佐世保高1女子殺害で逮捕された少女は色々問題ありそう・・・

公開日: : ニュース

何かがおかしい。

【佐世保同級生殺害事件】  「兆候」どう向き合うか 最悪の結果、周囲後悔
47ニュース 2014/07/31

▽対応「誤り」
 最初に問題が公になったのは小学6年の12月上旬。市によると、水で薄めた漂白剤や洗剤を同級生2人の給食のおかずに計5回混入させた。被害児童の関係者によると、勉強のことで言われた言葉に腹を立てたことが原因だった。
 女子生徒の母は「しっかり教育します」と謝罪。女子生徒はカウンセリングを受け、学校は市に問題を報告したが、その後、大きな問題にならなかった。当時のある市教育委員は「公的な報告はなかったはず」と語る。
 この小学校の元教員は、市や学校、親などが対応を誤ったと感じた。「彼女の心の闇にちゃんと向き合わず、事態を収束させた。対応次第で事件は防げたのではないかと後悔している」

 ▽解剖に興味
 県警によると、少女はネコを解剖したと供述した。親子をよく知る男性は以前、女子生徒が「解剖に興味がある」「小学6年の時、裏山でカエルを解剖した」と話したのを覚えている。
 中学3年の昨秋、周囲の環境が激変する。慕っていた母が2カ月間の闘病の末、がんで死亡。4月に高校に入学し、事件現場となるマンションで1人暮らしを始め、5月、父が再婚した。
 この間、女子生徒は父を金属バットで殴り、頭に大けがを負わせていた。ある県警幹部は、このとき、県警に情報がもたらされなかったことを嘆く。「明らかな殺人未遂事件。把握できていたら今回の事件は起きなかった」
 高校に登校したのは入学式を含め3日だけ。中学時代の担任が毎週訪ねたが、事件は起きた。
 少年問題に詳しい臨床心理士の 長谷川博一 (はせがわ・ひろかず) さん(55)は「母の死亡と直後の父の再婚は子どもにとって大きな出来事。別居して『独りの世界』になり、もともとあった解剖への好奇心が募ったのではないか」とみる。

※記事全文はリンクからどうぞ。

とても凄惨な事件です。
家庭環境にも問題がありそうですが、だからといって誰かを殺していい理由にはならないでしょう。

それにしてもこういった事件をみると毎回思いますが、被害者の情報は色々と公になります。
顔写真から本名まで晒されます。
今回のケースだと加害者は刑が確定した後も顔写真や本名等は公にはならないでしょう。

犯罪の加害者は少年院なり刑務所なりで更正の名の下に衣食住が保障され、刑期を終えればまた社会に戻ってきます。
被害者は一方的に人権を蹂躙されているのに、加害者は人権を盾にまた社会に復帰できる。

世の中はなんだかんだやったもの勝ちのところがあります。
こんなとき、こち亀の名言が光りますね。

c1b252ec

PR

関連記事

性奴隷?自由すぎる慰安婦の実態

どこが性奴隷なのか? 慰安婦問題はそろそろ無理がある 米側資料の慰安婦は「大金稼

記事を読む

日本も中国の高飛車な態度を学んだ方がいいんじゃない?

見習おう。 「中国に手を差し伸べて」=靖国・尖閣、安倍首相に決断求める-党序列4位 時事

記事を読む

福山哲郎 帰化 官報

民主党の福山哲郎議員がブーメラン質疑で民主党の悪事を暴く

笑えるけど笑えない。 機密情報3万件廃棄!? 平成25年11月20の参議院国家安

記事を読む

ワールドカップが行われるブラジルの治安は大丈夫?

結構ヤバい ワールドカップが目前に迫ってきました。 日本人としてはやはり日本代表の活

記事を読む

エリートなのに・・・何故 自民党豊田真由子議員の園遊会トラブル

なぜこうなった。 自民・豊田真由子衆院議員、ルール違反 園遊会に招待者以外同伴

記事を読む

ついに通名制度廃止への第一歩か!?

朗報。 通名制度にメス 通名制度を見直し 変更数十回など不正の温床となるケー

記事を読む

産経のスクープで信憑性が根底から覆った河野談話

心のよりどころ消滅。 あまりに杜撰な河野談話 元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り

記事を読む

生野区通り魔事件の犯人が不起訴に なぜ強制送還しないのか?

何故なのか。 これでいいのか? 心神喪失で不起訴=生野2人刺傷の男-大阪地検

記事を読む

驚愕!77歳の老女が色仕掛けで4億円稼ぐ

うーん、なんといっていいのやら。 77歳女性に4億円返済命令 交際男性への「色仕掛け」認定/ス

記事を読む

北海道 猿払村

北海道猿払村で韓国が不穏な動き

北海道を汚さないでください。 やっぱり銅像建立マニアか 北海道に韓国人強制動員犠

記事を読む

PR

Comment

  1. すけ より:

    なぜ加害者の少女はそのような犯行におよんでしまったのか。
    すべての犯罪にはすべて原因があります。それらを細かく究明していく中で、個人の問題が事のすべてだというケースがはたして存在するのでしょうか。答えは明確、存在しない。
    事件をさまざまな角度から検証し、我々は何かしら学ばなければならない。加害者が悪いんだから社会的に(あるいは物質的に)抹殺する、といった処置をして、果たして我々に残るものはあるのでしょうか。
    もちろんやったことに対する罰はあって然るべきです。が、社会に何かできることはなかったのか、という視点を常に持ち続ける必要がある。なぜなら個に規制を与えられるのは個より強い社会以外にないからです。つまり今後の個々の犯罪を予防するためにも、犯罪そのものを社会の問題としてとらえ、何らかの策をこうじる必要がある。
    加害者を厳しく罰すべきだという気持ちは分かります。しかし、彼女に憎悪をぶつけるだけでなく、今後このような事件が二度と起きないよう社会的な反省をすることも同時に大切なことかと思います。犯罪の責任を社会が持つ、ということではありません。責任は加害者本人にあるけれど、原因は案外個人だけの話ではない、ということです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑