マスコミ

靖国神社参拝から一夜明け、新聞社説は発狂の嵐

やっぱりな。

やっぱり発狂新聞

安倍総理の靖国参拝から一夜明け、各紙社説で今回の参拝について取り上げています。
主要紙のタイトルだけ見てみるとこんな感じです。

首相靖国参拝 国民との約束果たした 平和の維持に必要な行為だ 産経
首相と靖国神社―独りよがりの不毛な参拝 朝日
首相靖国参拝 外交立て直しに全力を挙げよ 読売
安倍首相が靖国参拝 外交孤立招く誤った道 毎日
靖国参拝がもたらす無用なあつれき 日経新聞
安倍首相靖国参拝 真の慰霊になったのか 東京新聞

まぁタイトルだけでわかりますが、産経以外は今回の参拝に疑問を呈しています。
疑問というよりやめさせようとしていると言った方がいいかもしれません。
産経はまさにいいたいことを代弁してくれます。

産経新聞 2013/12/27社説
安倍晋三首相が靖国神社に参拝した。多くの国民がこの日を待ち望んでいた。首相が国民を代表し国のために戦死した人の霊に哀悼の意をささげることは、国家の指導者としての責務である。安倍氏がその責務を果たしたことは当然とはいえ、率直に評価したい。

朝日新聞などは「内向きな、あまりに内向きな振る舞いの無責任さに、驚くほかはない。」との書き出しで始まっています。
内容についてはテンプレ通りの内容なので特筆する点はありません。
いつも通りの売国社説です。

それよりも今日の社説で目を引いたのは僕の地元北海道の北海道新聞です。

北海道新聞 2013/12/27社説
首相の参拝に対し、中国外務省は「人類の良識に対する挑戦に、強烈な憤慨を表明する」と批判し、韓国政府は「嘆かわしく怒りを禁じ得ない」とする声明を発表した。
在日米大使館も声明で「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに失望している」と異例の強い調子で非難した。首相が常々「日本外交の基軸」と強調する日米同盟をも揺るがしかねない。
中韓両国と関係修復が進まないのは、中国の尖閣諸島周辺での挑発行為や、韓国・朴槿恵(パククネ)政権のかたくなな姿勢も影響しているのは確かだ。
だが、原因の多くは首相の歴史認識や安全保障政策などにある。

開いた口が塞がりません。
何でも日本のせいにするのはいい加減やめにしませんか?
そろそろ多くの国民も気づいています。

関連記事

  1. マスコミ

    スパイ発狂の特定秘密保護法案

    実にわかりやすい構図 (さらに…)…

  2. japanデビュー アジアの一等国
  3. マスコミ

    高画質よりも魅力あるコンテンツの充実を

    技術革新は素晴らしいのだが・・・ (さらに…)…

  4. 日本維新の会 三宅博衆議院議員

    マスコミ

    やっぱりNHKは解体しよう

    国民なめてる。 (さらに…)…

  5. マスコミ

    安倍首相は良心を取り戻せという朝日の読者

    朝日新聞は燃料投下を欠かさない。 (さらに…)…

  1. ニュース

    JR北海道の不祥事と革マル派の関係
  2. 日本

    マッカーサーが米上院で証言した日本の開戦理由
  3. 電波塔

    マスコミ

    テレビ局が支払う電波使用料が安すぎる!
  4. 竹島、尖閣諸島に関する動画

    ニュース

    外務省がYouTubeにアップした竹島と尖閣諸島に関する動画
  5. 本紹介

    目覚めよ!日本経済と国防の教科書 三橋貴明著
PAGE TOP