YouTube

YouTuber(動画投稿者)は楽して金儲けしているという風潮

YOUTUBEは動画に広告を張ることによって収益を得ることが出来ます。
もちろんこれは再生数がかなりの数値にならないとたいした金額になりません。

人気のYouTuberのコメント欄には

「こんなので収入を得やがって!」
「楽して儲けやがって!」

こういったコメントがよく見られます。

僕は動画投稿を始めてもうすぐ半年くらいになります。
順調すぎるくらいのペースでチャンネル登録者は増え、今日現在5600人を超えています。
チャンネル登録者

これまで毎日動画投稿してきて思うことですが、
正直これは楽ではありません。

僕は一本の動画を作るのに大体2時間から3時間くらいかかります。
台本を書き(ここにすごい時間かかります)、撮影、編集、そしてサムネイルを作りアップロード。

でもコメントとか高評価があるとその時間も報われるというものです。
動画でも言っていますが、動画投稿というのは価値の提供だと思います。
その対価として広告収入があるわけです。

これはなにもやましいものではないのです。
モノという価値をお金という対価で買うのと
Youtubeの動画投稿で価値を提供して広告収入を得るというのは同じことです。

YOUTUBEは楽して金が稼げると思うなら是非やってみるといいでしょう。
現実とは非常なものです。最初なんて再生も登録もしてもらえません。

価値を提供することを考えずに動画投稿をすると全然見てもらえません。
視聴者が楽しい、いい情報と思えるものを提供しないといけません。

それをやるのは楽なことではありません。
考えます。人気の人は皆考えています。

ただ表面だけを見れば楽に見えるのかもしれませんね。
でも実情は違います。
多分こういう批判をする人はやらないでしょうが、やればわかります。

広告収入は動画作りに活かされます。
僕の場合は本を買って知識を増やしたり、商品紹介している人なら新しい商品を買ったり、
そうやって経済活動をしながら提供できる価値を増やしているのです。

「趣味じゃなくて金を稼ぐためにYOUTUBEをやってそうだからよくない」
こういう意見もあります。
でも僕は価値を提供できるなら全然問題ないと思います。

世の中のほとんどのものは裏でお金が動いています。
例えばとてもいい作品を書く作家がただ金のために小説を書いているとしたら?
金のためだとしても最高の作品を読者に提供できるなら僕はいいんだと思っています。

インターネットが普及し、動画が普及し、仕事の幅も増えてきています。
動画投稿で収入を得るというのは20年前なら考えられないことでしょう。
個人的にはとても面白い時代だと思います。

YouTubeという個人メディアはこれからもっと重要性を増していくでしょう。
本当にこれからが楽しみです。

関連記事

  1. YouTube

    チャンネル桜に出たときの話

    意外と狭い (さらに…)…

  2. YouTube

    チャンネルのロゴをデザインしてもらったゾ

    これで万事OKだわ。 (さらに…)…

  3. 動画ブログ

    東京での出来事(9月9日)

    毎日はスペシャル(こんな歌があったはず) (さらに……

  4. 明治神宮

    動画ブログ

    明治神宮行ってきた

    空気が違う。 (さらに…)…

  5. 動画ブログ

    Macを買うか、Winを買うか・・・

    迷う・・・ (さらに…)…

  6. YouTube チャンネル登録者10万人
  1. ニュース

    ジャスティン・ビーバーが靖国神社に参拝して炎上
  2. 教育

    北教組とかいう教育の名を借りたガイキチ集団
  3. 西郷隆盛

    日本

    代表的日本人 西郷隆盛の危惧していたことが現実になっている
  4. 日本

    そもそも偏った集会を自治体が後援しちゃダメだろ
  5. マスコミ

    増税を煽りつつ軽減税率で自己保身に走る新聞業界
PAGE TOP