マスコミ

朝日新聞が安倍批判やめた裏側

新聞って一体なんなんでしょうね?

安倍首相 朝日新聞社長と会談で詫び受け入れたと側近が証言/NEWSポストセブン
記者クラブメディアにとって政権から情報を遮断されるのは死活問題だ。追い込まれた朝日は“相打ち”に持ち込もうとした。
「こっちも、“だったら政権を潰してやろう”という気になる。当時、安倍さんは公務員改革で官僚の反発を浴びていたから、政権批判の材料なら官僚からどんどんリークが来る。官僚と仲良くなって、追い落としをかけたら政権が本当に潰れてしまった」(同前)
第1次安倍内閣では閣僚のスキャンダルが相次ぎ、「官邸崩壊」と報じられて支持率が急降下した。その背景に官邸情報から干しあげられた朝日と、公務員改革を骨抜きにしたい霞が関の共同戦線があったことを物語る証言だ。
そんな朝日にすれば、6年後に安倍氏が再登板する情勢になったとき、“悪夢の再来”と背筋が寒くなったことは十分に想像できる。社説で安倍氏の自民党総裁返り咲きに「大きな不安を禁じ得ない」と書いたのは、自分たちへの“報復の恐怖”だったのではないか。

そこで朝日は先手を打って、安倍氏が総理になる前に手打ちに動いた。昨年10月3日、朝日新聞に驚くべき記事が掲載された。就任したばかりの安倍総裁のインタビューが他紙にさきがけて載ったのである。「なぜあの朝日に」と他紙の記者たちを慌てさせたほどの“事件”だった。その裏では極秘会談がもたれたという。安倍側近の1人が明かす。
「なんの挨拶もないまま安倍さんが朝日のインタビューに応じる理由がない。総裁選後に朝日の木村伊量・社長が安倍さんと会談した。安倍さんにとっても、総選挙をひかえて朝日を敵に回したままではマイナスが大きい。言ってみれば朝日の詫びを受け入れたということだ」

全文はリンクからご覧下さい。

前に動画でも言いましたが、新聞とかテレビは必ずしも「真実を伝えるもの」ではないんですよね。各社の思想や信条が思いっきり反映されていますし、情勢や思惑によって論調が変わってきます。情報を読み取るときには気をつける必要があります。

関連記事

  1. マスコミ

    高画質よりも魅力あるコンテンツの充実を

    技術革新は素晴らしいのだが・・・ (さらに…)…

  2. ニュース

    吉松育美ストーカー被害事件と昭恵夫人

    芸能界とマスコミの闇 (さらに…)…

  3. マスコミ

    日本はいつまで加害者なのか?

    朝日の罪は重い (さらに…)…

  4. マスコミ

    TBSはみのもんたを処分しないの?

    みのさんの全盛期はプロ野球珍プレー好プレーの頃 (さらに&hell…

  5. マスコミ

    朝日新聞は毎日毎日特定秘密保護法案反対

    一体どういうことなの? (さらに…)…

  1. ダルビッシュ変化球

    未分類

    全米が震撼…ダルビッシュの三振動画がありえないことになってると海外で話題に
  2. 韓国併合の真実

    日本

    日本が韓国併合で略奪して弾圧しまくった結果・・・
  3. ニュース

    2歳死体遺棄、シッターの男逮捕
  4. YouTubeLiveが一般ユーザーも利用可能に

    YouTube

    YouTube Liveが一般ユーザーも利用可能に!
  5. 憲法

    安倍首相、ついに“封印”解く 9条改正を明言
PAGE TOP