朝日新聞が安倍批判やめた裏側

公開日: : マスコミ ,

新聞って一体なんなんでしょうね?

安倍首相 朝日新聞社長と会談で詫び受け入れたと側近が証言/NEWSポストセブン
記者クラブメディアにとって政権から情報を遮断されるのは死活問題だ。追い込まれた朝日は“相打ち”に持ち込もうとした。
「こっちも、“だったら政権を潰してやろう”という気になる。当時、安倍さんは公務員改革で官僚の反発を浴びていたから、政権批判の材料なら官僚からどんどんリークが来る。官僚と仲良くなって、追い落としをかけたら政権が本当に潰れてしまった」(同前)
第1次安倍内閣では閣僚のスキャンダルが相次ぎ、「官邸崩壊」と報じられて支持率が急降下した。その背景に官邸情報から干しあげられた朝日と、公務員改革を骨抜きにしたい霞が関の共同戦線があったことを物語る証言だ。
そんな朝日にすれば、6年後に安倍氏が再登板する情勢になったとき、“悪夢の再来”と背筋が寒くなったことは十分に想像できる。社説で安倍氏の自民党総裁返り咲きに「大きな不安を禁じ得ない」と書いたのは、自分たちへの“報復の恐怖”だったのではないか。

そこで朝日は先手を打って、安倍氏が総理になる前に手打ちに動いた。昨年10月3日、朝日新聞に驚くべき記事が掲載された。就任したばかりの安倍総裁のインタビューが他紙にさきがけて載ったのである。「なぜあの朝日に」と他紙の記者たちを慌てさせたほどの“事件”だった。その裏では極秘会談がもたれたという。安倍側近の1人が明かす。
「なんの挨拶もないまま安倍さんが朝日のインタビューに応じる理由がない。総裁選後に朝日の木村伊量・社長が安倍さんと会談した。安倍さんにとっても、総選挙をひかえて朝日を敵に回したままではマイナスが大きい。言ってみれば朝日の詫びを受け入れたということだ」

全文はリンクからご覧下さい。

前に動画でも言いましたが、新聞とかテレビは必ずしも「真実を伝えるもの」ではないんですよね。各社の思想や信条が思いっきり反映されていますし、情勢や思惑によって論調が変わってきます。情報を読み取るときには気をつける必要があります。

photo by: h_okumura

PR

関連記事

日本はいつまで加害者なのか?

朝日の罪は重い 朝日こそ捏造の歴史から目をそらすな! 加害責任―歴史から目をそら

記事を読む

新聞業界は守られた市場

競争を煽るのに競争しない新聞社の実態

まさに「お前が言うな」という感じです。 新聞は市場原理を煽っていますよね。 「競

記事を読む

8月に向けて盛り上がってきた北海道新聞

北海道ではこの新聞が一番メジャーなんだよなぁ・・・ 朝日とあまり変わらない北海道新聞 元から

記事を読む

「麻生発言 報道批判に驚いた」朝日新聞読者投稿 声 2013.8.8

朝日の読者はレベルが高いね(皮肉) 匿名のインターネットはけしからんと言うが・

記事を読む

イプシロン

TBSは日本を褒めてはいけない規則でもあるの?

何なんだよ一体。 イプシロンやったぜ! イプシロンの打ち上げ成功。これはめでたいですね。

記事を読む

世論煽ってるのはマスコミだろ!と突っ込みたくなる朝日の社説

朝日は死ななきゃ直らない。 朝日が煽ってるんだろ! 竹島訪問1年―政治が世論をあおる罪/

記事を読む

沖縄の新聞って中国共産党の機関紙ですね

北海道もアレですが、沖縄も・・・ 北海道には北海道新聞というおかしな新聞があり

記事を読む

靖国神社参拝から一夜明け、新聞社説は発狂の嵐

やっぱりな。 やっぱり発狂新聞 安倍総理の靖国参拝から一夜明け、各紙社説で今回の

記事を読む

高所得者ほどテレビを見ない

テレビ見なくて困ったことはない。 僕ははっきり言ってテレビを全然見ません。

記事を読む

小保方晴子

毎回ですが北海道新聞は素直に喜べないのでしょうか

引く。 素直に喜べない道新 女王の教え 北海道新聞 卓上四季 「いくらやったって

記事を読む

PR

Comment

  1. 河瀬 より:

    新聞にその社の思想や願望が繁栄されることは仕方ないことだと思います。

    しかし朝日は「捏造」という罪を犯しましたし、これからも犯すと思います。

    真実を伝えたつもりが、結果偽の情報であったなら「謝罪文」で訂正すればいいだけの話ですが、捏造を事実かのように放置したままの朝日新聞は本当に許せませんね。

    新聞は思想が繁栄されたとしても裏付けされた真実を元にして社の思想を加えてもらいたいものです。

  2. より:

    朝日のこのところの安倍政権に対する記事は、たしかに変です。
    木村社長の若宮主筆更迭?詫び入れ会食で和解したともとれますが・・・
    そんなに簡単に朝日の体質が変わるとも思えませんね。
    安倍晋三氏と朝日の溝は、NHK特番騒動から中川昭一氏とともに激烈をを極め底深いものがあったはずです。
    あの朝日の事ですから、今までがそうであったように時勢に流され風見鶏のようにコロコロと主義主張を変えていくのでしょう

    • KAZUYA より:

      体質は変わらないでしょうね。
      そもそもこれが事実だとしたら、客観的に伝えるはずの新聞に客観性も何もないということの証明ですよね。

  3. 井上橋治 より:

    読んでます 81歳男性

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑