ニュース

ソチオリンピックが終わった途端・・・

軍靴の足音が・・・

パラリンピックに影

ウクライナが戦闘準備態勢、ロシア軍はクリミア半島を掌握

ロイター 2014年 03月 3日 11:57

[キエフ/バラクラバ(ウクライナ) 2日 ロイター] – ロシアのプーチン大統領がウクライナのロシア系住民の保護を理由に同国に軍事介入する方針を表明し、ウクライナは2日、戦闘準備態勢に入った。

米国政府はロシアの行動を非難、経済制裁を検討すると警告した。

プーチン大統領は、ウクライナのロシア系住民を保護するための軍事介入について上院に承認を求め、上院は1日にこれを承認した。プーチン大統領はオバマ米大統領との電話協議でロシアの国益と民族を保護する権利を主張、ウクライナへの軍事介入に反対する欧米諸国の要求をはねつけた。

ウクライナのヤツェニュク首相は「これは脅しではない。わが国への宣戦布告だ」と英語で語った。

ロシア軍はすでに、戦闘はしていないものの海軍基地のあるウクライナ南端のクリミア半島に部隊を展開し、事実上支配下に置いている。ロシア軍は2日、半島内にあるウクライナ軍の複数の前哨基地を包囲し、部隊に武装解除を要求。ウクライナ軍の一部が抵抗し、にらみ合いとなったが、武力行使には至らなかった。

ロシア系住民が大半を占めるクリミア半島をロシア軍が支配する一方、ロシア語を母国語とするウクライナ系住民が多く暮らすウクライナ東部では2日も親ロシア派の活動家によるデモが続き、ロシアに保護を要求するなど、今後の展開が注目されている。

ロシアはウクライナとの国境沿いで15万人規模の軍事演習を実施したが、今のところ演習をした部隊は国境を越えていない。

ウクライナ政府は、親ロシア派のデモを実行するためロシアから住民数百人が自国内に送り込まれたと主張している。

ソチオリンピックが終わった途端に物騒な話になってきました。
クリミア半島と言えば、ソチから近いと言えば近い所にあります。

クリミア

7日からパラリンピックも開催しますし、物騒なことはやめていただきたいものです。
国連などは決議はしても効果はほぼありません。

ソチのパラリンピックに影…露、国連“休戦決議”違反か

産経ニュース 2014.3.2 17:32

【モスクワ=佐々木正明】第11回冬季パラリンピックが7日、冬季五輪が行われたロシア南部ソチで開幕する。45カ国・地域の約1600人の代表選手やコーチらが参加して16日まで熱戦が繰り広げられる。しかし、ロシアのプーチン政権が隣国ウクライナへの脅迫的な行為が、障害者スポーツの冬の祭典に暗い影を落としている形だ。

 大会競技はアルペンスキー、バイアスロン、クロスカントリー、アイススレッジホッケー、車いすカーリングの5競技72種目。総額約5兆円をかけて整備された臨海部と山岳部の各会場で競技が行われる。

 ソチは、ロシア軍の動向が注目を集めているウクライナ南部クリミア自治共和国から南東約480キロに位置する。これまで棄権を表明した国はないものの、国際パラリンピック委員会(IPC)は選手団の安全を確保するために大会期間中、ウクライナ情勢を監視すると表明した。

 国連総会は昨年11月、五輪とパラリンピックの期間中、世界中の紛争の休戦を求める決議を採択。AP通信によると、IPCは1日、ロシアが軍事介入すればこの決議に反するとして、平和的解決を求める声明を出した。

国際連合という名前ですが、これは日本語訳がおかしいもので、United Nationsは連合国という意味です。
第二次世界大戦から変わらぬものです。
しかしそれが現実・・・

関連記事

  1. ニュース

    自民党って除名した舛添さんを支援するの?

    それでいいのか? (さらに…)…

  2. ニュース

    安倍総理はデフレ脱却の鬼になれるか

    気になってやることあるのに手につかない。 (さらに……

  3. さよならクロール売上速報
  4. ニュース

    吉松育美ストーカー被害事件と昭恵夫人

    芸能界とマスコミの闇 (さらに…)…

  5. 海外

    やっぱり韓国とは仲良くできない

    これはひどい・・・ (さらに…)…

  6. 猿払村朝鮮人追悼石碑

    ニュース

    猿払村の朝鮮人追悼石碑は無期限延期に

    しかし延期。 (さらに…)…

  1. YouTube

    韓国ってどう思う?のアンケート結果1
  2. ニュース

    意味不明な三店方式とパチンコ議員
  3. ニュース

    NHK朝の連ドラ「あまちゃん」で主人公の父親のタクシーが韓国車で話題に
  4. マスコミ

    世論煽ってるのはマスコミだろ!と突っ込みたくなる朝日の社説
  5. 本紹介

    政治の質は国民の質
PAGE TOP