海外

土地を守る農民 ガソリン撒かれ焼死

リアル世紀末

恐ろしい

土地を守る農民 ガソリン撒かれ焼死
新唐人2014年3月26日付ニュース

3月21日未明、中国山東省平度市の村で、土地を守る村民らのテントにガソリンが撒かれ、火をつけられました。1人が死亡し、3人が負傷したこの事件は広く注目され、すでに弁護士団が署名活動を開始。また、警察当局には立件と調査を呼びかけています。22日夜、地元政府は200人以上の機動隊を動員し、焼死した村民の遺体を奪いました。

22日午前2時55分、地元政府が派遣した機動隊が、事件現場から焼死した村民の遺体を奪い、見張りをしていた村民を殴打し、けがを負わせました。

北京の弁護士朱孝頂さんは、ミニブログ(微博)で「なぜ火葬を急ぐのか。検死はしたのか?火葬は事件解決に有利なのか」と疑問を呈しています。

山東平度市杜家疃村 村民
「200人あまりの武装した警察が遺体を奪っていきました。警察と地方政府は各戸を回り、事件を口外しないよう口止めしました」

情報によると、平度市政府はこの村のおよそ2万平方メートルの農地を開発業者に売り渡しましたが、村民らには補償金を支払いませんでした。開発業者の施工を阻止するため、村民らは自発的に24時間態勢で土地を守っていました。

北京の弁護士 王才亮さん
「村の作物は去年すでにだめになり、今年は建物を建てようとしていたので、村民らはテントの中で見張っていました。テントは四方から火がつけられ、ガソリンが撒かれました。1人が死亡しました」

平度市は2010年から「都市改造」を推進しており、農民らは強制立ち退きを迫られています。地方政府は地元のならず者を雇って、脅迫や殴打、自家用車に爆発物を仕掛けるなどして、強制立ち退きに応じない農民を苦しめていたそうです。

北京の弁護士 王才亮さん
「平度市の94の村で、数万畝の土地が収用され、不動産開発に使われていますが、国の許可ももらっていません。暴力的手段は一昨年から始まり、背後の黒幕は地方政府と街道事務所、村委員会および開発業者です」

去年8月、平度市の警察が強制立ち退きに抵抗する「財新網」の記者陳宝成さんを拘束したことが広く知られ、注目されました。

リアル北斗の拳みたいな世界だな・・・
20071219_369676

そういう国だと言われればそれまでですが、人権などという概念はまるでありません。
中国と言うのはあまりにも人口が多いですから、多少の圧政でもしないとまとまらないのかもしれませんが、こんなんでは一生先進国にはなれませんね。

関連記事

  1. 海外

    8月15日、韓国は今日も通常営業

    相変わらずですな。 (さらに…)…

  2. ニュース

    韓国にはもっと騒いでもらおう

    自分の首絞めているだけだな。 (さらに…)…

  3. ニュース

    無慈悲な北朝鮮と朝鮮学校無償化

    うーむ・・・無慈悲。 (さらに…)…

  4. ニュース

    ソチオリンピックが終わった途端・・・

    軍靴の足音が・・・ (さらに…)…

  5. 竹島、尖閣諸島に関する動画
  1. 教育

    バカは論破できない
  2. ニュース

    船長は非正規、家族代表は非家族
  3. ニュース

    河野談話は韓国の意向をかなり汲んでいる
  4. 教育

    GHQの洗脳工作はいまだに生き続けている
  5. 未分類

    山本太郎は天皇陛下に直訴する前に自分の仕事をしろ!
PAGE TOP