぶつけてきた証拠をつきつけたとしても、中国政府が態度を変えることはあるまい。

日中関係は、菅直人首相と温家宝(ウェン・チアパオ)首相のハノイでの正式な首脳会談が中国側から直前にキャンセルされるなど、緊張をはらむ展開が続く。

来週は横浜でAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議が開かれ、胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の来日が予定されている。日中両政府とも、国内の世論をにらみながら、両国関係をどう管理していくかが問われている。

ビデオの扱いは、外交上の得失を冷徹に吟味し、慎重に判断すべきだ。

当時は「情報管理をしっかりせよ」ということだったのですが、今では「それはいかん」ということになっています。
いわゆる二枚舌というやつでしょうか。
考えが変わることはありますから、この3年で心変わりしたととらえることも出来るかもしれません。
しかし朝日新聞ですから、心変わりとかそういう次元の話ではなく、日本以外の国の利益のために頑張っているようにしか思えません。
中国には随分とやさしいですからね。

<参考リンク>
新聞の社説――現在「知る権利を守れ!」 3年前「尖閣ビデオ流出は許せない!」

PR

関連記事

YouTubeで最近よく見かける詐欺コメント

詐欺コメントってやっぱりなくならないね。 今年の1月、「宝くじの当選金1億円あげます」とYou

記事を読む

けつもんだの朝ズボッ!の件でTBSに電話しました

駄目だこりゃ。 再発防止も何も今回のが再発 みのもんたが女性アナウンサーのお尻を

記事を読む

自民党って除名した舛添さんを支援するの?

それでいいのか? 除名とはなんだったのか 自民、舛添氏支援へ調整…公明も「恩義あ

記事を読む

あれ?俺は朝鮮日報を見ているのか?(錯乱)

これが北海道新聞クオリティ。 首相国連演説 無責任な「国際公約」だ(9月28日) 北海道新聞

記事を読む

セウォル号沈没で経済に影響&ワールドカップ不視聴?

こういうときこそ応援したらええやん。 韓国、沈没事故で「8割が経営打撃」 消費

記事を読む

ヘイトスピーチならぬヘイトクライム許すまじ

これこそ差別じゃないか? 襲撃前「生粋の日本人か」と確認 別の通行人も標的に/

記事を読む

no image

NHK朝の連ドラ「あまちゃん」で主人公の父親のタクシーが韓国車で話題に

すっごい不自然だよなぁ・・・ NHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で主人公の父親の

記事を読む

韓国は時間まで変える必要があるのか?

異常 ついに時間まで変える!? 標準時の変更を 与党議員が発議=韓国 聯合

記事を読む

朝日社長、慰安婦の虚偽報道めぐり謝罪を拒否「謝るようなものではない」

朝日とは一体・・・ 朝日社長、慰安婦の虚偽報道めぐり謝罪を拒否「謝るようなものでは

記事を読む

消費増税で産経も飛ばし記事・・・欧米と日本の消費税率のみを比べる愚

新聞は飛ばし屋だね。 産経新聞も飛ばす 朝日、読売など新聞各社が安倍総理の肉声を

記事を読む

PR

Comment

  1. 名無し より:

    特定秘密保護法案ってざっくりどっさり言うと左翼に対するスパイ防止法みたいなものって考えていいんですか?
    この法案に関してよく分からんとですよ。
    教えて!ウッディ!!

  2. ccv より:

    >1
    簡潔に、正解。
    この法案通しても基本的には現状と変わらないと思いますよ、外交と国防においてトップシークレットな部分は現状も非公開なのは同じですから、ただダダ漏れなだけで・・・。

    この法案通す時に問題なのは報道、そして維新の対応ですね。
    どの報道でも反対のみ、インタビューもコメンテーターも、新聞テレビ両方だからコレ問題、マスコミの”伝える”から”意見を唱える”になってる、釣られる人も多いのでこれは報道機関が全体を差配してるようにしてるにしか見えないのでダメでしょ。あと維新は酷いね・・・、あれなら採決の時は反対にすりゃいいじゃんと思った、最後は決める政党じゃなかったの?って感じで、維新は決めれない政党だったとは誰もが思うわ。

  3. 知らなかった女 より:

    ヤフーニュース見出しが「秘密法案メディア『敗北』か」です。いったい何と戦っての「敗北」なのでしょう?
    日本が帰化条件を厳しくし(少なくとも女優李麗仙のように年金のためだけの帰化は不可。日本に忠誠を誓うことを条件に加える)放送事業で外国籍の雇用をやめない限り、最低限必要な法案です。

  4. 朴ひで より:

    前にも書きましたがミンス党は実際はこの特定秘密保護法には大賛成なんですよ。

    チャイナのことを特定秘密にしてバラそうとした公務員を公開処刑にしようと企んでいるですよ。

    朝日新聞も毎日新聞も大賛成なんですよ。

  5. kei より:

    反対派はどうにも必死すぎるな

    http://www.m9l-o-l.com/archives/34432023.html
    【画像】漫画「特定秘密保護法案」の逮捕基準がヒドいと話題 : 東アジア・政治経済ニュース

    この漫画見て笑ってしまった

    ※4
    とりあえず、ソース出して

  6. takasi より:

    福島では「原発の情報も特定秘密になる!知る権利を守ろう!」
    とシュプレヒコールを叫んでいる市民団体がいましたが、この市民団体を調べても団体名がまったくわからない謎の団体でした。
    いったいどこから湧いて来たのでしょうか?

  7. しゅり より:

    政府答弁だと過去に起きた公務員の情報漏えい事件だと、西山事件だけしか対象にならないみたいですね。

    尖閣ビデオ流出は、政府の主張の通りのビデオで、政府が嘘をついていたわけでもないのに、勝手に海上保安官が流出させたので、当然批判されてしかるべきです。公務員が組織の方針に逆らう事が許されるのは、重大かつ明白に法令違反が存在するときだけです。

    ですので、尖閣ビデオ流出を批判し、かつ秘密保護法案に反対するのは、矛盾しているとは言えないのではないでしょうか。

  8. RARA より:

    まさに、空論。。。。

  9. 町工場の親方 より:

    忘れられぬ、一つの情景。

    平成23年12月だったと思いますが、日比谷音楽堂における、ある集会に参加しました。
    たしかチャンネル・桜、水島社長が司会をされた、民主党政権の対中共対応に抗議する内容だったと思います。
    何人もの保守系論客が登壇し演説をされましたが、誰が何を話したか、今では内容は覚えておりません。
    しかし、その中で私にとって、強烈な思い出が一つありました。
    前・海上保安官の一色正晴氏が登壇された時です。
    会場のあちこちから、

    「有難う!」、「有難う!」、

    という、大きな激しい声が飛び交いました。
    私も数々の後援会、集会、シムポに参加してきましたが、このような情景は初めてで、声援者に強い共感を抱きました。
    一色さんの講演、シムポは何回か聞き、雑誌に発表された文章を読んで、ビデオを見て最初想像したのと違って、
    倫理観を持った常識、見識、のある方だと考えるともに、参議院選に出てもらいたい人物と思いました。

    それにしても、尖閣における、支那人船長の海上保安庁の巡視船に対する体当たりと、菅・総理、仙谷・官房長官の対応、支那の脅しに一も二もなく屈し、那覇地検の検察官の判断により、釈放したと、那覇地検に全責任をなすりつけた、民主党内閣のことを、今、思い出すと、
    私が支那、中共の三下、下っ引き、人民日報・築地出張所と呼ぶ、「朝日新聞」、があれだけ推しまくって、できた内閣とは言え、いくら何でも酷すぎる、対応、措置だと改めて痛感します。

  10. しょう より:

    反対派を50%は現にるよ
    (賛成は26%)
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2401G_U3A121C1MM8000/
    (実際に調査しないでこれを売国マスコミの捏造と言うのは許さない)

    朝日が外国どうのこうのという陰謀論の前に(そもそも陰謀論に裏付けがない)
    朝日は反対派の50%に媚を売りたかったのだと思うよ

    それより反対派の50%をどこの国民だ、とか言ってる君たちの愛国心を疑うね

    自民が信頼できる政党なら読売の記事も確かに中立だが、自民(及び各与党)が信頼できない以上、その記事は現売国政府という論点を外した誘導でしかない

  11. あいう より:

    サイト見やすいっすね
    (左下のボタン群が右下に行って欲しい感はある)
    しかし朝鮮日報さんはおもしろいですなw

  12. エンジン より:

    サイトが見やすくなりました。

    まあそれはともかく

    マスゴミは手のひら返しすぎwww

    自分たちのスパイ活動が出来なくなるからかww

    ホント国益を損なわせておいていい加減にせえよww

    • toraosan より:

      ウィリークスの問題やらアメリカの盗聴問題から見てもわかるように、いくら「死刑にするぞ。」と法律で脅したところで秘密は完全には守れるものではありません。
      特定秘密保護法案にはもちろん反対ですが、仮にこれが成立したって、主権者である国民は「知る権利」を求めて堂々と戦えばいいのです。
      日本の国家機関や公共団体ががダメなら、アメリカ様がいますよ。アメリカ合衆国は実に傲慢な国ですが、「公平」とか「正義」の後ろ盾があれば、必ず理解してくれる土壌はあるのです。
      根拠の無い国益信奉者を自認する勇ましい「愛国者?」気取りのバカ右翼はやりすごして、世界に目を向けましょう。

  13. hadaka ousama より:

    ここのところずっと歴史・政治問題が続いていますね。提案ですが、現代人のモラルハザードに関する話題として『HIVに感染した人が献血した血液が検査をすり抜けて輸血されてしまった問題』を取り上げてみてはいかがでしょうか?ちょっとしたエゴのために他人の命を危険にさらす行為、ゆるせません。2chでもとりあげられていますが。

  14. おまる より:

    記事や動画とはあまり関係ないのですが、某保安官が最近動画にチョイチョイ出てくるのですが・・・

    版権などの心配はないのでしょうか?

    某ネズミの国はその辺もの凄く煩いので気をつけてくださいね!

  15. しんのすけ より:

    漏えいしたら困る情報が大量にあるためそれを守りたいのはごもっとも。再三言われてますが一番の問題は政府にとって都合の悪い情報を秘密指定して漏れないように隠蔽工作できる環境ができてしまうことですな。まあ、政府をもう少し信頼してやるのも国民として必要な器量かもしれません。ちゃんとした審査機関さえ設ければ、公共の福祉として知る権利の侵害にもならない、そういう解釈も可能になるかと思います。

  16. to-ru より:

    ※7の人も書いているとおり、尖閣ビデオ流出の件は特定秘密保護法の適用外であるという政府見解も示されており、朝日が二枚舌であるという根拠には乏しいです。
    勿論、修正協議ではなく廃案にせよという極端な論調はおかしいですが。
    http://mainichi.jp/select/news/20131025k0000m010067000c.html

  17. UL より:

    >政府見解も示されており、朝日が二枚舌であるという根拠には乏しいです。

    朝日というかマスコミ全体2枚舌でしょw
    ウィルスがこわいというならクローズドなマシンで
    確認すりゃいいだけだし、そんな嘘通用しないよ。
    そもそも、尖閣ビデオは、処罰覚悟でマスコミが行動しない自由発動させたから、身元ばれしやすyoutubeで流出させたんだから、今回の法律とか関係ないわな。
    逆に、マスコミにとっては、そうやって中国の国益をとって報道しない自由を優先したんだから、報道の自由が~とかいっちゃだめ。

  18. UL より:

    > ですので、尖閣ビデオ流出を批判し、かつ秘密保護法案に反対するのは、矛盾しているとは言えないのではないでしょうか。

    ん?もう一度仙谷の発言を一言一句呼んでみたら?
    それをスルーしたのは民主党にとって都合悪いから?
    そのときのセリフが完全に、いまの法案への批判と真逆になってる点でしょ?
    別に尖閣ビデオの有無でそれがくつがることじゃないよ
    見事にへたくそなミスリードだね
    きみたち※7※16

  19. UL より:

    ※10
    >(賛成は26%)
    おかしいな~拮抗してるようだけど?w
    それで自分の意見をいったり、賛成したり、反対派に反論をぶつけたら、そのまま論理でかえせないから
    愛国心がどうこう無理やり、相手の発言を歪めてミスリードしてるのがキミだね
    小君

    新報道2001の調査
    賛成 41.0%
    反対 44.2%
    (その他・わからない) 14.8%

    キミのいうデータなんてこれくらい差のあるものなんだよ

    なんつーかここにわく、うさんくさいのは
    kazuさんの論理に対して、勝手に自分が勝てそうな敵をつくりだしてそれを論破したきになって、言いくるめた気になってるよね?w

  20. 福田 より:

    ここに書いて良いのがわかりませんけど!

    台湾と日本の時差1時間
    時差があったと思います❗️
    間違ってたらゴメンなさい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑