海外

韓国国会が安倍内閣を糾弾する決議案を採択 一体韓国はいつまで日本にたかるのか

今日も韓国は平常運転。

安倍内閣を糾弾 韓国が決議案採択=靖国問題などで/聯合ニュース
【ソウル聯合ニュース】韓国国会は29日の本会議で、日本の閣僚や国会議員の靖国神社参拝と侵略戦争を否定するような安倍晋三首相の発言を糾弾する決議案を採択した。
在籍議員239人のうち、238人が賛成し、1人が棄権した。
国会は決議案で「(安倍内閣の)非理性的妄動と妄言は、未来志向的な韓日関係構築と北東アジアの平和定着に深刻な否定的影響を招く外交的挑発行為」とした。
また、太平洋戦争の戦犯を参拝する非理性的妄動と否定てきない過去を否定しようとする愚かな妄言をやめるべきだと指摘。過去に対して徹底的に反省して心から謝罪を表明するよう促した。
韓国政府に対しても、「日本が軍国主義に回帰しようとする動きに対し、あらゆる外交的手段を動員して断固たる意志で厳重に対処すべき」と求めた。

『非理性的妄動と妄言は、未来志向的な韓日関係構築と北東アジアの平和定着に深刻な否定的影響を招く外交的挑発行為』
そっくりそのままお返しします。

韓国はいつまでも日本にたかってますが、日本と韓国が国交を結んだときに全て終了してるんですよね。

日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約/Wikipedia
条約は7条からなる。第2条では、両国は日韓併合(1910年)以前に朝鮮、大韓帝国との間で結んだ条約(1910年(明治43年)に結ばれた日韓併合条約など)の全てをもはや無効であることを確認し、第3条では日本は韓国が朝鮮にある唯一の合法政府であることを確認し、国交を正常化した。また日本の援助に加えて、両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化などの取り決めを行った
この条約によって国交正常化した結果、日本は韓国に対して莫大な経済援助を行った。政府開発援助 (ODA) もその一環である。

いわゆる日韓基本条約というやつですね。意外と知らない方も多いかと思います。
完全かつ最終的な解決が済んでいるにも関わらず、いつまでもゆすり、たかりを繰り返しているんです。

まぁ1000年呪い続けるとか言っているわけですから、これからもこういった不当要求は続くんでしょうね。
しかしもう日韓基本条約によって完全かつ最終的な解決が済んでいるということを絶対に覚えておきましょう。

関連記事

  1. ニュース

    無慈悲な北朝鮮と朝鮮学校無償化

    うーむ・・・無慈悲。 (さらに…)…

  2. ニュース

    募金の窓口って多すぎじゃないだろうか?

    自然の脅威には勝てない。 (さらに…)…

  3. ミスコリア2013上級

    海外

    超高難易度のミスコリア2013パズルゲーム

    似ているなぁ。 (さらに…)…

  4. ニュース

    エネルギー、核、プーチン

    日本もはやくちゃんとした独立国家になりたい (さらに&hellip…

  5. ニュース

    韓国にはもっと騒いでもらおう

    自分の首絞めているだけだな。 (さらに…)…

  6. 竹島、尖閣諸島に関する動画
  1. 日本

    鳩山元首相 尖閣領有権で中国主張に理解示す
  2. 日本

    二宮尊徳というぐうの音もでないほどの聖人
  3. ニュース

    佐村河内守氏の会見
  4. ニュース

    あまりに横暴な中国
  5. 日本

    完璧にすべて自分と同じ考えの人間はいない
PAGE TOP