毎回ですが北海道新聞は素直に喜べないのでしょうか

公開日: : マスコミ

引く。

素直に喜べない道新

女王の教え

北海道新聞 卓上四季

「いくらやったってだめ。ありそうもないことなんて信じられないわ」。そういって笑うアリスを白の女王はたしなめる。「それは修業が足りないからさ。私がおまえの年には、朝食前に、ありそうもないことを六つも信じたものさ」(ルイス・キャロル「鏡の国のアリス」から)

▼当初は権威ある科学誌「ネイチャー」から、「あなたは細胞生物学の歴史を愚弄(ぐろう)している」とまで酷評されたそうだ。理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子さん(30)たちが、マウスを使って新しくつくりだした「万能細胞」とは、それほどまでに“常識”を覆すものなのだろう

▼面倒な遺伝子操作をしなくても、酸性液で刺激するだけで、どんな組織にもなる細胞を生み出せるとは。門外漢でもホントなの? と疑ってしまう。小保方さんは「誰にも信じてもらえず、やめてやると何度も思い、泣き明かした夜も数知れなかった」という

▼それでも、祖母にもらったかっぽう着姿で実験に打ち込んだ。「鏡の国」の女王が聞いたら、<ありそうもないこと>を信じ続けた強い心を褒めてくれるはず

▼失われた体がニョキニョキ、モゴモゴよみがえる―。植物やトカゲなどが持つ能力を人類も手にする日が、また一歩近づいた気もする。が、開きかけた扉の先に待っているのは、ばら色の夢の世界か

核エネルギーの封印を解いた後で起きた悪夢が脳裏をよぎる。2014・1・31

これは何なんでしょうか・・・
素直に喜べばいいじゃないですか。この成果が悪夢だとでも言いたいのでしょうか。

正直北海道新聞は朝日新聞よりひどいと思ってます。
卓上四季だと以前サクランボ見て戦争を思い出すという意味不明の回もありましたが、正気なのか疑ってしまいます。

PR

関連記事

「原爆投下も国際法違反か」シリア化学兵器使用で米国務省に質問飛ぶ

まさにブーメラン。 68年前、日本に投げたブーメラン、アメリカに帰国 「原爆投下も国際法

記事を読む

北海道新聞が言う違和感の正体は・・・

どの口が言うか。 卓上四季/北海道新聞 2013.8.25朝刊 《1》生理的(心理的)に

記事を読む

「麻生発言 報道批判に驚いた」朝日新聞読者投稿 声 2013.8.8

朝日の読者はレベルが高いね(皮肉) 匿名のインターネットはけしからんと言うが・

記事を読む

NHKの体質は変わるのか

実は問題だらけ これが公共放送か? NHK経営委員長、百田尚樹氏らの

記事を読む

インターネットに書いてあることはウソばかりという思考停止

思考停止していないか? 一昨日の動画で、考えることは重要(まぁいつも言っていますが

記事を読む

タイトルは同感だけど内容は反対な朝日の読者投稿

学校で一体何を教えているんだ? ネット情報だけに頼らないで/朝日新聞2013.8.20朝刊「声

記事を読む

新聞業界は守られた市場

競争を煽るのに競争しない新聞社の実態

まさに「お前が言うな」という感じです。 新聞は市場原理を煽っていますよね。 「競

記事を読む

朝日 読者投稿欄

朝日新聞の投書欄ってすごいな・・・

2013.6.17朝日新聞朝刊より こういうのを読者投稿欄にのせるって

記事を読む

沖縄の新聞って中国共産党の機関紙ですね

北海道もアレですが、沖縄も・・・ 北海道には北海道新聞というおかしな新聞があり

記事を読む

no image

朝日新聞の書いた「安倍首相、増税指標クリアと判断」は妄想と判明

安定の朝日 安倍首相、増税指標クリアと判断 GDP上方修正で 朝日新聞201

記事を読む

PR

Comment

  1. White Rabit より:

    道内に住んでいるオヤジです。
    道新を愛読しています。
    と言っても道新を弁護するつもりはありません。
    確かに「…植物やトカゲなどが持つ能力を人類も手にする日が、また一歩近づいた気もする。が、開きかけた扉の先に待っているのは、ばら色の夢の世界か…核エネルギーの封印を解いた後で起きた悪夢が脳裏をよぎる」とはかなり「ひねくれた」コメントで僕も素直に喜べばいいじゃないかと思う方ですが、基本的に新聞社は文系に方々が支配している世界です。理系の僕にしてみれば画期的な発見で、これからの成果にすごく期待を持つところですが、文系の思考をする方々(別に差別している訳ではありませんよ)からすれば、こうなるのは無理からぬ事でしょう。
    コメントがどうあれ日本人の若い素敵な女性によって発見された事を誇りに思います。人間の細胞でも成功するように祈っています。
    小保方さん頑張れ!

  2. takasi より:

    「植物やトカゲなどが持つ能力を人類も手にする日が、また一歩近づいた気もする。」 ここで締めておけば良かったのに・・・

  3. ※赤いのは名前だけデース より:

    北海道在住の22歳、学生です。
    ウチも道新とってますが、これ見たときは笑ってしまいました。
    もちろん、倫理的問題になる可能性があるという主張も本来ならば正しい議論です。そのための左手、そのための生命倫理学。
    また、科学誌や学術論文でない限り、非科学的な意見も仮説としてならあり得ると思います。今回の研究も、成果が出るまで非科学的だと言われ続けていたようです。
    ですが、他記事では肯定的なのに急に批判的な論調になったので「ファッ!?」となりました。そういう仮説を立てて発表するのなら、一応にでも検証しなければそれはTDN噂の流布です。
    そして最後の一文を読んで納得。どうしても核エネルギーが悪であるという印象を与えたいみたいですね。
    僕も原子力発電反対派ですが、こういうゴリ押しではなくしっかりとした議論(現在の研究の進捗・実際の影響・現実的な解決法等)でもって主張してもらいたいです。細川氏といい、ただ「ダメ」というのでは徒に敵を作ってしまうと思います。
    科学技術の恩恵を多大に受けている現代。科学って聞くと理系のイメージかもしれませんが、文理関係なく多方面から議論をして技術を使わなければなりません。
    KAZUYAさんはご承知のことだと思いますが、一応補足として付け加えさせていただきました。

  4. Jack より:

    核エネルギーの封印を解いた後で起きた悪夢が脳裏をよぎる・・・・・この人には何を言っても通じないかーという印象ですね。ヤカンの蒸気から軍艦の排気口を思い出し、日の丸弁当から軍靴の音が聞こえる人なんでしょう。

  5. UL より:

    なんだろう
    あまりいうことが思いつかない
    純粋に気持ち悪い

  6. ななみ より:

    予備校講師のバイトをしている大学生ですが、小論文でこんな文章を書く生徒がいれば0点ですね。
    特に最後の部分が脈絡がなさすぎる。
    反原発」と言う結論ありきで、時事ネタを絡ませようとするからこんな意味不明な文章になるんでしょう。

    道新は以前から論調がおかしいとは思っていましたが、記者の採用基準が気になりますね。
    どこの大学にも極左過激派の隠れ蓑サークルがあるものなので、そう言った所からコネ採用でもしているのでしょうか?

    上の方のコメントで反原発派の人がいるようですが、私は原発政策を支持しています。
    先の大震災でも、福島第2及び女川原発は安全に停止し、
    原子力発電所は1000年に一度の大震災・大津波にも耐えうることが証明されました。
    福島第一は自民党時代に廃炉方針が内定していました。
    それをルーピー鳩山が例の温室効果ガス25%削減を勝手に表明してしまったことの影響で、民主党政権が自民党政権が決めていた廃炉方針を潰して継続使用を決めたんです。
    ある意味、09年の選挙で民主党政権誕生を煽ったマスゴミや民主党に投票した有権者が福一を爆発させたと、言っても良いかもしれませんね。
    (もちろん菅「反日極左」直人の責任が一番重い)

    福一のような旧型の原発は速やかに廃炉にして、最新型のより安全な国産原発を立てるべきです。
    自然エネルギーなどと言う、天候に左右される低劣な発電技術では安定的な電力供給は不可能です。
    原発政策の推進と、さらなる安全な原発発技術の開発に予算を投じるべきだと考えます。

    とはいっても、現状のヒステリックな反原発世論を考えると、今すぐにそうするのは難しいでしょう。
    ですから、当面の間は今ある原発の中で安全が確かめられたものをどんどん再稼働していき、なおかつ安全対策をしっかりとしていく、それでいいんじゃないでしょうか。
    ヒステリックになっている人には論理的に説明しても無駄ですからね。

  7. yasusix より:

    警鐘を鳴らすにしても、化学と倫理の問題提起くらいにしておけば良いものを、核問題に絡めてくる辺りがに、かなりの「偏左値」を感じます。
    はっきり言って気持ちが悪い。

  8. kokuten より:

    こんなすばらしい発見にこんなひねくれた非難が載るとは。あきれた新聞だ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑