マスコミ

インターネットに書いてあることはウソばかりという思考停止

思考停止していないか?

一昨日の動画で、考えることは重要(まぁいつも言っていますが)という話をしました。
しかしコメント欄などを見ていると、「インターネットの情報は信用できません」「インターネットはでたらめばかり」というコメントが少数見られました。

言っている本人は気づいてないかもしれませんが、これは思考停止なのです。インターネットには確かに怪しい情報が沢山あります。とんでもないでたらめが書かれていることも多いです。しかし一方正しい情報もたくさんあるのです。
これらを自分の頭で考えるというのが重要なのです。

インターネットだから信じませんというのは、結局何も考えていないということです。先日言ったように、「テレビだから信じる」「新聞だから信じる」「大学教授の言っていることだから信じる」の逆バージョンに過ぎません。こういったフィルターを通してものごとを見ると、ウソが真実に見えることがありますし、真実がウソに見えることがあります。

これに対してすばらしいコメントがあったのでご紹介しましょう。

私がよく言う「何を言ったか」と「誰が言ったか」の違いに似てますね。考えない人は「誰が言ったか」を重要としてますね。小さな子供だって、前科者だって時には正しい事言うんだけどな(涙)?

その通りですね。例えばあの社民党なんかもたまーーーーーーーーーーーーーーーーーにはいいこと言うんです。誰が言ったからということより、フラットな視点で「何を言ったのか」というのを吟味する必要があります。それこそ考えるということではないでしょうか?

前回の動画↓

関連記事

  1. マスコミ

    スパイ発狂の特定秘密保護法案

    実にわかりやすい構図 (さらに…)…

  2. マスコミ

    8月に向けて盛り上がってきた北海道新聞

    北海道ではこの新聞が一番メジャーなんだよなぁ・・・ (さらに&he…

  3. 安藤美姫出産と過度な報道

    マスコミ

    マスコミによる安藤美姫選手への異常取材

    そっとしておいてあげましょう。 (さらに…)…

  4. ニュース

    ルールすら守れない教師が何を指導しようというのか?

    朝日はAO(頭おかしい)。 (さらに…)…

  1. ニュース

    <TPP>アメリカの無茶な要求
  2. ニュース

    必死すぎる韓国のロビー活動
  3. ニュース

    建国記念の日だけど一部の市民団体ってそんなに日本が嫌いなの?
  4. ニュース

    消費税30%にしないと… 「国の借金減らすには」試算
  5. 山本太郎 メールメール大作戦

    ニュース

    山本太郎氏が公職選挙法違反の疑い
PAGE TOP