ニュース

吉松育美さんの慰安婦発言

話をしよう

ちょっと冷静になろう

「慰安婦に謝罪する必要ないという考えは恥ずかしい」 ミス世界一・吉松育美さんの発言に批判殺到
J-CASTニュース 2014/4/ 8 18:37

「芸能事務所の役員からストーカー行為を受けた」などと訴え、2013年末に話題になった、ミス・インターナショナル12年グランプリの吉松育美さん(26)が、思わぬことがきっかけでまた話題になっている。
いわゆる「従軍慰安婦」について、国内で「謝罪の必要はない」という意見が出ていることに対し、米国のラジオ番組で「恥ずかしい、憤っている」と発言したとして、日本のネットユーザーらが反発の声を上げている。

「sexual slaves」や「Japanese right wing」という言葉が飛び出す

吉松さんは14年3月29日(現地時間)放送のCBSラジオ「Women’s Media Center Live with Robin Morgan」に登場、世界的に有名なフェミニスト・Robin Morgan氏と英語で対談した。
吉松さんが力を入れている「ストーカーゼロキャンペーン」について、安倍晋三首相の夫人・昭恵氏が協力してくれているという話から、Morgan氏が、安倍首相がいわゆる「従軍慰安婦」に謝罪する立場を取っているのは昭恵氏の働きかけによるものなのかと、「sexual slaves(性奴隷)」という言葉を使って吉松さんに質問した。
吉松さんは「そうだと思います」と答え、「Japanese right wing(日本の右翼)」の中には、「慰安婦は売春婦だったので謝罪する必要はない」という意見も出ているが、生き残った慰安婦の証言を聞くとそうではなかったという意見もある。日本人としてこうした(謝罪の必要はないという)コメントを恥ずかしく、また謝罪することが問題とすら考えられているのに憤りを感じるなどと語った。
この慰安婦に関する発言が一部の日本人の怒りに火を付けてしまったようだ。放送の日本語訳を掲載したサイトがネット上で拡散され、吉松さんのFacebookに「慰安婦の問題を語るには相当勉強しないと足元をすくわれますよ。痴漢の冤罪に加担しているのに等しいです」「教養がないならデリケートな国際的政治問題を語ってはいけません!」「今回の発言によってあなたがただの”無知な美人”として世間に認知されたことは間違いない」など、非難が多数書き込まれる事態となった。

ちなみにこの件について吉松さんから釈明が行われています。

スクリーンショット-2014-04-11-19.39.13

今回の発言自体は全く擁護出来るものではありません。
しかし裏切られたとかストーカーの件についての署名を撤回するというのもまた違うのかなと思います。

田嶋陽子さんのように確信犯的に活動しているなら別ですが、今回の一見だけでは何とも判断が出来ません。
とりあえず色々慰安婦のことを吉松さん側に提示していけばいいのではと思います。

ただブログのコメント欄は閉鎖されており、実質Facebookページしかありません。
強烈な反発は味方に出来る人物まで拒絶させてしまします。

話を聞いてくれる人物かわかりませんが、もう少し冷静になるべきではと思います。

関連記事

  1. ニュース

    国会はコント披露の場所じゃないぞ!

    北海道の恥 (さらに…)…

  2. 安倍総理 増税

    ニュース

    消費増税について安倍総理の肉声

    あれマスコミさん?首相は決断したんじゃなかったんですか(すっとぼけ)…

  3. ニュース

    驚愕!77歳の老女が色仕掛けで4億円稼ぐ

    うーん、なんといっていいのやら。 (さらに…)…

  4. 和田政宗 質問主意書

    ニュース

    オーストラリアは話がわかる国です

    ○○とは大違いや! (さらに…)…

  5. ニュース

    GooglePlayでエロ詐欺アプリが横行しているようです

    健全な男子は注意しましょう。 (さらに…)…

  6. ニュース

    韓国にはもっと騒いでもらおう

    自分の首絞めているだけだな。 (さらに…)…

  1. 予算委員会徳永エリ

    日本

    靖国参拝で拉致被害者が落胆していると民主党徳永エリ議員が発言するも誰かは言わずに…
  2. 赤池誠章

    動画ブログ

    東京での出来事(9月10日〜11日)
  3. 日本

    古事記読んだことありますか? 現代語古事記 竹田恒泰著
  4. 日本

    選挙中に「〇〇さんを当選させよう」とネットで言うのは問題なし
  5. 岡崎トミ子落選

    未分類

    参院選2013 色々とありましたね
PAGE TOP