ニュース

自民党って除名した舛添さんを支援するの?

それでいいのか?

除名とはなんだったのか

自民、舛添氏支援へ調整…公明も「恩義ある」
 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、舛添要一・元厚生労働相が7日、出馬の意向を固めたことを受け、自民党執行部は舛添氏への支援に向けて党内調整を急ぐ構えだ。

 一方、民主党では独自候補の擁立が難航しており、舛添氏を支援するべきだとの声が強まっている。

 自民党東京都連(会長・石原環境相)は6日夜に続いて7日夜も幹部らが都内のホテルに集まり、対応を協議した。出席者によると、協議では「舛添氏から支援要請があれば、政策協定を結ぶべきだ」などの意見が出たが、結論は出なかったという。

 終了後、石原氏は「8日にも国会議員や都議らを集めた会議を開き、意見を聞きたい」と記者団に語った。

 これに先立ち、自民党の石破幹事長は7日の記者会見で、「舛添氏は知名度が高く、行政能力に評価があるということから名前が挙がっていると承知している」と述べ、舛添氏支援に前向きな姿勢を示した。

 しかし、2010年4月に自民党に離党届を出し、除名処分となった舛添氏に対しては、党内から「それなりにけじめの付け方が必要」(脇雅史参院幹事長)との厳しい声も依然、消えていない。党幹部によると、都連幹部らは舛添氏以外の候補擁立に向け元都副知事らに接触を試みたが、いずれも断られたという。今後の都政は、東京で開催される20年夏季五輪・パラリンピック準備や首都直下地震対策など待ったなしの課題が山積しており、「厚労相として手腕を発揮した舛添氏を超える候補を探すのは難しいだろう」(幹部)との見方が強まっている。

 一方、公明党は、舛添氏の出馬を前向きに受け止めている。舛添氏は昨年7月の参院選で、公明党が候補を擁立した神奈川選挙区からの無所属での出馬を見送った経緯もあり、公明党幹部は「舛添氏には恩義があるので、出馬をすれば支援したい」と語った。

 これに対し、民主党は7日の東京都連常任幹事会で、引き続き独自候補擁立を模索し、対応を都連会長の松原仁国会対策委員長に一任する方針を確認した。既に細川護煕元首相やジャーナリストの鳥越俊太郎氏らに打診しているが、いずれも難色を示されている。民主党執行部は与党が支持する候補に「相乗り」しない方針を決めているため、党内には「与党よりも先に舛添氏への支援を打ち出せば『相乗り』批判は避けられる」との声も出始めている。

舛添さんって自民党がつらいときに出て行って批判していた人ですよね。
それなのに支援するってどうなんでしょうね。

舛添さんは本当に日本のための都政をしてくれるのでしょうか。
平成14年の憲法調査会では外国人参政権容認と取れる発言もあります。

憲法調査会 平成14年12月04日
私は、帰化要件を非常に緩くするならば、是非帰化していただくということは結構だろうというように思います。しかし、帰化要件が非常に厳しいままであるならば、外国人の地方参政権というのは同じ地域に住む人間として認めるということは一つの考え方であっていいと思います。

上のソースは直接リンクが貼れないのでこちらから該当の日付と舛添要一と入れると全文が読めます。

更に国会ではお馴染みの朝鮮のみ・・・冒頭の部分です。

うーん・・・
細川さんの動向しだいですが、おそらく舛添さんが現状有利でしょう。
しかし本当に日本のため、都のためになるのかは疑問です。

関連記事

  1. 朝日のナチス批判読者投稿
  2. ニュース

    船長は非正規、家族代表は非家族

    もう一週間なんですが・・・ (さらに…)…

  3. イプシロン

    ニュース

    TBSは日本を褒めてはいけない規則でもあるの?

    何なんだよ一体。 (さらに…)…

  4. ニュース

    ウーマンラッシュアワー村本大輔氏炎上 国民は国を守る義務がないのか?

    ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏がにわかに炎上し…

  5. ニュース

    グレンデール慰安婦像撤去の署名をしよう!今すぐだ!

    泉君、たなびたいことがあるんだ。ちょっと(星君) (さらに&hel…

  6. ニュース

    河野談話は韓国の意向をかなり汲んでいる

    やっぱり見直しが必要だ。 (さらに…)…

  1. 日本

    古事記読んだことありますか? 現代語古事記 竹田恒泰著
  2. Youtubeチャンネル登録者1万人突破

    YouTube

    ついにチャンネル登録者1万人突破!
  3. ニュース

    大晦日も日本非難の韓国
  4. ニコニコネット党首討論会

    日本

    参院選目前!ニコニコ生放送党首討論会
  5. YouTube チャンネル登録者10万人

    動画ブログ

    ついにチャンネル登録者10万人突破!
PAGE TOP