ニュース

移民大量受け入れってどうなの?

どうでしょう?

日本はどうあるべきか?

毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始

MSN産経ニュース 2014.3.13 19:24

 政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2・07に回復すれば、今後100年間は人口の大幅減を避けられると試算している。経済財政諮問会議の専門調査会を中心に議論を進め、年内に報告書をまとめる方針。ただ、大量受け入れには単純労働者を認めることが不可欠で、反対論も強まりそうだ。

 現在、外国人労働者は高度人材などに制限されており、日本国籍を付与する移民の大量受け入れとなれば国策の大転換となる。

 日本で働く外国人の届け出数(昨年10月末)は72万人弱で、前年より約3万5千人増えた。20万人はその6倍近い数だ。

 政府が移民の大量受け入れの検討に乗り出したのは、勤労世代の減少による経済や社会への影響が現実になり始めたため。成長戦略では女性や高齢者の活用を打ち出す一方で、移民も有力な選択肢として位置付けることにした。

試算では、2012年に8973万人だった20~74歳人口が、現状のままであれば2110年に2578万人に減る。しかし、移民を入れた場合は7227万人になるとしている。

 だが、移民政策には雇用への影響や文化摩擦、治安悪化への懸念が強い。しかも、現在は外国人労働者は高度な専門性や技術を持つ人材などに限定しているが、毎年20万人を受け入れることになれば高度人材だけでは難しい。単純労働に門戸を開く必要が出てくる。

 政府は移民議論と並行して、外国人労働者の受け入れ拡大を先行させる考え。

 東日本大震災の復興や東京五輪に向けて建設業を中心に人手不足が拡大していることから、最長3年となっている技能実習制度の受け入れ期間延長や、介護職種を対象に加えることなどを検討している。改革案は6月にまとめる新たな成長戦略に反映させる。

 こうした専門性や技能が高くない労働者の期間延長案には「実質的な単純労働解禁で、移民受け入れへの布石」(自民党議員)との批判が出ている。

その後の菅官房長官の会見では決定ではなく、議論の段階だということを述べていました。
移民の問題は今後も頻繁に出てくるでしょう。

ただ根本的に日本はどうあるべきか?というビジョンがまるでないように思います。
今回の移民にしても、「人口減るからどこかから持ってこよう」という安直な発想に見えます。

根本的に日本は日本人が幸せで住みやすい国であるべきだと僕は考えています。
そう考えると、大量の移民を入れていくのは疑問があります。

治安も不安です。
日本国内ではすでに某国人とのもめ事が存在します。
移民を大量に受け入れるなら、そういったもめ事も覚悟しなければいけません。

そして今非正規で働く人が多い中、移民受け入れで労働環境はどうなるでしょうか?
ここもまた揉めそうです。

移民も子供を生むでしょうから、今のままの予測で日本人の人口が減っていくとすると、移民の比率は高まっていきます。
その先にある日本は、果たして日本なのかと考えてしまいます。
それが美しい国なのだろうか・・・

労働力や経済水準は確保出来るのかもしれませんが、果たしてそれは日本人にとって幸福なことなのでしょうか?

日本は根本的にどうあるべきかという議論が必要です。
そうした議論の先に憲法改正もあるのではないでしょうか。

移民について思う所があれば、関係しそうな所に意見するといいでしょう。
首相官邸
内閣府
→内閣府電話03-5253-2111

関連記事

  1. ニュース

    募金の窓口って多すぎじゃないだろうか?

    自然の脅威には勝てない。 (さらに…)…

  2. ニュース

    あまりに横暴な中国

    いい加減にしろ中国。 (さらに…)…

  3. ニュース

    民主党徳永エリのブーメラン質疑

    あれ?まだ議員やってたんですか? (さらに…)…

  4. ニュース

    お遍路道に張られた差別的?張り紙

    差別ってなんだっけ? (さらに…)…

  5. ニュース

    年商数千万円で生活保護受給 韓国人のクラブ経営者逮捕

    考えるだけでイライラする。 (さらに…)…

  1. ネット選挙運動

    日本

    2分で分かる!インターネット選挙運動でできることできないこと
  2. ニュース

    なんでやASKA・・・
  3. 動画ブログ

    東京での出来事(9月9日)
  4. マスコミ

    インターネットに書いてあることはウソばかりという思考停止
  5. 日本

    差別ではなく区別
PAGE TOP