レーシック難民にならないために~レーシック手術のリスクを知ろう

公開日: : ニュース

調べたらすごく怖かった・・・

最近でこそ動画編集でパソコンと向き合う機会が増えたので、視力が衰えてきたなと感じることはありますが、それでも裸眼で十分な視力はあります。視力がよくない方はメガネだったり、コンタクトレンズを常にするしか方法はありません。しかし最近だとレーシック手術によって視力を回復させると言う方法があります。

レーシック/Wikipedia
レーシック(英語: LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。LASIKは、正式名称である “Laser(-assisted) in Situ Keratomileusis[1]”(英語・ラテン語・ギリシア語からなる)の略であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の語意がある。
近視を補正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することが一般的だが、レーシックでは角膜を矯正手術することにより正視の状態に近づける。これにより、裸眼視力を向上することができる。1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになった。

裸眼で生活できるなんて夢のようだ!とメガネやコンタクトをしている方は思うかもしれませんが、レーシックにはかなりのリスクが伴います。クリニックのホームページなどを見ていると、「安全です!」「大丈夫です!」などとでかでかと書いてありますが、色々調べてみると、レーシック難民というレーシック手術によって様々な健康被害にあっている方々が存在することに気づきました。

レーシック難民とは/NAVERまとめ
不正乱視、過矯正、欝、自殺、脳圧上昇、照射ズレ、偏心照射、充血、眼精疲労、 ドライアイ、色覚異常、不同視、視力再低下、角膜潰瘍、角膜混濁、DLK、ハロ・グレア、スターバースト、 ヘイズ、見え方の質の低下、コントラスト低下、エピセリウムイングロース、セントラルアイランド、 角膜感染、サハラ砂漠症候群、フラップ形成不全、フラップ不良、夜間視力低下、明所でのまぶしさ、 中近方の見えづらさ、複視、日中の視力変動、エクタジア、球結膜下出血、飛蚊症、毛様充血、 表層角膜炎、層間角膜炎、上皮迷入、激しい目の痛み(表面、奥)、充血(出血)、疲れ目、斜視、眼瞼下垂、 慢性頭痛、眩暈、吐き気、斜頸、全身倦怠感、不眠症状、欝症状、自殺願望など

・・・恐ろしい。
もちろん成功する場合がほとんどのようですが、表に出てこない失敗例もかなりあるといいますレーシックは角膜を削るので、失敗したとしても二度と元には戻りません。このリスクは手術前に十分に検討する必要があります。

先日衆議院の消費者問題特別委員会でレーシックに関する質疑がありました。

どうやら国はレーシックの件数も、被害件数も把握できていないようです・・・
<参考>三谷英弘議員 消費者特別委員会で レーシック難民問題に言及/レーシック相談室 LASIK VISION

レーシック難民になって4年経つけどこの問題はヤバすぎる/ハムスター速報
レーシック難民
上の画像はレーシック難民になってから使用した目薬だといいます。レーシック難民になってから1000本以上使っているそうです。

著名人も失敗では?という例が多いようです。
最近だとサッカーの本田圭佑選手がレーシック失敗では?と言われています。
週刊文春 本田圭佑に「レーシック手術失敗」疑惑/レーシック被害者の告白

調べればいくらでも出てきますが、レーシックをご検討されている方は自分でよくよく調べてからにしましょう。クリニックのホームページや広告などだけを鵜呑みにするのは大変危険です。

photo by: helgabj

PR

関連記事

「ナチス」に過剰反応しすぎだろ!

腹立ってきた。 これで辞任を求めるとか狂っている・・・ 麻生氏 ナチス発言で辞職の考えな

記事を読む

no image

ボストン爆破事件の容疑者の1人死亡、もう1人は逃走中=警察当局

[ウォータータウン(米マサチューセッツ州) 19日 ロイター] 地元の警察当局は19日、

記事を読む

募金の窓口って多すぎじゃないだろうか?

自然の脅威には勝てない。 フィリピンの台風被害は甚大 <比台風>死者2344人 

記事を読む

靖国神社参拝を国民は歓迎している

支持率もアップ。 流石に反日マスコミの妄言は通用しなくなってる 今日の産経抄

記事を読む

朝日のナチス批判読者投稿

やっぱり出てきた朝日新聞読者投稿欄の麻生批判

やっぱりな。 さすが朝日 期待を裏切らない 読者になりすまして新聞社の意見を伝えるの

記事を読む

清水健太郎、違法薬物使用の疑いで逮捕 【薬物の恐怖】

ダメ、ゼッタイ 清水健太郎、違法薬物使用の疑いで逮捕 3年ぶり6回目/JCAS

記事を読む

山本太郎スピード離婚していたwwww

・・・・・ 山本太郎議員わずか92日でスピード離婚していた/東スポweb 7月の

記事を読む

もう朝日新聞って四面楚歌だな

毎日も批判するレベル 朝日再弁明が大炎上…読売「説明責任」毎日「クマラスワミ報告触

記事を読む

日本なら多分炎上するなっていうスイスの議員の発言

日本なら炎上待ったなし! 実際お荷物 欧州からの移民 スイスの社会保障制度の

記事を読む

パラオ共和国の国旗

パラオという親日国

フィリピンだけじゃない。 親日国パラオ 上の旗はパラオ共和国の国旗です。

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑