エネルギー、核、プーチン

公開日: : 最終更新日:2014/04/23 ニュース, 海外 , ,

日本もはやくちゃんとした独立国家になりたい

死者と編入宣言

クリミア半島でウクライナ兵1人死亡、ロシア実効支配後初の死者
ロイター 3月19日(水)1時30分配信

[キエフ 18日 ロイター] -ウクライナ南部クリミア自治共和国で18日、首都シンフェロポリにあるウクライナ軍基地が何者かによる襲撃を受け、兵士1人が死亡した。ロシアが3週間前にクリミア半島を実効支配して以来、同地域で軍事衝突による初の死者が出た。

ウクライナ軍報道官ウラジスラフ・セレズノフ氏はロイターに対し、兵士1人が死亡、司令官が負傷したと述べた。

誰による攻撃かは不明しており、相手は完全装備で、顔を覆っていたと説明している。

兵士死亡のニュースを受け、ウクライナのヤツェニュク暫定首相は、ロシア軍により「政治的対立から軍事的対立」へと状況が変化したとの認識を示した。

首相は国防省での会議で「ロシア軍はウクライナ兵士を銃撃し始めた。これは時効のない戦争犯罪だ」と断じた。

また一段の対立を回避するため、国防相に対し、英、米、ロシアの国防相と緊急会議を開催するよう指示したことも明らかにした。ウクライナと英米ロの3カ国は1994年、ウクライナの現存する国境を尊重するとしたブダペスト覚書に調印している。

一方、トゥルチノフ大統領代行の報道官は、クリミア半島に駐屯するウクライナ軍兵士に対し、自衛のための武器使用を認める指令を出したと明らかにした。これまでは攻撃に対する武器使用を回避するよう指示してきたが、兵士死亡のニュースを受けて方針を転換した。

ついに死者が・・・
これ以上大きな軍事衝突にならなければいいのですが、予断を許しません。

アメリカやEUなどは制裁の話をしていますが、悲しいことにロシアにどこまで有効でしょうか?
EUなどはロシアから天然ガスを輸入しています。それも全体の三分の一といいますから、あまり強く言えないという部分もあるでしょう。

エネルギー、核、そしてプーチンを兼ね揃えたロシアは強い(小並感)

これは日本も危機感を持たなければ行けない問題で、ここで国際社会(特にアメリカ)が有効な手だてを講じられなければ、尖閣諸島、ひいては沖縄も危なくなってきます。
「あ、アメリカは何もしてこない。これはチャンス」とばかりにやってこないとも限りません。

昨日Twitterで頂いた画像ですが、平和を維持したいならそれこそ軍事力を整える必要があります。

Bi_p72KCQAAz_Xw

世界は残念ながら力で動いています。
軍事面をアメリカに依存する日本はこういうときに振り回されるばかりです。

これでいいのでしょうか?
今こそ自主防衛の意識を高めたいところです。

PR

関連記事

韓国 安重根の横断幕

韓国と日本は価値観を共有している?

自分の首を締め上げる韓国。 またサッカーでやらかした 「歴史忘れた民族に未来ない

記事を読む

エリートなのに・・・何故 自民党豊田真由子議員の園遊会トラブル

なぜこうなった。 自民・豊田真由子衆院議員、ルール違反 園遊会に招待者以外同伴

記事を読む

韓国ってどう思う?のアンケート結果3

今回でラストです。 当選発表ラストやで 韓国について意見を募集したアンケートから意見を紹

記事を読む

ヘイトスピーチの定義って何?

意味がわからない。 謎の判決 FNNニュース 10/07 18:20 京都

記事を読む

日本とは比べ物にならない中国の食品偽装

もうまぢ無理。。。 また中国の食品偽装が大きな話題になっています。 工場

記事を読む

YouTubeで最近よく見かける詐欺コメント

詐欺コメントってやっぱりなくならないね。 今年の1月、「宝くじの当選金1億円あげます」とYou

記事を読む

船長は非正規、家族代表は非家族

もう一週間なんですが・・・ 事故発生から一週間 <韓国船沈没事故>安月給が招いた悲劇

記事を読む

パラオ共和国の国旗

パラオという親日国

フィリピンだけじゃない。 親日国パラオ 上の旗はパラオ共和国の国旗です。

記事を読む

ワールドカップが行われるブラジルの治安は大丈夫?

結構ヤバい ワールドカップが目前に迫ってきました。 日本人としてはやはり日本代表の活

記事を読む

何故か全く報道されないミスインターナショナルのストーカー被害

何かがおかしい。何かが。 芸能界の闇とマスコミの配慮 現役ミス世界一

記事を読む

PR

Comment

  1. うんがろ より:

    >相手は完全装備で、顔を覆っていたと説明している

    こういう、用意されたような臭いニュースを見て、カズヤさんも
    ロシア兵が犯人だなんて思ってしまってるようですが,果たしてそうなのか?
    アメリカの過去の歴史を見てください。
    相手が先に手を出して来たような演出をして
    世界の世論味方につけて、自分が正義の国として100倍返しする。アメリカの十八番ですよね。リメンバー・アラモ!リメンバー・メーン!リメンバー・パールハーバー!
    全部アメリカ側から先に手出しして工作してます(事実上挑発は戦闘行為なのでアメリカが先に手を出したことに国際法上ではなりますよね)ロシアもアメリカほどバカじゃないですから死者をわざわざ今のタイミングで出すようなミスはしないはずです。
    わたしはアメリカ側(とそれを応援する側)の自演だと思います。ロシア側が
    国籍不明の軍服を着てたりするのを、良いように利用してる気がします。こういう騙し合い世論の誘導、アメリカもロシアも得意なはずですが、冷戦時代アメリカはハリウッドやあらゆるメディアを総動員して
    ロシア=悪の権化という世界的プロパガンダをしました。確かにロシアは工作しまくりの腹黒い国ですし日米開戦画策したのもロシアかもしれませんが、今回は果たしてどうでしょう?真っ向勝負でオバマに勝ち目は無いのははっきりしてるので、アメリカ側が工作に出たと言う見方も出来ます。わたしはヴェノナファイルも、先の大戦の全ての責任をロシアに被せるための英米のでっち上げである可能性もあると考えてます。なんたって月着陸!9.11!何だってありの壮大な大ウソで世界を欺いて来た何でもありのプロパガンダ王国=アメリカです。プーチンもKGB出身ですしかなり頭は切れます。少なくとも芸能界目指してたオバマよりは。今の時期に
    そんな自らを不利にするような事わざわざロシアがするでしょうか?昨年もイギリスが提供しNATOが使ったかもしれない毒ガスを
    アサド側が使った!とプロパガンダが派手に喧伝されましたよね。いつも英米は
    「俺たちが正義」と世界中にバラまきますがイラク戦争でお分かりのように
    そんなの大ウソで世界中で一番 あざとい
    プロパガンダ国が英米であるのは誰でも承知してます。
    日本もそのワナに落ちて70年間も変態戦犯国家の烙印を押されてますが,事実は180度逆ですね。簡単に英米に騙されてはいけないと思います。かといってロシアも平気で条約保古にするような狡猾で極悪非道のデタラメ国家ですがw
    狸とキツネの化かし合いですな。
    潰し合ってみたらどうでしょうか?w
    アメリカも真の大国になるためには一度は
    自国の本土決戦経験しなくちゃねw

  2. どせいさん より:

    記事に関係のない提案で恐縮ですが、

    http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20140315-00033576/

    「黒子のバスケ」脅迫事件の被告人意見陳述が非常に考えさせられる内容だったので、是非記事に取り上げて頂けないでしょうか。共感と拒絶の声で二極化しているようですが、彼の陳述には現代日本に潜む闇が多面的に顔を覗かせているように思います。

  3. U2 より:

    アメリカ史上もっとも無能と言われている、オバマは当てにならない。慰安婦賠償しろとか、靖国参拝に文句言うし、韓国よりの姿勢といい、アメリカ本当にウザいですね。東京大空襲とか広島、長崎の原爆投下による一般市民大虐殺も認めないし。日本もアメリカに頼らない国防力をつけるべき。( その道のりははるかに苦しいけど )私個人としては、歴史認識問題を持ち出さない、恐ロシアの方が好感度高いですね。

  4. RARA より:

    プーチンさんは、傑出した人物だが、
    日本は、独立国家になったところで、(その見込みは無いが。)95%は、ただのバカなので、
    意味が無い。(笑)

    また、この人口の95%のアホは、
    無自覚のアホなので、よけい始末に負えない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑