ニュース

尖閣諸島の領海侵犯~ファンタジーで安全保障は成り立たない

意識を変えよう

中国船が尖閣領海侵入 23日以来、5時間航行/共同通信
沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に、中国の海洋監視船3隻が26日午前10時5分ごろから相次いで侵入、約5時間航行し、午後3時15分ごろまでに退去した。海上保安庁の巡視船が確認した。中国当局の船が領海侵入したのは23日以来で、昨年9月の尖閣国有化以降では46回目。

第11管区海上保安本部(那覇)によると、3隻は「海監26」「海監46」「海監66」。領海から出るよう巡視船が警告を続けたが、応答はなかった。

本当に中国というのは無法者です。
中国は日本が手を出してこないだろうと思っているのは間違いないです。だからこそこれだけ活発に動けるのです。

これは何度でも言いますが、日本はそろそろ「平和憲法があるから攻められない」というファンタジーから抜け出すべきです。そんなものはウソです。現実は非常なもので、パワーバランスの上に平和が成り立っているのです。今東アジアのパワーバランスは崩れつつあります。それは中国の軍拡によるものです。
平均して過去20年間で毎年10%以上の防衛費を増額しています。ここ5年に限ってみると2倍に、24年間で30倍にも防衛予算は増え続けているのです。

自称平和主義者は中国の軍拡は見ないふりしていますが、近隣にこんな軍国主義で覇権を広げようとしている国がいるのに、のんきなことを言っているというのは呆れるばかりです。スパイなんじゃないかと疑ってしまいます(実際可能性はあると思う)。

人間はファンタジーの中では生きられません。現実をみるべきなのです。
安全保障というのは軍事力と国民の「国を守ると言う強い意志」が必要です。日本人は自分が日本人だと言う意識に欠けると思います。だからこういった領海侵犯にもどこか無関心で、まぁ大丈夫だろうと楽観視しているのだと思います。

まずはこの意識を改めることから始めるべきではないでしょうか?
国という認識と自分は国民であるという意識を持てば、見える世界がかなり変わってきます。その辺りのことは僕が受けてきた教育ではありませんでした。しかしとても大切なことなのです。

そういった意識を持つ上でも、僕は民間防衛を全国民に読んでもらいたいと思う。

こちらも参考に。

関連記事

  1. ニュース

    復興予算でエロ本を緊急電子化?

    なんでや! (さらに…)…

  2. 山本太郎 メールメール大作戦

    ニュース

    山本太郎氏が公職選挙法違反の疑い

    明日は投票日ですよ! (さらに…)…

  3. ニュース

    ソチオリンピックが終わった途端・・・

    軍靴の足音が・・・ (さらに…)…

  4. ニュース

    年商数千万円で生活保護受給 韓国人のクラブ経営者逮捕

    考えるだけでイライラする。 (さらに…)…

  5. ニュース

    北朝鮮がミサイル発射→でも安倍が悪い?

    日本の上を飛んだ北のミサイル今日また北朝鮮がミ…

  1. 北海道 猿払村

    ニュース

    北海道猿払村で韓国が不穏な動き
  2. ニュース

    自己保身に必死な変態毎日新聞
  3. 日本

    国会だけが政治じゃない
  4. ニュース

    田母神俊雄氏が東京都知事選出馬へ
  5. ニュース

    北朝鮮がミサイル発射→でも安倍が悪い?
PAGE TOP