教育

何故教育界には偏った人が多いのか・・・

広島大学も・・・

講義で「日本の蛮行」訴える韓国映画上映 広島大准教授の一方的「性奴隷」主張に学生から批判
産経新聞 2014.5.21 08:18

「いつから日本の大学は韓国の政治的主張の発信基地に成り下がってしまったのか」

 広島大学で韓国籍の男性准教授の講義を受けた男子学生(19)は、ため息交じりに語った。

 一般教養科目の「演劇と映画」と題された講義。4月28日、約200人の学生がスクリーンに投影された映像を見せられていた。

 「日本刀で焼きごてをあてられた」

 「日本人が『朝鮮女性を強制連行したことはない』というから腹が立ってたまらないのよ」

 インタビューを受ける高齢女性は何度も「日本の蛮行」を訴える。韓国映画「終わらない戦争」。元「慰安婦」の証言をもとに構成された60分のドキュメンタリー映画だ。

 「突然、2人の日本軍人が私を小さな部屋に押し込んだ。私が声を上げると、刀を抜いて鼻を刺した」

 衝撃的な“証言”が次々と登場する。学生はじっと映画を観賞するしかなかった。
映画には、慰安婦性奴隷説を唱える中央大教授、吉見義明や、慰安婦問題をめぐり米国内で日本非難の先頭に立ってきた日系下院議員、マイク・ホンダらも登場する。

 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の官房長官、河野洋平の談話。強制性の根拠とされた韓国人元慰安婦16人の証言は、信憑(しんぴょう)性の調査も行われなかった。

 准教授は上映前、こうした河野談話の問題点を説明することもなく、学生に「人間はありのままに語ることはできない。だが、物語の力、虚構によって、より真実を鋭く伝えることも可能だ」と話し、映画が「真実を伝えている」と強調した。上映が終わると、「今日の授業は以上です」と告げ、すぐに講義を切り上げた。「強制連行」の証言だけを示し、学生には議論の余地も与えなかった。

 講義を受けた学生らは「日本だけがものすごい悪いように映った」「映像内容がその通りだと素直に思ってしまった」と漏らしていたという。

 男子学生は国立大学の授業として、慰安婦募集の強制性があたかも「真実」として伝えられたことに疑問を呈し、「何の説明もなしに、あの映画を流すのは乱暴だ」と指摘する。

日本の教育界は何故か自虐的な教育が目立ちます。
GHQが作った流れがいまだに生きているのです。

小学校では音楽の教科書で君が代を隠したり、一体どこの国の学校なのかわかりません。

sa

10169231_281381562023843_515495025720743915_n

教師が率先して日本否定をしていてはどうにもなりません。
教育によって日本を担う人物を育てなければいけないのに、日本をアホみたいに否定していてはいけないでしょう。

でも最近はこういった教育がどんどん表に出て来ているので、少しずつ流れは変わっていますね。

関連記事

  1. 教育

    刷り込みか、偶然か?

    どうなんでしょう? (さらに…)…

  2. 教育勅語

    教育

    教育勅語を見てみよう

    今こそ教育勅語。 (さらに…)…

  3. 教育

    沖縄大学に部外者が乗り込んで騒動

    学生諸君!闘争じゃなくて勉強しよう。 (さらに…)…

  4. 教育

    琉球大学の実態に驚愕

    これは・・・ (さらに…)…

  5. 教育

    皆さんどんな教育を受けてきましたか?

    一度実体験を集めてみたい。 (さらに…)…

  1. 本紹介

    ジャパニズム15に僕の記事載ってます
  2. YouTube

    韓国ってどう思う?のアンケート結果2
  3. ニュース

    小野田寛郎さんのご冥福をお祈りします
  4. ニュース

    靖国神社:衆参169議員が集団参拝 春季例大祭
  5. マスコミ

    増税を煽りつつ軽減税率で自己保身に走る新聞業界
PAGE TOP