<NHK1万人訴訟>NHKが差別表現で歴史的敗訴

歴史的勝利。

1審の判決を覆す勝利

NHK番組で名誉毀損=100万円賠償命じる-東京高裁

時事通信(2013/11/28-20:18)
戦前の日本の台湾統治に関するNHKの番組で名誉を傷つけられたとして、台湾の先住民族の女性らがNHKを相手に710万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が28日、東京高裁であった。須藤典明裁判長は、請求を棄却した一審東京地裁判決を変更し、女性に対する名誉毀損(きそん)を認め、100万円の賠償を命じた。

判決によると、問題とされたのは2009年4月放送のNHKスペシャル。1910年にロンドンで開催された日英博覧会で、日本側が女性の父親を含む台湾の先住民族パイワン族24人を民族衣装を着せて紹介したことを、NHKは「人間動物園だった」と放送した。
須藤裁判長は判決で、「人間動物園という言葉には、深刻な人種差別的意味合いがある」と指摘。「パイワン族が野蛮で劣った植民地の人間で、動物と同じように展示されたと放送した」として、NHKによる名誉毀損を認定した。
NHKの話 主張が一部認められず残念。今後の対応は、判決内容を十分検討して決める。

以前少し取り上げたジャパンデビューの問題ですが、控訴審でNHKが敗訴しました。
これは歴史的なことでしょう。
判決文がチャンネル桜のページで公開されているので、ご覧下さい。

賠償金は100万円ですが、かなり踏み込んでNHKの非について述べています。
少し引用しましょう。ここでいう被控訴人はNHK側のことです。

(3)原判決11頁25行目末尾に改行の上、次のとおり加える。

<前略>

被控訴人が日英博覧会におけるパイワン族の展示を「見せ物」だというのなら、パイワン族集合写真の字幕を「見せ物」とすればよかったのである。「見せ物」では平凡すぎて番組の衝撃度が少ないから、あえて「人間動物園」としたところに、被控訴人の主張の破綻がある。被控訴人は、この二つの言葉を使い分けて、パイワン族の一員である控訴人高許の父親を侮辱するとともに、その子である許進貴及び控訴人高許本人をも侮辱したのである。

また、プライバシーの権利は、近年では自己の情報をコントロールする権利と位置づけられているところ、控訴人高許は、父親が100年前にイギリスで屈辱的な体験をさせられたという認識を取材前には全く有しておらず、取材時にもそのような説明を受けていなかった。それにもかかわらず、被控訴人は、一般視聴者がこれを見た場合に、控訴人高許の父親が「人間動物園」として展示され動物扱いされたことを「悲しい」と述べたと理解するように狡猾な編集をして、控訴人に精神的打撃を与え、控訴人高許のプライバシーを侵害し、自己の情報をコントロールする権利を根底から否定したのである。

ここで言及されているのは下の動画の部分です。
判決文と読み比べながら見てみましょう。

そうか、NHKは差別主義者だったのか。
ヘイトスピーチを行う放送局に受信料を払う必要はないな。

PR

関連記事

新聞業界は守られた市場

競争を煽るのに競争しない新聞社の実態

まさに「お前が言うな」という感じです。 新聞は市場原理を煽っていますよね。 「競

記事を読む

半沢直樹がヒットしたことで業界は「テレビ離れ」で片付けられなくなった

半沢直樹は普通に面白かった。 TBSのドラマ半沢直樹が大ヒットでした。

記事を読む

安藤美姫出産と過度な報道

マスコミによる安藤美姫選手への異常取材

そっとしておいてあげましょう。 最近安藤美姫選手が異常に取り上げられています。

記事を読む

朝日新聞7月14日読者投稿

核から国民守る権利を憲法へ 朝日新聞2013.7.14「声」

読者投稿欄はある意味楽しみ あらゆる核から国民を守るなら、外国からの核攻撃も想定し

記事を読む

インターネットに書いてあることはウソばかりという思考停止

思考停止していないか? 一昨日の動画で、考えることは重要(まぁいつも言っていますが

記事を読む

テレビ

NHK受信料収入、13億円減の6387億円、黒字200億円!?

強制徴収というシステムすごいな。 NHK受信料収入、13億円減の6387億円/読売新聞 NH

記事を読む

日本はいつまで加害者なのか?

朝日の罪は重い 朝日こそ捏造の歴史から目をそらすな! 加害責任―歴史から目をそら

記事を読む

おいTBS!スポーツに喝入れる前に自分に喝を入れろ!

サンデーモーニングひどすぎます。 皆さん、これ見ましたか? →TBSが世論誘導「

記事を読む

産経新聞「中国と韓国の美点を探した結果・・・」

他の新聞には書けない。 日本には色々な新聞社があり、各紙それぞれ特色があるわけ

記事を読む

朝日新聞 声 2013.7.9

首相は侵略の歴史認識を語れ 朝日新聞「声」2013.7.9

今日の朝刊の香ばしい声2連発。 まぁなんというか、朝日らしいというかタイトルからして過

記事を読む

PR

Comment

  1. 照國大明神 より:

    >控訴人高許の父親が「人間動物園」として
    >展示され動物扱いされたことを「悲しい」と
    >述べたと理解するように狡猾な編集をして、
    >被控訴人に精神的打撃を与え、被控訴人
    >高許のプライバシーを侵害し、自己の情報
    >をコントロールする権利を根底から否定し
    >たのである。

    【1】
    被控訴人に精神的打撃を与え

    控訴人に精神的打撃を与え

    【2】
    被控訴人高許のプライバシーを侵害し

    控訴人高許のプライバシーを侵害し

    ではないですか?

  2. UL より:

    ヘイトスピーチ特集で自分たちが、差別を捏造してまで差別を助長してたってNHKはやらないのかね?
    そしてプロ市民ちゃんたちが、普段やってる差別がないところに差別をつくるのが差別だと法的にいわれたようなものだけど、
    プロ市民ちゃんは自分たちには甘いから、自分たちのやってることはヘイトスピーチとはいわないのだろうな?

    なんつーか、普通に罵詈雑言浴びせあうならまだしも、いきなりきれいごとでミスリードしながら、一方でNHKみたいに自分たちが平気で差別番組つくってたってのはなんだかせこいねぇ

  3. ジェイル より:

    NHKは共産党系の左巻きの人間が根差している組織ですからね。
    公安関係の人間の間では常識でしたが、民間にまで気づかれるようじゃオワコンですね。
    ちなみに管制局の業界もそっちが牛耳ってますよ?

  4. 犬王 より:

    カズヤさん、少し前からYouTubeで知って興味深い動画を拝見させて貰っています。

    ところで、今度報じて欲しいネタとして『起源主張』があります。

    別段、新しい情報があるのではないのですが、韓国人が『日本人が全ての文化を奪った』ということに、僕は違和感があります。

    否定はともかく、違和感です。

    『仁 一Jin一』や『信長のシェフ』や『アウトブレイク・カンパニー』が日本でヒットしたのは、主人公が未開の地で持ち前の知識や技術を教える様が日本人の琴線に触れたからなのではないかと思っているんです。

    漫画然り、武芸然り、芸術然り。

    日本人と言うのは『教えたがりのおせっかいさん』だと思うんです。

    もし韓国の言い分通りの気質だったのなら、弱い人から何かを略奪するドラマばかりがヒットしているのではないでしょうか。

    もしよろしかったら、今度これに関するカズヤさんの意見を動画で聞かせて下さい。

  5. 朴ひで より:

    カズヤさん日韓議員連盟についてもやってください。この議員連盟は冷戦の名残なので真の日本人(麻生さん、安部総理)は是非とも脱退してもらいたいものですが・・・

  6. 知らなかった女 より:

    ジャパンデビュー問題は言葉しか知りませんでした。アップされた動画やチャンネル桜を見て改めてNHKや朝日の反日ねつ造方法を知り悲しくなりました。
    ジャパンデビューではなく、ジャパンディスカウント。チャンネル桜の中でNHK濱崎ディレクターに対して「あんたの後ろには中共がおるんだろ」と言った方がいっらしゃいましたが、まさにその通り。
    かつてのソ連共産党、中国共産党とバレエを通じてパイプがあったのがNHKでした。(知人の勤めていた会社がそのパイプのためにMバレエ団のスポンサー企業になっていました)
    ますますテレビを廃棄しなければと思っていたら今日(12/3)テレビがなくても全世帯から受信料徴収義務化する案をNHKが出していたとのヤフーニュース。
    冗談じゃありません。公の放送局と言いながら外国籍社員がいるという異常、報道の公平さが認められない限り徴収義務化なんて言えた義理じゃないでしょう。
    秘密保護法案より、こっちのほうがよほど軍靴の足音が聞こえてきます。

  7. 町工場の親方 より:

    「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、より。

    『戦後の画期的判決』
    投稿者:町工場の親方 投稿日:2013年11月30日(土)07時55分45秒

    故・中村粲教授の御霊に。

    ジャパンデビュー、訴訟において、高裁で予想もしなかった、画期的判決が出され、本当に嬉しく、喜んでおります。
    4年前、私にとって何より貴重な土曜日を何日も潰し、対NHKデモ、山手線内電車デモ、に参加し、1万人訴訟の一員として参加した者として、やっと苦労が報いられた、との思いです。

    もちろん戦いはこれからですが、稲田弁護士が行った、百人斬り訴訟の支援者の一員として、判決のあまりの酷さを肝に銘じている者として、日本の司法に対しては絶望的な気持ちを抱いていました。
    しかし、今年に入って、「沖縄集団自決命令」、に対して、上原正念氏が起こした訴訟に対する、福岡高裁那覇支部の判決、並びに、今回の判決で、左翼イデオロギーの強烈な呪縛にとらわれぬ、立派な裁判官がいることを知り、感謝しています。
    (※、画期的な判決である、福岡高裁の判決を日本の腐れマスコミは殆ど報道せず、チョーニチを始めとして連中が、《知る権利を犯すな!、談合絶対反対!》、とヌカすのを聞くと、あまりの阿呆らしさに口が開いたままになってしまいます。)

    今回の対NHK訴訟における一審判決はまったく酷い裁判の典型と言えます。集団自決訴訟も一審では敗れました。

    4年前のNHKの態度で私が一番腹に据えかねた事柄についてチャンネル・桜掲示板に書いたものの一部を書かせていただきます。

    ・・・ジャパンデビュー問題について、私が最も腹が立ったのは、NHKが、番組の是非に対する、「公開討論の申し入れ」、を拒否し、一切応ぜず、「我々は正しい」、と言い張ってきたことでした。

    日本国民全体から視聴料を取って運営されている公共放送が、その放送内容に、大いに問題がある、と申し入れた、多くの国民との、公開討論の拒否したのは、思想、言論の自由を踏み躙る、暴挙としか言いようがありません。

    これに関しては、何人かの国会議員に手紙を送りましたが、公開討論は実現されませんでした。

    しかし、昨日見た、チャンネル・桜の特番で、水島社長が、来週の火曜日に、日本維新の会の、三宅博・代議士がこの問題について、国会で40分質問すると話しておられました。

    土屋敬之・前東京都議とともに、全国区地方議員と言える、三宅代議士が如何なる質問をするか、大変なことになりそうです。

    三宅氏は私が昨年の総選挙で、中山成彬、西川京子、候補とともに、何としてでも当選してほしいと、願った人物です。

    反対に、日教組と部落解放同盟が、何が何でも当選させたくない候補者であったのは間違いありません。

    4年前、一千人を越す、対NHK抗議デモの最前列に立って行進した、故・中村粲、独協大名誉教授は、地下でいかにお喜びかと思います。

    参考図書
    稲田朋美・著ーーー「百人斬り裁判から南京へへ」・・・文春新書

    ——————————————————————————–

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑