日本人よ!歴史を直視しろ! 韓国からの言われなき非難と日韓基本条約

公開日: : 海外

韓国って日本に対してよく「歴史を直視しろ!」と言いますが、その言葉をそっくりそのままお返ししたい。

朴大統領「被害者の立場、千年不変」と主張 韓国に「いつまで謝罪し続ければいいんだ」の声/Jcastニュース
演説は2013年3月1日、1919年に起こった「三・一独立運動」を記念する式典の中で行われた。朴大統領は、
「(日本と韓国の)加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わることがない」
と前置きした上で、日本に対して、
「日本が私たちのパートナーとなり、21世紀の東アジアの時代をともに導いていくためには、歴史を正しく直視して責任を負う姿勢を持たねばならない」
「韓国と日本はつらい過去を1日も早く治癒し、共栄の未来に向かって共に進めるよう、日本政府は積極的な変化と責任ある行動を取らなければならない」
と述べ、具体的な発言こそ避けたものの、慰安婦問題を始めとする歴史問題に対する反省、そして「責任ある行動」を強く求めた。

歴史を直視しろということを韓国はよく言いますね。
日本のテレビ、新聞でも盛んに取り上げられています。しかし本当に歴史を直視したら困るのは韓国の方です。韓国の言う「歴史を直視」とは自分たちに都合のいいファンタジーのことです。それは事実に基づくことではなく、自分達の都合のいいように解釈されたものなのです。

何かにつけ謝罪と賠償を求める韓国ですが、では日本は謝罪も賠償もしていないのでしょうか?謝罪は8月になれば毎年聞いていると思います。「痛切なお詫び」など毎年毎年聞きますよね。

では賠償はどうなのか?
そもそも日本と朝鮮は戦争をしたわけではないので賠償の必要なんてないんですが・・・
それでも日本は経済協力金という形で莫大な金額を韓国に支払っているのです日韓基本条約(重要!)という条約をご存知でしょうか?これは1965年に日本と韓国が国交を結んだときに締結されたものです。

日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約/Wikipedia
条約は7条からなる。第2条では、両国は日韓併合(1910年)以前に朝鮮、大韓帝国との間で結んだ条約(1910年(明治43年)に結ばれた日韓併合条約など)の全てをもはや無効であることを確認し、第3条では日本は韓国が朝鮮にある唯一の合法政府であることを確認し、国交を正常化した。また日本の援助に加えて、両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化などの取り決めを行った。
この条約によって国交正常化した結果、日本は韓国に対して莫大な経済援助を行った。政府開発援助 (ODA) もその一環である。

財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定/wikipedia
この協定に基づき、「日韓間の両国間及び国民間の請求権に関する問題は完全かつ最終的に解決されていること」が確認された。
この協定において、当時世界最貧国のひとつであった韓国に対して、日本は国交と同時に合計5億米ドル(無償3億米ドル、有償2億米ドル)及び民間融資3億米ドルの経済協力支援を行った当時の韓国の国家予算は3.5億米ドル程度、日本の外貨準備額は18億米ドルであったことから、その額の膨大さが推し量れる。この経済協力金を基として、ダムや高速道路を整備した韓国は漢江の奇跡を成し遂げた。
日本側は日韓基本条約の交渉の過程で、韓国人への個人補償を日本政府が行うことを提案していたが、韓国側は拒否した。このため韓国政府が一括で経済協力金を受け取り、韓国政府が個人補償を行うということで両国間の合意がなされたが、実際には個人補償は非常に小さい規模でのみ行われ、経済協力金の大半は前述したように韓国のインフラ整備に費やされた。この交渉過程について韓国政府は2005年になってから公表したが、当時の状況からやむを得ないという意見と、個人の権利を蔑ろにしたものであるという意見に韓国国内世論は分かれている。
2009年8月14日、ソウル行政裁判所は、大韓民国外交通商部が裁判所に提出した書面に日本に動員された者の賃金は請求権協定を通じて、日本から無償で受け取った3億ドルに含まれていると記述されていることを明らかにしている。韓国政府は、条約締結時から韓国民に条約内容を伏せており、公式見解が明らかになったのは初めてである。韓国・朝鮮人は日本政府に補償を求め続けているが、対日請求権資金をすでに受け取っている韓国政府に補償を求めなければならないことも明らかになった。なお、日本政府は条約締結以前の1946年に企業に対して朝鮮人に対する未払い額を供託するよう指示を行っており、朝鮮人への補償を積極的に行おうとしていた。

日本は韓国に対して莫大な経済援助を行い、この条約によって両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化をしたわけです。

ちなみに日本は併合時朝鮮に莫大な財産を残してきています。GHQの調査によると53億ドル(このときの韓国の国家予算が3.5億ドル程度)という莫大なものです。これを放棄し、さらに経済援助と言う形(賠償じゃないのは戦争していたわけじゃないから)で多額のお金を払っています。

この条約はもちろん両国の合意の下に締結されました。韓国はこの条約を忘れてしまったんでしょうか?韓国こそ歴史を直視しなければいけないのです。いつまでも日本に対してゆすりたかりをするのはやめましょう。もうとっくの昔に終わっていることなのです。

漫画でわかりやすいです↓
マンガ嫌韓流
マンガ嫌韓流

PR

関連記事

竹島、尖閣諸島に関する動画

外務省がYouTubeにアップした竹島と尖閣諸島に関する動画

一歩前進 外務省公式動画 10月16日、YouTubeにある動画がアップされます

記事を読む

韓国ってどう思う?のアンケート結果2

美談もある。 韓国アンケート回答その2 さて、文量が多かったため分割しての発表になってしまい

記事を読む

韓国にはもっと騒いでもらおう

自分の首絞めているだけだな。 もう日本がへりくだる時代は終わった 韓国政府、G20で

記事を読む

土地を守る農民 ガソリン撒かれ焼死

リアル世紀末 恐ろしい 土地を守る農民 ガソリン撒かれ焼死 新唐人20

記事を読む

韓国 安重根の横断幕

韓国と日本は価値観を共有している?

自分の首を締め上げる韓国。 またサッカーでやらかした 「歴史忘れた民族に未来ない

記事を読む

募金の窓口って多すぎじゃないだろうか?

自然の脅威には勝てない。 フィリピンの台風被害は甚大 <比台風>死者2344人 

記事を読む

ソチオリンピックが終わった途端・・・

軍靴の足音が・・・ パラリンピックに影 ウクライナが戦闘準備態勢、ロシア軍は

記事を読む

金正恩パン工場視察

横田めぐみさん拉致から36年・・・

もう時間がありません。 早く被害者を奪還しろ 「めぐみの笑顔も歌声も消えた」 拉

記事を読む

韓国ってどう思う?のアンケート結果3

今回でラストです。 当選発表ラストやで 韓国について意見を募集したアンケートから意見を紹

記事を読む

パラオ共和国の国旗

パラオという親日国

フィリピンだけじゃない。 親日国パラオ 上の旗はパラオ共和国の国旗です。

記事を読む

PR

Comment

  1. 河瀬 より:

    その日韓基本条約すら「竹島不法占拠による4000人からの人質を盾にして」韓国有利な形で条約を結んでいますよね!
    一方的な李承晩ラインで当時自国を守る自衛隊すらいなかった時代に「公海上で」漁船に発砲し、拿捕を繰り返して、人質を集め、それを日韓基本条約を有利に進めるための材料に使うなんて非人道的にもほどがありますね!
    あげく当時日本に残っていた在日韓国人についても日本国内で犯罪を犯した者の無償開放を要求するなど、知れば知るほどおかしな話ばかりです。
    上手くまとまらないですが、またこういった流れもわかりやすく動画で拡散していただけると助かります←他力本願ですが(笑)

  2. 佐藤 より:

    今までTVのニュースを見て、日韓の問題を理解した気になったいた自分が馬鹿みたいです。
    これだけの金を受け取っていながら国民には気休め程度しか渡さず、今になってねじ曲がった歴史を教え責任転嫁をし、終わった問題をほじくり返す。
    とても国連に加盟しているいち国家とは思えません、さすが嘘を百回言えば本当になる朝鮮半島。

    ところで65億米ドルとは今の価値だと何兆円位なのでしょう?何か指標となる数値はありませんか

  3. ossan より:

    「黒スーツが嫌」とか云うコメントを受けて
    余計なお世話とは思いますが、
    ロートルからアドバイスをば。

    前提としてはKazuyaさんも若いんだから
    楽な格好でネットに登壇しても全然問題ないと
    私は思っていて、
    全く批判的な立場ではないと言うことは
    予めお断りしておきます。

    しかし、安濃豊みたいなオッサンになっても、
    あの体たらくではみっともない。

    と言う訳で、知っているのと知らないとでは
    差が出るので実践するかしないかは別にして、
    ここを訪れる若い衆へも含めて
    コメントしておきます。

    異論も色々あるとは思いますが、
    古い考え方では、オトコがフォーマルで
    着てもいい色とは、実は4色しかありません。
    しかもそれぞれの色は、それぞれに意味があります。

    その色とは、黒、グレー、ネイビー・ブルー、
    ダーク・ブラウンの4色。

    タキシード等で、有名なミッドナイト・ブルーは、
    基本的には黒系と同じと考えて良いと思います。
    暗い系の色は基本的には黒系と考えて下さい。

    さて、4色についての意味ですが、
    黒系・・・・・営業系・裏方系
    グレー・・・・事務系・管理職系
    ブルー・・・・技術系・ガテン系
    ブラウン・・・その他。広報・人事系など

    黒服になんとなく違和感が、あるのは、
    基本的に裏方の印象を他人に与えてしまうからで、
    どうしても引いたイメージが本人の意図とは別に
    他人にあたえられてしまうからではないかな?
    とは思います。

    ホテルのフロント係は黒服が多いのはそいうこと。
    「や」のつく自由業(八百屋ではない)の方が
    黒服系なのは、社会の裏方といった引いた
    イメージを他に与えたいという無意識のイメージが
    あるのかもしれません。

    面接に黒服で臨むのは、
    貴方の裏で貴方にに従いますとの
    印象操作を狙っているといことでもあります。
    ある意味裏方家業を自己宣伝していることですので
    それでも良いなら黒服で面接に参加するのも
    いいですが、ある程度年齢が経ってから
    黒服というのも、ある意味ではおかしな話で、
    管理職をやりたいならグレー系でとか
    技術で腕に自信が有るなら自信をもってネイビー
    を着て、営業するにも面接するにもどちらの
    場合でも効果を考えた上での服を着て人と会って
    下さい。印象が変わります。

    そういった意味からするとKazuyaさんが一時期
    茶系の服を着て動画にご登壇していたのは、
    私は狙ってやっていたのかなとか思ってました。

    これからもネタ探しが大変でしょうが、
    ネット上以外でもリアルででも、
    ご活躍をお祈り申し上げる次第です。

  4. より:

    今まで、隣国でありながら不思議な国だなと傍観していた程度でした。
    歴史や韓国内の情報は得ていましたし、日韓併合や日韓基本条約の認識のずれは何故おこるのだろうと不思議でなりませんでした。
    あるとき、気付いた事があります。それは、黄文雄氏の「日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか」を読んで考え方が変わりました。
    そもそも民族が違うのです。本の中で黄氏は、韓国民族は恨みを200年忘れない民族だと書いておられます。しかし、朴槿惠曰く1000年だと・・・・。
    日本人は、太平洋戦争でアメリカに負けましたが未だにアメリカを恨んでる人いますか?
    韓国人は、併合という形にしろ負けたかもしれませんが、未だに日本人への恨みが国策までなっています。
    この民族の差なのだろうと思います。日本人は、同じアジア人で顔が似てる隣人でも、全く別の民族を相手にしていると認識する必要があります。

  5. RZ より:

    Kazuyaさんの勉強熱心なことは感心します。
    あなたのような人がたくさん出てほしい。フロンティアーとして頑張ってください。

  6. 士大夫 より:

    私の世界史の教材には日韓基本条約について「1910年の日韓併合条約の無効を確認するものであったが、対日賠償請求権の放棄がうたわれた内容だった為、両国内で激しい反対運動が起きた」とあり用語集の方には「日本と韓国の国交正常化の為の条約。1910年の韓国併合に関する条約を無効とし、韓国政府を朝鮮半島唯一の政権…(省略)。またにほんから無償三億ドル、有償二億ドルの経済援助を行うこともきめられた。」

    どちらも内容が不十分だと思います。ちなみに私の使っている教科書には記述がされていません…。目次にすらありません…。これが教育現場の実態です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑