海外

日本人よ!歴史を直視しろ! 韓国からの言われなき非難と日韓基本条約

韓国って日本に対してよく「歴史を直視しろ!」と言いますが、その言葉をそっくりそのままお返ししたい。

朴大統領「被害者の立場、千年不変」と主張 韓国に「いつまで謝罪し続ければいいんだ」の声/Jcastニュース
演説は2013年3月1日、1919年に起こった「三・一独立運動」を記念する式典の中で行われた。朴大統領は、
「(日本と韓国の)加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わることがない」
と前置きした上で、日本に対して、
「日本が私たちのパートナーとなり、21世紀の東アジアの時代をともに導いていくためには、歴史を正しく直視して責任を負う姿勢を持たねばならない」
「韓国と日本はつらい過去を1日も早く治癒し、共栄の未来に向かって共に進めるよう、日本政府は積極的な変化と責任ある行動を取らなければならない」
と述べ、具体的な発言こそ避けたものの、慰安婦問題を始めとする歴史問題に対する反省、そして「責任ある行動」を強く求めた。

歴史を直視しろということを韓国はよく言いますね。
日本のテレビ、新聞でも盛んに取り上げられています。しかし本当に歴史を直視したら困るのは韓国の方です。韓国の言う「歴史を直視」とは自分たちに都合のいいファンタジーのことです。それは事実に基づくことではなく、自分達の都合のいいように解釈されたものなのです。

何かにつけ謝罪と賠償を求める韓国ですが、では日本は謝罪も賠償もしていないのでしょうか?謝罪は8月になれば毎年聞いていると思います。「痛切なお詫び」など毎年毎年聞きますよね。

では賠償はどうなのか?
そもそも日本と朝鮮は戦争をしたわけではないので賠償の必要なんてないんですが・・・
それでも日本は経済協力金という形で莫大な金額を韓国に支払っているのです日韓基本条約(重要!)という条約をご存知でしょうか?これは1965年に日本と韓国が国交を結んだときに締結されたものです。

日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約/Wikipedia
条約は7条からなる。第2条では、両国は日韓併合(1910年)以前に朝鮮、大韓帝国との間で結んだ条約(1910年(明治43年)に結ばれた日韓併合条約など)の全てをもはや無効であることを確認し、第3条では日本は韓国が朝鮮にある唯一の合法政府であることを確認し、国交を正常化した。また日本の援助に加えて、両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化などの取り決めを行った。
この条約によって国交正常化した結果、日本は韓国に対して莫大な経済援助を行った。政府開発援助 (ODA) もその一環である。

財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定/wikipedia
この協定に基づき、「日韓間の両国間及び国民間の請求権に関する問題は完全かつ最終的に解決されていること」が確認された。
この協定において、当時世界最貧国のひとつであった韓国に対して、日本は国交と同時に合計5億米ドル(無償3億米ドル、有償2億米ドル)及び民間融資3億米ドルの経済協力支援を行った当時の韓国の国家予算は3.5億米ドル程度、日本の外貨準備額は18億米ドルであったことから、その額の膨大さが推し量れる。この経済協力金を基として、ダムや高速道路を整備した韓国は漢江の奇跡を成し遂げた。
日本側は日韓基本条約の交渉の過程で、韓国人への個人補償を日本政府が行うことを提案していたが、韓国側は拒否した。このため韓国政府が一括で経済協力金を受け取り、韓国政府が個人補償を行うということで両国間の合意がなされたが、実際には個人補償は非常に小さい規模でのみ行われ、経済協力金の大半は前述したように韓国のインフラ整備に費やされた。この交渉過程について韓国政府は2005年になってから公表したが、当時の状況からやむを得ないという意見と、個人の権利を蔑ろにしたものであるという意見に韓国国内世論は分かれている。
2009年8月14日、ソウル行政裁判所は、大韓民国外交通商部が裁判所に提出した書面に日本に動員された者の賃金は請求権協定を通じて、日本から無償で受け取った3億ドルに含まれていると記述されていることを明らかにしている。韓国政府は、条約締結時から韓国民に条約内容を伏せており、公式見解が明らかになったのは初めてである。韓国・朝鮮人は日本政府に補償を求め続けているが、対日請求権資金をすでに受け取っている韓国政府に補償を求めなければならないことも明らかになった。なお、日本政府は条約締結以前の1946年に企業に対して朝鮮人に対する未払い額を供託するよう指示を行っており、朝鮮人への補償を積極的に行おうとしていた。

日本は韓国に対して莫大な経済援助を行い、この条約によって両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化をしたわけです。

ちなみに日本は併合時朝鮮に莫大な財産を残してきています。GHQの調査によると53億ドル(このときの韓国の国家予算が3.5億ドル程度)という莫大なものです。これを放棄し、さらに経済援助と言う形(賠償じゃないのは戦争していたわけじゃないから)で多額のお金を払っています。

この条約はもちろん両国の合意の下に締結されました。韓国はこの条約を忘れてしまったんでしょうか?韓国こそ歴史を直視しなければいけないのです。いつまでも日本に対してゆすりたかりをするのはやめましょう。もうとっくの昔に終わっていることなのです。

漫画でわかりやすいです↓
マンガ嫌韓流
マンガ嫌韓流

関連記事

  1. ニュース

    募金の窓口って多すぎじゃないだろうか?

    自然の脅威には勝てない。 (さらに…)…

  2. ニュース

    韓国にはもっと騒いでもらおう

    自分の首絞めているだけだな。 (さらに…)…

  3. ニュース

    あまりに横暴な中国

    いい加減にしろ中国。 (さらに…)…

  4. ニュース

    ソチオリンピックが終わった途端・・・

    軍靴の足音が・・・ (さらに…)…

  5. 和田政宗 質問主意書

    ニュース

    オーストラリアは話がわかる国です

    ○○とは大違いや! (さらに…)…

  1. ニュース

    アントニオ猪木「拉致解決したら幸せになれるのか」
  2. マスコミ

    増税を煽りつつ軽減税率で自己保身に走る新聞業界
  3. 未分類

    楽天が優勝したけど楽天市場の出店者って結構大変そう
  4. 日本

    動画から日の丸がなくなった理由
  5. 未分類

    国連の潘基文事務総長もやっぱり韓国人
PAGE TOP