靖国神社:衆参169議員が集団参拝 春季例大祭

公開日: : 最終更新日:2013/04/24 ニュース , ,

日本は毅然とした態度で靖国に参拝したらいいんですよ。

靖国神社:衆参169議員が集団参拝 春季例大祭 / 毎日新聞
超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元厚生労働相)は23日朝、春季例大祭が行われている東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。参拝した議員は衆参合わせ169人で、記録の残る1989年以降で最多。麻生太郎副総理らの靖国参拝に反発している韓国や中国をさらに刺激し、両国が反発を強める可能性もある。

国会議員の会は毎年、春と秋の例大祭と終戦記念日の8月15日に合わせて参拝している。同会によると、今回の出席議員の内訳は、自民党133人、民主党5人、日本維新の会25人、みんなの党3人、生活の党1人、無所属2人。過去最多は、1997年春の例大祭の152人だった。

昨日動画でも言いましたが、日本のために命を捧げた方に哀悼を示すのは当然のことです。

「靖国で会おう!」

そう言って英霊となった方々の慰霊というなら靖国神社以外にはありません。
しかしこういった記事っていつも「中国韓国が反発必死」という書き方をマスコミはするんですが、これって結局「中国さん韓国さん、日本の国会議員が靖国神社に参拝してますよ!騒いでください!」という感じですね。

一体誰目線の報道なんでしょうね。
日本人は教育も行き届いてますから、正しい情報さえあれば正しい判断が出来るのですが・・・

しかしマスコミに期待はしないほうがいいかもしれません。
まずは我々がメディアリテラシーを身につけ、考える力を養いましょう。

photo by: CLF

PR

関連記事

佐世保高1女子殺害で逮捕された少女は色々問題ありそう・・・

何かがおかしい。 【佐世保同級生殺害事件】  「兆候」どう向き合うか 最悪の結

記事を読む

天安門事件から25年

ご冥福をお祈りします。 天安門事件関連の米公文書を公開、「兵士が笑いながら発砲」

記事を読む

10月も各地に行きます!

全国制覇の旅 10月も各地で講演やイベントをやらせていただきます! まずは11日、熊本で

記事を読む

YouTubeで最近よく見かける詐欺コメント

詐欺コメントってやっぱりなくならないね。 今年の1月、「宝くじの当選金1億円あげます」とYou

記事を読む

山本太郎スピード離婚していたwwww

・・・・・ 山本太郎議員わずか92日でスピード離婚していた/東スポweb 7月の

記事を読む

中国船、ベトナム船に威嚇・放水・体当たり

軍靴の足音が聞こえる(幻聴) 中国船、ベトナム船に威嚇・放水・体当たり 読売

記事を読む

ヘイトスピーチの定義って何?

意味がわからない。 謎の判決 FNNニュース 10/07 18:20 京都

記事を読む

「植民地支配は神の意思」 韓国首相候補が発言

まともだけど大丈夫でしょうか・・・ 「植民地支配は神の意思」 韓国首相候補が発言

記事を読む

no image

オセロ解散! 洗脳・マインドコントロールって怖いな・・・

やっぱり解散かぁ・・・ 昔笑う犬の冒険っていうコント番組が好きで毎週見ていた。 ウッッチ

記事を読む

残業109時間や24時間連続勤務…すき家の“ブラック実態”

牛丼はおいしいけど・・・。 残業109時間や24時間連続勤務…すき家の“ブ

記事を読む

PR

Comment

  1. 阪京 より:

    靖国神社一回だけ行きました。国のために尊い命を捧げられた方々に誠の哀悼を捧げるのは当然のことです。

    すめらみこといやさか

  2. 阪京 より:

    ちょんの馬鹿女、どないかしてくれよ

  3. 阪京 より:

    おめこ、パカパカ。ぱか女。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑