ニュース

意味不明な三店方式とパチンコ議員

日本人にもよくわからん。

お金は大切に

パチンコ屋の前を通ると、いつも車が多く停まっています。
正月もそうでした。正月からパチンコかよと呆れましたが、パチンコに向かう人は多くいます。

個人的にはもっと有益なものにお金と時間を費やした方がいいと考えているので、パチンコはこれまでやったことがありません。これからもやりません。

それにしても日本のパチンコは三店方式などを使いギャンブルじゃないということにしていますが、どう考えてもギャンブルです。
外国人にはこの三店方式がわからないでしょう。

【海外の反応】外国人も理解不能な日本のパチンコビジネス 「ヤクザが経営してる」「いたるところにある」
ガジェット通信 2014年03月10日09時00分

海外の掲示板に、日本においてギャンブルであるパチンコ店が成立するための不思議なルール“三店方式”について語るスレッドが立っていました。

・実話:俺の継父が日本に行った時、パチンコ屋に行って36箱も出した。母が言うには、すごい人だかりができてたらしい。
「いくら勝ったの?」と尋ねたら
「キャンディーバーの束をくれただけよ」と、ため息混じりに答えた。
「ちょw 何色の包みだった? 金色じゃなかった?」
「そう、金とか銀とか」
彼は旅の間にそれらを全部食べてしまったが、古くなっててまずかったそうな。母にはその金色のバーの意味は言えなかったが、質素な継父が500ドル分のキャンディーバーをムシャムシャ食べている場面を思うと今でもニヤついてしまう。電車の中で取り出して食べてたとしたら、バカなガイジンだと思われてただろうね!

・パチンコ屋は換金方法を教えてくれないからね(たぶん法に触れるから)。旅行ガイドにも「訊いても答えないだろう」って書いてある。換金はまた別の店のビジネスなんだ。

・待てよ、『ポケモン』のカジノが2つのビルに分かれてるのはそれが理由なのか!?

・一度パチンコを打った時、『チャッキーチーズ』(※アメリカのゲーセン)より良い景品がもらえればいいと思ってたら、確変に入って玉が出続けた。4~5箱出たところで諦めてカウンターに持っていったら、景品はヨーグルト飲料とポッキーといくつかのトークンだけだったので驚いた。その後もっと驚いたのは、店員が私を店の外に連れ出し、カーテンのかかった小窓越しにトークンを手渡したら15000円になったことだ。元手は1000円だった。私の打っていた台は遊び方を教えてくれていた女性が引き継ぎ、とても満足気だったと聞いた。

ただのまやかしです。
パチンコは店側にコントロールされている以上、絶対に勝つことは出来ません。
もっと長期的な視点でお金を使うことをおすすめします。

それにしてもパチンコ業界は世渡りが上手です。
うまく政治家を引き込んでいます。

パチンコアドバイザー議員が存在します。
誰が所属しているかはこちらから確認できます。

やはり自民党が多いですね。ろくでもない輩です。
民主党からは海江田万里代表も!?

こんなことやって牛ろめたい気持ちにならないんでしょうかね・・・

関連記事

  1. ニュース

    YouTubeで最近よく見かける詐欺コメント

    詐欺コメントってやっぱりなくならないね。今年の1月、「宝くじの…

  2. ニュース

    ヘイトスピーチの定義って何?

    意味がわからない。 (さらに…)…

  3. 山本太郎朝日新聞インタビュー
  4. ニュース

    必死すぎる韓国のロビー活動

    すごい・・・ (さらに…)…

  1. 日本一わかりやすい保守の本

    動画ブログ

    いよいよ明日発売!「日本一わかりやすい保守の本」
  2. 憲法

    友人は見捨てるべきか?
  3. ニュース

    憲法9条がノーベル平和賞候補に!?
  4. ニュース

    かなり怪しいワンアジア財団
  5. 教育

    皆さんどんな教育を受けてきましたか?
PAGE TOP