そもそも偏った集会を自治体が後援しちゃダメだろ

公開日: : 日本

流れ変わったな

護憲集会の後援拒否広がる 識者は批判
2014年5月3日19時18分

安倍晋三首相が憲法の改正や集団的自衛権行使容認に向けた解釈変更に意欲を示す中、護憲団体が主催する集会の後援を「行政の中立性が保てない」と断る自治体が昨年から相次いだ。識者は「政権側に配慮した事なかれ主義だ」と批判している。

3日に神戸市で開かれた護憲の立場での憲法集会は、市と市教育委員会が「政治的中立性を損なう恐れがある」と後援を拒否した。実行委員会は「過去2回、後援を受けており不可解だ。政権の意向を推し量ったのでは」と抗議文を出した。

三重県鈴鹿市は昨年8月、連合国軍総司令部(GHQ)のスタッフとして憲法の男女平等条項を起草した米国人女性ベアテ・シロタ・ゴードンさんの映画を上映する集会の後援を「改憲と護憲の考え方がある中で、主催団体は9条を守るという一方の側の立場だ」として断った。長野県千曲市も昨年まで認めてきた憲法集会への後援を、今年は見送った。「国防軍の保持」などを掲げる自民党の改憲草案がテーマだったことから「特定政党の批判に結び付く」と判断したという。

後援規定を厳しくする自治体も。千葉県白井市は2月に憲法集会を後援したが保守系市議から批判され、後援しないケースを「政治的・宗教的な色彩を有する行事」へと広げた。それまでは「色彩」ではなく「目的」だった。千葉市も4月、平和関連行事を念頭に「論点が分かれているとされる思想、事実等について主観的考えを主張すると認められるか、その恐れのあるとき」を加えた。

五十嵐仁・元法政大教授(政治学)は「後援拒否は、事なかれ主義の極みだ。憲法改正の是非など意見の分かれる重要なテーマの議論こそ、自治体は後押しするべきだ」と話している。(共同)

そもそも中立性のない集会を自治体が後援するのはダメでしょう。
この記事が出た後、北海道新聞の読者投稿欄にこんなものがのりました。

P1030071

余市町の情報をくれるとはありがたいw
異論ありです。

余市町が本当に九条の会がやっている集会を後援しているのかと思い、調べてみると過去のものがいくつか出てきました。

余市九条の会「講演とコンサートの夕べ」ご案内
日時:2012年5月11日(金)17時半開場、18時開演
場所:余市中央公民館3階(余市駅徒歩7分)
入場料:500円、高校生以下無料
後援:余市町、余市町教育委員会、北海道新聞社余市支局

[講演者の言葉]
福島原発事故は、チェルノブイリをも凌ぐ大事故です。全国総被爆の危機です。それから1年が経過した今、わたしたちにとっての驚きは、それでもまだ日本は目が覚めないということです。それどころか「絆ファシズム」が全国を席巻しています。原発震災後、福島に人々を封じ込め、現在進行形の放射能汚染を安全とし、セシウム入りの食品を食べさせ、汚染された瓦礫を全国に拡散させようとする棄民政策、それが「絆」のもとに着々と推進されています。この「絆」は、近い将来、偏狭なナショナリズムを伴った「核武装論」(原発推進の本音)へと人々を誘導していくでしょう。

別にどんなイベントをやってもいいですが、この講演者の言葉から察するにかなり偏った講演なのはわかります。
そんな講演を余市町が後援するとなれば、勘違いされることもあるでしょう。

この件について余市町に問い合わせてみると、後援といってもお金や場所を無償で貸しているというわけでなく、担当の方も表現に困っていましたが、応援しているというわけでもなく、支援しているというわけでもなく、ただ後援だから肯定的には見ているというようなものでした。

いや、これはいかんでしょ。
町としての後援ですから、内容は主催者に聞いていると言いますが、多分この過激な部分までは言わなかったのでしょう。
九条の会としては後援を取り付けたことで権威付けになります。
しかし町にしたら百害あって一利無しです。

もうすでに終わったものは仕方がありませんが、今後一切偏った集会や講演の後援はやめていただきたいものです。

PR

関連記事

手紙ポスト

在日韓国人からの手紙と和也の基本スタンス

今やっているアンケートに在日韓国人の方からのメッセージがあった。 こんにちは。自分

記事を読む

たまたまラッキーで皇室が2000年以上も続いてきたのか?

日本は歴史がある国です。 日本は歴史のある国 中国4000年の歴史などと言う人がいま

記事を読む

no image

動画から日の丸がなくなった理由

切り替えてみた。 転換期 まずは上の動画をご覧下さい。 ということで、しばらく

記事を読む

福山哲郎 帰化 官報

民主党の福山哲郎議員がブーメラン質疑で民主党の悪事を暴く

笑えるけど笑えない。 機密情報3万件廃棄!? 平成25年11月20の参議院国家安

記事を読む

A級戦犯が合祀されたから中国韓国が騒いでいるわけではない

いつまでこんな嘘を垂れ流すのか。 北海道の癌 北海道新聞 靖国参拝を擁護 菅氏の

記事を読む

和田政宗と和也

岡崎トミ子に勝利した和田政宗参議院議員に会ってきた

やっぱりこの前の選挙で流れ変わったな。   東京2日目、参議院議員

記事を読む

マッカーサーが米上院で証言した日本の開戦理由

安全保障。 あのマッカーサーも安全保障のためだと言った 日本はなぜ対米開戦に向かっていったの

記事を読む

教育勅語

教育勅語を見てみよう

今こそ教育勅語。 まずは原文 朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇

記事を読む

西郷隆盛

代表的日本人 西郷隆盛の危惧していたことが現実になっている

西郷さんは今の日本をみてどう思うだろうか。 戦後の日本と言うのは、「日本」とい

記事を読む

世代別投票率参議院

参院選まで残り一週間 選挙には必ず行きましょう

(参加しよ) 支持政党も支持している候補者もなく、政治にも期待できない。でも投票す

記事を読む

PR

Comment

  1. 朴ひで より:

    と、当時はミンス党だったから・・・

    ミンス党はファシズム政党だから・・・

    べ、別に良かったんじゃね・・・・・・・・・・

    by市民団体の一人

  2. みやぎけん より:

    九条の会=香ばしい方々

    がネットでは定番になってきてしまってますものね

    KAZUYAさん、もうご存知かもしれませんが「NHKスペシャル」が集団的自衛権についてのアンケート取ってます↓

    https://www.nhk.or.jp/special/boshu/jieiken/index.html

    いちおう賛成意見書いとくけど、どんな番組にするつもりなんでしょうねw

  3. やきとりざんまい より:

    余市町の補足です。潜在的に保守層が思った以上に多いです、まあ民主支持者(私がいた当時は社会党)も多いですが・・・。赤まみれの他道内地域(札幌!?)よりも意外と保守層はしっかりしている印象でした。道央圏唯一の海上自衛隊の基地を誘致した町でもありますしね。
    9条を守るなどの看板を30年以上前から設置していますが、一般住民自体は冷ややかな目でみています。小さいころに住んでいましたが、こういった運動をやっている人たちはあきらかにプロ市民です、今考えると。余市から積丹に向けていくとわかると思います。小樽側(蘭島過ぎて)から密漁の忠告看板と共に9条守る看板があります。9条を守る看板は景観をかなり損ねています。
    余市町教育委員会がそういったことに関与しているのも当然だと思います。30数年前には小学校でストライキがあったような教職員の集まりです、現在はわかりませんが・・・。ストライキの時は、校長・教頭一部の教師が児童のために対応していました(まあ自習していてくれの指示だけですが)。どういった理由でストをしたのかは小さかったのでわかりません。
    ただ昔から余市では左翼の活動は一部ではありますが激しいものがあるので、擁護するわけではありませんが町としても厄介と思っている節があり及び腰なのかもしれません。だからといって許されませんので、今後はこのようなことはやめていただきたい。
    まあ、かなり私がいた時期はかなり昔なので、議会や町長が今現在左寄りになっているかもしれません。

  4. シゲ より:

    政治的中立性がある一方、憲法99条で憲法尊重擁護義務が課されているので、今までの後援が悪いとは一概には言えないと思います。
    (団体が表向きに護憲の立場をとっている以上、それを否定はできないので)
    ただし、今回は政治的中立性を理由として後援を断ったのはそれだけ改憲に関する議論が高まっていると認めたということでしょう。
    (もっとも後援を断る理由をようやく見つけただけかもしれませんが)

  5. RARA より:

    こんなのが、出てきたよ。

    今水面下で、何が起ころうとしているのか?

    必見?

    http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/474ccc79fd7ecea16b784f43cfb5dd60

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑