脱お花畑~現実を見ろ

公開日: : 日本

日本の周辺国は平和を愛する諸国民でしょうか?

日本国憲法前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」とあります。随分他力本願だと思いませんか?

日本の周辺国に平和を愛する国家なんてありましたっけ?
中国、韓国、北朝鮮、ロシア・・・あっ(察し)

このような国々に囲まれているわけです。そしてこの環境にいながらも、「軍事力なんていらない!」こういってはばからない人々がいるのです。しかしどうでしょうか?今尖閣諸島が危機をむかえています。そんなときに日本に出来ることと言えば、
「話し合う」
これだけです。自衛隊の行動はおそろしくセーブされています。

無法者が今目の前にいるのに、それを排除することが出来ないのです。
例えばあなたの家に男が不法侵入してきたとしましょう。まずは出て行けといいますよね。でも出て行かない。ならば力ずくでも排除するべきなのですが、日本にはできないのです。できることは、

「お前、警告したのに出て行かないんだな?いいのか?話し合うぞ!」

・・・・これが日本の現状です。
相手が手を出してこないとわかっているなら、何も怖いことはありません。だから中国はどんどん増長していくのです。押せば引く。そう思われているのです。

国家とは人の集合体です。現状の日本は、一人の人間として健全な姿と言えるでしょうか?先人達は今の日本をみてなんと言うでしょうか?とても情けないと思います。恥ずかしいと思います。日本を守れるのは日本人しかいません。いざとなったらアメリカが守ってくれるなどと考えず、まず自分で守るという意思が必要なのです。

そのためにも軍事という備えをしっかりと整える必要があるのです。

photo by: Noël Zia Lee

PR

関連記事

日本人を支配する場の「空気」

目に見えないけど、かなり支配されてませんか? 空気ってなんだ? 場の空気って意思

記事を読む

靖国神社

A級戦犯を分祀しろとかいう奴・・・

やりたければやればいい 靖国問題でよく出てくるのが、「A級戦犯を分祀したらいいんじ

記事を読む

西郷隆盛

代表的日本人 西郷隆盛の危惧していたことが現実になっている

西郷さんは今の日本をみてどう思うだろうか。 戦後の日本と言うのは、「日本」とい

記事を読む

完璧にすべて自分と同じ考えの人間はいない

せめて動画を見てから・・・ 僕が動画でやっているのは政治とか歴史とかの話題が多

記事を読む

マッカーサーが米上院で証言した日本の開戦理由

安全保障。 あのマッカーサーも安全保障のためだと言った 日本はなぜ対米開戦に向かっていったの

記事を読む

軍事の話をすると「戦争したいんですか?」と言われる現状

これぞ戦後教育の賜物! 動画で軍事とか自衛とか言うと必ず出てくる意見が

記事を読む

細野幹事長 ずぼらな瞳

民主党は自業自得に気づけ

勝手に落ちていく不思議。 細野氏、ネット番組で激怒 支持低迷に「訳が分からない

記事を読む

国会では野次が名物ですがこれはどうなんだろう…

いかんでしょ。 難病にヘイトスピーチ 国会がやっていますが、みんなの党の和田政宗さん

記事を読む

古事記読んだことありますか? 現代語古事記 竹田恒泰著

読んだことありますか? 学校の歴史の授業で、「古事記と言う日本最古の歴史書がある」

記事を読む

日本にA級戦犯は存在しません

今の日本にA級戦犯は存在しません

未だに辱め続けるという愚。 実はもう日本に戦犯は存在しないんです。 靖国を問題に

記事を読む

PR

Comment

  1. BJ24649 より:

    >あっ(察し)
    わが国の民間人を虐殺し、世界中で戦争をしている米国も、わが国の隣国だよね。
    日本国憲法を起草したのは実質上米国だが、平和を愛する諸国民を自称するあたり、ブラックジョークがひどすぎる。

    さっき、テレビのニュース番組が報じていたけど、PM2.5対策として、日本が中国と連携するんだってね。
    確かTBSだったと思うが、コメンテーターが、「環境問題に国境はない」などと言っていた。
    私も、絶対に連携するな、とは言わないけど、安易に中国を利してよいものか、という悩みはほしい。

    マスコミの、日本が戦争で攻め込んだ国=被害者=平和を愛する善人というお花畑思考は、国を害する。
    こんな思考では「話し合い」すらまともに考えることはできない。
    競争を免れているマスコミには、駆け引きという発想がないのかもしれん。

  2. 海鼠 より:

    以前ネットをウロウロしていたらいい動画を見つけたので、もしよろしければ動画のネタとしてどうでしょうか?
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm15262100

    テレビの情報を鵜呑みにして段々盲目になっていく、という事を風刺したものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑