建国記念の日だけど一部の市民団体ってそんなに日本が嫌いなの?

公開日: : ニュース

昔は紀元節

すぐ軍国主義と結びつける不思議

昨日は建国記念の日でした。
安倍総理は建国記念の日にあたって国民に対してメッセージを発表しています。

「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う」という趣旨により、法律によって設けられた国民の祝日です。
 この祝日は、国民一人ひとりが、わが国の今日の繁栄の礎を営々と築き上げたいにしえからの先人の努力に思いをはせ、さらなる国の発展を誓う、誠に意義深い日であると考え、私から国民の皆さまに向けてメッセージをお届けすることといたしました。

 古来、「瑞穂の国」と呼ばれてきたように、私たち日本人には、田畑を共に耕し、水を分かち合い、乏しきは補い合って、五穀豊穣(ほうじょう)を祈り、美しい田園と麗しい社会を築いてきた豊かな伝統があります。
 また、わが国は四季のある美しい自然に恵まれ、それらを生かした諸外国に誇れる素晴らしい文化を育ててきました。
 長い歴史の中で、幾たびか災害や戦争などの試練も経験しましたが、国民一人ひとりのたゆまぬ努力により今日の平和で豊かな国を築き上げ、普遍的自由と、民主主義と、人権を重んじる国柄を育ててきました。

 このような先人の努力に深く敬意を表すとともに、この平和と繁栄をさらに発展させ、次の世代も安心して暮らせるよう引き継いでいくことはわれわれに課せられた責務であります。
 十年先、百年先の未来を開く改革と、未来を担う人材の育成を進め、同時に、国際的な諸課題に対して積極的な役割を果たし、世界の平和と安定を実現していく「誇りある日本」としていくことが、先人からわれわれに託された使命であろうと考えます。
 「建国記念の日」を迎えるに当たり、私は、改めて、私たちの愛する国、日本を、より美しい、誇りある国にしていく責任を痛感し、決意を新たにしています。

 国民の皆さまにおかれても、「建国記念の日」が、わが国のこれまでの歩みを振り返りつつ先人の努力に感謝し、自信と誇りを持てる未来に向けて日本の繁栄を希求する機会となることを切に希望いたします。
 内閣総理大臣 安倍晋三

自分の国を愛するというのはある意味当たり前の話で、それを言っているだけですがやはり一部の市民団体は無理矢理批判をしています。

愛国心・憲法改正めぐり賛否 建国記念の日、各地で集会
朝日新聞 2014年2月11日21時35分

「建国記念の日」の11日、この日を祝う人たちと反対する人たちが、それぞれの立場で集会やパレードを行った。安倍晋三首相がこの日にあわせて「愛国心」を訴えるメッセージを現職首相として初めて発表する中、憲法改正や愛国心をめぐり賛否が交錯した。

 旧総評系の労働組合などでつくる市民団体「フォーラム平和・人権・環境」は東京都文京区の全水道会館で集会を開き、約250人が参加した。

 作家の保阪正康さん(74)が講演し、「首相は歴史的事実に即さない発言を続け、美しいなどの形容詞を使って感性を強要している」と指摘。改憲に向けた動きについて「軍事を政治の背景にちらつかせる軍事体制を作ろうとしているが、非軍事の現行憲法を守らないといけない」と語った。高校教諭の女性(54)は「美しさや誇りといった聞こえの良い言葉で愛国心を押しつけないでほしい」と話した。

 一方、神社本庁などでつくる「日本の建国を祝う会」は東京都渋谷区の明治神宮会館で式典を開き、憲法改正などを求める決議を採択。表参道周辺で実施した奉祝パレードには約5650人が集まった。

 パレードを見に来た東京都杉並区の会社員小杉賢太郎さん(40)は「中国や韓国からの日本批判に萎縮しないためにも、日本人としての誇りや愛国心を持つことは必要だ」。東京都練馬区の男性(85)は「愛国心を持つことは重要だが、他国との緊張を高めないような方法を探ってほしい」と語った。(渡辺洋介)

フォーラム平和・人権・環境・・・
何やら怪しい団体です。
今回の集会の告知用のチラシがありました。
こちら

2月11日の「建国記念の日」は、神話をもとに明治政府が制定し侵略戦争を美化し天皇を賛美する象徴的な日だった戦前の「紀元節」を、1967年から自民党政権が各界の反対を押し切って政令で復活させた日です。

この書き方が露骨すぎて面白いですねw

PR

関連記事

no image

NHK朝の連ドラ「あまちゃん」で主人公の父親のタクシーが韓国車で話題に

すっごい不自然だよなぁ・・・ NHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で主人公の父親の

記事を読む

安倍総理はデフレ脱却の鬼になれるか

気になってやることあるのに手につかない。 情報が錯綜している 今日は10月1日です。 マス

記事を読む

市役所の中立性を損なう共産党市議による赤旗勧誘

思想信条の自由はどうした! 市議の圧力 共産党市議、福岡県行橋市役所内で「赤

記事を読む

実際オスプレイってどれくらい危ないものなの?

♂プレイ 北海道にオスプレイがやってきましたが、5万人が見に来たと言います。

記事を読む

柏での通り魔事件と在日認定

一体どこ情報なのか? 犯人は?? 強殺容疑で近くの男逮捕=「金取る目的で刺した」

記事を読む

朝日「戦前の日本に逆戻りすることはないか」

ヒステリックやな。 必死すぎて怖い 朝日新聞 天声人語 2013.12.8 作

記事を読む

若者の半数が自殺する日本

若年世代の死因、自殺が1位は日本のみ…G7中 読売新聞 2014年06月03日13時39分

記事を読む

朝日新聞記事取り消しでさらに窮地に立たされる福島瑞穂さん

壊れかけの社民党 朝日新聞の慰安婦記事取り消しで盛り上がりが続いていますが、最近慰安婦問題

記事を読む

「原爆投下も国際法違反か」シリア化学兵器使用で米国務省に質問飛ぶ

まさにブーメラン。 68年前、日本に投げたブーメラン、アメリカに帰国 「原爆投下も国際法

記事を読む

性奴隷?自由すぎる慰安婦の実態

どこが性奴隷なのか? 慰安婦問題はそろそろ無理がある 米側資料の慰安婦は「大金稼

記事を読む

PR

Comment

  1. 蒼憲 より:

    はじめまして。
    いつも動画拝見させていただいてます。
    昨日のラジオの今日は何の日で建国記念日についてやってたんですけど、大日本帝国憲法についても同日にあった事として紹介してたのですが、当時の識字率が2%なのに憲法作って意味あるの?というドイツ人手記を紹介してました。
    公共の電波使ってまで紹介する話なのでしょうか

  2. プログラマ より:

    フォーラムのチラシ見ましたが、日本を左寄りの国の属国にしたい人達の思惑が、ひしひしと伝わってくる内容でしたね。
    歴史認識だの、教科書問題(周辺諸国条項)だの、明らかに内政干渉にも関わらず、そこは無視して「配慮が足りない」の一点張りという、いつものパターン的な感じがしましたw

  3. MM より:

    iイメージにイメージで反論しても意味がありません。
    主観は人によってまちまちです。例えばわたしが「この人はいい人です」
    と言っても、それを言った私がちゃらんぽらんでは逆効果です。

     反日左翼を黙らせるには彼らの論拠の脆弱さを追求する事が一番効果的です。
    彼らは人の目を気にしています。自分たちが縋り付いている論拠が崩れたら
    嘘がばれます。嘘つきを信じる人はいません。

     舛添知事がTVで関東大震災朝鮮人虐殺事件が事実である様な事を言ってましたが、
    資料や論拠を明らかにしていません。こうゆうのをデマと言います。
    仮に資料を出したとしても、直ぐにボロが出るでしょう。
    近現代史研究家の加藤康男氏が奥さんの工藤美代子氏との共著
    『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』のなかで綿密なデータと検証によって、
    反論しています。こうゆうのを情報と言うのです。

     情報とデマの区別を付けなければ、私達も同じ事をしてしまうのです。
    デマに踊らされている人は情報元を確かめない事が問題なのです。
    デマはデマを生みます。ですから動画や文章などにしてもコメントにしても
    ソースの曖昧な発言は控えるべきです。そうゆうのをちゃらんぽらんと言うのです。

     田母神氏のように専門家や技術者に訊き、自分で勉強して発言すること
    これが誠実と言う事です。現実主義です。現実を観ずに
    理想論ばかりならべたてまつることを不誠実と言います。お花畑左翼がその典型です。
    自分のしている事が、どちらなのか人にものを周知しようと思う人間は
    考える責任があるのです。私自身も反省しなければなりません。

     

  4. カズヤ先輩は人間の鏡 より:

    http://www.seisaku-center.net/node/722
    古事記や日本書紀は歴史との橋渡しをする伝記であり、天照大御神の子孫である天皇陛下を頂く我が国であるからこそ、それにちなんだ記念日である、紀元節や天長節、新嘗祭や神嘗祭を祝日として設けるのは当然だと思う。

    >「美しさや誇りといった聞こえの良い言葉で愛国心を押しつけないでほしい」

    平和・人権などと耳障りの良い言葉で法や慣習を歪め、国を貶めるのは止めていただきたい。地域や家族を愛し、我が国の文化伝統に誇りを持つのがなぜいけないのか?民間防衛の一節通りだ。

    >「愛国心を持つことは重要だが、他国との緊張を高めないような方法を探ってほしい」

    確かに衝突は避けたい。しかし、自粛し、相手国に配慮して付け上がらせてきた結果が、現在の情勢になったとまだ分からないのだろうか?
    至極当然だが、相手国は、日本人特有の感性を持っていないという前提で、外交を行うべきである。
    中国は今も、三戦(世論戦、心理戦、法律戦)を仕掛けてきている。
    侵略に対する防衛、諜報活動に対する防諜、思想・言論(宣伝・心理)戦に対する的確な反論は大事だ。
    そもそも、相手は同じ価値観や感性を持ち合わせているという先入観がそもそもの間違いであり、そのような罠、陥穽に嵌っているのが今の日本人なのだ。

  5. しんのすけ より:

    地域や家族を愛し、日本の伝統や文化に誇りを持つ。殊勝なことです。
    それでは、日本の文化や伝統とは何でしょう?神道はひとつの軸にはなるでしょうが、それだけではありません。日本は古来、様々な外来文化との交流の中で、独自の文化を形成してきました。神道も、それが完全に独立して日本人の文化として存在したわけではなく、古神道の精神を基盤としつつも主に仏教の宗教性や儒教の思想性との交流がありました。そういった中で“日本人的な”文化が形成されてきたように思います。日本の文化や伝統を重んじる、と言っても、実はこれをこうすればいい、という単純なものではなく、結構複雑なのではないかと思います。少なくとも言えることは、日本人の精神は非常に柔軟性があり協調性に優れている、ということです。
    そういうところが日本人らしさであり、素晴らしいと思うんです。しかし、国家神道的な側面―つまり神道に宗教性や政治性を加えてしまった点―については、ビミョーなんですよね。靖国神社はもちろん神道のものではあるのですが、正直宗教性を背景にした政治装置としての機能を名目に“つくられた”ものである感が否めませんよね?神道における神様は、恣意的に“つくられる”ものではなく、自然に“できるもの”だと思うのです。
    地域や家族を愛し、日本の伝統や文化に誇りを持つ。繰り返しますがそれは殊勝なことです。紀元節を祝うこともまた日本人らしさです。しかし、それに政治性を付加して議論をしようとする者がいる。それこそ日本人らしくないですし、「反日」的だと思います。ご先祖様が作ってきた日本を愛する。それでいいじゃないですか。愛国心を否定するつもりは毛頭ありませんが、それを中韓否定の根拠として使うのはどうかと思います。中韓に対しては、ただ無機質な法と政治での議論にすべきではないかと思いますよ。政治に神道を巻き込むべきではない。

  6. Masaki より:

    建国記念日に出された記事ということで一つ要望です。
    機会がありましたら、建国の歴史について取り上げて見ては如何でしょうか。

  7. カズヤ先輩は人間の鏡 より:

    政治による、神道への介入・・・塩梅、さじ加減の問題ですね。教育に関しては、宮中祭祀やら古事記や日本書紀について教養レベルで教えればそれでいいと思いますよ。
    思想信条の自由とか、天皇陛下を国民統合の象徴と定義している以上、全くやらないのは問題ですし。
    成人になったら自分なりに考え調べ、どのような考えを持つかは個人の勝手ですからね。

    しかしながら、日教組とか自身の考えを指導綱領無視して勝手に考えを押し付けて、自身の考えに反する学生を落第点にしたり、吊し上げにしたりする行為はなんとも思わないんだろうか。
    革命のためなら全てが正当化されるんだろうな。

    • しんのすけ より:

      いやいや、さじ加減とかいう問題じゃないですよ。我々日本人に根付く精神であり古き伝統であり文化である神道が、政治的カードにされる冒涜的事態を許容してしまう、その根拠と思惑は何でしょう?日本の伝統や文化をリスペクトしているなら、不快でしかないはずです。
      なぜ教育の話が出てくるのかよく分かりませんが、それについても強いて言うなら、学校教育で日本神話を恣意的に教える必要性は皆無です。というか、それをやったら神道はそこらの宗教と同じになります。
      日教組の話に関してはまったく脈略がつかめないのでコメントを割愛しますが悪しからず。

      • カズヤ先輩は人間の鏡 より:

        神話による皇室と神道への関心と崇敬への念を高める。皇室不要論やら神社の必要性やらが理解できていない人がいるじゃないですか。国語や社会で取り少し上げるだけでいいんですよ。左翼思想に毒されているのか某カルトの信者ですか?

        • しんのすけ より:

          同じこと繰り返さんでもわかっていますよ。日本神話を教養レベルにするんですよね?それがダメだと言っているんです。そもそも神道の本質は神話ではないのに神話に依拠した信仰形態を作ろうというのが間違いですし、それを教育で実施しようなどもってのほかです。
          先進国の中で、特定の思想や神話を教育内容に入れ、教養化を是認している国があったら教えてください。共産主義崇拝の教育内容を是認している中国、反日思想の教育内容を是認している韓国ぐらいしか私は思いつきません。はっきり言いますが中韓の教育はクソです。どうしたら日本の教育構造をそういった低レベルに落としたいと思えるのでしょう。無智なのでしょうか、はたまた日本が嫌いなのでしょうか。
          教育内容として神話を使い、それを教養にしようという考えは、普遍的な価値観や思想を得るべく教育の基本的な理念にも反します。発言内容を見る限りあなたは教育に関して殆ど知見がない。少し勉強なさっては?
          結局のところ、神道の文化的本質からしても、教育的見地からしてもダメなんですよ。私としても天皇制廃止論に対しては批判的立場をとっていますのであなたの感情は分からないでもないですが、その解決として神道と教育を持ち出すのは軽率というほかない。というかあなたにはやはり政治的カードとして神道を使おうという考えがあるみたいですね。神道はそういったものに使う道具ではない。本当に日本文化を愛しているなら、そのような冒涜は控えるべきかと。

          • カズヤ先輩は人間の鏡 より:

            文化人類学における民族の定義が言語と神話なんですよ。民族意識の向上の観点から取り上げるべきという意味で書いたんです。鳩山みたいに何処を見ているのかわからない目をして、友愛と自国の国益を軽んじ、国というのが分からないと発言したり、朝令暮改で日和見な輩が量産されないようにするためにね。
            ようするに、掟みたいなものですかね。教育勅語を代替として再度教えるのもいいのですが。

          • カズヤ先輩は人間の鏡 より:

            東大やら京大などの最高学府が赤の巣窟なのが問題なんですけどね。日本だけじゃなくてアメリカもだけど。

          • どせいさん より:

            教育で日本文化を教えるという意味で、日本神話を教えるというのはある種あってもいいのかなと思います。そういうものは教育機関で扱われないと普通触れることはないですからね。日本文化はどこに出しても恥ずかしくない水準を持っていると思いますし、誇りを持ってしかるべきだと思います。
            まあでも、少なくとも文化相対主義を前提とした上での日本文化の教育という形を維持するのは当然ですね。日本以外にも素晴らしい文化があることを多面的に教えなければいけません。

            教育勅語の復活というのは、とんでもない意見だと思います。「臣民」というニュアンスが出ただけで教育としての水準は地に落ちると言っていいでしょう。国民は天皇の持ち物なんかではありませんよ。そんな主張は前近代的なものだと思いますし、日本神話を見てきてもそう言った主張には結びつかないはずです。臣民というニュアンスは近代文明に抵抗するためと、軍国主義を正当化するために作られた、ごく最近生まれた天皇制の乱用であって、伝統でもなんでもありません。私は天皇は尊く想う気持ちは殊勝なことだと思いますが、従うべき存在とはまったく考えていません。教育勅語的に天皇を政治への影響で考えることは許されないと思います。

          • どせいさん より:

            あと東大や京大が赤の巣窟というのは聞き捨てなりませんね。マルクス経済の研究者がいるからという話でしょうか?
            マルクス経済の研究者を共産主義者と同一視するのは軽率極まりないですよ。

            マルクスの主張は簡単に言えば
            ①資本主義を受け入れる以上生じてしまう深刻な問題の指摘
            ②その解決策としての共産主義の提案
            の2本柱で行われています。
            ②が問題ありなことは歴史上明らかですが、①は時を経るごとに鋭さを増しています。皮肉な話ですが、資本主義の本質を理解するためにマルクスは一番手っ取り早い思想家だと思います。だから共産主義が失敗したからといって、マルクスの思想が全て間違いだったというのは、暴論、極論です。
            共産主義者がいまだに力を持っているという非現実的な前提を設けて、それを敵視するような幻想はやめなさい。現代の東大京大が共産主義者の巣窟なわけがないでしょう。現実をみて話をしてくださいよ。

          • しんのすけ より:

            >どせいさん
            日本には日本書紀や古事記という神話があって、それはこれこれこういう内容である。そういうレベルで教える、つまり知識レベルであれば、私もあってもいいかなと思います。
            しかし、カズヤ先輩は人間の鏡さんの言っていることは知識レベルではなく、教養レベルです。この違いは大きいと思います。教養とは定義が難しいですが、私は”知識がもたらす思想・信念が人格へ影響し、何らかの実践が伴うもの”だと解釈しています。繰り返すようですが、神話をそのようなレベルにするべきではない。神道は神話崇拝ではなく自然崇拝という時点で神話の教養化というのは的外れですし、教育という点でもひとつの思想を教養化するというのは問題ありです。少数ですが日本にはキリスト教徒やイスラム教徒などもいます。そういった生徒に日本神話の教養化など受け入れらるわけがないんです。なぜなら彼らの教養はそれぞれキリスト教、イスラム教ですから。法的にも信仰の自由を保障していますから、そういった点でも無理。
            と言っても、すでに日本文化として教養化されている例もありますけどね。節句の行事なんかがそうでしょう。ひな祭りや七夕など。これらは知識ではなく実践を通した教養として教育されていますね。しかし、こういったものと「天照大神が天皇を~」という神話とでは性格が違ってくるのは明白なわけで。

          • しんのすけ より:

            >カズヤ先輩は人間の鏡さん
            民族意識ですか。
            もう議論の余地はないと思いますが、最後に少し言うならば、私は民族主義というものは非常~~に醜いと思っています。私に限らず、もはや世界的にこのような評価は常識になりつつあると思います。
            ヒントはあなたが大嫌いであろう韓国。

          • どせいさん より:

            しんのすけさん
            確かに神道の性格上、教養化というのはすべきではないというのが最もだし、的外れですね。私は哲学や倫理学をやっている身なのですが、やっている学問上キリスト教には詳しくても、神道にはそれほど造詣が深くないので、もっと勉強しなければなと思う所存であります。
            自然崇拝を本質とする神道にとって、例えば原発推進はむしろ拒まれるはずなのに、最近の保守論壇は、神道を国教化!原発推進!を平然と同列に言ったりするのでチグハグなイメージです。よく私のような批判者はどうせ頭がお花畑だと罵られますが、お花畑はどちらかと。

            最近のネットの右傾化は学問に身を置く立場からすると、目に余るものがあります。知識が無いにもかかわらずギャーギャーわめきたてる草の根運動で、もはや国政においても無視できない存在となってしまいました。
            やはりそうした暴走を食い止めるために、私も同じようにネット上で草の根運動的におかしいことはおかしいと批判せねばと批判せねばと、慣れぬネットの書き込みに奮闘しております。
            恐らくしんのすけさんも同じような立場だとお見受けします。互いに頑張りたいものですね。

          • しんのすけ より:

            厳密には、神道の教養化は善か悪かと言えば日本人にとっては善です。しかし、教育の中でやるのははっきりNGだと言えますし、神話の教養化となれば話は全然違います。
            私としては保守派は大切だと思っています。日本の文化や伝統を保持することは大切なのですが、如何せんネットにおける自称保守は、愛しているのが「日本」ではなく、多くの場合「国」という概念である場合が多いと感じますし、上の方のように民族主義に走る者も出てくる。問題は保守化よりも、保守の品格の下落が大きいと思います。
            ちなみに原発の議論でいうと、脱原発だと相対的に火力発電への依存を高くしなければならないため、CO2排出という点ではむしろ環境を悪化させる、という見方もあります。一概に脱原発・原発推進でどちらが環境に良いのか、という判断はできないと思います。その中でいろいろと右左で理屈をこねまわすのですが、未曾有の原発事故を起こしてしまったわけですから、後は推して察すべしだと個人的に思ってます。
            いろんな意見があっていいと思います。しかし現代人の常識や法として受け入れられないものがある。私はそういったものには批判の声を上げていくだけですね。私もよく左翼と罵られますが、韓国の露骨すぎる反日政策に関しては批判しますし、中国共産党の身勝手な思惑についても批判します。同じように国民に対してもそれはおかしいだろ、ということについては批判します。それだけのことです。
            正直、こんな他人のブログの片隅でコメントしたところでほとんど意味はないと思いますよ。そうと分かって私はコメントしています。今回私はカズヤ先輩は人間の鏡さんに対して批判するという形になりましたが、私との議論によって彼がアホ丸出しのネトウヨ思考から脱出できるとは思ってませんし、そうさせようと私は意図していません。まあ、ネトウヨから立派な保守になってくれればいいとは思いますが。

          • どせいさん より:

            うーむ、確かにそれはそうなんですが、どこから手を着けるべきか悩ましいですね。学術の場で発信しても、当の問題者には声が届きませんし、とりあえずネット上で影響力を持つ人間のブログで批判してみているのですが…

  8. どせいさん より:

    ちょっとこれを取り上げていただきたい。アメリカ大使館のFBページが保守系の書き込みで埋め尽くされています。あまりにやり口として姑息なように思います。
    ありえないとは思いますけど、こんな無能な働き者どものせいで日米関係が不用意に悪くなったらどう責任をとってもらえるのでしょうか。そもそもアメリカ相手に日本語で吠えて何になるんでしょうか。英語くらい勉強すればどうなんでしょうか。本気で日本を右傾化させたいならネット攻撃ではなくロビイングで訴えたらどうでしょうか。ネットで真実(笑)ネットの力(笑)だけで世界が変わると思ってるなんて片腹痛いです。良いも悪いもネトウヨは行動力が無さ過ぎて情けないですよ。

    いまこそ馬鹿にしている韓国人の行動力を見習えばどうですか?まあバカに行動力を身につけられてもそれはそれで困りますが。

    https://www.facebook.com/ConnectUSA

    • MM より:

      FBをみていないのでよくわからないのですが、保守系とはどういった定義でしょうか。
      右傾化といいますが、実は私はよくわからないんです。
      右傾化とは具体的には何をさして言うのでしょう。教えてほしいくらいです。
      どうもいままでよく考えてなかったようです。どせいさんはよくわかっておられるようですが、
      ネトウヨ?は日本を右傾化したいのでしょうか。
      わたしも基本的にネットを信用していませんのでネトウヨなるものもよくわかりません。
      実態のわからないものの判断は出来かねます。
      一括りにする意味もわかりません。彼らは馬鹿なのですか?
      大使館のFBに書き込んでいる人たちのことを言っているのでしょうか。
      内容をみていませんのでなんともいえません。
      どせいさんはよくわかっておられるようですので、お恥ずかしいのですが、
      詳しく解説お願いします。

       

    • 真性リベラル派 より:

      >>ありえないとは思いますけど、こんな無能な働き者どものせいで日米関係が不用意に悪くなったらどう責任をとってもらえるのでしょうか

      アメポチのどせいさんにとっては気にいらないことなのかもしれませんが、自国にとって受け入れられないことを言われて黙っている事で維持できる関係が友好なのでしょうか?
      言うべきことは言うべきであり、あなたのように自己の気に入らない言論を弾圧しようとするファシスト的な姿勢こそ問題だと思います。
      意見が感情的かどうかは問題ではありません。
      人間は感情がある生物であり、それを否定するあなたのような意見こそ批判されるべきです。
      あなた達似非リベラル派は韓国人や中国人をはじめ外人の感情を配慮せよと馬鹿の一つ覚えで喚くくせに、日本人の感情を全く考慮しないそのダブスタな姿勢はなんなのでしょうか?

      >>そもそもアメリカ相手に日本語で吠えて何になるんでしょうか。英語くらい勉強すればどうなんでしょうか。

      無知なあなたは知らないのかもしれませんが、各国大使館には日本語を解するスタッフなどはいて捨てる程います。
      また大使自身がに日本語で情報発信しています。相手は日本語で語りかけているのに、日本語で返してはいけないなどと言うのはなんなのでしょうか?
      そもそも、英語が話せないのなら意見を言うなというのでしょうか?
      どせいさんは言論弾圧がしたいのですね。

      >>本気で日本を右傾化させたいなら

      日本が右傾化していると本気で思いこんでいるのですね。
      そうとう似非リベラル(実態はただの反日)に毒されているようですね。
      自国の文化歴史を中傷されれば怒るのはどこの国の国民も同じです。

      >>ネット攻撃ではなくロビイングで訴えたらどうでしょうか。

      この意見もそうとう頭が悪いですね。
      ロビイングかネットかの2者択一なんですか?w
      ネット上の活動を封じ込めたいだけのようですね。

      >>ネットで真実(笑)ネットの力(笑)だけで世界が変わると思ってるなんて片腹痛いです。

      誰がどこでそんな宣言をしたんでしょうか?w
      電波を受信しちゃったのかな?w

  9. どせいさん より:

    誠意を持った解答に努めたいので、長文をご了承ください。

    FBには、首相の靖国参拝に遺憾の意を評したことや、日本のイルカ漁への批判をあげて、日本文化に理解がないケネディ大使は日本の土を踏むな!というような書き込みが毎日100件近く書かれています。これを炎上といえる事態なのか、ネットに詳しくないのでよくわかりませんが、異常な事態であるとは言えそうですよね。

    この書き込みが保守と言えるほど上等なものとは思いませんが、他になんと言えばいいのかはわかりませんのでこういう言い方をしています。
    まずこう言った書き込みの何がまずいのかというと、論理性を欠き、ただ感情論的にわめきたてているだけの書き込みが多いということです。右傾化というのは韓国を見ればわかるでしょう。論拠は怪しいにも関わらず狂信的に自国の正当性を訴えていれば右翼と罵られても仕方ありません。私は政治主義としてリベラルを志向する立場なのでいわゆる右派ではありませんが、少なくともこう言った感情論を爆発させているだけの自称愛国者は、対外的に不利な隙を与えかねないので、リベラルにとっても保守にとってもはっきり言って邪魔でしかありません。
    私は定義として、論拠もなく固定観念だけで自国を美化したり、他国を蔑んだりした発言をネット上で繰り返している層をネトウヨと考えています。恐らくネトウヨという言葉が批判的な意味を持つとき、こうした意味として捉えられています。
    だから右翼的な発言でも論理的に考えている話者の場合なら、ネット上でも敬意をもって私は議論したい立場です。まあいずれにしてもネトウヨは右にとっても左にとってもコントロールし難い迷惑な力になりつつあると言いたいです。自衛隊を満足に使えるような法設備も整っていない、資源に乏しく食料自給率も低く、アメリカや中国からの輸入に依存した経済体制をとっている日本にとって、この二国に不用意に喧嘩を売るというのは致命的です。例え論理的な正当性を確保できていたとしても、この二国に対して優位に立つことは難しいのにも関わらず、感情論的に突っかかられたらたまったもんじゃない。
    ここまではよろしいでしょうか。

    次に真面目な保守的な主張の正当性を考えていくと、今回の首相の靖国参拝は、批判が出るとわかりきっていたのにも関わらず、たいした根回しもせず、アメリカにそっぽを向かれてしまったという点、
    また解決策をなんら具体的に提示することもなく、政治的な問題を経済制裁の形に変換してプレッシャーをかけてきかねない中国を挑発する形で、言わば批判材料にできる政治的カードをみすみす与えてしまっている点で安倍首相の判断は政治的にほとんど評価に値しないと言っていいでしょう。
    参拝してから理解を求めるとか、順序が逆でしょ。理解を得られていないにも関わらず、参拝することに政治的な旨みはありません。「首相の英霊に対する尊い心を侮辱するな。政治抜きにしてその精神は正しい日本人の心だ。」と言われるかもしれませんが、安倍首相は政治家なので、政治を抜きにして語ることはできませんし、だからこそ、今回の首相の判断は無責任と言わざるを得ません。
    そこまで深刻な問題にはならないと思いますし、日本人の誇りを取り戻すのは結構なことですが、その結果本当に政治的だけでなく、経済的に追い詰められる結果になってしまったら一体国民の生活をどうするのでしょうか。少なくとも安倍首相にはそろばん勘定を踏まえたうえでの政治的行動ができるようになって欲しいです。「日本に常に正当性がある、難癖をつける他国が常におかしい、攻め込まれる筋合いもない」という右派の考え方もたいがいお花畑ですよ。

    次にイルカ漁の是非ですが、雲行き的には勝ち目が薄いと思います。「自国の文化を他国にとやかく言われる筋合いはない」などという言い分は思いのほか現代では効力を持ちません。
    イルカ漁への批判は、学問的地位をしっかりと確立している動物倫理学の立場から、ある程度の正当性を持ってなされています。ちなみに民主主義者が大好きな功利主義の延長で動物倫理学は考えられることが多いです。
    家畜は殺していいのにイルカだけがいけない理由は存在しないというような言い分をよく見ますが、少なくとも現代は家畜に対しても最小限の苦痛で飼育・屠殺するような処置が求められる時代であり、ヨーロッパでは法的に管理されてさえいます。スペインでは牛を苦しめて殺す「闘牛」という文化はすでに失われていますよ。文化だから守られなければならないとするならば、それこそ現代にも奴隷制度は存続しているはずです。
    もちろん欧米の学問の言いなりになる必然性はないですが、少なくともそれに反論し自国の文化を守りたいのであれば、相手の言い分の論拠を学びそれを論駁する以外にありません。それを行うには並々ならぬ努力が必要です。自国の正当性を訴えるにしても、以上のプロセスを経ていないとすれば、それは端的に右傾化です。多面的な学問的見地を伴わない愛国心は国家にとって毒でしかありません。

    • どせいさん より:

      http://m.newsweekjapan.jp/reizei/2014/01/post-616_1.php
      日本とアメリカのパワーバランスについてはこの記事が非常に的を射ていると思います。この記事に当てはめてネットの自称愛国者層の増加をどう判断すべきか考えると良さそうです。
      よく言われるように、民主主義政治は立場の正当性ではなく、声の大きい者が勝つパワーゲームです。右派の人間は「論拠を提示し、客観的な判断による政治を」と言いますが、それのみに頼るのは寝ぼけた姿勢です。本気で右傾化したいなら世界中飛び回って日本賛美、他国卑下のプロパガンダを行うべきですよ、韓国みたいに。

      • MM より:

        貴重な時間を割いて答えていただいたことに感謝いたします。
        私は愛国者と呼べるほど国に奉仕した事もありませんので、
        よくわからないのですが、国益になれば上等な保守で愛国者となり、
        国益を損なえばネトウヨであり右傾化とゆうことでしょうか。

         他国を卑下する必要はありませんが、卑下された事に対して
        反論すべきとは思います。自国を賛美すると言うのは
        よくわからないのですが、自国の文化と他国の文化には、
        国土的地理的な要因歴史的要因等いろいろな背景がある事と思います。
        それぞれ善し悪しの前にそう言った背景を知ることは、
        対応する上で大事かもしれません。卑下する背景がわかれば、
        対応する選択肢も増えます。

         パワーバランスについてですが、アメリカとの軍事的依存、経済的依存が高いと言うのは
        事実なのだと思います。中国はどこまで依存しているかわかりませんが、
        アメリカと中国は依存していますので日本も影響を受けるのかもしれません。
        私は経済に詳しくありませんので、よくわからないのですが、
        実体経済では日本は内需が多くを占めているそうですが、食料や資源は外国に依存しているので
        それを政治的なカードにされると弱いと言う事でしょうか。
        リスクを減らす意味でも、時給率は大事かもしれません。関税を撤廃する事は
        依存を高める事を考えると危険だと思います。農業は無理ですが工業製品、主に自動車は
        多くが現地生産なので関税撤廃の意味も無いでしょう。
        資本?お金の取引によって、実体経済とは関係ないところで政治的な
        カードとして使われるのが問題なのでしょうか。国内でお金が回る率を増やしたほうが
        政治的経済的リスクが減るのかもしれません。国内投資家を増やす事もその一つでしょうか。

         軍事的な法設備についてですが、ネガティブリストが世界の主流のようですので、
        実質的に他国から攻められた時、ポジティブリストで対応できるのか疑問です。
        また罪に問われた際、軍人ではなく一般人と同じ扱いでは、ただの犯罪者として扱われてしまうでしょう。そんな状態ではまともな自衛も出来ません。
        集団的自衛権が認められなければ、日本海でアメリカの戦艦が他国から、攻撃を受けた際
        自衛隊が守れないのではアメリカとの関係を良好にして行く事は出来ません。

         自衛隊の装備や戦闘機、戦艦など、外国の製品を国内で組み立てたり設計図をもとに
        製造しているようですが、日本で開発したものがなければ、これも外交カードとして
        使われるでしょう。日本でつくらなければ技術は向上しないし、自分の国を自分で守れません。
        リスクを減らす意味でも外国の製品を使いつつも自国の製品を研究するべきだと思います。
         
         日本と米中の国益から観れば合致しないこともあるでしょう。
        米国が日本国内が多様な価値観を認めている国であり
        保守と呼ばれる人たちの中で、米国におもねらない人が少ない事が
        米国の国益に影響しない要素となるので彼らはなにも言ってこないと言う事でしょうか。
        先人が模範的に彼らとつきあってきた事もその一因であると。
         
         日本を右傾化するためには外国にスパイを送り込むのが近道とゆうことでしょうか。
        その根回しの上で国益を回復する政策を実行して行く。こうゆう理解でよろしいでしょうか。

        • どせいさん より:

          疑問に全て答えられるかどうかはわかりませんが補足説明させていただきます。
          中国には日本の産業を支える工場が多くあるので、経済的な依存は立ち切れるものではないと思われます。中国との国交が危うくなると、多くの日本企業が傾くというのが一般的な見方と言えるでしょう。「おかしな言いがかりには毅然とした態度で立ち向かうのが健全な外交」とよく保守系の論者は言われますが、資源が豊かな国と、乏しくて他国に依存せざるを得ない国では、そもそも取るべき態度が変わってくると思います。日本は紛れもなく後者ですよね。日本の「土下座外交」は自虐史観どうこうより、日本経済の脆弱性、急所が明確である点で仕方ないことのように思います。高い技術力を持っていても、原料を立たれると日本経済は一気に衰退します。オイルショックなどはそのいい例ではないでしょうか。そのため、そもそも日本では保守的になって国家を健全に保つことは難しく、危険度が高いと批判できると思います。韓国も境遇は似たようなものであり、政治はぐんぐん保守化、右傾化していますが、はっきり言ってかなり危ない橋を渡っている感じで、真似すべきかは疑問です。しかし日本で保守的な政治を行うならば、やはり韓国と同じ道を歩まざるを得ない部分があるわけです。

          アメリカとは貿易においての経済的依存、現行法における軍事的依存が挙げられます。TPP参加で経済的依存は高まるどころか、価格競争が過激になりすぎて、日本経済が骨抜きにされる危険性すらありますね。先行きが不安でなりません。
          軍事的依存度は憲法改正による国防軍の保持によって下げられる可能性がありますがどうなんでしょうか。
          現在の自衛隊員って少なくとも実戦に参加することはないという前提条件で自衛隊に入隊しているというのが、率直なところかなり多いのではないかという懸念が私にはあります。自衛隊員の方々には大変失礼な話ですが、実際全ての自衛隊員に実戦で戦う覚悟があるのかという懸念です。集団的自衛権が合憲になった場合、国防軍に志願するような肝の座った日本人がどの程度いるのでしょうか。割合的に自衛隊時より低下することは確実なように思います。
          そのような懸念材料がある中で、志願兵だけで、マンパワーが求められる集団的自衛権の行使をするだけの要員をまかなえるのか、という疑問が私にはあります。
          その疑問が杞憂であるならば改憲はある程度積極的に行われるべきではないかと考えますが、もしその疑問が的を射ているなら、おそらく徴兵制が必要になってくると思われます。正直な話、徴兵制が前提となる国防軍ならば、成立はかなり難しいと感じます。徴兵制を敷くことで、若い労働者の生産力は低下する点で経済的にも大きな痛手です。第一、現代の日本で徴兵制に手放しで賛成な若者なんてかなり少数ではないでしょうか。いずれにしても繊細な議論が必要で、自衛もできない自衛隊だからといって、単純に国防軍の保持へと繋げられない問題が噴出するように思います。

          何より怖いのは民主主義が悪用され、不用意に政治が右傾化していくことですね。日本の保守化はそもそも条件として他国よりも厳しい条件、問題点が出てくるということは踏まえて欲しいですね。グローバルスタンダードな保守性を日本も身につけられるだけの素質があるのかというと疑問です。

          • MM より:

             説明ありがとうございます。日本の国土的な要因は
            資源に乏しいと言う事でしたが、技術的な要因はそれほど
            頼りないものなのでしょうか。
             中国の製品の中間部品や工業用オイルなどは日本から
            輸入しているそうですが、中国がそれらの材料を断たれた場合
            中国側としても経済的に困るのではないでしょうか。
             わたしは原料が無いとゆう要因だけで、政治的に経済的に
            不利になるほど単純な関係なのか疑問です。
            依存度が高いと言う事は、それほどお互いの影響も大きい
            のではないでしょうか。
             詳しく調べたわけではないのですが、中国だけが原料の輸入国
            なのでしょうか。
             米中2国との関係性だけで政治を観るべきなのでしょうか。
            わたしはその辺りも考える必要があると思います。

             自衛隊の方々についてですが、日本人だけが特別に臆病
            などと言う事があるのでしょうか。国民性等もあるかもしれませんが、
            私はそれほどの違いがあるのか疑問です。
             確かに国防軍になれば危険が高まる様な印象を受けますが、
            いざ交戦状態になったとき軍としての規律が守れないようでは
            かえって危険です。例えば味方が攻撃されそうな時に、
            自分だけ逃げて部隊が壊滅しても、職務放棄としかみなされなければ
            逃げ出してしまう人もいるのではないでしょうか。
             中途半端な気持ちで入隊されるくらいなら、数は減ってもその分
            俸給を上げて、意識の高い人に入ってもらうほうがよほど安全だと思うのです。

            わたしはグローバルスタンダードな保守化とはなんなのかよくわかりません。
            自衛の軍を持つことにそれほどの疑問を抱く必要があるのでしょうか。
            これを最後の質問にさせていただきます。

          • 真性リベラル派 より:

            >>中国には日本の産業を支える工場が多くあるので、経済的な依存は立ち切れるものではないと思われます

            過去の反日暴動以降日本企業は工場の東南アジアやインドへの移転を進めていますよ。
            あなたと違って日本企業の経営者は優秀なので、リスクの有る異常な国にいつまでもしがみついたりはしませんよ。
            そもそも人件費の高騰により中国自体工場としての魅力がなくなっていることもありますけどね。
            どんな理由にしろ、今後中国からの移転は増え続けるでしょう。

            >>中国との国交が危うくなると、多くの日本企業が傾くというのが一般的な見方と言えるでしょう。

            言えません。上記のように既に有能な日本企業は脱中国を進めています。
            また、国交がなくなる=経済関係がなくなる
            と言うのは間違いです。
            無知蒙昧な似非左派ファシストのあなたの認識が間違っているだけですね。
            日本は台湾と国交がありませんが、経済関係は当然ありますし、PCパーツをはじめ様々な物品が今も台湾から日本に来ています。

            >>「おかしな言いがかりには毅然とした態度で立ち向かうのが健全な外交」とよく保守系の論者は言われますが、資源が豊かな国と、乏しくて他国に依存せざるを得ない国では、そもそも取るべき態度が変わってくると思います。

            似非左派ファシストのあなたは奴隷外交がお好みなようですね。
            シナポチを誇るのはあなたの勝手ですがそれはとても滑稽ですよ。

            >>資源が豊かな国と、乏しくて他国に依存せざるを得ない国

            資源の輸入をどこからするかという問題です。
            シナが以上なら他の国から買えばいいだけです。
            思考停止のシナポチさんには難しい考え方なんですかね。
            新興国をはじめ、日本企業の工場を誘致したいと考えている国も、日本に商品を買って欲しいと思っている国も掃いて捨てる程あります。
            異常な反日国にこだわる必要など微塵もないのです。

            >>日本経済の脆弱性、急所が明確である点で仕方ないことのように思います。

            その急所はシナのような異常な反日独裁ファシズム国家に依存していたことです。
            それを東南アジアやアフリカ中東南米などにリスクを分散させると言うのが現在の潮流です。
            シナポチのあなたにとっては苦々しいことなのかもしれませんが、安倍首相も日本国の官僚も企業人も優秀ですからね。
            あなたのように異常なファシズム国家に依存し続けるという判断をする低能とは違うのです。

            >>高い技術力を持っていても、原料を立たれると日本経済は一気に衰退します。

            原料をどこから輸入するといいか?ということです。
            異常な反日国からの輸入に拘り続けるあなたの思考停止ぷりには呆れ果てますね。

            >>そもそも日本では保守的になって国家を健全に保つことは難しく

            そもそも「保守的に」なっていませんので^^

            >>韓国も境遇は似たようなものであり

            韓国と日本は経済規模も何から何まで全く違うので、比較すること自体が間違っていますね。

            >>政治はぐんぐん保守化、右傾化していますが

            どう見てもしていません^^;
            あなたの味方が偏り過ぎているだけですよシナポチさん

            >>はっきり言ってかなり危ない橋を渡っている感じで

            あなたのようなすぐに軍靴の足音の幻聴が聞こえ始めてしまう精神病の似非左派ファシストにとってはそうなのかもしれませんが、現実は違いますね。

            >>やはり韓国と同じ道を歩まざるを得ない部分があるわけです。

            ありません^^;

            >>率直なところかなり多いのではないかという懸念が私にはあります

            統計でもとったんですか?妄想はもううんざりです^^;

            >>実際全ての自衛隊員に実戦で戦う覚悟があるのかという懸念です

            聞き取り調査でもしたんですか?してから言ってくださいね。そうでないとただの妄想ですよ(笑)

            >>集団的自衛権が合憲になった場合、国防軍に志願するような肝の座った日本人がどの程度いるのでしょうか

            また妄想ですかw

            >>もしその疑問が的を射ているなら、おそらく徴兵制が必要になってくると思われます

            あなたは0か1かみたいな頭の悪い考え方しかできないようですね。
            何故そうなると徴兵制しかとる道がなくなるんですか?
            思い込みと偏見と頭の悪い決めつけだらけで草が生えますよw

            >>徴兵制が前提となる国防軍ならば、成立はかなり難しいと感じます。

            その前提が間違っているので^^;

            そもそも兵員数の確保と有事の際の行動を縛る法案についての議論を混同していることが低レベル過ぎてあきれ果てます。
            それらは別々に議論し手当てする問題です。

            >>不用意に政治が右傾化していくことですね。

            右傾化などしていませんね^^;
            似非左派ファシスト特有の妄想です。

            >>グローバルスタンダードな保守性

            その「グローバルスタンダードな保守性」の定義をどうぞ。
            そもそも国によって「保守」自体が全く異なりますし、置かれている状況も異なるので、「グローバルスタンダードな保守性」なんてものは存在しないと思いますが。

      • 真性リベラル派 より:

        >>ネットの自称愛国者層の増加

        似非左派ファシストのあなたはやたらと「愛国」を目の敵にしているようですが、そういった見当違いのレッテル張りやカビの生えた似非左派思想から抜け出さない限りあなたの主張は誰からも受け入れられないでしょう。

        >>民主主義政治は立場の正当性ではなく、声の大きい者が勝つパワーゲームです。

        なら例のFBの炎上の件は良いことですね。多数の人が大きな声で相手の意見を批判しているのですから。パワーゲームの視点で言えば肯定される事ですね。

        >>右派の人間は「論拠を提示し、客観的な判断による政治を」と言いますが、それのみに頼るのは寝ぼけた姿勢です。

        あなたは本当に頭が悪いんですね~。
        「論拠を提示し、客観的な判断による政治を」と多数派工作の2者択一なんですか?(笑)
        どちらもやればいいのです。似非左派ファシストさんはいつからどちらか一方しか選べないなどと言う意味不明な認識を持ったんでしょうか?

        >>本気で右傾化したいなら

        だから日本が「右傾化」しているなどと妄想を爆発させているのは、あなたのような中国人の尻を舐めて媚びるのが大好きなシナポチ似非左派とシナ人朝鮮人だけです。
        勝手に妄想の敵を作り出して批判すると言うアホな論法はやめた方がいいですよ(笑)
        はたから見ていて滑稽です。

    • 真性リベラル派 より:

      >>ネットに詳しくないのでよくわかりませんが、異常な事態であるとは言えそうですよね。

      日本人が意見を表明することがこの人はそんなに不快なのでしょうか?
      「炎上」の定義自体が不明なので何とも言えませんが、不適切な発言をした人間に批判があつまるのは当然の事です。
      不適切な発言をした人に落ち度があります。
      ネットには言論の自由があるので、感情的な意見でも論理的な意見でも表明することができます。
      それをあなたのような偏った価値観を持った傲慢な似非左翼ファシストの認識次第で封じ込めようと言う姿勢こそ危険極まりない事です。
      似非リベラリストは自身の言論だけは保障されるべきだが対立する意見は認めない傾向があります。
      まさにあなたのような人の事ですね。

      >>この書き込みが保守と言えるほど上等なものとは思いませんが、他になんと言えばいいのかはわかりませんのでこういう言い方をしています。

      あなたの語彙が貧弱なのは仕方のない事ですが、それなら「不適切だと思うコメントがされている」とでも言えばいいんじゃないですか(笑)

      >>ネトウヨは右にとっても左にとってもコントロールし難い迷惑な力になりつつあると言いたいです。

      ネトウヨという幻覚が見えている方なようなので、手遅れかもしれませんが、一回精神病院へ行ってはどうですか?
      そもそも他者や集団を「コントロール」するとはどういうことでしょうか?
      戦後日本で扇動やデマの流布で民衆を「コントロール」(笑)をしてきた似非左派らしい表現ですね。
      誰もが自分の思う所を表明する権利があります。
      あなた風情にそれをとやかく言う権限はありませんよ。
      独裁者にでもなったつもりですか似非左派ファシストさん?

      >>アメリカや中国からの輸入に依存した経済体制をとっている日本にとって、この二国に不用意に喧嘩を売るというのは致命的です。

      あなたがアメポチシナポチなのはあなたの勝手ですが、それを他人に押しつけないでくださいね。
      食料自給率やエネルギー資源はシナやアメリカに依存している訳ではないですし、世界にはシナやアメリカ以外にもいくらでも国はあります。
      食料資源の生産国・電化製品の部品生産国・エネルギー資源の生産国などは変わりはあります。
      現に既に各企業は反日暴動を繰り返すシナから東南アジアやアフリカ南米に工場を移転し続けています。
      現状の隷属を肯定し、永遠にポチであり続けろというかのようなあなたの意見にはめまいがしますね。
      奴隷がお好みならおひとりでお好きなだけやっていてください。
      大半の日本国民はそれを望んでいませんので^^

      >>今回の首相の靖国参拝は、批判が出るとわかりきっていたのにも関わらず、たいした根回しもせず、アメリカにそっぽを向かれてしまったという点、

      アメポチ自慢はもういいですよw
      同盟国と言えど時として意見が対立するのは当然です。
      それが完全に一致することはどの同盟関係を見ても有り得ないでしょう。
      意見対立を過度に恐れる似非左派ファシストのあなたのような姿勢こそ問題ですね。

      >>政治的な問題を経済制裁の形に変換してプレッシャーをかけてきかねない中国

      それならまずはシナのそういった問題の有る姿勢を批判してはどうですか?
      独裁国家の横暴を見て見ぬふりをするあなたのような奴隷根性の染みついた人間はリベラル派ではありませんよ。
      ただのシナポチです。

      >>中国を挑発する形

      参拝を挑発と受け取ること自体が間違っていますね。
      シナポチさんには気付かないことなのかな?

      >>言わば批判材料にできる政治的カードをみすみす与えてしまっている点で安倍首相の判断は政治的にほとんど評価に値しないと言っていいでしょう。

      つまりは他国が因縁を付けて来ることに関しては一切するなということですね。
      とんだ奴隷根性ですね。ここまで奴隷であることを喜び他国の尻を舐めたくて仕方ないと言う価値観はどうやったら養成されるのか興味がありますね。

      >>参拝してから理解を求めるとか、順序が逆でしょ。理解を得られていないにも関わらず、参拝することに政治的な旨みはありません。

      安倍首相は政治的な争いに巻き込むべきではないと発言しています。
      参拝を政治的打算だと考えているのはあなたのような似非左派ファシストだけですよw
      それにシナ朝鮮は何一つ理解をする気がないので、説明するだけ無駄です。
      そもそも自国内での祈りの行為に因縁をつけられる筋合いはありません。
      内政干渉を肯定するあなたのような似非左派ファシストの存在こそ問題ですね。

      >>安倍首相は政治家なので、政治を抜きにして語ることはできませんし

      首相だろうが閣僚だろうが最高裁判事だろうが、その役職の前に一個人なのです。日本国では全ての個人に信教の自由が保障されています。
      あなたの言動を見ていると、あなたはファシストのようなので、その狭量な価値観から信教の自由を否定したいのかもしれませんが、それは日本国では受け入れられない意見ですね。

      >>その結果本当に政治的だけでなく、経済的に追い詰められる結果になってしまったら一体国民の生活をどうするのでしょうか。

      それでどうなんですか?
      靖国参拝で貿易はストップしましたか?EUは対日禁輸をしましたか?サムスンは日本製部品の購入をやめたんですか?
      何の問題も起こってないですよね。
      妄想はあなたの勝手ですが、現実に起こり得ないことを材料に首相を中傷するのは無理がありますね。

      >>少なくとも安倍首相にはそろばん勘定を踏まえたうえでの政治的行動ができるようになって欲しいです。

      上記の理由で出来ていますね。あなたの思慮が足りないだけかと(笑)

      >>「日本に常に正当性がある、難癖をつける他国が常におかしい、攻め込まれる筋合いもない」

      奴隷根性が染みついた似非左派ファシストさんにとっては自己の意見を表明することが怖いのかもしれませんが、それは間違っていますね。

      >>次にイルカ漁の是非ですが、雲行き的には勝ち目が薄いと思います。

      ICJで議論している最中なのでその結果を待ちましょうね。
      あなたは知らないのかもしれませんが勝つ可能性の方が高いのですよ。

      【米公電流出】豪前首相、閣僚反対も捕鯨廃止へ提訴 日本は勝訴確信

       オーストラリアの有力紙シドニー・モーニング・ヘラルドは5日、日本の調査捕鯨をめぐり、ラッド外相が首相だった昨年5月、主要閣僚らが反対していたにもかかわらず、南極海での調査捕鯨廃止を求めて国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)への提訴に踏み切ったと伝えた。一方、日本側は勝訴に自信を見せていたという。

       同紙が内部告発サイト「ウィキリークス」から独自に入手したキャンベラ発の米外交公電などによると、オーストラリアの外務当局は提訴を検討する過程で、同国側の完全敗訴の可能性にまで触れて勝算が薄いとの見方を米側に示していたほか、当時の外相や貿易相が提訴に反対していることも伝えていた。

       同国の政府当局者らは一方、判決が出るまで長い年月がかかることが予想されるため「(反捕鯨の世論や野党からの)圧力を今後数年間はかわすことができる」などと提訴の利点を挙げていた。(共同)

      だそうです。現状ある情報から判断すると日本の側に勝機がありますね。

      >>スペインでは牛を苦しめて殺す「闘牛」という文化はすでに失われていますよ。

      娯楽である闘牛と狩猟の一種である捕鯨を同列に扱うあなたの頭の悪さにあきれ果てますね。

      >>それこそ現代にも奴隷制度は存続しているはずです。

      飛躍しすぎですよ(笑)いつからイルカや牛が人間様と同等の権利を持つようになったんですか(笑)

      >>相手の言い分の論拠を学びそれを論駁する以外にありません。

      無知蒙昧なあなたが知らないだけで既に日本はそうしています。あなたの無知ゆえの暴論には反論の価値すらない。

      >>多面的な学問的見地を伴わない愛国心は国家にとって毒でしかありません。

      長年にわたる日本国政府の論理的学術的反論の努力を知らないあなたがそんなことを言う資格はありませんね。

  10. NeeTorare より:

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm22885346
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm22695191
    http://www.youtube.com/watch?v=6OXWKZwFFZs
    一部の人は過去に金儲けに手段を選ばず、罪を犯してるんですよ。
    いつか寄生している国民たちに復讐されるんではないかと
    深層心理で思っていますよ。
    だから、自分たちを攻撃してくるかもしれない
    将来の復讐者達を敵と思っているんですよ。

  11. どせいさん より:

    ちなみに先に述べた通り、私はかなり限定的な条件付きで9条改正に賛成ですが、自民党の草案はあまりに解釈の幅が広く持てるような書き方であり、正直言って軍国主義化も想定内になりかねない代物と見ているので、自民主導の憲法改正には大反対です。
    安倍総理は親米保守というイデオロギー的によくわからない主義を持っているので、外から見ても内から見ても何を考えているのかわからない言動が目立ちます。中国、朝鮮には強く出て、アメリカの策略には唯々諾々という、かなりネトウヨレベルの政治スタイルなので、あまり評価できません。さほど筋の通った保守とも言えない、頼りない政治家ですね。

    • 真性リベラル派 より:

      >>正直言って軍国主義化も想定内になりかねない代物と見ているので

      また軍靴の足音がー!ですか^^;
      精神疾患の似非左派ファシストでもない限り安倍首相の対話路線外交を見てなお軍国主義を志向していると考えている阿呆はいませんよ。

      >>自民主導の憲法改正には大反対です。

      では対案をどうぞ。まさか対案もなしに反対のための反対をしているんじゃないでしょうね?

      >>安倍総理は親米保守というイデオロギー的によくわからない主義を持っているので

      その認識がもう間違っているので^^;
      あなたのように力の強いと思い込んだ良当てに尻尾を振り媚び奴隷化することばかり考えている似非左派ファシストと違うと言う事です。
      イデオロギーでしかものをとらえることが出来ない似非左派らしい見方とも言えますが。

      >>外から見ても内から見ても何を考えているのかわからない言動が目立ちます

      間違った認識思い込み偏見でしかものを見ていないからですね。まずは自分の頭の悪さを疑うべきでしょう。

      >>アメリカの策略には唯々諾々という

      と言うことはアメリカは靖国参拝を安倍首相に命じていたと言う事ですか?
      行っている事が支離滅裂ですよ似非左派ファシストさん(笑)

      >>かなりネトウヨレベルの政治スタイルなので

      また新しい定義ですか?(笑)

      >>さほど筋の通った保守とも言えない、

      筋が通っていないと認識しているのは、あなたの偏見に満ちた視点が原因ですね。あなた自身がイデオロギーを排除して客観的な視点でものを見ないと永遠にその間違った認識から抜け出せないでしょう。

      >>頼りない政治家ですね。

      そう感じるのはあなたの勝手です。ついでに「頼りがいがある政治家」とやらの定義をどうぞ。それに加えて、あなたが頼りがいがあると思う政治家についても提示すべきです。
      あれも嫌これも嫌では駄々をこねる子供です。
      対案を示しましょうね。

  12. どせいさん より:

    MMさん
    日本の技術的要因は強みであり、中国もそれに依存していることは確かでしょうから、簡単に国交が悪化するとは考えられません。しかし短期的な攻防戦で見ていくと、中国が日本にプレッシャーをかけやすい構図はできていると思います。少し関係が悪くなるようなポーズをとっては、日本にわがままを言い、また寄りを戻すみたいな関係性です。戻ってくるとは分かっていても、その度々に日本企業にとっては死活問題になりかねないので、経済界からはどうしても日本が妥協しようという要望が高まり、政党にプレッシャーがかかるという構図です。
    資本主義を受け入れる以上、財を生み出す企業に行政以上の権力が集まることは避けられません。政治の舵取りを経済原理に託してきた
    弊害です。中国の場合、一党独裁で国内での政治権力が経済観念からある程度独立しているというのも、中国の強気の外交の一つの要因です。
    そういう関係性なので、別に日本も強気の外交ができないこともないのだろうと思いますが、人間短期的利害にとらわれずにというのはなかなか難しく、現実的にそんなにうまくいかないという感じでしょうか。

    しかし、そういう関係がいつまでも続くのかというとそうでもないでしょう。
    技術的な発展には中国の伸びしろがありますが、資源力の伸びしろが日本にあるわけではありません。中国はすごい勢いで技術革新が続いているわけで、相対的に日本の技術力が価値として低下すると思われます。
    最高の技術力を求めるならば日本ということにこれからもなるのでしょうけれど、日本に頼らなくともいいような妥協的な産業構造はできてくるでしょう。長期的に見ても日本はジリ貧なんですよね。まあ、50年100年先の話だとは思いますが。隠居生活ではないですが、「技術立国日本」「経済大国日本」の栄光がいつまでも続くとは言い難いですし、アメリカに圧倒されるヨーロッパ諸国の在り方のような、穏やかなフェードアウトがこの先求められるかもしれません。
    外交相手は中国アメリカだけではないというのは最もですが、しかしどうあがいてもこの二国の存在感は計り知れないものであり、依存度を下げることは容易ではないです。やはり他の外交相手を考えるよりも大事な二国なんですよ。

    軍事に関してはもう少し細かく考えた方がいいと思います。
    現代戦において重要になるのは兵器の質と情報戦なので、兵力がものをいう時代ではありません。それを満足に展開できるような法改正は積極的になされるべきだと思います。
    懸念されるのは、集団的自衛権を範疇にした戦地での平和維持活動の際に、マンパワーが必要になる場合です。
    平和維持活動であっても戦地に派遣される際、自衛隊の場合よりも国防軍の場合の方が、兵に課せられる危険度は高まると思われます。そうした状況下では、志願兵の数は少なくなるだろう、その志願兵だけで集団的自衛権と平和維持活動が行使出来るならば問題はないだろうが、兵の頭数が求められる事態になった時に志願兵だけでまかなえるものなのかという懸念があります。そうした場合、徴兵制を義務化して兵の頭数を安定化させるという選択肢が見えてきます。この選択肢が選ばれる場合、私は集団的自衛権のための国防軍に反対です。
    制度改革した場合に兵数の変動がどう転がるのか、この辺の数の具体性は誰もわからないんです。
    しかし少なくとも今の憲法改正のムードには、この辺の繊細な議論が不足しているような印象で不安はつきません。草案の書き方がざっくりふんわりしすぎてるんですよねぇ。

    • どせいさん より:

      本当かどうかは怪しいですが、ネットの評判では安倍総理は徴兵制に関心を示しているようです。志願兵でもない国民が戦地に飛ばされ、危険を伴う平和維持活動をやらされるという事態はあってはならないと私は考えます。
      徴兵制を採用すれば国民の意識がーとはよく言われますが、最低でも半年は失われる若者の労働力の穴埋め、それに伴う経済悪化の穴埋めはどうするつもりなのかという問題も当然出てきます。
      安倍総理が本当に徴兵制を念頭に入れた自衛隊の国防軍化を考えているのならば、かなり問題含みです。慎重に冷静に、国民も考えていきましょう、と言いたいです。
      田母神さんは徴兵制復活を声高に公言してますよ。もし彼が国政に立候補した時に、本当に当選させていいんですか?戦地に向かう覚悟があるんですか?

      • MM より:

        回答ありがとうございます。
        日本に中国派と米国派の政治家が多い理由は、その政治家を支持する両国に経済依存度の高い日本企業等からの圧力が原因と言う事ですね。
         中国は一党独裁によって企業等支持母体を必要としないこと
        が強気な外交が出来る一つの要因であると。
         集団的自衛権を範疇にした平和維持活動のための戦地への派遣。
        これは個別の具体的な事を想定しなければ何とも言えません。
        なによりも現場の自衛隊の方に聞かなければ、実際にどの程度の
        覚悟のもとに彼らが日々訓練や実務に携わっているのか。
        判断しかねます。
         徴兵制についてですが、現在自衛隊と言ってもその中に
        さまざまな仕事があるように思います。
        戦地に行くだけではなくそれらの人材の育成にも取り組み
        それぞれの特性に合った配属がなされています。
        資格の取得等も行っています。
        これはまさしく職業訓練です。半年の空白と言いますが私は単純に
        経済の面からマイナスになるとは思いません。企業が新人研修など
        をするの即戦力ではないからです。その期間に支払われる給料は
        人材への投資です。いままだデフレであり新規の雇用は
        難しいでしょう。企業にとっても、実務経験を積んだ人材を
        必要としていると思います。
         国防軍として認められた際これらの観点から保障を
        してあげる事が大事になってくると思います。
        戦地に行く覚悟のことですが、わたしは臆病者ですので
        徴兵制により実際に自分が闘わなければならないとなったら、
        怯えて何も出来ないでしょう。
         そうゆう観点から観れば土星さんの指摘は正しいのだと思います。
        ただ私はこう思うのです。日本の若者はそれほど日本が
        嫌いなのでしょうか。命をかける価値も無いと思っているのでしょうか。
        自分の家族や恋人を守りたいと思うのは普通の感情だと思うのです。
        なんの説明もなしに政府が徴兵する事は許せません。
         しかし、国を守る事の意味を教えてあげる意味はあると思うのです。
        自分が何のために闘わなければいけないのか。その意味を教えてあげる義務が
        国家にはあると思います。
         その上での徴兵制に私は賛成です。綺麗ごとばかりですね。
        わたしもお花畑などと人を馬鹿に出来ません。

        • どせいさん より:

          MMさん
          非常に有意義な議論になったと思います。ネット上でこういう議論ができることを嬉しく思います。ありがとうございました。
          MMさんの指摘だと、徴兵と言うニュアンスよりも給料ももらえて職業訓練もできる学校としての自衛隊、国防軍といった感じですね。もし財源が確保できるならばその提案は有意義だと思います。
          徴兵であっても志願兵以外を戦地での平和維持活動や災害救助など危険を伴う所へ飛ばすのは、なんとしても民意で食い止めたいですね。MMさんが臆病だからというより、それがごく普通の感覚だと思います。国民はすべてお国のために命を投げ捨てろ!なんておかしいですよ。

          あと一つ視野に入れておいて欲しいことは、グローバル軍事企業というものがあるということです。いわゆる傭兵というものですね。上質の兵を派遣することで利益を得ている企業です。実のところ、現代において理屈の上では、国防軍などという大層なものを持たなくても、資金力さえあれば国の安全保障はできてしまうと思うんですよね。グローバル経済というのは恐ろしいもので、国家レベルの安全も、自前で何とかせずともお金である程度買える時代です。つまり生存のため、あえて国にすがる必要性というのも相対的に薄れてきているんです。
          だから反日的な発言が増えるのも、それがサヨクや在日の陰謀だとかではなくて、経済原理から自然発生的に起きる現象だと思います。

          もちろん安全保障の機能が求められる必然性が薄れたからといって、国家は文化の基盤となるので、人間の精神世界には必要性があると思います。ただ、国家を守らなければいけないのは、国土のためでも国民のためでも政治機能のためではなく、本当にただ文化のためだけでしかなくなる時代に現実になりつつあるとは思います。

          • MM より:

            こちらこそ、ありがとうございます。
            いきなり訳の分からない奴が質問してきて
            驚かれたろうと思います。失礼いたしました。
             グローバル軍事企業ですか。過剰な経済原理が
            国家を基盤とした文化を壊したがっているようです。
            色々教えてくださりありがとうございました。
             また機会があれば変な奴が質問するかもしれませんが、
            驚かないでいただけると幸いです。
            本当にありがとうございました。

          • 真性リベラル派 より:

            >>徴兵であっても志願兵以外を戦地での平和維持活動や災害救助など危険を伴う所へ飛ばすのは、なんとしても民意で食い止めたいですね

            有り得ない妄想を根拠に将来を語られても困りますね(困惑)
            そもそも徴兵制はコストの観点から有り得ないのです。

            >>国民はすべてお国のために命を投げ捨てろ!なんておかしいですよ。

            誰がいつどこでそう言った発言をしたのでしょうか?
            また似非左派ファシストさん特有の幻聴ですか?(笑)

            >>国防軍などという大層なものを持たなくても、

            国防軍は大層なものなんですか(驚愕)
            ずいぶんとグローバルスタンダードな認識からかけ離れていますね。
            軍隊を持たない国の方が圧倒的に少ないですよ。

            >>資金力さえあれば国の安全保障はできてしまうと思うんですよね。

            なるほど、アメポチシナポチのどせいさんとしては金で外国の傭兵を雇えと言うんですね?
            他国に媚を売り尻尾を振るのが大好きなシナポチアメポチのどせいさんらしい意見ですね。
            傭兵はどこでどうやって任務に就くんですか?
            その給料は?どこから出るんですか?

            >>国家レベルの安全も、自前で何とかせずともお金である程度買える時代です。

            そんなことはありません。一部の下請けならまだしも国家の国防安全保障の全てを軍事企業に依存している国なんてありません。

            >>つまり生存のため、あえて国にすがる必要性というのも相対的に薄れてきているんです。

            自分で米国の民間警備企業の警備員を雇って有事に備えるんですか?(笑)
            荒唐無稽ですねw

            >>だから反日的な発言が増えるのも、それがサヨクや在日の陰謀だとかではなくて、経済原理から自然発生的に起きる現象だと思います。

            あなたのような支離滅裂な暴論を振り回す似非左派ファシストのような存在こそ、そういった陰謀論の真実味を増させてしまう一要因ですよ。

            >>国家を守らなければいけないのは、国土のためでも国民のためでも政治機能のためではなく、本当にただ文化のためだけでしかなくなる時代に現実になりつつあるとは思います。

            なりつつありません。そんなものはあなたのような似非左派ファシスト、自称地球市民の低能の脳内妄想でしかありません。

            シナ共産党の膨張主義に基づく侵略によって、アジア各国の国防や安全保障に関する重要性への認識は深まっています。
            むしろ国が国家国民国土を守るための取り組みの重要性が増しているのが現実です。
            シナ独裁国家の侵略主義から目を逸らし続けるあなたにとっては認めたくない現実なのかもしれませんがね。

      • 真性リベラル派 より:

        >>本当かどうかは怪しいですが、ネットの評判では安倍総理は徴兵制に関心を示しているようです。

        あなたの大好きな「ネットで真実」ですか(笑)
        結局あなたも自身にとって都合のいい情報は根拠なしに信じるんですね。
        似非左派ファシストのダブスタここに極まれり。

        >>志願兵でもない国民が戦地に飛ばされ、危険を伴う平和維持活動をやらされるという事態はあってはならないと私は考えます。

        ↑ネットで仕入れたデマ情報を根拠に妄想を炸裂させる似非左派ファシストどせいさんの図。

        >>徴兵制を採用すれば国民の意識がーとはよく言われますが、最低でも半年は失われる若者の労働力の穴埋め、それに伴う経済悪化の穴埋めはどうするつもりなのかという問題も当然出てきます。

        そもそも現実味のない徴兵制を持ち出して、妄想を炸裂されても困惑しかしないのですが。
        1億2000万人も人口がいるこの国で徴兵制が現実的に可能だと思っているならその根拠を述べてください。
        徴兵は傷病などの例外を除いて公平に行われる制度ですが、人口が多い国ではそれを実行しようとすると膨大なコストがかかります。
        兵員の食費、各種備品、兵役で必要となる装備品などなど全てコストがかかるのです。
        地面から湧き出してきたりはしません。
        現実的に見て有り得ないんですよ。
        そもそも自国の現状の兵員では足りないほどの兵員の派遣を求められる国連平和維持活動ってなんですか?
        一体どこでどんな事態が起こると考えているのですか?
        そう言った具体的な指摘が出来なければ、それはただの妄想でしかありません。
        「もし宇宙人が攻めてきたら~」と言うのと大差ない妄想です。

        >>安倍総理が本当に徴兵制を念頭に入れた自衛隊の国防軍化を考えているのならば、かなり問題含みです。

        あなたの嫌いなネット上の根拠のないデマを材料にそんなことを言うんですか?
        本当にあなたはダブスタですね(笑)

        >>田母神さんは徴兵制復活を声高に公言してますよ。もし彼が国政に立候補した時に、本当に当選させていいんですか?戦地に向かう覚悟があるんですか?

        自民党は東京都知事選で誰を支援しましたか?
        安倍首相は東京都知事選で誰の応援演説をしましたか?
        都合のいい健忘症はやめまましょうね似非リベラリストさん。
        田母神さんが選挙に出馬したら?当選してほしいですね。
        政策を100%支持できる政治家なんて存在しません。
        夢を見るのはいい加減やめたらどうですか似非リベラリストさん。

    • 真性リベラル派 より:

      >>中国が日本にプレッシャーをかけやすい構図はできていると思います

      それならWTO提訴なり、国際社会にシナ共産党の横暴を訴えるなりすればいい話です。
      また上の方のコメントでも言及した通り、既に日本企業は脱シナを進めているので。

      >>その度々に日本企業にとっては死活問題になりかねないので、経済界からはどうしても日本が妥協しようという要望が高まり、政党にプレッシャーがかかるという構図です。

      日本政府も日本の政治家も経団連の御用聞きになれとでも言うんですか?
      まあポチ根性の染みついた似非左派ファシストさんらしいですね。
      シナ貿易の問題点は「シナへの依存」の1点にあります。
      シナオンリーから東南アジアや他の地域へのリスクの分散を進めることこそ、とるべき政策です。
      シナポチのどせいさんは異常な反日国に依存し続けろとでも言うのですか?

      >>一党独裁で国内での政治権力が経済観念からある程度独立している

      それが間違った認識です。シナにおいて職や待遇に不満のある人間の暴動が頻発して、シナ共産党がその弾圧に四苦八苦していることからも分かるように、シナ共産党独裁体制と言えど経済から独立した存在であることなどあり得ないのです。
      日本との経済関係の悪化は日系企業の閉鎖をまねき、その結果失業者があふれ国内は不安定化します。
      シナ共産党独裁体制にとって経済は無視することが出来ない要素ですよ。

      >>中国はすごい勢いで技術革新が続いているわけで、相対的に日本の技術力が価値として低下すると思われます。

      それは問題ですね。早急に利益の囲い込みと技術流出の阻止への対策を行うべきです。

      >>まあ、50年100年先の話だとは思いますが。隠居生活ではないですが、「技術立国日本」「経済大国日本」の栄光がいつまでも続くとは言い難いですし、アメリカに圧倒されるヨーロッパ諸国の在り方のような、穏やかなフェードアウトがこの先求められるかもしれません。

      知的財産権の面でアメリカ相手にしたたかな交渉をしているヨーロッパを「アメリカに圧倒される」などと表現するとは、あなたは何も知らないのですね。

      >>しかしどうあがいてもこの二国の存在感は計り知れないものであり、依存度を下げることは容易ではないです。

      シナポチアメポチ自慢は滑稽ですよ。
      依存度は現在進行形で進んでいますので、何の問題もありません。
      少し依存関係が残っているから相手の奴隷になれとでも言うのでしょうか?

      特に異常な反日独裁国家のシナとの関係は今後もっと薄くなっていきます。
      人件費の高騰によって工場としての魅力を失い、それに加えて異常な反日暴動、これで日本企業が脱シナを進めないと思っている方がいたら、頭がおかしいと言わざるを得ないでしょう。
      いびつすぎる人口ピラミッドにしてもシナは第二文化大革命でもして老年人口を削減しない限り近い将来矛盾が露呈し、惨憺たることになるのは目に見えています。
      今、シナに入れ込むのは愚の骨頂です。

      >>現代戦において重要になるのは兵器の質と情報戦なので、兵力がものをいう時代ではありません。それを満足に展開できるような法改正は積極的になされるべきだと思います。

      この点には賛同します。
      日本版CIAなどを作り早急に防諜及び諜報活動工作活動を行うべきでしょう。

      >>兵の頭数が求められる事態になった時に志願兵だけでまかなえるものなのかという懸念があります

      国連平和維持活動に出す兵員は各国の兵員状況を元に各国に割り振られていますし、そもそもその兵員を出す出さないは日本国政府に決定権があります。
      兵員数が足りないような要求はそもそもされないですし、万が一そんなことが起これば断ったり、日本国の兵員数にみあった数になるように公共すればいいだけです。
      何故かあなたは相手国や国連の言うことを唯々諾々と受け入れる前提で話していますが、
      交渉をするのが外交ですよ。
      シナポチアメポチとしての生活が長かった似非左派ファシストのどせいさんとしてはそう言った考え方に陥ってしまうのかもしれませんが、それは外交と言うものに関する認識が根底から間違っていますね。

      >>そうした場合、徴兵制を義務化して兵の頭数を安定化させるという選択肢が見えてきます

      見えてきません。上述のようにそのようなことは起こり得ないのです。国連の制度上起こり得ないことを妄想で語られても困ります。

      >>草案の書き方がざっくりふんわりしすぎてるんですよねぇ。

      どこがどう「ざっくりふんわりしすぎて」いるのか指摘してみては?
      その上で対案を出しましょう。
      反対のための反対では日本共産党のような駄々をこねる子供と同じです。

  13. カズヤ先輩は人間の鏡 より:

    政党の支援なしで61万票採れたんだから、参院選いけるんじゃないか?
    支持政党無しの山本太郎で、参議院投票率は53.51%で666,684票。
    46.14%に変換し574,860票。

  14. どせいさん より:

    90年代あたりから、国の安全保障を補助・代行する民間軍事会社というものが力をつけてきている。いわゆる傭兵というやつを派遣することで利益を得ている会社だ。イラク戦争では大きな功績を挙げたと言われている。

    小さな政府を志向する「新自由主義」にとって、政府(国家)の存在理由・価値は国民の安全保障のみになる。歴史上の言葉を使えば、いわゆる夜警国家と揶揄されるような国家像だ。
    しかし、この安全保障を民間企業に委託することで完全に機能させられるような時代が来たならば、「新自由主義」のイデオロギーからは、そもそも「国家」という概念そのものが意味を持たないものとなるだろう。自身の経済政策の主義主張が「新自由主義」的であるにも関わらず、日本にも「国防軍」を!!といきり立つ安倍首相は自己矛盾かつ時代錯誤ではないか?今はまだ机上の空論を脱しないとしても将来的に、維持費・人件費がバカにならない「国防軍」なんてものがなくとも国は守れるのでは?「自分の国は自分の力で守るのが当たり前だ」という固定観念がすでに古ぼけた価値観になりつつあるのではないか?
    将来的に「国家による国防」という言葉で、実際に守ろうとしているものは、もはや国土でも国民でも政治機能でも経済活動でもなくなる。それは民間の力でかなりの部分守れるものだからだ。確かにこれはまだ机上の空論だが、しかし可能性としてこういう考えもあることを指し示しておいてもいいだろう。

    結局現代の国家の価値は文化基盤としての価値である。なんとなく精神的な拠り所となるような国家という意味だ。安倍首相が守るべきものとして「美しい国日本」と連呼してしまうのは、そういう背景が広がっているように思う。守れるのは文化的価値としての美しさのみと言っているかのように。何を守りたいのか極めて抽象的。

    ところで余談だが、守れるのは「文化」だけという文言に個別の文化を代入するとすごくバカバカしくて滑稽になる。「和食を守るために国防軍を!」「生け花を守るために国防軍を!」「歌舞伎を守るために国防軍を!」「神社仏閣を守るために国防軍を!」これは努力の方向音痴にしか聞こえない。

    http://karapaia.livedoor.biz/archives/52153673.html

    • 真性リベラル派 より:

      >>90年代あたりから、国の安全保障を補助・代行する民間軍事会社というものが力をつけてきている。

      民間軍事企業はあくまで補助です。国防安全保障を民間軍事企業に依存しているお笑い国家などありません。
      あくまで補助でしかないのです。

      >>この安全保障を民間企業に委託することで完全に機能させられるような時代が来たならば、

      そんな時代は来ていないですし、そもそも米軍ですら問題になっているのに、どこの馬の骨とも知らない重武装の民間の外国人を国内に招き込むことがどれだけ大きなリスクかも理解できないんですね。
      思考停止もここまで来ると病気です。

      >>、「新自由主義」のイデオロギーからは、そもそも「国家」という概念そのものが意味を持たないものとなるだろう

      それがならないんですね~^^
      新自由主義の権化のアメリカは世界一国益を重視した外交内政を行っています。
      国家を無視し、それに意味を見出さないならそんな政治姿勢にはなりません。

      >>自身の経済政策の主義主張が「新自由主義」的であるにも関わらず、日本にも「国防軍」を!!といきり立つ安倍首相は自己矛盾かつ時代錯誤ではないか?

      「経済政策」ですよ?理解できます? 「経済政策」です。
      国防安全保障と「経済政策」は別の政策です。
      それを混同する頭の悪い似非リベラリストさん。

      >>今はまだ机上の空論を脱しないとしても将来的に、維持費・人件費がバカにならない「国防軍」なんてものがなくとも国は守れるのでは?

      民間軍事企業に委託したら維持費・人件費が格安になるんですか?(笑)
      有事の際には命の危険すらある仕事を請け負う民間人の人件費がそんなに安くあがるとでも思っているんですか?(笑)
      この人はダブスタすぎて頭がアレなんじゃないかと思う。

      >>「自分の国は自分の力で守るのが当たり前だ」という固定観念がすでに古ぼけた価値観になりつつあるのではないか?

      民間軍事企業に全ての国防を投げている国を挙げよ。
      そんな有りもしない妄想を喚き散らして何がしたいんだ?
      世界中のどの国も君のような頭の悪い主張に同調していないことが、君の意見の愚かさを証明しているよ。

      >>確かにこれはまだ机上の空論だが、しかし可能性としてこういう考えもあることを指し示しておいてもいいだろう。

      「いいだろう(キリッ)」wwwwwwwwwww

      >>結局現代の国家の価値は文化基盤としての価値である。

      その認識がもう間違っている。
      国家の防衛なくして文化的基盤の保証はない。
      チベットウイグルの僧侶やイスラム法学者が虐殺されている現実を見なさい。

      >>守れるのは文化的価値としての美しさのみと言っているかのように。何を守りたいのか極めて抽象的。

      スローガンや本の題名なんだから中傷的でいいのでは?
      安倍首相が何を目指しているのか知りたいなら安倍首相の著書でもお読みなさい。

      >>ところで余談だが、守れるのは「文化」だけという文言に個別の文化を代入するとすごくバカバカしくて滑稽になる。

      あんたの現実を無視した統合失調症患者のような妄想の方が滑稽ですよ。
      言っても無駄だろうけどね(笑)
      あなたのような文化と言うものを理解する知能を持たない可哀想な人にとってはどうでもいいことなのかもしれませんが、文化の価値を理解する人間にとっては守る価値の有るものですよ。
      似非左派ファシストのどせいさんとしては認めたくないのかもしれませんがね。

      >>「和食を守るために国防軍を!」「生け花を守るために国防軍を!」「歌舞伎を守るために国防軍を!」「神社仏閣を守るために国防軍を!」これは努力の方向音痴にしか聞こえない。

      また幻聴ですか?(笑)
      文化を守るというのはそういった個々の文化を含めた文化全体とそれを内包する社会を守るということです。
      この人は有りもしないフレーズを並べて「これは努力の方向音痴にしか聞こえない。」と喚いて何がしたいのか意味不明。
      あんたは何かと戦ってるつもりなの?
      一回ネットから離れてカウンセリングでも受けてきなよ。
      気持ちがすっきりすると思うよ。

      • MM より:

        コメント失礼します。
         私はどせいさんとだけ話しているつもりだったのですが、
        ネットはいろいろな人が見ている事を軽視していたようです。
        わたし自身がちゃらんぽらんを体現してしまいました。
        どせいさんを弁護するとゆうか、彼、彼女?もわたしにだけ話している
        のだとわたしは思います。
         わたしの最初の質問の中で『私もネットを基本的に信用していませんので』
        とゆう事を言っていますので、わたしが彼の発言を鵜呑みにするのではなく、
        自分で判断すると思って質問に答えてくれたのだと思います。
        実際にわたしは彼の発言を全て肯定してません。
         問題なのはこのコメントをみた人がネットを疑わない人もいるかもしれないと言う事です。
        そしてそれをもとに発言するサイクルが怖いと思います。
        どせいさんと直接話すなり、メールで話すなりできればよかったのですが、
        すみません。

  15. RARA より:

    日本が、まだ日本だと思ってるのは、
    かずや君くらいじゃない?

    かずや君も、その手の平に、のっかってるだけ。

  16. カズヤ先輩は人間の鏡 より:

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140217-00000005-pseven-soci

    全共闘の老害は金あるな。イナゴの群れかよ。

  17. 真性リベラル派 より:

    自称市民団体ですね。
    国民と名乗ると発狂する頭のおかしい自称市民さん。
    カビの生えた左派イデオロギーに固執することでしか自己のアイデンティティを維持できない可哀想な人達です。
    似非左派は自身の言論の自由だの表現の自由だのは声高に喚き散らす癖に、他者の自由については全く無関心。
    似非左派ファシストの愚かさと傲慢さには反吐が出ます。

  18. どせいさん より:

    真性リベラル派さん

    全文を切り刻んで一つ一つに反論されると、私への批判ということは見やすくなるでしょうが、あなた自身の価値観が間接的にしか見えてこず、議論が難しくなるので、こういう手法はやめてほしいですね。ある種マスコミが政治家の発言を掻い摘んで偏向報道することと同じ手法です。まあ、ある程度あなたの発言を読み込んだ上で反論させていただくと、

    ①中国との経済依存について
    確かに私の発言では、中国との関係は日本企業が中国に工場をおいているという点において「のみ」、不利になっていると言っているように見えます。
    これを前提にするとあなたの指摘で私の発言が的を得ていないということになるでしょう。確かに日本企業の中で中国の工場を売却するところは増えています。しかし、だからといって、中国との輸出輸入の貿易が持っている価値は揺るぎませんよね。国土の広さ、人口から考えても、中国という市場を完全に無視することはありえないでしょう。
    外交でうまくやればそうした利益は得られるし、その利益を捨てるべきではない。土下座外交をすべきだと言っているつもりは微塵もありません。ただ関係性の上で日本有利の外交を行うのは難しい状況に立っているね、と言っているだけです。

    ②日本の名誉を取り戻すことについて
    いわゆる自虐史観からの脱却ということでしょうか。その試みは洗練させていくべきものだと思っています。その点は安倍首相、右派論客と同じ志を共有していると思っていただいて構いません。ただそのやり方があまりにも幼稚で勝算のない戦い方をしていることが多いように感じるというだけです。方向性ではなく、作戦に文句を言っているんですよ。

    ③徴兵制について
    徴兵制を導入すべきか否かには議論の余地があると思いますし、導入するとしたら冷静な議論がさらに必要であるということを言おうとしたまでです。なお私もあなたと同じように、徴兵制はあらゆる制約上不可能とであるという立場です。

    ④ネット右翼の存在について
    ネット上にこれだけ韓国中国の悪口が抽出され脚色され出てきており、実際にデモやアメリカ大使館への書き込みなど、行動する人間が出てきているというのに、その影響はネットにないとお考えですか?「ネトウヨ」がある種のレッテル張り、思想弾圧的に使われている側面は否定しませんが、だからといってネトウヨ的な層が存在しないというのは詭弁でしょ。

    ⑤民間軍事会社について
    これは単なる思考実験、机上論です。ある種冗談交じりで言ってみたつもりなのですが、いわゆるネタにマジレスをされた状態です。わかりにくくてすいません。
    なお、この思考実験の思想的ソースは、新自由主義の代表的論者であるノージックの「アナーキー・国家・ユートピア」という著作からヒントを得ました。

    この程度の回答でご満足いただけるでしょうか?ネット上での議論はあなたのように、相手を蔑んだり、単なる悪口の部分が出てきたりと非常に苦痛ですね。もっと健全な議論ができるスペースが欲しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑