高校の日本史必修化検討と朝日新聞

公開日: : ニュース

ちょっと意味がわからない???

高校で日本史必修化か

日本史、高校での必修化を検討…中教審諮問へ

政府が高校での日本史の必修化を検討していることが5日、明らかになった。

日本史は現在は選択科目だが、海外で活躍する日本人が増える中、自国の歴史を十分に学び、理解している人材を育成すべきだと判断した。文部科学相が今夏にも中央教育審議会(中教審)に高校の学習指導要領の改定について諮問する。教科書検定などを経て、早ければ2019年度から日本史が必修科目となる。

高校の「社会」は1989年の学習指導要領の改定で「地理歴史」と「公民」に分かれ、「地理歴史」の中で世界史が必修に、日本史が地理との選択制となった。改定前も日本史、世界史、地理は選択科目だったが、「国際化への対応」を優先した結果、学校現場で「日本史軽視」の風潮が広がった。文部科学省によると、現在3~4割の高校生が日本史を勉強せずに卒業しているとみられる。

(2014年1月6日05時56分 読売新聞)

必修化自体は歓迎したいと思いますが、個人的にはまず教科書と先生をなんとかしないといけない気がします。
昨日の朝日新聞は天声人語でこの話題を取り扱っています。

天声人語2014年1月9日(木)

高校の日本史を必修にする検討を文科省がするという。そう聞いて14年前の1月を思い出した。時の小渕首相に「21世紀日本の構想」についての提言が出された。英語を第2公用語にすると打ち出して話題になったから、ご記憶の方もいるだろう

▼義務教育を週3日に圧縮するという提案もあった。いわゆる読み書きそろばんは徹底的にたたき込む。その習得は国民の義務である。それ以外は各自の自由な選択に任せる、という内容だ

▼実現性はともかく、教育のあり方を根源から考え直す姿勢が刺激的だった。国民を守るためにも国家が強(し)いなければならない教育と、あくまでサービスとして個人を支援する教育。この二つを明確に分けよ。週3日論の背後にある考え方である▼提言の教育分野の座長は劇作家で文明批評家の山崎正和さんだ。直前に発表した文章では、より踏み込んだ主張を述べている。いわく〈国家は初中等学校における歴史教育を廃止すべきだ〉

▼史実の評価や歴史認識は、国家間だけでなく専門家の間にも対立がある。そして、そうした異なる見解の数々は国民の間を自由に流通している。その一つを国家が選んで学校で教えることは、学問的には不誠実だし財政的には無駄だ、と。異論もあるだろうが、一つの線引きの仕方ではある

▼日本史の必修化は「日本人としてのアイデンティティーを育てるため」と大臣はいう。日本人は一色(ひといろ)でないし、日本史の理解も一様でないことを、くれぐれもお忘れなきよう。

うーむ、流石朝日。
歴史教育を廃止すべきだという意見を取り上げる辺り、これが本心なのでしょう。
根無し草みたいな日本人を育成してどうするですかね。

ていうか一色ではないというなら、朝日の歴史認識もどうなんだろう。

PR

関連記事

国会はコント披露の場所じゃないぞ!

北海道の恥 コント会場と化した予算委員会 3月19日に行われた予算委員会で徳

記事を読む

なんでやASKA・・・

いい曲。 CHAGEの忠告届かず…「ヘンなモノはやめろよ」 スポニチアネックス 20

記事を読む

山本太郎朝日新聞インタビュー

山本太郎は「メルトダウン」と寝言を言っていたらしい・・・

大丈夫か? 寝言で「メルトダウン」 まぁ何かと話題の中核・・・いや、山本太郎さんですが、

記事を読む

市役所の中立性を損なう共産党市議による赤旗勧誘

思想信条の自由はどうした! 市議の圧力 共産党市議、福岡県行橋市役所内で「赤

記事を読む

永住外国人は「生活保護法の対象外」と最高裁が初判断を下す

当然の判断 永住外国人は「生活保護法の対象外」 最高裁が初判断 産経新聞 2

記事を読む

吉松育美ストーカー被害事件と昭恵夫人

芸能界とマスコミの闇 覚えてますか? 昨年の12月にミスインターナショナルでグラ

記事を読む

和田政宗 質問主意書

オーストラリアは話がわかる国です

○○とは大違いや! 抗議で撤去 先日動画で取り上げたオーストラリアの戦争記念館に

記事を読む

エリートなのに・・・何故 自民党豊田真由子議員の園遊会トラブル

なぜこうなった。 自民・豊田真由子衆院議員、ルール違反 園遊会に招待者以外同伴

記事を読む

消費税30%にしないと… 「国の借金減らすには」試算

心理トリック 消費税30%にしないと… 「国の借金減らすには」試算 朝日

記事を読む

2歳死体遺棄、シッターの男逮捕

悲しい・・・ 口に圧迫痕 2歳死体遺棄、シッターの男逮捕…口に圧迫痕 読売新聞

記事を読む

PR

Comment

  1. 正義の味方 より:

    ほんと朝日はブレないですね。

    私が本日「ミス・インターナショナル吉松育美さんストーカー脅迫事件を放送しない件を
    テレビ局に問い合わせたらフィッシング詐欺のメールが届くようになった件」を電話で
    問い質したらこれまた酷い返答が返ってきました。

    NHK+民放5社に電話したんですがテレビ朝日がぶっちぎりで酷かったです。
    http://nihonnoyamitotatakau.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

  2. しんのすけ より:

    教科書を変えなければならないのは日本ではなく中韓の方です。日本は教科書が多彩にあるため一概にこうとは言えませんが、例の二国に比べればずっと無機質で中立的な内容です。このままのスタンスを続けて何ら問題ありません。むしろ、自国中心の歴史を正当化している中韓に中立性を求めるスタンスを取るべき。
    まあ、例の朝日の記事が頭おかしいということについては異論ないですね。歴史教育はさすがに必要です。

  3. 朝鮮通信誌 より:

    史実の評価や歴史認識は、国家間だけでなく専門家の間にも対立がある。そして、そうした異なる見解の数々は国民の間を自由に流通している。その一つを国家間で選んで共通の認識にしようということは、学問的にも不誠実だし、財政的にも無駄だ。異論もあるだろうが、一つの線引きの仕方なのである。

    つまり、中韓の言う歴史認識を一つにすることは、学問的にも、財政的に無駄だということである。

    一方、日本史の必修化は「日本人としてのアイデンティティーを育てるため」である。中韓という一色ではない、歴史をプロパガンダのために利用する国が隣にあるということを、くれぐれもお忘れなきよう。

  4. 松崎 より:

    よくグローバルだなんだ言ってるが自国の事もろくに知らない奴が何を言うんだwって思う
    自分は国粋主義だから尚の事グローバル云々抜かして日本の真髄を忘れ去られるのが悲しい限りだが…
    まぁ昔から日本は色んな技術を受け入れて自国風に改造するから大丈夫でしょう

    けど本気で日本人が日本を知らない時代が来ないように必須化するのも一つの手ではあるかな
    自虐史観がないのならば、だが

  5. 名無し より:

    日本史必修化に関しては、天声人語の内容や、教科書・教師の問題よりももっと深刻な問題があると思います。

    なぜ「高校で」必修化するのか?ということです。

    数学や物理といった理系科目と違って、日本史(というより、社会科全般)は、学習に予備知識を必要としません。例えば、微分積分を理解するには、関数や多項式の性質はどうなっているのかが分からなければ、到底不可能です。
    では、ある歴史的事件、たとえば、桜田門外の変が起きた背景を理解するのに、平安時代の文化や社会制度についての知識は必要でしょうか?少なくとも、桜田門外の変に関しては、不要でしょう。

    ならば日本史を、知識が乏しい義務教育時代に、現在の高校生が習うレベル程度で教えても、何ら問題は無いでしょう。
    確かに、小学校の6年間だけ、中学校の3年間だけでそのレベルで教え込むのは、よほど意欲的な生徒でない限り、不可能でしょう。しかし、小学校の6年間と中学校の3年間の計9年間で丁寧に教えれば、十分に可能なはずです。

    高校は義務教育ではないので、高校に通わない人も一定数いるわけです。ならば、義務教育時代に一通り教えてしまうのが、最善ではないでしょうか?

  6. クッシー秀樹 より:

    日本史と言ってる時点でダメだな。
    日本史、世界史と並列に扱わないで、国史だろうが!
    日本語、英語って言わないで国語っていうだろうが。
    個人的には幕末までを国史Ⅰ、幕末からの近現代史を国史Ⅱとして国史Ⅱは必須科目としてもらいたい。
    そして、太平洋戦争は大東亜戦争、中国は支那として、中華人民共和国(中国)であとは清、明、唐…でこれは中国とは言わないと教えてもらいたい。

  7. てるみどーる より:

    小中での歴史教育は必要だと思うな。
    幼いうちから手広く知識をつけることはその後の人生でかなりプラスになるし、小中で歴史に触れれなければニュース等で少し歴史ワードが出てきたら思考がストップしかねない。歴史教科に興味がない人ならなおさら。
    ついついお隣の国と比べてしまうと、日本の日本史の教科書は中立で幾分ましにみえる。けど、歴史に関する主張で日本が正しいと思っても他の国にとやかく言われるとどこか後ろめたさを感じてしまうことがあるなら教育が原因なんだよなぁ

    自分は高校では地理をとったから現状がわからないけれど、必修にするならちゃんとした教科書にしてほしいし、社会の先生は(理系とちがって)特に教科書と自分の意見の食い違いがあると怒り出すから、そこもしっかりしてほしいちなみに自分の母校では竹島は日本の領土であると教わりました。地理の教科書には記述がなかったけどしっかり教えていただきました。

  8. U2 より:

    日本の歴史学者は、専門分野しか見ないので、まさに木を見て森を見ずなので、日本の古代から、現在まで通して見ることが出来ない、と売れっ子作家の井沢元彦氏が、著作で嘆いています。日本は中韓と違って、表現の自由が、あるのでまともな歴史書は、たくさんありますが、教える教師が左巻きの場合とんでもないことになってしまうでしょう。教師の身元調査が、重要です。

  9. 名無し より:

    >クッシー秀樹さん
    日本史という科目名を「国史」に変える理由はあるのでしょうか?

    確かに、日本史、世界史という書き方が両者を並立させている、だから日本史に重きが置かれなかったというのは分からないではないですが、
    「国史」という馴染みのない名称にいきなり変えても、中国・韓国と同じように、反日日教組が適当な理由をつけて叩くだけです。

    まあ、そんな理由で必修化が取り止めになってしまうことは無いでしょうが、
    無用の混乱を避ける配慮は、東アジア情勢が逼迫している現在、今まで以上に必要とされるのではないかと思います。

  10. 114514334 より:

    どこかの国にとって都合のいい日本史の教科書を使って、ガバガバな根拠を盲目的に信じてる公僕が教える日本史ではなく、正しい日本史の教科書を使って、正しい歴史認識をしている先生が日本史を教えるなら必修科目にすべき
    てか、大学入試の筆記なくす方が問題視すべきじゃね?面接とかいらんでしょwww
    極端な話をすると運と嘘で合否が決まっちゃうよwwwwww

  11. 名無し より:

    性格クソだから浪人、とかwww
    どうせえっちゅうねんwww

  12. 楠乃小玉 より:

    教育問題に関してなんですが、
    京都の立命館大学が授業開始とともに
    出席票と一緒に朝鮮学校無償化の嘆願書を
    学生に配布して書かせているそうです。
    書かないとたぶん単位出ないんだろうなあ。
    怖すぎるわ立命館大学。
    さすが京都。
    立命館大学の講師が出席カードと共に朝鮮学校無償化嘆願書を書かせる
    http://getnews.jp/archives/492416

  13. 町工場の親方 より:

    日本国民必読の書

    一昨日、昨日、と伊豆高原のホテルで温泉に浸かって来ました。
    終末を利用してたまに温泉へ行き、温泉に入るのと、行き帰りの車中、ホテルで、持っていった本を読むのは何よりの至福の時間です。
    今回は待ち望んでいた、三橋貴明・著、『僕たちの日本』、を持参して読みたかったのですが、時間的に一日早く、諦めて、高山正之・著、「米国・支那・韓国、朝日を斬る」、と他の三冊を鞄に入れました。
    家を出ようと戸口を開けたところへ、郵便局がアマゾンに注文した、『僕たちの日本』、を運んできてくれました。
    大喜びで、鞄の中身を入れ替え、行きの車中で、「まえがき」、を読み、このような本が、WAC、から出版されたことに感動しました。
    《国家という存在は、悪》、という、マルクス・レーニン教の抜がたい観念を根底に持つ、憎日左翼・「朝日」、を不倶戴天の敵として、半世紀以上戦ってきた私にとっては、一人でも多くの日本国民に読んでもらいたいと、心底思う内容です。

    昨日は、田母神空幕長、都知事選出馬のパーテイに出席するため、およそ乗ったことのない、熱海⇒東京の新幹線に乗り、定刻ギリギリ会場につきました。
    会場は600人の参加者で超満員、支持する政治家、学者、保守系の論客が入れ替わり立ち替わり短い演説をました。
    私も幸い、多くの方たちと話すことができました。
    政治家では中山成彬・代議士が、途中退場もせず、時間終了まで終始会場におられました。

    因みに私は、三橋さんに『僕たちの日本』のサインをいただき、その後、水島社長、面識のある、三宅博・代議士、馬淵睦夫・元ウクライナ大使、河添恵子さん、荒木和博氏、15年前、「東京都平和祈念館建設反対運動」、を戦った、リーダーかつ、戦友の土屋敬之・前東京都議、の方々と話を交わすことがました。

    今回の都知事選で私が田母神候補に何より望むことは、対立候補を「土俵」、に引っ張り出し、多くの都民、国民の見ている場で、

    國家観、歴史認識、対中・韓外交、安全保障、外国人参政権、の問題につき意見を戦わしていただきたいということです。

    とりわけ外国人参政権の持つ、日本国家解体、破壊の危険性について意見を戦わせてもらいたいと考えます。

  14. いつも楽しく動画のほう見てます。
    法曹は左翼ばかりで毎日イライラです。

    日本史必修化はいいと思いますが、国家に過度に期待するのは、意味が無いでしょう。それより、名著を読むほうがずっといいと思います。平泉澄先生の「少年日本史」(物語日本史)とか。北畠親房公の「神皇正統記」とか。近代史は、岡崎久彦先生の「百年の遺産」とか。

    私は、全く学校に期待していません。
    左翼以前に国家観が無い先生ばかりです。
    左翼であれば理想の国家像がありますが(全て間違いですが)、今の教師にはそれすらありません。左翼なら軽く論破してやろうかと思いますが、論破以前に自分の国家観が無いんですから、会話が成立しません。

    高校時代、KAZUYA先生は小林よしのり先生の戦争論で目が覚めたとの事ですが、私は岡崎久彦先生の「戦略的思考とは何か」で目が覚めました。中学生のころから漠然となんかおかしいぞと思っていましたが、こういった本に出会えたおかげで目がさめることが出来ました。

    無償で平泉澄先生の物語日本史を配布する。それだけでもいいと思います。朝日(ちょうにち)新聞も「日本人は一色(ひといろ)でないし、日本史の理解も一様でないことを、くれぐれもお忘れなきよう。」と言っているんですから、皇国史観も当然一つの考え方として認めてくれるはずです(というより、認めないとしたら、クソみたいなダブルスタンダード野郎ということですね。)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑