教育

選挙に行かないのがカッコいいとか思ってませんか?

選挙にGO

選挙は国民の義務

都知事選:20代「思い届くのか」 公約「高齢者狙いばかり」

毎日新聞 2014年02月03日 東京朝刊

折り返し点を過ぎた東京都知事選で、毎日新聞の取材に協力する20代有権者の約3分の1が「告示日(1月23日)に比べ選挙への関心は高まっていない」と答えた。「主要候補の大半が高齢」「若者の思いが反映されないのでは」との声もあり、若い世代に都知事選への懐疑的な見方が広がっているようだ。

毎日新聞は、都知事選に投票権を持つ20代の社会人、学生15人(うち1人は現時点で19歳)に協力を願い、投票までの意識のプロセスを追う。告示日に続いて2回目の今回は▽告示日より選挙への関心は高くなったか▽原発問題は争点にふさわしいか(告示日にも質問)▽選挙戦の印象−−を聞いた。

選挙の関心では「高くなった」が多いものの「変わらない」「低くなった」が4人いた。このうち男子学生(22)は「高齢者の票を狙う公約ばかり」と違和感を表明。「高くなった」とした女子学生(20)も「女性候補がいない。若い人も少なく、選挙はこんなものか」と語った。原発問題の争点化の是非では、告示日時点で「分からない」としていた4人が見方を鮮明にした。

毎日新聞は投票2日前(7日)と投票日にも、同じ15人に意見を聞く。【まとめ・井上英介】

政策が高齢者よりっていうのは、投票率を見ても当然の流れかなと思います。
例えば前回の東京都知事選の投票率を見てみましょう。

投票率

やはり20代、30代はあまり高くないようです。
この若い世代が50代くらいの投票率になれば選挙の様相も変わるでしょう。

東京都だと20代だけでも約150万人、30代は200万人を超えます。
これらの投票率が50代程度の水準である68%まで上がれば、70万という票数が増加することになります。

年寄りばかりが投票に行って若者が投票しないということは、政治家は投票してくれる高齢者よりの政策を優先するのは当然の流れです。
政治家はまず選挙に勝たなければ政治が出来ません。
選挙に当選したら、政治家であり続けるためにまた次の選挙に勝たなければいけません。
ならば支持してくれる人達のためになることをやるというのは、至極当然の話です。

毎日の記事にあったように、「若者の意見が繁栄されないのでは?」という疑問はある意味自業自得なのです(といいつつ年齢によって人口の差はありますが・・・)。
投票率が上がれば、組織票も弱くなります。

例えば公明党などは創価学会票がありますから、ある程度安定した票数を見込めます。
ただ投票率が上がると、そういった組織票の重要度も必然的に減っていくのです。

選挙に行かない言い訳は色々あると思います。
支持したい人がいないというのも、よくある理由だと思います。
ただ完璧に自分の考えとあう人なんてこの地球上に存在しません。
その中から選択するのが選挙であって、自分の願望があってそれを実現したいなら自分が選挙に出馬するしかないのです。

選挙に行かないのは俺カッコいい見たいに考えている人もいるかもしれません(無意識に)。
しかし選挙に行かないのはただのアホです。
政治というのは未来のためにも必要なことで、今の現象の積み重ねが未来を作るわけです。
未来を放置プレイというのがカッコいいでしょうか?
僕にはそうは思えません。

まぁとりあえず選挙があれば投票に行くということです。
それは国民の義務だと僕は考えます。

関連記事

  1. 教育

    何故教育界には偏った人が多いのか・・・

    広島大学も・・・ (さらに…)…

  2. 日本

    動画から日の丸がなくなった理由

    切り替えてみた。 (さらに…)…

  3. 日本

    外国人参政権なんて必要ない!

    まずは動画をご覧下さい (さらに…)…

  4. 日本

    古事記読んだことありますか? 現代語古事記 竹田恒泰著

    読んだことありますか? (さらに…)…

  5. 民主党は終わり

    日本

    民主党公開大反省会をやるも反省の色なし

    民主党は帰って、どうぞ。 (さらに…)…

  6. 脱お花畑

    日本

    脱お花畑~現実を見ろ

    日本の周辺国は平和を愛する諸国民でしょうか? (さらに&helli…

  1. ニュース

    消費税30%にしないと… 「国の借金減らすには」試算
  2. ニュース

    年商数千万円で生活保護受給 韓国人のクラブ経営者逮捕
  3. チャンネルグランドストラテジー(CGS)

    動画ブログ

    CGS見てますか? 総図解よくわかる日本の近現代史 倉山満編
  4. パラオ共和国の国旗

    ニュース

    パラオという親日国
  5. ニュース

    財務省が増税で景気後退することを認めてしまう痛恨のミス
PAGE TOP