マスコミ

<NHK1万人訴訟>NHKが差別表現で歴史的敗訴

歴史的勝利。

1審の判決を覆す勝利

NHK番組で名誉毀損=100万円賠償命じる-東京高裁

時事通信(2013/11/28-20:18)
戦前の日本の台湾統治に関するNHKの番組で名誉を傷つけられたとして、台湾の先住民族の女性らがNHKを相手に710万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が28日、東京高裁であった。須藤典明裁判長は、請求を棄却した一審東京地裁判決を変更し、女性に対する名誉毀損(きそん)を認め、100万円の賠償を命じた。

判決によると、問題とされたのは2009年4月放送のNHKスペシャル。1910年にロンドンで開催された日英博覧会で、日本側が女性の父親を含む台湾の先住民族パイワン族24人を民族衣装を着せて紹介したことを、NHKは「人間動物園だった」と放送した。
須藤裁判長は判決で、「人間動物園という言葉には、深刻な人種差別的意味合いがある」と指摘。「パイワン族が野蛮で劣った植民地の人間で、動物と同じように展示されたと放送した」として、NHKによる名誉毀損を認定した。
NHKの話 主張が一部認められず残念。今後の対応は、判決内容を十分検討して決める。

以前少し取り上げたジャパンデビューの問題ですが、控訴審でNHKが敗訴しました。
これは歴史的なことでしょう。
判決文がチャンネル桜のページで公開されているので、ご覧下さい。

賠償金は100万円ですが、かなり踏み込んでNHKの非について述べています。
少し引用しましょう。ここでいう被控訴人はNHK側のことです。

(3)原判決11頁25行目末尾に改行の上、次のとおり加える。

<前略>

被控訴人が日英博覧会におけるパイワン族の展示を「見せ物」だというのなら、パイワン族集合写真の字幕を「見せ物」とすればよかったのである。「見せ物」では平凡すぎて番組の衝撃度が少ないから、あえて「人間動物園」としたところに、被控訴人の主張の破綻がある。被控訴人は、この二つの言葉を使い分けて、パイワン族の一員である控訴人高許の父親を侮辱するとともに、その子である許進貴及び控訴人高許本人をも侮辱したのである。

また、プライバシーの権利は、近年では自己の情報をコントロールする権利と位置づけられているところ、控訴人高許は、父親が100年前にイギリスで屈辱的な体験をさせられたという認識を取材前には全く有しておらず、取材時にもそのような説明を受けていなかった。それにもかかわらず、被控訴人は、一般視聴者がこれを見た場合に、控訴人高許の父親が「人間動物園」として展示され動物扱いされたことを「悲しい」と述べたと理解するように狡猾な編集をして、控訴人に精神的打撃を与え、控訴人高許のプライバシーを侵害し、自己の情報をコントロールする権利を根底から否定したのである。

ここで言及されているのは下の動画の部分です。
判決文と読み比べながら見てみましょう。

そうか、NHKは差別主義者だったのか。
ヘイトスピーチを行う放送局に受信料を払う必要はないな。

関連記事

  1. テレビばかり見ていえたらバカになる

    マスコミ

    テレビ報道が使う洗脳の手法~テレビばかり見ていたらバカになる

    インターネットがかなり普及したからといって、テレビの影響力は衰えていな…

  2. マスコミ

    日本はいつまで加害者なのか?

    朝日の罪は重い (さらに…)…

  3. 安藤美姫出産と過度な報道

    マスコミ

    マスコミによる安藤美姫選手への異常取材

    そっとしておいてあげましょう。 (さらに…)…

  1. テレビ

    ニュース

    NHK受信料収入、13億円減の6387億円、黒字200億円!?
  2. 赤池誠章

    動画ブログ

    東京での出来事(9月10日〜11日)
  3. 朝日新聞 声 2013.7.9

    マスコミ

    首相は侵略の歴史認識を語れ 朝日新聞「声」2013.7.9
  4. 桜

    動画ブログ

    4月はとんでもなく濃い1ヶ月だった
  5. 靖国神社

    日本

    A級戦犯を分祀しろとかいう奴・・・
PAGE TOP