ニュース

尖閣諸島の領海侵犯~ファンタジーで安全保障は成り立たない

意識を変えよう

中国船が尖閣領海侵入 23日以来、5時間航行/共同通信
沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に、中国の海洋監視船3隻が26日午前10時5分ごろから相次いで侵入、約5時間航行し、午後3時15分ごろまでに退去した。海上保安庁の巡視船が確認した。中国当局の船が領海侵入したのは23日以来で、昨年9月の尖閣国有化以降では46回目。

第11管区海上保安本部(那覇)によると、3隻は「海監26」「海監46」「海監66」。領海から出るよう巡視船が警告を続けたが、応答はなかった。

本当に中国というのは無法者です。
中国は日本が手を出してこないだろうと思っているのは間違いないです。だからこそこれだけ活発に動けるのです。

これは何度でも言いますが、日本はそろそろ「平和憲法があるから攻められない」というファンタジーから抜け出すべきです。そんなものはウソです。現実は非常なもので、パワーバランスの上に平和が成り立っているのです。今東アジアのパワーバランスは崩れつつあります。それは中国の軍拡によるものです。
平均して過去20年間で毎年10%以上の防衛費を増額しています。ここ5年に限ってみると2倍に、24年間で30倍にも防衛予算は増え続けているのです。

自称平和主義者は中国の軍拡は見ないふりしていますが、近隣にこんな軍国主義で覇権を広げようとしている国がいるのに、のんきなことを言っているというのは呆れるばかりです。スパイなんじゃないかと疑ってしまいます(実際可能性はあると思う)。

人間はファンタジーの中では生きられません。現実をみるべきなのです。
安全保障というのは軍事力と国民の「国を守ると言う強い意志」が必要です。日本人は自分が日本人だと言う意識に欠けると思います。だからこういった領海侵犯にもどこか無関心で、まぁ大丈夫だろうと楽観視しているのだと思います。

まずはこの意識を改めることから始めるべきではないでしょうか?
国という認識と自分は国民であるという意識を持てば、見える世界がかなり変わってきます。その辺りのことは僕が受けてきた教育ではありませんでした。しかしとても大切なことなのです。

そういった意識を持つ上でも、僕は民間防衛を全国民に読んでもらいたいと思う。

こちらも参考に。

関連記事

  1. 山本太郎朝日新聞インタビュー
  2. ニュース

    <TPP>アメリカの無茶な要求

    日本に何のメリットが? (さらに…)…

  3. ニュース

    凸をテトリスと読めるか?

    マジキチ (さらに…)…

  4. ニュース

    グレンデール慰安婦像撤去の署名をしよう!今すぐだ!

    泉君、たなびたいことがあるんだ。ちょっと(星君) (さらに&hel…

  5. ニュース

    河野談話は韓国の意向をかなり汲んでいる

    やっぱり見直しが必要だ。 (さらに…)…

  6. ニュース

    若者の半数が自殺する日本

    若年世代の死因、自殺が1位は日本のみ…G7中読売新聞 2014年0…

  1. ニュース

    式年遷宮を迎えた伊勢神宮と政教分離
  2. マスコミ

    TBSはみのもんたを処分しないの?
  3. ニュース

    「ナチス」に過剰反応しすぎだろ!
  4. 家族会は靖国参拝に抗議していない

    日本

    拉致被害者家族会「靖国参拝に抗議していない」
  5. ニュース

    安倍総理はデフレ脱却の鬼になれるか
PAGE TOP