靖国神社:衆参169議員が集団参拝 春季例大祭

公開日: : 最終更新日:2013/04/24 ニュース , ,

日本は毅然とした態度で靖国に参拝したらいいんですよ。

靖国神社:衆参169議員が集団参拝 春季例大祭 / 毎日新聞
超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元厚生労働相)は23日朝、春季例大祭が行われている東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。参拝した議員は衆参合わせ169人で、記録の残る1989年以降で最多。麻生太郎副総理らの靖国参拝に反発している韓国や中国をさらに刺激し、両国が反発を強める可能性もある。

国会議員の会は毎年、春と秋の例大祭と終戦記念日の8月15日に合わせて参拝している。同会によると、今回の出席議員の内訳は、自民党133人、民主党5人、日本維新の会25人、みんなの党3人、生活の党1人、無所属2人。過去最多は、1997年春の例大祭の152人だった。

昨日動画でも言いましたが、日本のために命を捧げた方に哀悼を示すのは当然のことです。

「靖国で会おう!」

そう言って英霊となった方々の慰霊というなら靖国神社以外にはありません。
しかしこういった記事っていつも「中国韓国が反発必死」という書き方をマスコミはするんですが、これって結局「中国さん韓国さん、日本の国会議員が靖国神社に参拝してますよ!騒いでください!」という感じですね。

一体誰目線の報道なんでしょうね。
日本人は教育も行き届いてますから、正しい情報さえあれば正しい判断が出来るのですが・・・

しかしマスコミに期待はしないほうがいいかもしれません。
まずは我々がメディアリテラシーを身につけ、考える力を養いましょう。

photo by: CLF

PR

関連記事

凸をテトリスと読めるか?

マジキチ おかしな名前は個性ではない 『キラキラネーム狩り』開始か?テレビで

記事を読む

無慈悲な北朝鮮と朝鮮学校無償化

うーむ・・・無慈悲。 恐ろしい北朝鮮 北朝鮮、張成沢氏を処刑 「国家転覆はか

記事を読む

竹中平蔵氏が旗振り 人材会社を潤わす「300億円」助成金

接待(意味深) 竹中平蔵氏が旗振り 人材会社を潤わす「300億円」助成金 日刊ゲ

記事を読む

山本太郎スピード離婚していたwwww

・・・・・ 山本太郎議員わずか92日でスピード離婚していた/東スポweb 7月の

記事を読む

消費増税で産経も飛ばし記事・・・欧米と日本の消費税率のみを比べる愚

新聞は飛ばし屋だね。 産経新聞も飛ばす 朝日、読売など新聞各社が安倍総理の肉声を

記事を読む

10月も各地に行きます!

全国制覇の旅 10月も各地で講演やイベントをやらせていただきます! まずは11日、熊本で

記事を読む

ファミマ店員に難癖をつけて土下座強要→恐喝の模様を自ら動画アップ→逮捕

何を勘違いしてるのだろう・・・ 狼藉男女数人 コンビニ店員の態度に難癖→土下座させ

記事を読む

国会はコント披露の場所じゃないぞ!

北海道の恥 コント会場と化した予算委員会 3月19日に行われた予算委員会で徳

記事を読む

山本太郎朝日新聞インタビュー

山本太郎は「メルトダウン」と寝言を言っていたらしい・・・

大丈夫か? 寝言で「メルトダウン」 まぁ何かと話題の中核・・・いや、山本太郎さんですが、

記事を読む

国立大学なのに国旗も国歌もないのか…

Twitterで情報提供頂きました。 琉球大学の卒業式の様子を送って頂きました。 国立な

記事を読む

PR

Comment

  1. 阪京 より:

    靖国神社一回だけ行きました。国のために尊い命を捧げられた方々に誠の哀悼を捧げるのは当然のことです。

    すめらみこといやさか

  2. 阪京 より:

    ちょんの馬鹿女、どないかしてくれよ

  3. 阪京 より:

    おめこ、パカパカ。ぱか女。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑