日本

今の日本にA級戦犯は存在しません

未だに辱め続けるという愚。

実はもう日本に戦犯は存在しないんです。
靖国を問題にしたがる国会議員たちは盛んに「A級戦犯が」とバカの一つ覚えのように連呼していますが、そもそもかつて国会で名誉回復をされているので、戦犯というのはおかしいのです。

戦傷病者戦没者遺族等援護法/Wikipedia
戦傷病者戦没者遺族等援護法(せんしょうびょうしゃせんぼつしゃいぞくとうえんごほう)は、日本の法律。目的は、軍人軍属等の公務上の負傷・疾病・死亡に関する、国家補償の精神に基づく援護にある。「援護法」などと略される。

これを1952年、サンフランシスコ平和条約が発効された2日後に国会で成立させます。そして翌年には一部改正を行い、この範囲を戦犯にも適用し、遺族などの補償を行います。これは自由党改心等、社会党をも巻き込んだ全会一致の改正だったんです。
これによって戦勝国がどんなことを言おうとも、独立国家日本では戦士も戦犯もすべて国家のために犠牲になったとして厚生大臣の認定により、その扱いに一切の差をつけないということを決めたんですね。この名誉回復によって日本から戦犯というのは消えてなくなります。だから今A級戦犯とかいうのはおかしいんですね。だから国会答弁とかで安倍総理はいわゆるA級戦犯といっていますよね。わかってないほかの議員はA級戦犯とそのままいいますが、安倍総理が正しいんですね。

余談ですが、内大臣だった木戸幸一の木戸幸一日記に寄れば、昭和20年12月に戦犯容疑で彼に逮捕状がでるんですね。そのとき昭和天皇から夕食に誘われるんです。しかし木戸氏は戦犯容疑者指名を理由に辞退したところ、昭和天皇はこう言われたそうです。

「米国より見れば犯罪人ならんも、我国にとっては功労者なり」

未だに戦犯だと罵り辱め続ける恥知らずの国会議員は日本人ではありません。

以前A級とかB級とかC級というのが罪の重さではないということを動画にしました。見ていなければどうぞ。

関連記事

  1. 日本

    仙台市長選、投票を促す啓発費かけ過ぎでしょ・・・

    せっかくトミ子を落としたのに・・・ (さらに…)…

  2. 日本

    安倍総理は靖国神社にいつ参拝すべきか

    また8月がやってくる。 (さらに…)…

  3. 日本

    靖国神社問題はいつから始まったのか?

    靖国問題がいつから始まったのかというのは非常に重要なことです。 (…

  4. 日本

    憎悪スピーチ 冷静に議論する社会に 2013.6.23北海道新聞社説

    これ本当に日本人が書いたのか? (さらに…)…

  5. 日本

    あきらめる人は放っておこう

    何故いま言うかな。 (さらに…)…

  6. ニコニコネット党首討論会

    日本

    参院選目前!ニコニコ生放送党首討論会

    しっかりしろ野党! (さらに…)…

  1. YouTube

    KAZUYACHANNELを見ている年齢層!
  2. 山本太郎 メールメール大作戦

    ニュース

    山本太郎氏が公職選挙法違反の疑い
  3. ニュース

    募金の窓口って多すぎじゃないだろうか?
  4. 朝日 読者投稿欄

    マスコミ

    朝日新聞の投書欄ってすごいな・・・
  5. ニュース

    凸をテトリスと読めるか?
PAGE TOP