ニュース

朝日「戦前の日本に逆戻りすることはないか」

ヒステリックやな。

必死すぎて怖い

朝日新聞 天声人語 2013.12.8

作家の永井荷風は浅草のようすが気になり、足を延ばした。歓楽街の人出はいつもと変わりなく、芸人や踊り子のふるまいもまた同じ。〈無事平安なり〉と日記「断腸亭日乗(だんちょうていにちじょう)」に書き記した。1941年12月8日の日米開戦から3日後のことである▼やはり作家伊藤整(せい)の「太平洋戦争日記」は、開戦翌日の新宿を描いている。〈今日は人々みな喜色ありて明るい〉。世には祝祭気分すら漂ったらしい。日本軍による真珠湾奇襲の戦果に国中が「酔っている」と、戦後回想した学者もいる▼今から思えば、その明暗に驚く。開戦の日、北海道帝大生が軍事機密を漏らしたとしてスパイの濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を着せられた。旅の見聞を知人に話しただけだった。学生は獄中で病み、27歳で死去。後に「レーン・宮沢事件」と呼ばれ、当局による秘密独占の危うさをまざまざと物語る▼国の行く末がどうなるか、考えるよすがもないまま戦争に駆り立てられる。何の心当たりもないまま罪をでっち上げられる。戦前の日本に逆戻りすることはないか。心配が杞憂(きゆう)に終わる保証はない。おととい、特定秘密保護法が成立した▼国家安全保障会議の設置と併せ、外交や軍事面で米国との連携を強めるための法律である。その先には武器輸出三原則の見直しや集団的自衛権の行使の解禁が控える。安倍政権の野望が成就すれば、平和国家という戦後体制(レジーム)は終わる▼12・8の日付を忘れることはできない。今、忘れない日付のリストに12・6も加えなければならない。

なーに言ってだという感じですが、朝日はそんなに戦争がしたいんですかねぇ・・・
平和国家って今まで日本は平和だったのでしょうか?
拉致事件はどうなんですか?

戦争というのは相手がいます。
戦争への道をといいますが、一体どこと戦争するつもりなのでしょうか。

今日のサイテーモーニング・・・いやサンデーモーニングもひどいものです。

ヒステリックなほどの反対論が繰り広げられていますが、逆効果でしたね。
賛成派の意見は一瞬取り入れただけで、ほぼ反対の意見です。
というか番組自体が反対をベースに話が進んでいるのでまぁ当然と言えば当然でしょうか。

コメンテーターも全員反対派だし、スポーツジャーナリストの中西という人は、「国は必要悪」と述べていました。
・・・一瞬言葉を失いましたが、これがサイテーモーニングクオリティです。

そろそろマスコミの影響力もかげりが見えてきたかな?
ちなみに今日は開戦記念日ですね。
昭和16年(1941年)12月8日、真珠湾攻撃があった日です。

マスコミなどは日本が悪かったと言う視点でしか書きませんが、少し視点を変えて大東亜戦争について考えてみるのもいいと思います。
戦争において一方的にどちらかが悪いということは稀です。

日本もいきなり戦争を始めたわけでなく、そこに至までの経緯があったのです。
その辺りの教育や報道は中々されませんから、自分で調べるしかありません。
本や、ネットでも色々出てきます。
簡単に調べられるいい時代ですね。

関連記事

  1. ニュース

    韓国が今度は長崎で慰霊碑建立の動き

    建立の計画を立て続けないと死ぬ病なのか・・・ (さらに&helli…

  2. ニュース

    facebookのなりすまし詐欺野郎に気をつけよう

    Facebookをやっている人は気をつけましょう。 (さらに&he…

  3. ニュース

    ヘイトスピーチならぬヘイトクライム許すまじ

    これこそ差別じゃないか? (さらに…)…

  4. ニュース

    移民大量受け入れってどうなの?

    どうでしょう? (さらに…)…

  1. 教育

    いじめの調査なのに「いじめと書くな」という理不尽教師
  2. ニュース

    外国人はその国の文化を尊重して、どうぞ
  3. 古市 プライムニュース

    マスコミ

    まじめに勉強すればするほど偏る現代教育
  4. ニュース

    実力不足を痛感したCGS公開収録
  5. 憲法

    安倍首相、ついに“封印”解く 9条改正を明言
PAGE TOP